素人投稿画像掲示板

7733292
素人投稿画像掲示板

(のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/01/30 (Mon) 00:26:05

(´ω`)ノンビリト イキマショウ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/01/30 (Mon) 06:30:42

(゜ロ゜)モウ、スレ タテヲ!



シゴト ハヤイ デスネ~( ´∀`)♪




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/01/30 (Mon) 21:26:16

(´・ω・`)モウ イチガツモ オワリデスネー

ハヤイヨ(;´Д`)モゥ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/01/30 (Mon) 22:38:41

(*´∀`)ノコンバンハ♪



トシトルノ ハヤイ ワケダァ~(´Д`)




Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/01/31 (Tue) 06:29:32

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



アシタカラ、ニガツ デスネー( ´∀`)





Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/01/31 (Tue) 14:26:41

(´・ω・`)ホンニホンニ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/01/31 (Tue) 18:21:10

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪



ニガツハ、ワタシノ タンジョウビアリマス(#^.^#)



キョネンノ ニガツニ、タンジョウビプレゼント トシテ スマホニ シマシタ(^_^;)




ソノセツハ 呪サンニ オセワニ ナリマシタm(__)m



Re: (のωの)ノ - foreskin

2017/01/31 (Tue) 18:45:33

んおおおおッッ!!!おおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッ!!!!!!」


3.もはや、その声は英雄として活躍していたアーサーの姿を感じさせる事など皆無だった。


4.僅かに残るヒーローとしての面影は、彼の身にまとったスーツのみ。


5.それも、今では無残に股間の窓を広げられ、そこからは太くそそり勃った男性器が屹立しているのである。


6.「っくうッッ!!!!!んんんんんんんんッッッ!!!!!!!」


7.胸元のカウンターの数字を、数秒間に一回という猛スピードで駆け登りながら、アーサーはもう只頭を左右に振り乱す事しかできなかった。


8.目の前で、ライアンを含めた複数人の男たちが見ていることなどお構いなしに、彼は己の股間からとめどなく粘液を垂れ流す。


9.否、止めようと思っても、止められないのだ。


10.すっかり肉体の細胞レベルで溶け込んだ薬物と、元来屈強な強化された男としての身体。


11.そして、何より、雄としての最もプリミティブな欲求が、アーサーの理性を今にも凌駕してしまいそうに渦巻いている。


12.そんな状況下で、アーサーはぎりぎりの場所に立っていた。


13.断崖絶壁。


14.あと一歩でも退けば、まっ逆さまに谷底へ転落してしまいそうなその崖に、アーサーは立たされているのだ。


15.押し寄せる途方もない快感と悦楽に必死に耐え、抗いながら、この場所に踏みとどまってきたアーサーだったが、それもそろそろ潮時だった。


16.じりじりと一ミリずつ後ろへ下がっていく足を、彼はもう止める事ができなかった。


17.このままでは……。


18.このままでは…!


19.分かっていても、逃れられない悪夢の様な現実に、アーサーは必死にかぶりを振った。


20.美麗に整えられていた頭髪は、激しい動作によってすっかり崩れ、端整だった顔には、眉間に深い皺が刻まれ涙や汗、果ては鼻水で濡れそぼっている。


21.「っく!!!ッくううううううううううううッッッ!!!!!!」


22.沸き上がる射精感に、アーサーが全身を硬直させて震えると、ガラスの向こうのライアンは、彼とは正反対に涼しげな表情で、胸元の数字の変化を楽しんだ。


23.「ハハハハ…!ま~た連続ですか!今回は何回続けてイクのかな?」


24.「んんんんんんーーーーーーーーーーーーーッッッ!!!!!っく…!!!くうううううううううううううううううううううーーーーーーーーーーーッッッッ!!!!!!!」


25.「お~!お~!スゴいスゴい!!もう十連チャンですかあ!ははは!こりゃあ相当皮の口を広げられるのがお気にめしたらしいですねえ~!700回記念で口広げてから、すっかりクセになっちゃったんじゃないんですか~?皮伸ばして遊んでた時よりずっと早くイキまくってるし……それになにより、アンタの声とか顔とか……そりゃヒドいモンですよ?ヒーローだなんて信じられないくらいはしたない顔しちゃって……!!必死に唇食いしばってても気持ちヨクなっちゃってるスケベな声は隠せてませんからね~~?あ~あ~!んな事言ってるあいだに身体ガクガクじゃないですか~~!!皮の中もグッチョグチョで…はははははは!!ホント、イイ反応してくれてコッチも楽しいですよ!!」


26.「っくううッッ!!!!!くうううううううううううううううッッッ!!!!!!」


27.ライアンの言う通り、今回の擬似射精が始まってから、早十五回目の絶頂感を味わうアーサーの肉体は、ガクガクと大きく震えて痙攣していた。


28.拘束された手足の筋肉を浮き立たせて、唇を思い切り噛み締めながら、アーサーは頂に登りつめる。


29.男として、そして肉体的にも限界を知らせるかのように、彼の全身はガタガタと盛大に震え続けた。


30.けれど、与えられる快感は増える事さえあれ、減る事などは絶対にないのだ。


31.「よし、さっきの投与から十五分経ったな。もう一度go-9axを投与しろ。……もちろん、最大量でな」


32.「!!!!!!!!!!!!!」


33.スピーカーから聞こえてくるのは、冷静すぎるライアンの声。


34.自分の事を案じもしないその声色に、アーサーが口を開こうとしている間にも、彼に対する暴虐は開始される。


35.「や…ッッ!!!!あ…ッ!!!」


36.言葉を発しようと唇を開いたアーサーの股間に、薬剤をフルに充填したアームが伸びてきて…それから先は、もう何度繰り返されたか分からない。


37.「やめ…ッッ!!!ひ…!!ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


38.「投薬、完了しました」


39.「よーしよし!それじゃ……またガッツリ気持ちヨくなってもらいましょうかね…!!アーサー様…!!」


40.引き伸ばされ、割り広げられた包皮の先に、鋭い針が到達すると、それは容赦なくアーサーの体内へとよどんだ快楽を注入する。


41.もう数え切れぬほどそれを投与され続けたアーサーの肉体は、今ではもう、針を刺される痛みにさえ、性的反応を示してしまう程に堕ちぶれた。


42.見たくはないのに……。


43.見てはいけないのに……。


44.アーサーは、己の長い包皮に注射針が突き刺される瞬間を凝視する。


45.そして、繰り広げられる非道な現実に愕然とすると同時に、彼の肉体は叫びだしたいほどに熱く火照りだし、渇きを潤したいと吼え始めるのだ。


46.「…ッッッッく…!!ううううううううううううううううううッッッッ!!!!!!!!!!!」


47.沸き上がる『男』の欲求を何とかねじ伏せようともがいてみるが、それこそ、無駄な努力だった。


48.幾重にも折り重なった強大な欲望は、正しく、雄の本能だ。


49.彼が生物である以上…それは根源にある終わりのない欲求なのである。


50.冷静な理性や、品行方正な考えでなど、命の源であるそれを組み伏せる事など出来るはずがなかった。


51.「ッッッッ!!!!ん…おおッあああああああああああああああああああああああああああッッッッ!!!!!!!!!!!!!」


52.熱く熱を帯び、急激に敏感になっていく包皮の感覚を感じながら、アーサーは声の限りに絶叫する。


53.けれど…それが甘美な悦びの声に変わるのに、時間などさしてかからないのだ。


54.嫌悪感に顔をしかめるアーサーが、再び快楽の虜となって、己の全身を震わせながら絶頂を味わうのは……すぐなのだ…。


55.「ッく…!!!!ふうううううううううううううううッッッ!!!!!!!!!」


56.血液にのって身体中を巡っていくgo-9axの効力を嫌というほど噛み締めながら、アーサーは奥歯を食いしばったままで天井を睨みつけた。


57.まなじりに溜まった涙のせいで、無機質な天井が歪んで見えたその刹那、彼の肢体は燃えさかるような灼熱感を伴って欲望のままに暴走し始める。


58.まるで、獣が発情するように、アーサーは身体中の男という男全てを滾らせると、股間のイチモツをこれ以上ないほどに勃起させた。


59.ギチギチと反り返った肉棒は、一刻も早く触れてくれといわんばかりに大きく脈動を繰り返して、先端から生臭い蜜を溢れさせる。


60.アームの指に広げられたままの包皮の中に、ダラダラと男の蜜を滴らせながら、その竿の根元では、絡め取られた二つの睾丸が急ピッチで熱い遺伝子を造り続けているのだ。


61.もはや、包皮の中に突き入れられた指先が、微動だにしていなくとも、薬物に汚染されきったアーサーの射精中枢は限界ぎりぎりで、己の太幹が脈を打つ度、その僅かな刺激だけで彼は途方もない快感にむせび泣いた。


62.「っくうッッッ!!!!!んッおおおおおおおおおッッッ!!!!!!!!!」


63.見下ろすように覗き込むと、アーサーの視界に目を背けたくなる現実が突きつけられる。


64.見なければいいと、頭では分かっているはずなのに、それでも彼は、どういう訳だか自らの下半身に視線を向けてしまうのだ。


65.「ッッ!!!!!!!!」


66.目を向けた先には、鈍い光を放つ指先を、複数本根元近くまで受け入れて、ねっとりとした恥汁を漏らす己の陰茎。


67.何の意思も持たぬであろう細い指先を、いきり勃つ茎の先端で余った包皮の穴へと挿入されて……。


68.長い指を挿入されたおかげで、すぼまっていた先の部分は、広く口を広げる事を強要される。


69.散々繰り返された凌辱によって、悦びの唾液を吐き続けていたアーサーの陰茎は、その男汁で包皮の中をも濡れそぼらせていた。


70.生まれてから、一度たりとも『男』としての悦びを知らぬ、敏感極まりないその箇所に、彼は何本もの指を受け入れているのである。


71.歳でいえば、とうに初体験を済ませていてもいい年頃の成熟しきった男が、何の性的刺激も知らぬまま、いきなり包皮の…それも内側を辱められている。


72.包皮の外側に触れられただけでも、電気ショックを浴びたような快感を感じる経験に乏しい彼が……己の淫液で濡れる勃起した男根の皮の内部を……。


73.拘束され、身動きの取れぬアーサーの激しく荒い息使いが木霊する室内に、指先が彼の包皮内を侵略する音が重複する。


74.ゆっくり…ゆっくり…それを何度も繰り返して、次第にアーサーの肉体が快感に順応してきた頃合を見計らって、ライアンはその速度を上げていった。


75.アーサーの歯を食いしばりながらも殺しきれない、短い喘ぎ声に比例して、皮の中で動く指はより卑猥な仕草でアーサーを責め立てていく。


76.濡れる皮の切っ先に、指をかけるようにしながら律動を早める指先に、アーサーは泣き叫ぶ事しかできなかった。


77.クチュクチュと響き渡る己のはしたない音色を聞きながら、アーサーは全身を震わせる。


78.すると、ライアンはあのいやらしい笑みを顔一杯にたたえながら、コントロールパネルを何度も何度も操作するのだ。


79.広げられ、その口を凌辱される余った包皮は、繰り返される指先からの快感に、すぐに順応し、そしてどんどん貪欲になっていく。


80.自らの排出する先走りで、口元はおろか、包皮の内部全てをねっとりと湿らせて、アーサーの男根はそそり勃った。


81.一度も洗った事のない皮の中から、生臭い男の臭気をあたり一帯に漂わせて、包皮はひくひくと震えだす。


82.そうなってからは、もう矢継ぎ早だった。


83.咥えた指を徐々に盛大に蠢かされて、アーサーの陰茎、そして包皮は悦びに大いに打ち震えた。


84.ぬるぬるとした臭い汁を吐き出しながら、彼の包皮はまるで侵入者を歓迎するようにその口先を拡張する。


85.押し入った三本の指をきゅうきゅうと締め上げると、包皮は収縮する内部でその異物を温める様に包み込む。


86.感極まりそうな興奮と、薬物のせいで上がった体温を伝えるように、長く伸びたアーサーの包皮は、粘液まみれの指を強く強く抱擁した。


87.そして、度重なる絶頂のせいで、最大限敏感になった皮の口を、物欲しそうにヒクヒクと収縮させながら、包皮はトロけた内部を指たちに向かって差し出すのだ。


88.「っく…ッッ!!うううううううッッッ!!!」


89.「ははは…!もうお口ん中がトロットロんなってますねえ!!どうですか?ポコチンの皮の中にこんなオモチャ突っ込まれて…挙句中から皮を広げられちゃって…!!って、ハハハ!そんな事されながらアーサー様は感じまくっちゃってるんでしたね!!普通なら悔しくてブチ切れる所だってのに、正義のヒーローアーサー様は、包茎ザオおっ勃たせてビンビンなんでしたね!!いやあ!すいません!!忘れてましたよ~~!!はははははは!!」


90.内側から開かれた包皮の内部に、居室の中の湿った空気を感じながらも、アーサーは口を開く事ができなかった。


91.本当は、『貴様!ふざけるな!!』と叫びたい衝動に駆られているアーサーだったが、もしも今口を開けば、そんな男気の溢れる台詞よりもずっと先に、情けない嬌声が響き渡ってしまうのは明白なのだ。


92.「……っくうッッ!!!!」


93.大きく割られた包皮の先を見下ろすと、今にも絶頂が襲い掛かろうとアーサーの背中に忍び寄る。


94.ぞわぞわと這い登ってくる嫌悪感と恍惚感を同時にその身に感じながら、アーサーは唇を噛み締め、乾いた喉を締め付けた。


95.「ハハハハ…!いいですねえ!その表情!!もう悔しくて悔しくてしょうがないのに、感じちゃって頭がそれに付いてかないって感じで!!自分では気が付いてないんでしょうけど、アンタ、もう顔っつうか…首まで真っ赤になっちゃってスゴいですよ?傍から見ても相当薬かキマっちゃってんのが分かるくらいですよ!!いやいや!さすがカワイイgo-9axちゃん!あんなに強気で正義感丸出しな世紀のヒーロー様をすっかり堕落させちまって…!!こりゃあ、ホントに大人気間違いナシのシロモンだなあ…!!ま、ここまできたら、徹底的にヤらせてもらいますけどね…!何しろ…研究って手前もあるが……俺自身も…個人的に気になってきちゃったんですよ……このまま続けたらどうなるか……そのなけなしの理性と正義感が完璧にブッ壊れたらどうなるのか……ホント…興味津々なんですよ……アンタに……ね」


96.寒気がしそうな笑みを向けられて、アーサーは全身を硬直させてライアンを見つめたが、彼がそんな冷静な態度を取っていられる時間など、ほんの僅かな間だった。


97.「それじゃ『実験』を続けましょうか!お…っと、もう十五分経過か……」


98.「!!!!」


99.「んん?はは、分かるでしょ?『ナニ』から十五分経ったのか…。で、十五分経ったら自分がどうされるのかも…ねえ?」


100.「や…!!!!」


101.「おい、投薬開始しろ」


102.「やめっ…!!やめろ……!!やめろ…!!もう…!!もうやめろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッッ!!!!!!」


103.この室内に捕らえられてから、何度繰り返されたか分からぬ行為。


104.伸びてくる機械じかけの細い腕は、もう眺めずとも分かる軌道を描きながら、アーサーの股間にうずくまる。


105.「嫌だ…ッッッ!!!!やめろッッッ!!!!!!やめろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッッ!!!!!!!!!!!!!!」


106.「go-9ax、投与開始します」


107.「おう、しっかりお注射してやってくれ」


108.度重なる薬物投与に、アーサーはこれ以上の侵略を拒むべく、瞳に涙を溜めながら全身の逞しい筋肉と共に咆哮したが、屈強な拘束具は音を立てることすらしなかった。


109.


110.


111.「っく…!!!おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッッ!!!!!!!!!」


112.透明な注射器から、猛った陰茎の先端に全量の薬液が打ち込まれ終わる頃には、アーサーの全身は、更なる真紅に染まっていた。


113.まるでそこに心臓があるかのように、ドクドクと大きな音を立てながら、陰茎の先端が脈を打つ。


114.アーサーは、その激しくせわしない鼓動を己の全身で受け止めながら、一気に駆け上がってくる興奮と悦楽に身構えるべく、今までよりもずっと強く自らの奥歯を噛み締めた。


115.「お…?こりゃスゴい…!ははは!どうしたんですか!アーサーさん!!」


116.「っく!!ううううッッッ!!!!くううううううううううううううううううッッッ!!!!!」


117.笑うライアンの言葉に答える余裕などなかった。


118.何しろ、アーサーの股間からせり上がった快感は、それはもう恐ろしいほどの悦びだったのだ。


119.何もせずとも、されずとも、すぐにでも男としての頂に登り詰めてしまうほど、彼の陰茎は薬物を投与された事によって歓喜していた。


120.今まで散々、悦びに次ぐ悦びを与え続けられた彼の性器は、まるでパブロフの犬同様に、薬物を投与される事実だけでその後に降りかかる快楽までを想像し、期待するようになってしまったのである。


121.その結果が、今正にアーサー自身を苦しめているのだ。


122.包皮の先に打ち込まれた注射針から流れ込んだ薬液によって、興奮し、性的刺激を敏感に察知するようになった身体は、垂涎する様に熱い悦楽を欲しがった。


123.『早く…!早く!』


124.身体の奥から溢れ出る欲求は、脳の片隅で戦う理性などいとも簡単に押し退けて、あっという間に、一番の性感帯にされてしまった濡れる包皮へと集まっていく。


125.「っく!!くうッッ!!くうううッッッ!!!!!」


126.一気に熱く、そして敏感になっていく包皮の感覚を受け止めながら、アーサーが唇を突き出したのと、ライアンがパネルを操作したのは同時だった。


127.「ハハハ!!こりゃ相当気持ちイイ事になってますねえ!!金玉に付けたモニタがすんごい数値出してますよ?はははは!!まったく!どれだけ精子造れば気が済むんですかね!この金玉は!!もう右も左もヤバいくらい精子蓄えちゃってますよ~~~?こんだけ精子が溜まってちゃ、そりゃ臭い金玉んなってるでしょうねえ!!お~お~!もう両玉ともビックンビックンしちゃって袋ん中で上がっちゃってんじゃないですか!!ははは!!射精したいでしょ!!いいですよ~~!!盛大にしましょうねえ!!擬似射精!!!ハハハハハハハハ!!!」


128.「んおッッッ!!!やめ…!!!!んッおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッッッ!!!!!!!!!!!」


129.ライアンの言った通り、アーサーの精巣はもうこれ以上できないほどに、活性化し、その体内に数え切れないほどの精子を蓄えていた。


130.強化され、徹底的に強く、逞しく生きる男の精巣で、その熱い遺伝子が刻一刻と増え続ける。


131.しかし、生まれ、貯蔵され続けるその濃厚な遺伝子達は、己の種を遺す為に造られているのではない。


132.種付けどころか、放出すら許されぬ子種達は、兄弟がひしめき合う精巣の中で、延々泳ぎ続ける事しかできないのである。


133.興奮に次ぐ興奮と、快楽に次ぐ快楽によって、睾丸が熱され、噴射中枢が高まろうとも、彼らは勢い良く外界へと旅立つ事は許されない。


134.哀れな彼らに残されている道はただ二つ……。


135.父であるアーサーの精巣の中で、命の限りに生き続け、そしてやがてその巣の中で死んでいくか……。


136.もしくは、快感に震える父の尿道から、ダラダラとだらしなく吐き出されるカウパーと一緒に、生臭い包皮の中へと放出されるか……。


137.どちらにせよ…真っ当な成果を得られないまま、彼らは死んでいかなくてはならないのだ。


138.「っくうううううううううううううううううううううううううううッッッッ!!!!!!!」


139.「はははははは!!!気持ちイイですねえ!!金玉がビックンビックン動いちゃって…おお?こりゃタマが上がりきってガッツリ擬似射精しちゃってますねえ!!空イキしながら金玉から精子溢れさせるんですかあ!!ははは!!こりゃいい!!しっかり撮ってあげますからそのパンパンの金玉からターップリ子供溢れさせていいですよ~~~!!っつっても、ガマン汁垂らすのと感覚的には変わらないでしょうけどねえ!!」


140.ライアンが笑ってスイッチを押すと、アーサーの股間を目いっぱいにズームアップした映像が、モニタの中に表示される。


141.つい先日まで世界の平和を護っていた守護神のトレードマークともいえる蒼いコスチュームの下半身で、大きく鎌首をもたげて反り返る太い陰茎。


142.そして、露になった性器に快楽を与えられながら打ち震えるのは、紛れもない守護神本人で……。


143.「っく!!や…め…ッッ!!くああああああああああああああああああああああああああああああああッッッッ!!!!!!!!!」


144.限界間近の睾丸を携えたアーサーが、何とかこの難局を乗り越えようと、眉根を寄せたところで、彼の肉体がその疼きを放棄する事などありえない。


145.「おお!!ハハハハ!!出てる出てる!!パンパンの金玉からダラダラ子種が溢れてますよ~~~?ああ、でも全然射精してる気持ちよさはないでしょうけどねえ!!何しろ『ソレ』は金玉がキャパシティを作る為の、いわば応急処置ですからね!だってそのままじゃ、金玉破裂しちゃうでしょ?だから仕方なくアンタのタマは古くなって一番使いモンにならなそうな精子から外に捨てる事にしたんですよ!!……もちろん…溜まってる精子を捨てて、タマに余裕ができたなら……。分かりますよねえ?アンタの金玉…ま~~た精子造ろうとしてんですよ……!!まあ、こんだけポコチン刺激して、気持ちよくなってちゃ金玉も勘違いしちゃいますよねえ!!きっと金玉はアンタが生まれて初めてのオナニーでもしてると思って、一生懸命精子造って頑張っちゃってるんですよ!!ハハハハ!!可哀想に!!ホントはこんな事されて空イキしまくってるだけなのにねえ!!ホラ!!んじゃあそんな金玉の持ち主のアーサー様は、しっかり古い精子捨てなきゃダメですよ!!金玉ん中でタップリ温めてドロドロんなってる臭子種、包茎ポコチンからだらしな~~~く放出しましょうね~~~~!!!ハハハハハ!!恥ずかしいですね~~~~~~!!!!捕まって引き伸ばされてる金玉から臭~~~~~~い精子垂らすんですか~~~!!金玉ん中に溜めすぎて、きっと古い精子は腐ってますよ~~~~~?ほら!!腐った精子、皮の中に捨てましょうねえ!!!!!」


146.「ふううううううううううううううううううううううううううううううううッッッッ!!!!!!!」


147.ライアンの嘲る台詞に合わせて、アーサーの股間でアームの指先が動き出す。


148.「んッッッッ!!!!!!!おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


149.捕らえられてから、一時も休みなく責められ、調教された敏感な包皮の、更に一番弱い内側を強い力でかき混ぜられて、アーサーはとても耐えることなどできなかった。


150.「んおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッッ!!!!!!!!!!!!」


151.「はい!連続~~~!!はははは!!これで何回イクのか楽しみですねえ~~~!!んじゃ、良く鳴けたご褒美にもっと回転速度早くしてあげますよ~~!!」


152.「!!!!!!ひッッ!!!!!!!!ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいッッッッ!!!!!!!!!!!!!」


153.限界まで口を広げられた包皮の中で、三本の指先はそれぞれ皮の内側を擦り上げながら、音を立てて回転する。


154.己の遺伝子をたっぷりと含んだ先走り汁をたたえた包皮内で、そんな風に指達が躍りだせば、アーサーがどうなるかなど分かりきった事だった。


155.「んッッッッッッほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


156.今までよりも更に盛大にガクガクと全身を痙攣させながら仰け反ったアーサーの胸元で、カウンターが一足飛びにその表情を変えていく。


157.「んおッッッ!!!!!んおおおおッッッッ!!!!!!!!んおおおおおおおおおおおおーーーーーーーーーーーーーーーーッッッッッ!!!!!!!!!!!」


158.定まらない視点で天井をきつく睨みつけながら、アーサーは股間の陰茎を跳ねさせた。


159.激しく、盛大に脈を打つのは反り返った太幹だけでなく、両側に引っ張られるようにして固定された睾丸もだ。


160.音がしそうなほどの勢いで、上下に大きく揺れながら、彼の睾丸も陰茎も、そして、茎の上の包皮までもが、ビクビクと激しく脈を打ち続ける。


161.「っくううううううううううううううッッッ!!!!!!!!!!ふ…ッッ!!!ふうううううううううううううううううううううーーーーーーーーーーーーーッッッッ!!!!!!!!!!!!」


162.言葉にならない声を上げながら、アーサーは夢見心地だった。


163.従ってはいけない…!!


164.流されてはいけない…!!


165.「っくうッッ!!!!!くううううううううううううううッッッッ!!!!!!!!!」


166.次から次へと寄せては返す波のような絶頂感に苛まれて、彼はゾクゾクと背筋を強張らせながら、どうする事も出来ずにただただ天井を睨み続ける。


167.通常の男が一回の射精で感じる悦びが、まるで子供の遊びに思えるほどの、強大過ぎる射精感を一身に受け止めて、アーサーは意思とは裏腹に股間の幹に太く逞しい血管を、何本もはっきりと浮き立たせた。


168.「ははははっ!!気持ちイイですか!!連続空イキしながらの精子放出は!!もう金玉も勢い良く精子撒いてますよ!!もちろんそれと同時に新しい精子も造り始めちゃってますけどね!!新鮮な精子しっかり造って、腐ったヤツをピュッピュしましょうね!!一生経験できない種付けの代わりに延々皮の中に腐った精子撒き散らしてヨガっていいですよ!!はははは!!臭そうなポコチンに血管しっかり浮いちゃって~~!!もう皮の口が内側から溢れてきたガマン汁でドロッドロですよ~~~!!!そんなにヌルヌルじゃ指がもっとすべっちゃいますねえ!!!!」


169.先ほどまでと変わらず、回転する指先たちに広げられた包皮の口を、ぬらぬらと光る生臭い唾液で濡らしたアーサーは、苦悶の表情を浮かべて唸るものの、肉体はそれとは正反対の反応を示し歓喜する。


170.徐々に、しかし確実に割り開かれていく自らの包皮の先端口の姿が、彼の脳裏から離れない。


171.いつもは、小便をする時にしか、意識した事のなかった陰茎の皮を……あんな風に玩具の様に扱われて……その上……!


172.アームの指先の蠢きを皮の中側に感じながら、燃える身体をビクつかせると、アーサーは顔をしかめて叩き込まれる快楽に耐え続ける。


173.『もう…!もう…!止めてくれ…!!こんな……!!こんな…快感を……!!私は…知らない……!!』


174.頭の中にリフレインする自らの心の声を聞き続ける、アーサーの股間では絶えずアームが動き続けた。


175.内部に余裕のなくなった精巣が吐き出した、アーサーの遺伝子の残骸を潤滑油代わりに使う指先は、益々なめらかに動きながら、彼の首を絞め続ける。


176.指先が包皮の中で一回転する間に、アーサーがどれほどの悦びを感じているか…それは筆舌に尽くしがたい物だった。


177.常人であればそれこそ、飛び上がりながら叫び出すほど……その位の快楽を、彼はその身に受けてもがき続けているのである。


178.証拠に、先刻アーサーがライアンに見せられた、機械に繋がれた男達は、もはや正気を失ったまま、肉体に悦びだけを刻み込まれていたではないか。


179.go-9axを大量に投与されての性的快楽というものは、それほどまでに強烈なものなのだ。


180.陰茎の先端に余る数センチの包皮……。


181.それは今や、彼にとって身震いするほどの快楽を生む肉体一の性感帯になってしまった。


182.外から摘まれただけでも興奮が頂点に到達しそうになるそんな場所の内側を、ぬめる指先を三本も使ってかき回されて……彼の肉体は緊急アラームを打ち鳴らす。


183.『これ以上…!!これ以上こんな事を続けられたら……!!』


184.正直な肉体が告げる緊急事態宣言に、アーサーはどうする事もできずに歯を食いしばった。


185.分かっている…。


186.今までも、相当ぎりぎりな状態に立たされていた……。


187.けれど………。


188.今度こそ……。


189.引き伸ばされた睾丸が袋の中で大きくその身を震わせて、反り返った陰茎の先では包皮に包まれた亀頭がカチカチに膨張している。


190.何度も何度も……数え切れぬ程……絶頂感を味わい続けた彼らが……告げているのだ。


191.『もう……!もう…許してくれ……!!楽に…!楽にさせてくれ……!!』と。


192.人間の全ての感覚を閉塞し、性的快感だけを享受させる薬物に侵されて、男の限界を絶え間なく見せられ続けたアーサーの身体…。


193.抗うのは……もはや彼の微小なプライドだけだった……。


194.「……ふん、もう…そろそろか…」


195.囁くように言ったライアンの声は、切羽詰ったアーサーには聞こえない。


196.拳を握り締め、唇を噛み締めるアーサーは、瀬戸際に立たされているのだ。


197.振り返れば、己が今にも身を翻して墜落しそうな奈落が、灼熱の炎を噴き上げながら待ち構える。


198.このままでは…次の波に耐えられない……!!


199.嫌に冷静な頭がそう教えても、彼に出来る事など皆無だった。


200.ここまで追い詰められ、全てを握られてしまった以上……楔を振り切って前へと進むことは不可能だ……。


201.つまり………後は…待つしかないのである………。


202.断崖絶壁に立ちながら……前から、次の波が押し寄せるのを……。


203.身を煽る突風が吹き荒ぶのを……。


204.ただ…じっと待つしか……アーサーにはできないのだ…。


205.「く…ッッッ!!!くううううううううッッッ!!!!!!!!!」


206.必死にこめかみに血管を浮き上がらせている間にも、アーサーの陰茎はアームたちによって弄ばれる。


207.もう、彼の『男』としての感覚は、包皮の中に招き入れた指先が回転する度に、全身を痙攣させる程の快楽を味わうまでになっていた。


208.「ふッッッ!!!!!ふううううううううッッッ!!!!!!!!!!」


209.こみ上げてくる悦びの感覚を研ぎ澄ませた肉体に刻み込みながら、アーサーはぶるぶると震え続ける。


210.疾走する様に刻まれていくカウンターの数字。


211.迫り来る終焉。


212.絶対に、倒れる事などあってはならない英雄が……こんな事で……!!


213.近づく終わりの気配を察知して、アーサーが強く拳を握ると、ガタガタと上半身が痙攣した。


214.『嫌だ……!嫌だ…!!嫌だ!!』


215.絶対的な嫌悪感。


216.背徳感。


217.挫折感。


218.屈辱感。


219.そして……それと裏腹に聞こえてくる安らぎの賛辞。


220.『もういいじゃないか…。これ以上……耐えられない…!!』


221.生まれてから、一度たりとも考えた事のなかった敗北を……アーサーの脳裏で誰かが告げる。


222.何があっても……たとえ死んでも……悪に屈する事だけは……決してしてはならないと深く刻んで誓って生きてきたはずなのに……!!


223.揺らぐ信念を奮い立たせようとしてみても…その材料が見つからない。


224.万が一にも、この場でもう一度立ち上がったとして………それが一体何になる?


225.たとえ次の一波にかろうじて耐えたとしても、自分がぎりぎりの絶壁に立たされている事実に変わりはない。


226.だとすれば……どうなるのだ……。


227.次の波を、またこうして苦しみながら耐えるのか……?


228.その次は……?


229.その次は…?


230.ライアンの勝利だった……。


231.延々と続く薬物投与に、快楽地獄。


232.それは難攻不落と謳われた英雄アーサーの精神を、気付かぬ間にぼろぼろにした。


233.時間の感覚さえ分からなくなったアーサーは、もう世界を救うヒーローなどではなくなったのだ……。


234.次に訪れる性的な悦びに恐怖し、同時にそこへ堕ちていきたいと願う彼は今、もはや只の一人の男なのだ……。


235.go-9axという薬物に汚染され、初めての『男』の悦びに目覚めた……成熟した肉体を持て余す男なのである…。


236.「あ…!!あああああああッッッ!!!!!」


237.再びせり上がる悦楽に震える声を上げるアーサーに……ライアンは瞳を細めると微笑んだ……。


238.「チェック…メイト…」


239.


240.


241.「……go-9axを投与しろ」


242.響いたライアンの声に、振り向いたのは研究員だった。


243.「え…?」


244.「…聞こえなかったか?ならもう一度言うぞ?go-9axを投与するんだ」


245.「と、投与…ですか…!?しかし…先ほどの投与からまだ十分な時間が…」


246.「いいんだよ。それで」


247.「で、ですが…!それではあの男の身体がgo-9axを分解できないまま次の投与に踏み切る事になります……!!」


248.突如として破られようとしている禁忌に、研究員はライアンの真意を見抜けぬままで硬直した。


249.「…俺の言ってる事が聞こえないかな…?」


250.振り向いた研究員を見つめるライアンの瞳は笑っていない。


251.その目の奥で、どす黒く燃える炎を垣間見て、研究員は咄嗟に言葉を飲み込むと、コンソールへと向き直った。


252.「……go-9ax…投与準備を開始します……」


253.「おう、よろしく頼むよ…量は、さっきの三倍だ」


254.


255.


256.聞こえてきたやり取りに、戦慄したのは言うまでもない。


257.アーサーは全身を支配する敗北感に苛まれながらも、弾かれたように顔を上げた。


258.『な………な…に……を』


259.ライアンの言葉を反芻して、脳がそれを理解した途端、ガタガタと震えだす肢体。


260.『まさ…か……!そんな……!!』


261.今まで通りなら、自分が次に投薬されるまでには、まだ十分な間があるはずだ。


262.それなのに……!!


263.研究員の言う通り、自分の身体がまだ先刻投与された薬物を分解しきれていないのは、肉棒の様子からも明白だ。


264.熱い身体に、敏感過ぎる男の証。


265.そんな状態の今の身体に……更に薬物を投薬する……!?


266.それも……ライアンの言葉が本当なら……さっきまでの三倍の量を………!!!!


267.「い…!!いや…だ…ッッッ!!!!!」


268.ガタガタと歯を鳴らしながら、アーサーは訪れるであろう未来に首を振る。


269.しかし……彼の未来を決定するのは、彼自身でも神でもない。


270.目の前で笑う、ライアンなのだ……。


271.「……投薬準備、完了しました…」


272.「ん、りょうか~い」


273.まだ状況を理解できずに、困惑した口調の研究員が伝えると、ライアンは短く言ってアーサーの姿を見下ろした。


274.「……さ~て…お薬の時間ですよ…ヒーローさん?」


275.


276.


277.「!!!!」


278.ゆっくりと動き出したのは、あのアーム…。


279.先端に注射器を携え、伸ばした包皮に薬液を注射する…あのアームだ…。


280.「そ…そん…な…!!!!嫌…だッ!!やめ……!!やめろおおおおおおおおお……ッッ!!!!」


281.英雄らしからぬ、情けない声色で叫んだアーサーに、魔の手はゆっくりと近づいていく。


282.ライアンの造りだしたあの違法薬物の効力は絶大だ。


283.強化人間であるアーサーをもってしても、それは歴然と証明された。


284.肉体と精神を、極限まですり減らされて……そして…。


285.「お、もちろん量は言った通りの量にしたな?」


286.「…はい…。仰る通り、最大量の三倍の量をセットしました…」


287.「よ~しよし、ごくろうさん」


288.「…………本当に…いいんですか……。万一…」


289.「ああん?大丈夫だって言ってるだろ?この実験を始めてから、アイツの身体のデータはたっぷりとったんだ。それから察するに、いくら間が空いてないって言ったって、その量じゃアイツは死にゃあしねえよ。ただ………」


290.「ただ………?」


291.含みのあるライアンの言葉に、思わず聞き返した研究員に、ライアンは答えなかった。


292.その代わりに、口元にたっぷりの微笑をたたえ、ガラスの向こうのアーサーの事をライアンは只々じっと見つめ続ける。


293.顔中を苦悶の色に染めながら、必死にかぶりを振る哀れな捕らわれのヒーローに、内部に先ほどまでとは比べ物にならない量のgo-9axをたたえた注射器が、じわりじわりとにじり寄る…。


294.「………どこにしよおか、な?………でも、やっぱり決め手になる『イッパツ』なんだから………一番感じる臭い皮にしてあげましょうか……!」


295.嘲笑するような声と共に、アームを動かすパネルにライアンが指先を割り込ませると、注射針はゆっくりとアーサーの股間へと降りていく……。


296.「!!ま…まさか…また包皮に打つ気ですか…!?あの量ですよ……!?」


297.ライアンの行動に、研究員は思わず顔を見上げて抗議するが、彼の上司は、その狂った行為を行う張本人だ。


298.「…大丈夫だって言ってるだろ?」


299.「で、ですが…!!今まで数え切れないくらい同じ箇所に投薬していますし……!!万が一の事があったら…!!」


300.そこまで言って、研究員は黙りこくった。


301.いや、彼はもう話す事ができなくなったのだ…。


302.「……他に、意見があるヤツぁいますかね?」


303.笑いながら室内を見回すライアンに、誰も声を上げることはしなかった…。


304.


305.


306.「やめろ……!!!!もう…!!やめろおおおおおおおおお……ッ!!!!」


307.迫り来る鋭い針先を見つめながら、アーサーは文字通り断末魔の悲鳴を上げて首を左右に振り乱した。


308.「ははは…!そんな事言っても分かってますよ?もうアンタのカラダはおクスリが欲しくて欲しくてたまんないでしょ?いいですよ!今からタ~~ップリ仕込んであげますからね…!!それも………アンタが一番感じるその臭くて汚い…汚れたドリル包茎の先っぽに!!」


309.「ひいッッ!!!???」


310.ライアンの声が響いた直後、包皮を広げているアームとは別のアームが、彼の包皮に伸びていく。


311.「やめろおおおおおおおおお…ッッッ!!!!!」


312.「ハハハハ…!!感じる皮、思いっきり伸ばしてあげますからね!!もちろん、その伸ばした場所に、今からお注射してあげますよ…!!ホーラ…!もう針が目の前だ!!んじゃ、ちょっとチクっとするのガマンしましょうね~~~!!そうすりゃ………ホンモンの天国見られますよ……?」


313.「い…ッ…!い…や……だッ…!!やめ…ろ…おおおおおおおおお……!!!!!」


314.敏感な包皮を外からも伸ばされ、更に内側からは変わらず耐えない指先の刺激を受けているせいで、アーサーは快感に声を上擦らせながらも、拒絶の声を響かせる。


315.けれど……アームはとうとう…彼の股間へと到達した……。


316.いきり勃ち、生臭い汁を吐き出し続ける肉棒の先へ………光る注射器が近づいていく…。


317.先端から、溢れたgo-9axを垂らしながら…注射器はアーサーの伸ばされた包皮へと辿り着く……そして…。


318.「ッ!!!!!!!!」


319.感じたのは………痛みではなく……快感だった…。


320.外と内から伸ばされた柔らかく厚い皮膚の中に、鋭い針が突き刺さると、その場でゆっくりと注射器内の薬物を流し込む…。


321.先ほどまでより、ずっと大量のその薬液は、アーサーのなけなしのプライドを手折るには……十分過ぎる量だった…。


322.「!!!!!!!!!」


323.伸びた包皮に感じた投薬の刺激に続いてアーサーに襲い掛かったのは……途方もなく強大な恍惚感だった。


324.もう、何がなんだか分からない。


325.ここがどこで、自分が誰で、何をされていたのかも……全て忘れて快楽に叫びだしそうなその感覚。


326.「ッッッ…!!!!ん…おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッッッ!!!!!!!!!!!!」


327.盛大に震えだす身体に、ひとりでに溢れ出す野太い嬌声。


328.アーサーが意図せずとも、彼の身体は、遂に陥落してしまったのだ……。


329.ライアンという名の男が造りだした………おぞましく危険な薬物によって…。


330.「んお……ッッッ!!!!!おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッ!!!!!!!!!!!!」


331.ビクビクと跳ねる身体に合わせるように、股間で跳ね回る陰茎は、さっきまでよりずっと鮮烈で鋭利な快楽を伝えてくる。


332.両端に引き伸ばされた睾丸も、金属で締め付けられる恥茎の根元も…無論、広げられ弄ばれる包皮までもが、今までに味わった快感が序章だったのではと思わせる程の刺激と悦びを受けてアーサーの股間で狂喜する。


333.もう………抵抗などできなかった……。


334.「んおッッ!!!んおおおおッッッ!!!!!!んおおおおおおおおおおおおおおおおッッッ!!!!!!!」


335.勝手に溢れ出るはしたない嬌声を室内に響かせながら、アーサーは目尻に溜めた涙を頬に流す。


336.今まで、一度たりとも人前で涙を見せた事などなかった英雄が……初めて見せた泣き顔だった…。


337.「さ~~~て……、こりゃあガツン、っとキいたでしょ……?」


338.ほくそ笑むライアンに、もう厳しい表情は向けられなかった…。


339.「っく…!!うう……ッ…ッ!!お…おおおお……ッッッ!!!!」


340.唇を引き結んでも漏れてくる、情けない声を震わせながら、両方の目から涙を流すその顔は、泣いて許しを請うような表情で……。


341.「くく…!イイ表情ですよ……!」


342.アーサーを見下ろして笑うライアンは、呟くようにそう告げると、次にはっきりとした声色でアーサーに向かって問いかけた。


343.「……どうです?気持ちイイでしょ?アーサー様?」


344.「…!!!!」


345.名指しで自分に問いかけられて、アーサーは全身を硬直させてライアンを見上げたが、当のライアンは片眉を吊り上げて嘲笑っている。


346.「ほら…どうなんですか?気持ちイイでしょ?って聞いてるんですよ?」


347.「……ッ!!!」


348.「…聞いてる、って言ってるんですよ?」


349.「な…ッ!!!!」


350.気が付いた時には、目の前でアームが股間へ向かって降下していた……。


351.たっぷりの……go-9axをたたえた注射器付きで…。


352.「や…!!!!やめろーーーーーーーーーーーーーーーーーッッッッ!!!!!!!!!!!!」


353.起きようとしている恐ろしい現実に、アーサーが遮二無二四肢を突っ張らせて絶叫してもライアンの決定は変わらない。


354.「聞いたのに答えなかったアンタがいけないんですよ?ヒーローさん」


355.薄く笑うライアンの前で、アームは無慈悲にアーサーの陰茎へと到達すると、注射器の針を突き立てる……さっきと同じ、包皮の先に……。


356.「い……ッッッ!!!!!嫌だあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!」


357.居室の壁が震えるほどの声を上げて吼えたアーサーに訪れたのは……めくるめくおぞましき快楽の世界……。


358.「!!!!!!!!!ん…あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


359.自分が震えているのか、それとも世界が震えているのか…彼にはもはや、分からない…。


360.全量の薬液を投与し終えた注射器がもといた場所へと戻るのを視界の端に捕らえながら、アーサーはもう声を止める事ができなかった。


361.「んあッッッ…!!!!!!んああああああああッッッ……!!!!!!!!!」


362.低く太い雄叫びを上げ続けながら、股間の肉竿を益々反り返らせるアーサーに、ライアンが再び問いかける。


363.「……どうです?気持ちイイですかあ?」


364.「んあ……ッッ!!んああああ…ッッ!!!!」


365.ガタガタと身体を痙攣させるアーサーが、ライアンの言葉に答えることは困難だ。


366.けれど、そんな言い訳は、容赦のない支配者には通用などしないのだ…。


367.「はは、学習能力が乏しいみたいですねえ?それじゃ……ちゃんと身体で分からせてやらないと、ね」


368.「ひッッッ!!!!????」


369.訪れたのは、数十秒前と同じ光景。


370.自分の屹立した陰茎の先に、薬液をなみなみとたたえた注射器が降下して………。


371.「いッッッッ!!!!!!嫌だああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


372.何が起こるのかを察知して、アーサーはもう体裁など気にせず声の限りに泣き叫んだ。


373.大の男が…それも屈強な戦士であるアーサーが……涙を流し、絶叫しながら抵抗するのを、ライアンは楽しそうに見守っている。


374.「ほーら、アンタがちゃんと答えないからいけないんですよ?またタップリ皮におクスリ打ちましょうねえ?」


375.「んッッッおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


376.アーサーの肉体データから算出された、最大投与量から三倍の量に増やされた薬液を、再び投与されたアーサーはもう身体をコントロールする事などできなくなっていた。


377.数十秒の単位で繰り返し襲い掛かる快楽に反応して、激しく揺れる陰茎も、そこから離れた両脇でビクつく睾丸も、もうみな彼の事などお構いなしに、各々の悦楽を受け止めて歓喜している。


378.アーサーがどれだけ頭を振ってもがいても、もう彼の男としての肉体は、強大な権力に逆らう事など不可能なのだ…。


379.「……どうですか?もう一度聞いてあげますからね?『気持ちイイですか?ヒーローさん?』」


380.「!!!!!!!!!」


381.三度目のライアンの声に、アーサーは全てを手放し……そして、叫ぶように応えていた。


382.「っき!!!気持ちッッ……いい…ですううううううううううッッッ!!!!!!」

Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/01/31 (Tue) 22:16:19

(;-ω-)ワタシノスマホデビューハ イツニナルコトヤラ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/01 (Wed) 06:31:25

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



ベツニ アセラナクテモ イイノジャ ナイデスカ?(^-^;)



スマホデノ、○○○ノ カクダイハ…(///ω///)♪




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/01 (Wed) 12:19:57

( ^ω^)ワタシノ ガラケーハ ナカナカコワレナイデス

ナンカイモ ジメンニ オトシテルンダケドネー

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/01 (Wed) 22:40:35

(*´∀`)ノコンバンハ♪


ワザワザコワス ヒツヨウモ ナイデスシネー( ´∀`)



タイセツニ ナガク オツカイ クダサイ(*´ω`*)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/02 (Thu) 00:51:13

( ^ω^)コワレルマデツカイマス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/02 (Thu) 06:54:10

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




モノニ ヤサシイ、呪サン(///ω///)♪




Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/02 (Thu) 12:46:53

(´-ω-`)ナントカ、キアリスノ タメニ…







Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/02 (Thu) 18:37:09

(´;ω;`)オトウサン…

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/02 (Thu) 20:53:35

(*´∀`)ノコンバンハ♪




スミレモ タイヘンナ トキヤカラ、シラセン トッテヤァ~( ・ε・)





Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/03 (Fri) 06:28:14

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




サクラチャンガ、アノオトコニ ヤラレ チャウ…ι(`ロ´)ノ




アルバイトハ ユルシマセン!(`ヘ´)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/03 (Fri) 08:34:14

(´・ω・`)アノオトコニ ツイテイクンダネー ヤラレチャウネー

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/03 (Fri) 20:50:35

(*´∀`)ノコンバンハ♪




ジローチャンノ コドモガデキタカラ、ダイジョウブカト…(^^;





Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/04 (Sat) 06:30:11

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



呪サン、キョウハ ヤスミ デスカ~?( ´∀`)





Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/04 (Sat) 12:18:55

(´・ω・`)キョウハシゴトデス ソノアト エンカイガマッテマス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/04 (Sat) 18:02:39

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪



エンカイ イイナァ~( ´∀`)♪



ノミスギナイヨウニ(^^;



Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/05 (Sun) 06:19:45

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




呪サン、フツカヨイ カナ?(・・;)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/05 (Sun) 09:57:23

( ^ω^)フツカヨイシナイテイドニ ノンダノデ カイチョウデス

Re: (のωの)ノ - 何◆.o2hy9JRQg

2017/02/05 (Sun) 18:42:01

コンバンワ〜

ノロチャン
マンスレ&シンスレ オメデトウ ゴザイマス (^^)

タマニデスガ…オジャマシマース

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/05 (Sun) 21:23:52

(*´∀`)ノコンバンハ♪


スイヨウビハ、ワタシガノミカイ\(^o^)/♪



ヤキニク タベルゾォ~!щ(゜▽゜щ)



ナニサン、ショッチュウ キテ~(^^;




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/05 (Sun) 22:49:38

(´・ω・`)ヤキニク ジュルリ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/06 (Mon) 06:34:06

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




イナカノ ヤキニクヤサン デスカラ、オイシクハ ナイデス(´Д`)




ヤスイカラ イッテル ダケ…(´-ω-`)




ソレデモ タノシミ~o(^o^)o♪




(のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/06 (Mon) 09:32:52

( ^ω^)イッパイノンデ カンカクヲマヒサセテ オニクヲタベタラ…

モウ ニクノアジガワカラナク ナルカモ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/06 (Mon) 18:27:26

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪



アルコール ダメナ ヒトナノデ、タベル マエニ ツブレテ シマイマス(^_^;)





Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/06 (Mon) 23:52:27

(;´Д`)オサケノメナイノデシタネー

ソウシタラ ニクヲ タラフクタベルシカナイデスネー

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/07 (Tue) 06:29:48

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



ハイ、タラフク タベマス(^o^)



アシタ タノシミィ~o(^o^)o♪




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/07 (Tue) 12:21:27

( ^ω^)キョウハ ブタゴヤノ ハイカンコウジ

ナカハアツクテ ナツデツ

アセ ビッショリデス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/07 (Tue) 21:32:46

(*´∀`)ノコンバンハ♪




ソレハ、ゴクロウ サマデシタm(__)m




ブタサン イッピキ ミアタラナイ ノ デスガ…(´・ω・`)





マサカ 呪サン…(´-ω-`)





Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/07 (Tue) 22:37:21

(*≧▽≦)ノ モッテキチャイマシター

(;-ω-)デモ トウスウ カンリシテルトイッテマシタ

イナクナッタラ ブタヲシュッカスルトキ ワカルソウデス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/07 (Tue) 22:39:26

( ´∀`)マァ、トウゼン デスヨネー



コブタサン カッテミタイ…(///ω///)♪




Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/08 (Wed) 06:36:54

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




サテ、ヤキニクニ ソナエテ オナカヲ スカシマス(^_^;)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/08 (Wed) 08:38:29

(;´Д`)シゴトニ エイキョウデナイヨウニ オネガイシマス

Re: (のωの)ノ - ゾンビ

2017/02/08 (Wed) 12:25:51

僕ゾンビ〜、一回死んでます。

この間の節分で近くの幼稚園に鬼の役で豆まきしました。

みんな楽しく豆まきをしたんですが、鬼の面をとったら園児泣いたり騒いだり大パニック本気で豆をはじめ物を投げてくる始末。

痛くて辛くてもう死にそう…、でも死んでるのだけどねーうぷぷ。

風の吹くまま気の向くまま、今日も元気に凍ってます

ゾンビは痛みがあるのとかツッコミいれないよーに

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/08 (Wed) 12:34:47

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪




ゾンビサン、マサカ セツブン ネタデクルトハ オモイマセン デシタ(^_^;)





アイカワラズ、キレッキレノ ネタデス!(^^)




呪サン、ワタシハ オヒルデシゴト オワリ\(^o^)/



モウ ウチニ イマシタ(^^)v





Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/08 (Wed) 17:55:45

(´・ω・`)マッサチャン ゾンビサン ツカレタノデ ワタシモシニマス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/08 (Wed) 18:08:11

( ´∀`)ワタシハ コレカラ イッテ キマス♪





Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/08 (Wed) 22:47:40

( ´∀`)カエッテ キマシタ~♪



カラダガ、ヤキニク クサイ…(´Д`)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/09 (Thu) 00:56:55

(;´Д`)シンデ オキテ ゴハンタベテ マタシニマス

(のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/09 (Thu) 13:59:45

サムイ {{(>_<;)}}

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/09 (Thu) 15:51:12

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪



呪サン、サムサニ マケナイデェ~(´Д`)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/09 (Thu) 21:23:06

(´;ω;`)サクラチャン エエコヤナァ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/09 (Thu) 22:50:33

(///ω///)ワタシモ サクラチャン ダイスキ!♪






(のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/10 (Fri) 01:47:34

(-ω-)zzZ オヤスミナサイ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/10 (Fri) 06:31:30

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




呪サン、アサデスヨ~(*´ω`*)





Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/10 (Fri) 12:26:09

(´・ω・`)キョウハ シゴトノアトニイコウカト オモイマス

Re: Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/10 (Fri) 20:58:59

( ^ω^)カエッテキテ ゴハンタベタノデ アトハ マッタリスルダケデス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/10 (Fri) 22:05:17

(*´∀`)ノコンバンハ♪



ユザメ セントイテ クダサイネ~(;´д`)




Re: (のωの)ノ - foreskin

2017/02/10 (Fri) 22:10:54

僕は高校1年の6月になってやっとおちんちんに毛が生えてきました。
中学生の時はずっとつるつるのまんまで恥ずかしかったです。
中3の時にトイレで同級生に横から覗かれて僕のおちんちんの恥ずかしい
秘密を知られてしまいました。そのことはあっという間にクラス中に広まって
女子にも僕のおちんちんがまだつるつるなことが知られてしまいました。
それからは事あるごとにまだ生えてないことでからかわれて惨めな思いをし
ました。「まだつるつるのくせに」とか「小学生のちんちんのくせに」とか
言われて同級生扱いしてもらえませんでした。それもそののはずで当時の僕
のおちんちんは無毛だったばかりか5cmもないぐらいで亀頭も全く発育して
おらず先細りの皮被りで先っぽで余った包皮が口を閉じてツンととんがって
1㎝ほど突き出した小学生のおちんちんそのものでした。僕は当時は自分の
幼いおちんちんが嫌でたまらなくていつになったら毛が生えてくるんだろう
?もしかして生えてこないんじゃ?とすごく心配していました。なので高校
生になってようやく生えてきた時はすごく嬉しかったです。でも生えてきて
から1年ぐらいたっても僕のおちんちんは先細りの皮被りのまんまで
ほとんど成長しませんでした。小学生みたいな幼いおちんちんに毛だけが
生えてきたみたいでなんだか似合わない気がしてきて生えているのが嫌に
なってきました。それで僕はやっと生えてきた待望の陰毛を生え揃いもしな
いうちに自らの手で剃り落としてしまいました。まだ薄い陰毛は簡単に
剃れてしまいました。ジョリジョリと剃刀が5回ほどおちんちんの付け根
を往復しただけでつるつるの中学生の時の恥ずかしいおちんちんに逆戻り
してしまいましたが後悔はありませんでした。陰毛なんて無いほうが僕の
小学生みたいなおちんちんにはお似合いで自然な感じに見えるしこんな
未熟なおちんちんで陰毛なんて生やす資格はないなと思いました。
すごく惨めなおちんちんだけど可愛いおちんちんなのでしかたないなと
思います。

高校を卒業してから十数年経ちましたが結局僕のおちんちんはその後も全く
成長することはなく小学生の時のおちんちんよりひとまわり大きくなっただけ
で皮の被り具合も小学生の時からずっと包皮口が先端でキュッとすぼまって
ツンと前に突き出してとんがったままです。長さも5㎝までしか成長しなくて
そのうちの1㎝はツンととがってる包皮口です。可愛いおちんちんのままで
いたいと思っていたせいか亀頭もあまり発育しなくて先細りのツボミみたい
なおちんちんです。陰毛も薄くて、成人男性の半分くらいの量しか生えてい
ません。おちんちんの付け根の上方3㎝ぐらいまでしか生えていない上に、
密度も少なくて陰毛の生え際の肌が透けて見えるほどなので成人女性よりも
薄いと思います。なので僕のおちんちんは毛を生やした状態ではまだ陰毛の
生え揃わない皮被りの中学生のおちんちんぐらいにしか見えません。さらに
言えば、中学生ならば皮の剥けかけてる子もいますが僕のおちんちんは5㎝
ほどしかなくておまけに亀頭の発育もほとんどみられない細さで、先端まで
しっかりと皮を被って包皮口が口を閉ざしたままとがっていて全くのお子様
おちんちんの形状なので中学生以下です。実際、銭湯で見る陰毛の生え出した
中学生ぐらいの子のおちんちんと比べると僕のおちんちんのほうが小さくて
幼い形状をしています。僕はこんな子供みたいな幼稚なおちんちんには陰毛は
相応しくないし、生意気に毛を生やす資格はないと思うのでいつもつるつる
に剃り上げて子供らしい無毛の皮被りおちんちんに保っています。僕の薄い
陰毛はおちんちんの付け根の恥丘の部分に剃刀をジョリジョリと5、6回ほど
滑らせるだけで簡単に一毛も余さずつるつるに剃り上がってしまいます。
陰毛の処理はいつもは風呂場で恥丘に石鹸を少し塗り左手の親指と人差し指で
包皮口をつまんで軽く引っ張って皮膚を伸ばしながらジョリジョリと剃るので
すが時々脱毛クリームで処理する事もあります。脱毛クリームで処理する時は
風呂場ではなく部屋で下半身だけ裸になっておちんちんの付け根にクリームを
入念に塗り込んでそのまま15分くらい放置します。それから濡れたタオルで
クリームと抜けた毛をふき取って処理するのですがクリームを塗りつけたまま
幼いおちんちんを丸出しにしているとすごく惨めで恥ずかしい気持ちになって
きます。剃刀で処理する時もジョリジョリと毛が剃り取られていくのをみてる
と恥ずかしくなってきますがクリームで処理する時のほうが恥ずかしいです。
もっとも陰毛の無い子供のおちんちんになるほうが恥ずかしいのですが。
陰毛を綺麗に剃り取られた後の僕のおちんちんは大きさから皮の被りかたまで
小学生のおちんちんそのものです。剃り跡を指でなぞってみてもつるつるして
いて全く剃り跡が分かりません。陰毛が薄くってよかったなと思います。
陰毛を生やしても女性より薄いぐらいで恥ずかしいし僕の幼いおちんちんには
つるつるがお似合いなので可愛いおちんちんのままで生きていきたいです。

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/11 (Sat) 06:26:42

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




イイナァ~、レンキュウ…(´Д`)




(のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/11 (Sat) 09:52:59

( ^ω^)ユックリサセテ モライマス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/11 (Sat) 21:10:27

(*´∀`)ノコンバンハ♪



ユックリ シテマシタカ~?( ´∀`)♪




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/11 (Sat) 22:35:54

(´・ω・`)480gノチャーハン チンシテ タベマシタ

モウ オナカイッパイ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/11 (Sat) 22:45:56

(´Д`)呪サン、タベスギ…



スープガワリノ ラーメンハ?(・・;)




Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/12 (Sun) 06:30:55

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




呪サン、ムネヤケ シテマセンカ?(´・ω・`)





Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/12 (Sun) 09:38:43

( ^ω^)ダイジョウブデス ナントモ アリマセンデシタ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/12 (Sun) 21:43:02

(*´∀`)ノコンバンハ♪



ヨルニ タベスギハ、イケマセンヨー( ´∀`)



ワタシモ ヒトノコト イエマセンガ(^_^;)



Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/13 (Mon) 06:27:22

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



呪チホウ、ユキハ モウ フッテ マセンカ?(・・;)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/13 (Mon) 12:29:12

ユキハ フッテマセン イイテンキデス(^_^)

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/13 (Mon) 22:03:40

(*´∀`)ノコンバンハ♪



ソレハ ヨカター(*´ω`*)♪




テンキデナニヨリ デス(^^)




Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/14 (Tue) 06:43:05

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




呪サン、アタタカク ナッテ キテルカラ オシゴトモ オチツイテ キマシタカ?(´・ω・`)





Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/14 (Tue) 12:23:26

(;´Д`)マダマダイソガシイデス

アサバンガ ヒエマスノデ サンタチヲ ヒヤサナイヨウニ イッパイガスヲ ツカイマス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/14 (Tue) 18:19:06

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪



ソレハ、ゴクロウ サマデスm(__)m


カイシャカラ、トクベツ ボーナス ダシテ モラワナイトネ~( ・ε・)




アレッ? コッチニハ ナニサン キテナイ…(・・;)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/14 (Tue) 23:33:15

(-.-;)フユ イソガシイケド ナツハ ヒマダカラ サシヒキ0デス

ナツハ カンゼンドニチ ヤスミダシ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/14 (Tue) 23:42:54

(´-ω-`)フユニ ガンバッタ ブン、ナツデ…




ソレハ ソレデ、ナンダカ デスネ~(´・ω・`)





Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/15 (Wed) 01:20:49

(´д`)ショウガナイデス ガスヤハ…

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/15 (Wed) 06:51:56

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




呪サン、ソンナコト イワズオタガイ イイコト アルカモ シレマセンノデ、イッショニ ガンバリ マショウ!(^^)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/15 (Wed) 09:19:03

(´・ω・`)ソウデスネー ガンバリマショウ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/15 (Wed) 21:39:03

(*´∀`)ノコンバンハ♪



イイコト アリマセン デシタ~(T-T)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/16 (Thu) 00:28:19

( ^ω^)ハヤクネテ ワスレマショ

Re: Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/16 (Thu) 08:39:49

( ^ω^)マッサチャン キュウスレアゲ イツモアリガトウ ゴザイマス

デモ ホウチシテモ イインデスヨー

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/16 (Thu) 08:47:46

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




ナンカ モッタイナクテ…(;´д`)



呪サントノ レキシダシ…f(^_^;



Re: (のωの)ノ

2017/02/16 (Thu) 16:43:34

ひいろさん画像貼ってくださいな
おっぱい画像よろしく
呪さん

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/16 (Thu) 17:16:16

( ´∀`)呪サン、オッパイ ガゾウノ オーダー ハイリマシタァ~





Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/17 (Fri) 01:23:48

( ^ω^)オパイガゾウ ハイリマシタ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/17 (Fri) 06:35:24

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



呪サン、エロイ ナァ~(・・;)



Re: (のωの)ノ

2017/02/17 (Fri) 07:36:13

ひいろさんありがとうございます
美乳ですね
もっと観たいです

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/17 (Fri) 18:09:34

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪




呪オーナーノ ハンネ マチガエテ、オーダー ハイッテ イマスガイカガイタシマショウ(・・;)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/17 (Fri) 22:54:44

(´・ω・`)ワタシガハッテモ イインデスケドネェ-

ヒイロサン キテクレナイカナ?

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/18 (Sat) 06:42:23

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



コノカタニハ、スズキサンノ ガゾウヲ オススメ シマショウ(*´ω`*)♪




スズキサ~ン、オッパイ ガゾウ オネガイ シマスm(__)m




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/18 (Sat) 10:14:05

(´・ω・`)シロウト3ニハ ヒイロサンスレ アルンデスケドネェ

ソチラニイカレテハ

Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/18 (Sat) 15:26:07

(´・ω・`)ノ ヤルコトナイカラ

(のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/18 (Sat) 19:21:55

(´・ω・`)ヨルノマタリ

マッサチャンハ イカガオスゴシデスカ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/18 (Sat) 22:12:16

(*´∀`)ノコンバンハ♪




ワタシハ、イツモノ トコロヘ…(´;ω;`)



呪サン、ダイブヒマシテ マスネ~(^_^;)





Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/19 (Sun) 06:31:18

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




呪サン、ナゼマタ スレタテヲ?(・・;)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/19 (Sun) 08:44:50

( ^ω^)タンナル アソビデ…

コレハ アゲテクレナクテモ イイデスカラネー

Re: (のωの)ノ

2017/02/19 (Sun) 18:16:11

過疎掲示板になりましたね
昔よく荒らしましたよ
自分は高2になりました(^^)

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/19 (Sun) 20:58:39

(*´∀`)ノコンバンハ♪



>>93サン、ワカイ デスネ~( ´∀`)♪



イツデモ 呪スレニ アソビニ キテ クダサイ( v^-゜)♪




呪サン、ソウトウ ヒマダッタノ デスネ…(・・;)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/19 (Sun) 21:30:00

( ^ω^)ムカシハ オンナノカタモ イッパイイマシタネー

イマハミテノトウリデス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/20 (Mon) 06:29:20

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




イル ヒトダケデモリアゲテ イキマショウ(^o^)/



無題 - ゾンビ

2017/02/20 (Mon) 14:16:33

僕ゾンビ〜、一回死んでます。

近所でマラソン大会があってみんな必死に走ってるのを見て、凄いなぁ格好いいなぁと思いました。

ゾンビも死に物狂いで走ってみようかなぁ、私が走ったらホントの死に物狂い…うぷぷウケルー。

風の吹くまま気の向くまま、今日もあの世に向かって走ってます

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/20 (Mon) 21:38:35

(*´∀`)ノコンバンハ♪



ゾンビサン、ドウヤッタラ ソンナ オモシロイ ネタ オモイツクノ?(・・;)




ゾンビサンノ ズノウガホシイデス(^^;




サゾ、ジョセイニ ニンキ デショウナァ~(≧∇≦)♪♪♪




イイナァ~(´・ω・`)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/20 (Mon) 22:01:40

(´・ω・`)マッサチャン、ゾンビサン、コンバンハ

シンデルヒトガ シニモノグルイデハシッテタラ コワイナァ

サスガデス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/21 (Tue) 06:30:13

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



サテ、ゾンビサンノ ツギノ ネタ ナニカナァ~( ´∀`)




イマカラ タノシミ(^^)♪



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/21 (Tue) 09:12:06

(´・ω・`)オハヨウゴザイマス

ワタシモ ノロイネタ カンガエヨウカナ?

…ウーン オモイウカバナイ(;-ω-)

パチスロノ リングヤッタラ テガオチテキテ ノロワレタ

デモ モウ ノロワレテルンダヨネー ワタシハ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/21 (Tue) 22:24:51

(*´∀`)ノコンバンハ♪



呪サン、コジツケ スギデス(´-ω-`)



リング・ジュオン ニシカ、ツカエマセン!(^^;



Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/22 (Wed) 06:28:19

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




サクラチャン、シュウショク デキルカナー(´・ω・`)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/22 (Wed) 12:20:31

( ^ω^)ダイジョウブデショウ

ナントイッテモ アノN○Kデスカラ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/22 (Wed) 21:32:25

(*´∀`)ノコンバンハ♪




呪サンノ イウトオリ、ダイジョウブデシター(≧∇≦)♪




サクラチャン、ヤッター\(^o^)/♪



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/23 (Thu) 12:20:10

(;-ω-)ミンポウダッタラ オチテイタカモ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/23 (Thu) 15:45:56

(*´∀`)ノコンニチハ♪




ソシテ、ケンチャント ケンカ ワカレ…(´-ω-`)



無題 - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/23 (Thu) 21:10:36

キアリスモ アカジツヅキデ トウサンスルノデシタ

メデタシ メデタシ(´-ω-`)

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/23 (Thu) 22:37:54

(´Д`)タガクノ シャッキンガアリ、カゾクデヨニゲ…




スゴイ ドラマニ ナリソウ…(^^;




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/24 (Fri) 02:28:28

( ^ω^)サクラチャンガグレテ カミノケガアフロニナリマス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/24 (Fri) 06:37:34

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



マタ アフロニ モドッタ…(´-ω-`)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/24 (Fri) 14:01:25

(´∀`)マッサチャン111オメデトー

(;-ω-)サクラチャン シャカイハ キビシイヨ

コレクライデ ネヲアゲテハ イケマセン

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/24 (Fri) 17:28:50

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪



呪サン、アリガトウ ゴザイマスm(__)m



サクラチャンノ、ワイシャツ スガタ…



ソソル…(///ω///)♪


Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/25 (Sat) 00:22:04

(;´Д`)スコシネスギマシタ

マタ ネムレナクナルナァ

Re: Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/25 (Sat) 03:19:58

(σω-)ヤットネムクナリマシタ オヤスミナサイ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/25 (Sat) 06:46:23

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




呪サン、ソンナ ジカンニ ネテ ダイジョウブデスカ?(;´д`)



ソレトモ、キョウ ヤスミ?(・・;)



Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/25 (Sat) 08:06:41

(´Д`)アァ、サクラチャン…



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/25 (Sat) 12:25:05

(;´Д`)キョウハシゴト

チャント オキレマシタヨ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/25 (Sat) 18:15:38

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪



ソレハ ヨカタ( -。-) =3



アシタハ ユックリ オヤスミ クダサイ( ´∀`)♪



Re: (のωの)ノ - foreskin

2017/02/25 (Sat) 21:43:08

今から10年前、小学校6年の時、理科の時間、隣に座ってた慎二っていう背の低い(145㎝くらい)の子にチンコ触られてた。

慎二は6年の時に山口県からうちのクラスに転校してきた。
どちらかというと人懐っこいやんちゃな子で結構早くクラスにうち解けてた。
ただ、ふざけてたのかもしれないけど、しょっちゅう男子のチンコを触ったり、
ちょっと太った子の胸を揉んだりとで結構Hな子だった。
俺と慎二は同じクラスといことを除けば特に接点もなく、
一学期の頃はあまり話したりもしなかった。

触られるようになったきっかけは、2学期の理科で同じ班になったこと。

俺と慎二は3人班で、一番後ろの席だった。(残りの1人の子はとてもおとなしい子で、友達もおらず空気扱いされてた。)
理科の授業は個人個人に机があるのではなく、8つ程ある大きな机をそれぞれ班ごとに分かれて丸イスに座るという形だった。
そして席は俺の後ろに慎二が座り、もう1人の子が俺の向かい側に座るという形になった。

しばらくは普通に授業に受けていたのだけど、向かい合って話してる(私語)ときに突然慎二が
「ねぇ、チンポ触っていい?」と聞いてきた。

もちろん「いいよ」なんていえるわけもなく、「いかんにきまっとるやん」って断った。
けどしつこく「1回だけやけん、お願い!」とか「すぐ終わるけん」などと食い下がってきた。
自分でいうのもなんだけど、俺は表面的には真面目ぶってたけど内心は実は結構Hな方で、
慎二にいわれてるうちに「他人にチンコ触られるのってどんな感じなんだろ?気持ちいいのかな?」なんて考え出してしまって、
「1回だけならいいよ」って触るのを許してしまった。

すると「ええん?やった!」って嬉しそうにいいながら制服の半ズボンの裾(足の所)から手を入れて、
ブリーフ越しにチンコを触ってきた。

「うわ~でか~」とか色々いいながら5分ぐらいはそのまま触ってたと思う。
正直もの凄く気持ちよかったんだが、それを顔に出したらなんか負けのような気がして、
慎二の顔を見ながら無言で触らせてた。(触られてるところを見るのはなんか恥ずかしかったから)
まだ触るのかな~とか思ってたらいきなり慎二がブリーフの前穴からチンコをグイっと引っ張り出した。
そしてそれをさらにズボンの裾から引っ張り出した。

慎二はそのまま弄くりながら「ねぇ、勃起して?」っていってきた。
触られ始めた頃から俺のチンコは既に勃起状態だったのだが、慎二は気づいてなかったようだ。
これ以上勃起のさせようもなかったのでチンコに力を入れてピクピクと動かすと、
嬉しそうに「ありがと、○○のチンポでかいね~」といいつつ俺のチンポを触った手を頬に擦りつけてきた。

かなり屈辱的だったんだけど、Mっ気があった俺はなんかその行為に余計興奮してしまった。
俺は平静を装い「・・・そう?」といいつつチンコをしまった。とりあえずその日はそれで終わり、授業中に触られることはなかった。

しかし慎二はすっかり味を占めたのか、
その後も理科の授業のたびに「チンポ触らせて♪」といってくるようになった。
俺も内心また触って欲しいと思ってたので、「…うん」とあっさり承諾した。
あとは慎二が満足するまでチンコを弄られた。

そんなことが何回も続き、今度は「ねぇ、胸さわっていい?」と聞かれた。
上半身は下半身と違い、先生や他のクラスのメンバーに見られるんじゃないかと少し不安になったが、
押しの強い慎二を断り切れず、「シャツの上から…胸ポケット越しだったらいいよ」と承諾してしまった。
(制服は白のポロシャツと紺の半ズボンだった)
慎二は喜々として胸(乳首)を触ってきた。
「ねぇ、気持ちいい?」ってきかれて素直に肯いてしまった。
慎二はニヤニヤしながら満足するまで胸とチンコを触り続けた。

そんな関係がずっと続くと、最初は対等…というか慎二が俺に触らせてと頼む関係だったのに、
自然と上下関係のようなものができ、俺はすっかり慎二の奴隷のような立場になっていた。

言葉もエスカレートし、「触っていい?」や「触らせて♪」ではなく、
当たり前のように「チンポ触るね~」「チンポの触診のお時間で~す♪」というふうに
もはや俺の承諾も関係なしに完全に上から目線でいってくるようになった。
さらに慎二が触ったときにまだ勃起してなかったら「あ♪引っこ抜っくぞ♪引っこ抜っぞ♪」と楽しそうにいいながら
ズボンの上からゆっくりシごかれ、強制的に勃起させられてた。

他には俺の名前を使った卑猥なしりとりを聞かせてきたりした。
(○○き→きんたま→まんこ→こんどーむ→むげちんぽ…)

触り方も、夏の間は、半ズボンのチャックを下ろし、ブリーフの前穴からチンコを引っ張り出し、
冬になって長ズボン(ジャージ)になると裾(腰の所)をブリーフごと引っ張って、
片手でズボンを引っ張りつつ片手で触ってくるなど、過激になってきた。
さらに、ただ触るのではなく、皮をむいて遊んだり(俺は仮性包茎で、勃起しても少し皮がかぶってた。ただしむいても痛みはない)、
玉を揉んだりするようになった。

さらに「あはwチンカスついとるよ?学校でオナニーしたん?」とか「ねぇ、玉1個しかなくない?なんで?」とか
馬鹿にした言葉もいうようになってきた。本当は怒るべきなのかもしれないが
すっかりと羞恥心と背徳感とM気質からくる快楽の虜になってた俺は無言で耐えるだけでまったく抵抗しなかった。

ちなみに胸に関しても、「シャツの上からなら」という約束はとうに無視され、
ポロシャツを裾から引っ張り出し、シャツの下から手を入れ、直接乳首を弄ってくるようになってた。

こんなふうに普段は慎二に好き放題されてたけど、
一度だけ「触ってみ?」といわれ半ズボンの上から慎二のチンコを触ったことがある。
勃起した状態で6㎝ぐらいだった。
こういうのって触ってる方も興奮するんだな~って暢気に思ってた。

さらに、慎二に射精させられてしまったことがある。
慎二と一緒に日直になった日があった。
放課後になり、俺は黒板消しや窓締めを終え、
慎二が日誌を書き終えるのを教室の壁にもたれ掛かって待ってた。
すると、突然慎二がニヤニヤしながら近づいてきた。
そしてそのまま俺に重なるようにもたれ掛かってきた。
ちょうど俺の首の辺りに慎二の頭がきた。

なにかなと思ってると、「ガブッ!」といいつつ後ろ手に半ズボンの中に手を入れ、
ブリーフの上からチンコを掴んできた。

不覚にも一瞬で勃起してしまい、そのままされるがままになった。
最初はいつものように軽く触ったり揉んだりしてたのだが、
誰も見てないという状況がエスカレートさせたのか、
「お前最近調子(調子に乗ってる)やけん、このままイかせちゃろか?」と
ブリーフ越しに激しくシゴいてきたり、揉みくちゃにしてきた。

俺はいつもより遥かに強い快感に耐えきれず、慎二の手を止める間もなく
そのままブリーフの中にあっさり射精してしまった。(時間にして一分ぐらいだったと思う)

まさか慎二も俺が本当にイくとは思ってなかったらしく、びっくりしてたが、
すぐにいつもの調子に戻り、
「○○めっちゃ早漏やんw」「ねぇw○○が学校で射精したってみんなにいっていい?」と
笑いながら聞いてきた。
俺は必死に「お願い、いわんといて」と本当に泣きそうになりながら頼んだ。
「○○必死すぎ~wじゃあ誰にもいわんといてやるけん、今日から○○は俺の奴隷ね」と
笑いながらいってきた。

当然断れるはずもなく、慎二の奴隷になることを受け入れた。
不安はあったが、悔しい気持ちとこんな小さい子に好きにされてるという屈辱感が
Mな俺にとってなんともいえない快感を作り出してた。

…ちなみに家に帰ったらブリーフは前穴辺りが半分ネトネトで
半分精子が乾燥しかけて黄ばんでたので親にばれないようにこっそり洗った。

こんな関係がずっと続くのかと不安半分と期待半分だったが、
慎二は小学校卒業後、親の仕事の都合でまた他の県に引っ越していった。

このまま関係が続いていれば
中学生とか高校生になったらキスとかセックスもしてたと思う。
10年たった今でも卒業アルバムの慎二の写真を見ながら
あのころのことを思い出してよくオナニーする。

細かく補足すると
慎二は山口県から転校してきたよ。
10年前、E県M市YにあるS小学校6年4組にいた。
修学旅行も山口県だったよ。

顔はかわいいとかかっこいいじゃなくて普通。
背はクラスの男子の中では低め(背の順で並ぶと前から1,2番目くらい)

そのくせいじめっ子気質のドSで
相手が精神的に自分より弱いと判断したら、自分より背の高い相手でも襟首掴んで睨んだり(クラスで慎二より弱いのは俺だけだったけど)
性的に虐めたり(理科の時間の胸弄りやチンポ弄り)、その上でみんなの前で言葉責めもしてきたよ。
(○○って俺より弱いもんね♪、○○のチンポって先が青いんで!チンカスもついとるしW)

つまり、この子のやっかいなところはチンポを弄ったことを他の男子に言いふらすこと。
ふたりだけの秘密にしてくれればもっと快く触らせてあげてたのに。

あとは、S小学校は制服が紺ブレザー+白ポロシャツ+紺半ズボンだったんだけど
慎二は一年中、半袖か長袖の白ポロシャツ+紺半ズボンだった。

下着は普通の白い下着と柄のついたトランクス。
体育のある日と理科の日にじっくり見たから間違いない。
(俺は白ブリーフだったから、慎二に触られる度に「未熟な子供パンツ」って馬鹿にされてた)

けど、夏とかはよく素肌の上に直接ポロシャツを着てたから
乳首がほんの少しだけど透けてて興奮した。
そのときは話してるときにも顔じゃなくて正直胸を見てた。

一年中ポロシャツだったから、俺にとっては慎二=ポロシャツ姿のイメージ。
当然オナニーのオカズにするときも頭の中の慎二はポロシャツ半ズボン。
とにかくポロシャツが似合う子だったな。

もし、あのころに戻れるんなら、俺もちょっと積極的になりたい。

具体的には、
一度だけ慎二のチンポを触らせて貰ったときに、
慎二は俺の手を取って、自分のポケットの中に手を入れさしてポケット越しに触らせようとしたんだ。
(半ズボンのポケットは結構深いから、手を奥まで入れたらチンポを触れる。)
けど、なんか照れくさくて俺は「こっからでいいよ」っていって半ズボンの上から撫でるように触ったんだ。

今戻れるんなら、慎二みたいに半ズボンの裾から手を入れて直に触りたい。
それができないんなら、慎二の提案通りポケットに手を入れて慎二のチンポを弄くりたい。

Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/26 (Sun) 00:38:12

(´・ω・`)ヨフカシシテ ネマス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/26 (Sun) 06:37:38

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




ヨフカシ、ナニシテタノ カナァ~(*´-`)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/26 (Sun) 09:43:09

(´・ω・`)チェリ男ノ パチスロドウガ ミテマシタ

Re: (のωの)ノ - foreskin

2017/02/26 (Sun) 17:50:00

3年前の忘れられない思い出です。
女です。

中2の夏休み明けの出来事です。
健康診断の再検査で病院に行った時の事。

保険医に連れられ、同学年のみ男子5名くらい女子は私の他7名だったと思います。

学校から先生らの車で体操服で行ったのですが、全員で診察室に入れられ男子はパンツ1枚、わたしは、短パンだけ脱ぐようにいわれました。

恥ずかしかったですが、上を脱げといわれなかっただけ良かったです。
それに、列の最後尾だったので、あまり見られなかったと思います。
それに、女医さんだったので安心しました。

ほとんどの男子がトランクスでみんな堂々としてましたが、
私のすぐ前のこだけブリーフでもじもじと恥ずかしそうでした。

それで、次々に問診が終わり、終わった人から部屋を出て行ったので、最後に私とブリーフの男子一人になりました。

その時です。
先生が、その男の子に

「あなた13歳にしては小さいわね。まだ性徴期前かしら。あそこに毛は生えた?」
「射精できる?」

と、尋ねました。
その子は「射精」の意味が分からなかったようで、聞き返してるようでした。

すると、先生がいきなり、その男子のパンツを私の前で太ももまでズッとおろしたんです!
その時は、私の方からはお尻だけしか見えませんでした。

その後、先生は、男の子のパンツを全て脱がせ、足を少し開かせ、どうも陰部を触っているようでした。

それからです!
先生が「はい、後ろを向いて」といい、男の子に私の方に向かせたんです。

私は、その子と目があったのですぐに下を向き身体を見ない様にしましたが、前髪に顔が隠れてたので、おもっきり上目使いでそのこのちんこをじっくりと見させて頂きました。

小さいので毛は生えていない思っていましたが、さすがに中2だけあって生えていました。
毛が生えている同級生のちんこを見るのは初めてだったのですごいドキドキしました。

こちらを向かされた男の子はさらに足を広げさせられ、股の間からと腰ごしに先生が手をまわし、男の睾丸やちんこをいじりまくり男の子のちんぽを勃起させてました。

ちなみに、もちろん包茎です。

当時は包茎という知識がなかったのであまり気にならなかったのですが、今思えば勃起しても先がすぼまっていたので、真性包茎だったと思います。

大きさは、最初は3センチくらだったと思うのですが、勃起中は倍以上になってたと思います。

当時はなんらかの検査だと思っていましたが、今思えば恥辱プレイだったのでは?と思います。

毛が生えてるちんこも勃起してるちんこ生で見るのは初めてだったので凄く興奮したのを覚えています。

その後、男の子と数週間は会話しなかったと思いますが、しばらくしてからはあの事はお互い暗黙の了解でなかった事にし、それまで通りのようにしてました。

今思えば、もっとからかったりしておけば良かったです。

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/26 (Sun) 20:48:04

(*´∀`)ノコンバンハ♪



アレッ、エロイ ドウガハ…?(・・;)





Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/27 (Mon) 01:17:11

( ^ω^)エロイドウガモ ミテマスヨー

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/27 (Mon) 06:21:29

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



コンシュウノ サクラチャン、カツヤク スルカナァ~(≧▽≦)♪




Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/27 (Mon) 21:19:47

(*´∀`)ノコンバンハ♪



呪サン、ガンバッテ~(・・;)




Re: (のωの)ノ - まぃ

2017/02/27 (Mon) 21:46:08

恋人?人妻?セふレ?どんな出会いも自由です

Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/28 (Tue) 01:28:07

(´・ω・`)ガンバリマシタ ツカレマシタ ネマス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/28 (Tue) 06:35:15

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



呪サン、キョウハ カエッタラ ユックリ ヤスンデクダサイネ~(*´ω`*)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/28 (Tue) 13:27:20

(;´Д`)イヤ マタイクカモ…。

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/28 (Tue) 18:11:08

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪



ソレナラ ソレデ、ガンバッテ クダサイ( v^-゜)♪




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/02/28 (Tue) 23:27:21

(;´Д`)チーズカレーハンバークドリア オイシイナァ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/02/28 (Tue) 23:38:32

(゜ロ゜)ナンデスカ!



ソノ イロイロ ハイッタ ヨクバリナ タベモノハ!(´-ω-`)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/01 (Wed) 00:23:31

( ^ω^)7イレブンニ ウッテマシタ

イチドタベテミテクダサイ

ワタシハ キニイリマシタ

Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/01 (Wed) 00:25:02

( ^ω^)スミレサン オチツイテマスネェ

ソレニヒキカエ ノリオサントキタラ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/01 (Wed) 06:29:35

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



イツモ、チュースルノ ジャマ サレル…(´-ω-`)



Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/01 (Wed) 21:44:11

(*´∀`)ノコンバンハ♪


ケンチャン、カッコイイ~( ´∀`)♪



Re: (のωの)ノ - foreskin

2017/03/01 (Wed) 21:47:41

僕もいじめられていた経験があります。
僕は、中学生の頃、ガリ勉で、学校が荒廃していた時代でしたので、先生方からは、良く思われ、とても可愛がられました。

しかし、それを疎ましく思う人の方が多数で、正に、その代表である不良グループにいじめられていました。
暴力的なことは、先生方や校舎にむけられていたので、ケガなどすることはなかったのですが、
性的なことが僕にむけられ、羞恥と屈辱の日々でした。
今よりも情報が少なく、しかも、勉強一筋だった僕は、性に関することを全く知りませんでした。
彼等にしてみれば、それも狙いの一つだったのではと、今になって思います。







放課中に、次の授業の予習をしているところへ、不良グループがやって来て、僕の勉強の邪魔をしました。
それでも、僕は不良グループと戦いました。
「学校では真面目な顔してても、家ではお前もセンズリこいてるんだろ」この言葉が、羞恥と屈辱の日々の始まりでした。

僕は羽交い締めにされて、ズボンとブリーフを下ろされました。
当時、毛が生えてなかった僕を、不良グループは嘲笑っていました。
「毛も生えてないなら、センズリを知らないだろうから教えてやるよ」
僕はペニスをシコシコと扱かれ、勃起してしまいました。
そのまま扱かれ続けていると、オシッコが込み上げてくるような感じがしました。

僕は焦りました。中学生にもなって、しかも人前でオシッコを漏らすなんて、
そんな恥ずかしいことは出来ないと思いました。
しかし、込み上げてくるものを止めることは出来ませんでした。
次の瞬間、僕のペニスの先から白い液体が出ました。

これが僕の精通です。不良グループは、笑いながら教室を出ていきました。しかし、
僕はペニスから出た白い液体の正体が分からず、驚いていました。
授業開始のチャイムが鳴ったので、とりあえず、ちり紙で白い液体を拭いてズボンとブリーフを穿きました。

後で、友達に白い液体の正体やセンズリについて教えてもらいました。

不良グループの前で一回センズリをさせられた後でした。

「センズリ気持ちいいだろ?」
「はい、気持ちいいです」
「一日に何回でもセンズリしたいだろ?」
「はい、センズリしたいです」
「じゃあ、させてやるよ。でも俺達は優しいから授業中は勘弁してやる。だから、全放課中センズリさせてやるよ」

約束通り、次の放課の時間に不良グループが来て、僕はセンズリをさせられました。

「じゃあ、次の放課も来るからな」

不良グループは僕が射精すると、どこかへ行ってしまいました。
約1時間の間に2回射精したのは初めての経験で、短い放課時間で3回目の射精する自信がなかったので、僕は授業中にズボンのポケットに手を入れてペニスを扱きました。
授業中、ずっと勃起しっぱなしで、ブリーフが濡れているのが扱いていて分かりました。
不良グループが来て、ズボンとブリーフを下ろすと、勃起したペニスが飛び出しました。

「センズリしたくてウズウズしてるのか?」
「はい、そうです」

僕は勃起したペニスを扱きました。
でも、すぐに射精すると怪しまれると思ったので、授業開始直前になるまで射精しませんでした。
それの繰り返しで6回射精しました。
3回目の射精が終わった頃から、ペニスがジンジンとして、扱いても扱いても気持ちいいと感じなくなっていました。
それでも頑張ってペニスを扱きました。
6回目の射精が終わった頃にはペニスが痛かったです。
それに、精液も雀の涙ほどしか出ませんでした。
僕を含むいじめられっ子5人は、各々、特定の不良グループにいじめられていました。
その不良グループが一つのところに集まり、互いのいじめられっ子を競わせるというのがありました。

僕たちはブリーフだけになり、不良グループに囲まれます。
そして、合図により相手のブリーフを脱がし、ペニスを扱き射精させるのです。
最後まで射精しなければ、不良グループに褒められるのですが、負けるとあとでいじめられます。
ペニスを見られる恥ずかしさを知っている者同志なので、ブリーフを脱がすのには抵抗があります。
「何もたもたしてる。いじめられたいのか?」
不良グループに檄を飛ばされ、僕は相手のブリーフを脱がせようとします。
相手は脱がされまいとブリーフを片手で押さえながら、僕のブリーフを脱がせようとします。
半ケツになったり、金玉がはみ出るのを見て不良グループは笑っています。
いつまでも勝負の決着がつかないと個人攻撃指令が出されます。
「学を脱がして射精させろ」
僕はブリーフを脱がされペニスを扱かれます。
「学、射精したら、どうなるか分かってるだろうな?」
僕は反撃に出て、ペニスを扱きます。
「学、そいつのペニスしゃぶれ」
僕はペニスをしゃぶりました。

しかし、ペニスを扱かれていたはずの僕もしゃぶられていました。
初めてしゃぶられた僕は、あまりの気持ち良さに射精しました。
相手の顔には精液がべっとりとついていました。
でも、そのまま勝負は続行です。
勝負が終わったときには、皆の体は精液にまみれていました。

Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/01 (Wed) 23:47:38

N○Kデチューハ NGナノカナ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/02 (Thu) 07:40:26

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪


ゼヒ、シテモライタイ デスネー( ´∀`)


Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/02 (Thu) 12:25:51

(;´Д`)アサハヤイデスネー キョウハ ヤスミデスカ?

Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/02 (Thu) 15:30:05

( ^ω^)エンセイダッタノデスネー

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/02 (Thu) 18:28:51

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪



ハイ、ソレナリニ エンセイ タノシメ マシタ((o(^∇^)o))




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/02 (Thu) 21:11:42

(´∀`)ソレハヨカタデスネー

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/02 (Thu) 21:40:54

( ´∀`)呪サンモ ドヨウビ…




Re: (のωの)ノ - foreskin

2017/03/02 (Thu) 21:54:09

兄は中学校でイジメを受けるようになりました。

父が兄を同級生の目の前でフルチンに剥いて無理やり性器を披露させたり、銭湯で自慰をさせ、最終的に射精まで強制したのですから、当然と言えば当然の結果だったのでしょう。

でも兄には登校拒否という選択肢は与えられず、父は自分のせいだという自覚があるのかないのか、兄を「やられたらやり返せ」と叱りつける始末で、母は相変わらず兄を性的に「汚らわしい存在」と位置づけて何かと目の敵にしている有様でした。

兄の友達連中が家に押し掛けるようにしてやって来ることも以前より格段に増えました。

嫌がる兄に裸になることを強制し、何かと恥ずかしい芸をやらせようとしたのです。






ですが、もともと器用でもなく性格的に開き直ることも出来ない兄は、連中の要求を満足させることも出来ず、さらに恥ずかしいことを命令されたりしてメソメソと泣いているだけでした。

銭湯で会った友達からは当然のように自慰を披露するよう兄は命令されたのですが、馬鹿正直な兄は「家の中では自慰を禁止されている」ことを自ら打ち明けてしまったのです。

大喜びした友達連中に裸のまま家の外に連れ出され、玄関横の駐車場でみんなに囲まれながら兄は自慰をしたのです。

俺はその場にはいませんでしたが、雰囲気から射精したのだということが分かりました。


その日は連中も満足したのでしょう、裸の兄をそのまま置いて帰って行きましたが、次に来た時は倍の人数を連れて来て、俺も見ている前で兄に全裸で自慰をさせました。

しかも、いきなり自慰だけをさせるのではなく、勃起前後の性器や毛の長さを測ったり、色や形がどうだとか観察したり、屈伸運動なんかをさせたりして兄を辱めてから、目の前で自慰をさせました。

もしかしたら兄にも意地が残っていたのか、その日は射精にまでは至りませんでした。

でも「今度の楽しみだ」と言いながらみんなは帰って行きましたし、事実、違う日には射精までさせられていましたので、兄のささやかな抵抗はあまり意味がなかったように思いました。

ちなみに兄の友達連中によると、兄の性器は平常時はアサガオのツボミみたいで小さいが勃起するとそこそこ太くなり大きさもあるとの評でした。

毛は狭い範囲にヒョロヒョロと細いものが1cmちょっと生えているぐらいで、最初のうちはよく見ないと分からないぐらいでしたが、1年ぐらいで結構黒くなってパッと見ただけで生えていることが分かるぐらいになりました。

あと皮は剥けていませんでした。兄が父に皮を剥かれたのは、まだ先のことでした。

兄が中学校内で受けていたイジメの内容は、俺が全部を知っているわけではありませんが、やはり性的なものが多かったようです。

みんなの前で服を脱がせてパンツも脱がせて、最終的には自慰をさせ・・・という内容だったようです。


一度だけ、兄が父の前で泣いて訴えたことがあったのですが、何を間違えたのか父は、いちいち恥ずかしがる兄が悪いとか言い出して、さらには「鍛える」という趣旨で兄と俺を車で運動公園に連れ出し、その場で練習をしていた男子小中学生から見える場所で、兄に裸になるよう命令しました。

そんな場所で裸になれば絶対に小中学生に気づかれます。

兄はもちろん嫌がりましたが、父には敵いません。

最後のパンツも剥ぎ取られ、完全にフルチンにさせられました。

それからなんと父は兄に「そのままの格好で向こうの練習しているところに行って来い」と無茶なことを言い出したのです。

既に向こうも異変には気づいているようでしたが、とは言え、練習中ということもあってか興味はあってもこっちに来る者は1人もいませんでした。

そんな様子を見た父の命令でした。

まだ毛も生えていない子供の俺でも、そんなことは絶対イヤでしたが、兄は抵抗できませんでした。

言いつけ通り性器を晒したまま、そっちに走って行きました。

すると当然ながら練習は中断され、お祭り状態になって兄は完全な笑い者になりましたがそんなので鍛えられるわけがありません。

むしろ病的なぐらいに、兄はふだん他人に裸を見られることを恥ずかしがるようになっていきました。

自慰なんかさせられた際には、最初のうちは恥ずかしさのあまりに泣いていることが多かったのですが、次第に表情が半ば死んだように呆けた感じになっていきました。

限界を超えると精神的に受け入れられなくなるのでしょう。

突然、スイッチを切ったかのように見える時が次第に出て来ました。


Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/03 (Fri) 06:29:04

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



呪サン、アシタハ ヤスミ デスカ?( ´∀`)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/03 (Fri) 12:22:22

( ^ω^)アシタハヤスミ

アサイチショウブデス

ヨワキニナラナイデ セメテイコウトオモイマス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/03 (Fri) 21:40:03

(*´∀`)ノコンバンハ♪



ソレハ タノモシイ デスナァ~(///ω///)♪



ゼヒ、ガンバッテ クダサイ( v^-゜)♪




Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/04 (Sat) 06:30:01

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



サテ、サクラチャント ケンチャンハ ドウナル?(゜ロ゜)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/04 (Sat) 08:56:05

( ^ω^)無事に血痕…もとい、結婚の許可がでましたー

シマッタ フツーニ ウッテシマッタ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/04 (Sat) 20:34:27

(*´∀`)ノコンバンハ♪



アラアラ 呪サン、コーフン シチャッテ(^_^;)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/04 (Sat) 23:01:24

( ^ω^)ナニハトモアレ ヨカッタデスネー

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/05 (Sun) 06:31:44

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



コンシュウハ、エースケサンガヤバッポイ?(゜ロ゜)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/05 (Sun) 14:04:05

(;´Д`)ソンナカンジデスネー

ドラマニチュウモクデス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/05 (Sun) 22:42:49

(*´∀`)ノコンバンハ♪



ドウナッチャウノ ダロウ…(´Д`)


Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/05 (Sun) 23:14:22

(´∀`)イマサラナガラ チクビドリルノドウガニ ハマッテマス

(`Д´)ナニシトンネンオマエ チクビドリルスナ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/06 (Mon) 06:33:02

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



ガキツカデデテイタノハ ワライマシタ~( ´∀`)♪




Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/06 (Mon) 18:14:31

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪



呪サン、オボンノ ゲイニンサンハ?(・・;)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/06 (Mon) 23:25:50

( ^ω^)ソレモオモシロイ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/07 (Tue) 06:28:24

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




呪サン、オワライ スキデスネー( ´∀`)♪



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/07 (Tue) 09:09:03

( ^ω^)オボンネタハ ナマホウソウジャ デキナイキガシマス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/07 (Tue) 18:13:17

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪



デモ、ジョウズデスカラ…(^^;



ワキカラハ ミエル カモ!(>_<)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/08 (Wed) 00:52:23

( ^ω^)ソウデス ショウメンイガイハ ミエテルカト

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/08 (Wed) 06:31:58

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪


イヤ~、アサノ コーヒーハ ウマイ デスナァ~( ´∀`)



カフェオレ ダケド(^^;



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/08 (Wed) 15:10:17

( ^ω^)ワタシモ コーヒースキデス デモ ミルクサトウイリ

ブラックハ…ホントノコーヒーノ オイシサハ ワカラナイ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/08 (Wed) 21:39:41

(*´∀`)ノコンバンハ♪



イインデスヨ、カンコーヒーデモ(^^)



オイシケレバソレデ…(^^;




Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/09 (Thu) 08:55:55

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



ケンチャンモ、アセラナイデ(;´д`)



Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/09 (Thu) 18:34:01

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪




アメフリハ、イヤデスネェ~(´・ω・`)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/09 (Thu) 21:21:52

(´・ω・`)サキバシリ ケンチャン

センタクヤシタラ ドウデショウ?

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/09 (Thu) 22:05:50

(^_^;)呪サン、フルスギマス



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/09 (Thu) 22:50:30

(´д`)ヘイセイウマレノヒトハ ワカンナイダロウナァ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/10 (Fri) 06:29:36

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



ワタシモ ミテマセン(^o^;)



ウワサデシカ…(´Д`)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/10 (Fri) 08:31:26

( ^ω^)ケンサクカケタラ ドウガガ ヒットシマスヨ タブン

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/10 (Fri) 22:01:31

(*´∀`)ノコンバンハ♪



ケンチャン、ユウジュウ フダン…(´-ω-`)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/11 (Sat) 01:02:13

( ^ω^)ケンチャンノ オヤタチモ ソウデシタネ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/11 (Sat) 06:31:27

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪


ミテテ イライラ(#`皿´)



Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/11 (Sat) 21:47:03

(*´∀`)ノコンバンハ♪



エースケサン、イチカラ ヤリナオシ マショ(´;ω;`)



シカシ ツエ ツイタヤツ、ハラタツナァ~(#`皿´)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/11 (Sat) 22:16:22

(;-ω-)マァ ワルソウナカオシテマスカラ

( TωT)キヨシサンハ オトコヤー

Re: (のωの)ノ - foreskin

2017/03/11 (Sat) 22:26:41


体育祭前日、両親が明日用事が急に入ったからボクの体育祭を午後から遅れて見に来ると言ってきた。(ボクは今は何もされていないとは言っても、やはりダブダブのLサイズの短パンを履いている。やはり両親に組体操で、ボクがブリーフを公でさらすであろう事は間違いなかったので来て欲しくはなかった。)
ボクは両親に無理して来なくていいと言った。(両親の急用は遠縁の親戚でボクは会ったこともない人の法事だった)

そして、体育祭当日を迎え学校に行くことになる。
体育祭当日は、みんな体操服を下に着てジャージ姿で登校するのがうちの学校のスタイルだった。
ボクはその普通のスタイルに合わせ家を出た。家を出て、学校に向かっていると、今までは絶対にあり得なかった事があった。
クラスの男子5人(うち一人はN)がボクを待っていたのだ。
(いや待ち伏せしていたのだ。)
一人が「おう待ってたぞ。今日は本番だな。お前もいよいよ本番だ。」そしてみんなクスクス笑っていた。
ボクが「何する気。今日はみんながいるから変な事したら、これまでの事もバレルよ。」と強気に出た。それが気に入らなかったのか、でももともとそのつもりだったはずであるが、
また一人が「つべこべ言っても無駄だよ。ついて来い。」
ボクは周りをこの五人に囲まれていた事もあり、そのままついていかされた。

連れて行かれた場所はボクの通学路の途中にある、川沿いの土手の所で、橋の下にちょっとした周りからは死角になる所だった。
ボクはまた、とんでもないことを要求されると確信した。
「まずジャージを脱いでこちらによこせ」と要求された。
ボクはこの事には素直に従った。ジャージは体育祭終了後に返すという約束をした。
「素直じゃん。よしじゃあ次は短パンとブリーフを脱いでよこせ。」これには従わず、
「嫌だ。今日だけはみんなが来ているから絶対に嫌だ。」と抵抗した。でも抵抗しても無駄なのはいつもの事である。ボクは短パンを抜き取られ、ブリーフも一気に脱がされ奪われた。
ここで、ボクはいつもの通りブリーフなしの短パンで今日は行動しろとでも言うのだろうと思っていたら、なんと一人の生徒が
はさみを取り出した。何をしようとしているのか全く解らなかったが、ここでこの日一日のボクの運命が決定した。

はさみを取り出した生徒は、ボクのブリーフを切り始めたのだ。
どこを切っているかというと、ブリーフの両足を出す部分の固い所(これでわかるかな?)。そしてこの前の再現のように、窓の所の同じく固い所。この2ヶ所だった。
そして、「ノーパンじゃまずいだろ。はいお前のないよりはましなブリーフ。短パン。じゃあな。今日のみんなの反応が楽しみだ。」と言ってブリーフと短パンは返され、みんなは先に行ってしまった。
そしてボクは無残に切られたブリーフを穿いた(これでも組体操を考えるとさすがに着ないわけにはいかないと思ったから。)

ブリーフを穿いた時ボクはあまりの状況に唖然とした。
足下の固い所がないとブリーフはもうただのハンカチのような布と一緒で、足下はひらひらひらめき、ボクの金玉は普通にそこからはみ出て、絶対に隠せなくなっていた。おそらく竿の部分も何か拍子か逆立ちなんかをすれば全開となるだろう。

ボクは、体育祭の前に何とかこのブリーフの対策ができないかを考えた。しかし考えても何も思い浮かばず、時間も遅刻しそうになっていたので、その上からとりあえず短パンを穿く学校へ向かった。

学校に着いた。あの五人以外はこの事は知らないようで、昨日までの通り他のクラスメートはほとんどボクを無視している感じだ。五人はちらちらとボクの方を見て笑っていた。

そして体育祭が始まる時間となり、みんなグランドに出て、練習の時から何度も座っている自分の所定の位置に学校の生徒全員が座った。ボクはとにかく短パンの裾を手で広げるようにして押さえ、みんなに中が見えないように、気づかれないようにそれだけに集中していた。

○入場行進
 入場門から3年生→2年生→1年生とクラス順にトラックを一 周しながら行進する。ボクは背の順で先頭だがトラックの内側 なので、おそらくトラックの外側の観客には何も気付かれずに
 行進できていたと思う。(多分、何もなかったので)
 でも行進は大きく手を振り足を上げる。もともと短パンはSサイ ズでも大丈夫なのにLサイズを着ている。これまでの経験で、足 下はぶかぶかで、ブリーフは普通に見えまくっていた。
 そう考えると、本当に大丈夫だったのかは自信はない。

○あいさつその他があって準備体操
 これは一番危険だ。ボクは先頭だから、観客の目の前である。
 何かの動作の拍子にボクの足下はどうなるか予想できない。
 ボクはどうしても動きがぎこちなく小振りな動作になっていた
 思う。ただ、これも観客席の目の前だったが、まだ、保護者席
 の観客はほとんど来ておらず、大丈夫だったと思う。

○退場

○競技開始
  ボクが出場するのは、100m競争と組体操 そして部活動
  紹介の行進 だけである。
体育祭の競技が開始された。競技中は、生徒はトラックの外周に座ってみんなを応援するか、トイレなど自由に行っていい状態だった。(実行委員や係、応援団を除いては)
ボクは観客席でみんながいる中、じっとこの切られてほとんど意味をなしていないブリーフと大きな足口のLサイズ短パンと体操服姿で、体育座りを続けている自信はなく、トイレに逃げ込んでおこうと決めた。
(トイレは、3年生の棟が職員室もあるので来客用、1・2年生の棟が生徒用だった。)
ボクは生徒用に指定された棟の4階まであがり、大のトイレに入り鍵を閉めた。(男子はトイレといってもすぐ終わるしみんなは面倒臭がって4Fまではなかなかあがってこないだろうと予想しての行動だった。)
トイレの中でボクは便器に座りあらためて短パンの裾からどのように中が見えるのか自分でのぞき込んで確認をした。やはり、ぼくの股下は足を広げたりするとほとんど全開で、裾の中に手を入れ、切られたブリーフを引っ張ったりちんこの所で何重かにまいてみたりとにかく対策を考えた。しかしどれもうまくはいかなかった。
そうこうしているとき、なにやら生徒の声しかも男子の声が聞こえてきたので、まずいと思いボクは大のトイレのドアの鍵を音がしないようにそうっと開けた。
(鍵が閉まっている状態がばれると誰かいると思われる。でも鍵を開けてドアを閉めていても別に気にされないだろうという判断だった。)
ボクの行動は的中し誰にも気づかれず時間は過ぎた。
放送委員のアナウンスで競技の進行様子も聞こえてわかる。
ボクはこのまま変な緊張感の中過ごした。
そして午前中最後の競技も終了しようとしており、残すは、部活動紹介の行進だ。ボクは行こうか行くまいか悩んだ結果、行くのを止めた。ボクはおそらく、体育祭後に部員にいろいろ要求されるだろう事も覚悟して行くのを止めた。どう考えてもこの格好で、来賓席の前を行進できないと思ったからだ。
そして午前中のプログラムは終了し、昼食時間の案内と、次の集合時間のアナウンスが聞こえてきた。
体育祭の時の昼食は家族と一緒に食べるもの、生徒同士で集まって食べるものといろいろだったので、ボクの両親は来ておらず、
別にいなくなっていても誰も気づかないだろう。そしてとても昼食を食べる気分でもなかったので、せっかくの弁当は、この時は
教室にカバンに入ったままで食べなかった。

そして刻一刻と時間は過ぎていく。午後の一番最初の競技が2年生男子の組体操だ。ボクは体小さかったのでタワーの一番上に乗る役目もある(一番中心のタワーではなくその周りの分だが)。
ボクがいなければもちろん何処に行ったと騒ぎになるだろう。
ボクはこの時は、いなくなった時の騒ぎの方がまずいような気がして行く事にした。

入場門に行く前に自分の席に戻り体操服の上を脱ぎ裸足になった。(この頃の組体操は理由は知らないが当然のごとく男子は短パンのみの着用でしかも裸足が当たり前だった。)
みんなも緊張感でいっぱいのため誰もボクの事には気づいていなかった。

そして入場門に整列し、組体操の演技が始まる事になる。

○組体操演技の開始
入場門から笛の合図とともに全員がグランドに駆けだした。
何度も全体練習でしている内容なので、みんな最初の所定の位置に向かって向かった。ボクの所定の位置は、幸いな事に中学一年生男子がいる場所と保護者のテントがある境目の所で、どちらかというと一年生側だ。しかし保護者から見えないという訳てもないと思う。
ボクは(みんなも)所定の位置で気をつけの姿勢で立った。そうすると目の真ん前にいる一年生がやはり気づいたようだ。
ボクの短パンと顔を何回も往復して見ていた。ボクは気にしないようにした。(その一年生もさすがに周りに教えるのは気がひけていたようだ。)

演技の一つ目は扇だ。五人一組で肩を組み、足のバランスを使って扇の形のように作るものだ。ボクは左から二番目の位置だったので、この演技中はみんなとくっついているという事もあり何もなく無事にすんだ。

演技の二つ目はブリッジだ。これは毎年男子が一番嫌がる演目だった。(毎年一年生の時に先輩の演技を見て、ブリーフが見える事はみんな知っていた。)しかし今年は、クウォーターパンツを特に二年生は大多数が購入していて、買っている人は変な安心感があったような気がする。(前にも書いたがこれでも十分今なら短パンであり、少しブリーフの見える範囲がせばまる程度だ。しかし当時のボクたちの間ではこれで納得していた。まぁボクは短パンだったので、今まで変わらないとは思っていた。)

笛の合図とともにみんな仰向けにグラウンドに寝た。次の笛で両足両腕を使い全員ブリッジをする。ボクももちろんこの一連の動作を行った。行っている最中は夢中で何もわからない。次の笛の合図で全員再び気をつけの姿勢で観客側を見る。

ボクの演技している周りに、さっきの一年生男子を中心に何人
固まって集まっているのがわかった。しかもお互い耳打ちして、ボクを見ながらこそこそ話している。間違いなくブリーフは見えただろう。それ以上がどうだったのか事実はボクには解らない。
しかしあの雰囲気はブリーフだけではないと思った。
演技の3つ目はいよいよ逆立ちだ。ボクはこれまでの目の前にいる一年生の反応から、絶対にまずいと思いながらももうなるようにしかならない状況に追い込まれた。
二人一組で行うが最初はボクの相手の逆立ちだ(ボク支える方)。ボクは相手の足を持ち支えた。別に相手の股間に興味がある訳ではないが、次のボクの番でどうなるのかある程度確認したいと思い、ボクは相手の短パンの足裾から中をのぞき込んだ。
この時のボクの相手も小さい子(ボクよりは大きい)で両親の意向で短パンのままだった。やはり、短パンの足裾は下にめくれるように下がるので、そこからブリーフははみ出るように出ている事を確認できた。そしてどれ位はみでるのかと前のめりになって覗いていたら多分金玉のふくらみ部分くらいだと解った。相手はMサイズの体にあった短パンだ。それでもこうなるのだ。
この時、別に観客から拍手があるだけで大きなリアクションがある訳ではないが、中1の男子は特にきょろきょろ見比べているのが解る。(去年のボクたちもそうだったたから当然だけど)

そしていよいよ次はボクの番だ。特にボクの周りである一年生男子は、一回目の逆立ちで先輩のブリーフがあれだけ見える事が
わかれば、次もそこに注目して見るはずである。そう思うと、ボクは心臓がばくばく言っている音がすぐ耳元で聞こえるぐらいの
緊張感に包まれた。

笛の合図とともにいよいよ大きく足を振り上げる時が来た。
逆立ち実演(3演目目)続き

ボクは笛の合図とともに大きく足を振り上げた。ボクは蹴り上げたと当時に股間に神経を集中させた。足の感覚から短パンは大きくめくれ自分の体から離れているのが解った。まず股間はこれまで通り全開になっていると意識できた。そして直に皮膚に当たっているブリーフの感覚である。ボクはまず金玉にスースーとして風の感覚があるのがわかった。ブリーフの布では覆われていないという事だ。そして竿だがやはり竿の普通で言う下の部分には布の感覚がなく、上の方でかろうじて布の感覚がする。
こういう時はこのよな感覚が瞬時に意識できるものだ。

そして、逆立ちをしていても観客の様子はよくわかる。ボクはおそるおそる周りの様子を見た。もう気づいている生徒たちは、ボクの方を見てくすくす笑っていた。指を指して笑っているもの、
隣の人に指さして教えているもの。

間違いなくボクは 短パンがめくれ、切られたブリーフの足下は何の支えもなく短パンの中で下に垂れ下がり、金玉は全開、竿もほぼ全開になっているという事だった。
足を支えている生徒からも声が聞こえ「○○(ボクの名)、ねぇパンツ破れてるみたいで、ちんこ丸見えになっているよ」
そう言われてもどうしようもない。

また、保護者のおばちゃんの声も耳に入った。一年生の男子と保護者席の境目近くにいた人だろう。誰かの確認は怖くてできなかった。(保護者側にはとても顔を向けられなかった)
「ねぇねぇ、あの子見て。元気だね。でも中2ってまだ毛生えてないんだね。」とか、「見てみて、あの子見えてしまっているょ。かわいそうね。」とか聞こえた。

しかし、別にパニックとかにはならず、ボクの演技の周りにいた人が気づたという程度で終わった。

ボクにはこの逆立ちが1分ほどのはずなのにとても長く感じた。
そしてこの後の演技は、顔は観客側に見せていても、目線は絶対に誰とも合わせなかった。というより合わせる自信はなかった。

ボクはこの後の演目も続けたが周りを意識しまいとすればするほど、周りの雰囲気が気になった。こういうときは特に研ぎ澄まされた感覚になるようで、周りの目線や声がよく意識できた。
(本当は全然意識したくなんかなかった。)

次は、飛行機といわれるもので、二人が支えであと一人が両手を前の支えの子の肩に、そして足を後ろの子の肩に乗せ、支えの子が持ち上げるように立ち上がるというものだ。
一番小さいボクはもちろん上である。しかし、この演目は顔が観客側なので、普通にできたと思う。

そして次が、クラス毎に練習を事前にした大股開きのバランスだ。ボクは再び観客席の最前列に気をつけの姿勢で立った。
視線はほとんどボクにむけられているという感覚はあった。

笛の合図とともに両足を前後ろに大きく広げる。同時にまた、クスクスと笑い声が聞こえてきた。一年生からは、「あの人パンツはいてんのかな」とか「はいてるよ。だって白いのみえてるよ」とか言っているのが聞こえる。そして大股開きで地面に着いた時、(この時練習でできるようになっていた)ふと下を見たら、
短パンのめくれから竿の先(亀頭部分・まだこの頃包茎だったけど)が顔を覗かせているのが解った。それでもボクは笛の合図とともに正面を向きバランスをとった。

そしてこれまでの内容をいくつか組み合わせ演技あって、最後の演目、 ピラミッドとタワーという所まできた。
組体操最後の演技内容は、ピラミッドとタワーだ。
比較的体が大きい人はピラミッド。体の大きい人がタワーの土台、体の小さい人はタワーの中段や頂上と組み分けされていた。
そしてボクはタワーの頂上だ。
ちなみにタワーはグランド中央に5段。四隅に3段が作られる。
そしてその合間を配置するようにいろいろな大きさのピラミッドだった。ボクは四隅の3段タワーの頂上で、演技する位置はこれまで通り一年生の席の所ではあるが、今度は端なので、女子が座っている位置である。タワーの頂上で立ち上がりポーズをとる時、体操座りで見ている女子からはある意味絶景だろう。
ボクは、これまで女子にも何回もちんこを見られたことはある。
何度かはさわられた事もある。強制的に射精させられる所も見られた。しかし、下級生の一年生女子がほぼ全員いる所で、下から覗かれるように、ボクの股間をさらすのだ。これまでで、ボクは一番恥ずかしいと思う最大のピンチとなった。
そしていよいよタワーだ。笛の合図とともに土台ができていく。
ボクはその土台の人を利用してしゃがんだ状態で頂上でバランスをとった。一番下の人が立ち上がり、次に中段、そしてボクが立ち上がり、両手を広げる。この時、バランスをとるのに夢中になっていたが、ふとボクが頂上で立ち上がり前方に目をやると、さっきまで女子が座っていた所に、ボクがこれまで演技をしていた所にいた中1の男子が何人も移動してきてそこに座っていた。
相変わらず、ボクを指さしてしゃべって笑っている。

このよう状況で何とか無事に(保護者の人にも何人みられたので決して無事とは言えないが)演目を終了した。そして、笛の合図とともに全員が一斉に駆け足で退場門に向かった。

でも本当に恥ずかしい思いをするのは、演技のこの時ではなく、
この後である。
ボクは退場門を出て、また生徒用トイレに潜んでおこうと思い、校舎に向かった。ボクはまったく気づかなかったが、後ろから別の学校の中学生で見学に来ていた生徒が、ボクの後をついてきていた。
ボクは先ほどと同じ4階のトイレに行き大の方に入った瞬間、
3人の知らない私服を着た中学生(あとから解った)が
「ちょっと待て。そこで何してんの。」と声をかけてきた。
「いや、別に」とボクはごまかした。
「組体操見たぞ。うまいやん。練習がんばったんだろうな。おれたちにまた見てよ。」
そしてボクは「何で。もう疲れたから嫌だ。」と言うと、
「お前、ちんこ見えまくってたぜ。もう一回それを見せろといってんだよ。」と襲いかかってきた。
ボクはその3人の中学生に突然襲いかかられ何もできなかった。
あっという間につかまり、まず腹を殴られた。
そして「もう一回チャンスをやろう。俺たちの前でもう一回ちんこ見せろ。どうする。」
ボクは、この頃は本当に体は小さく、喧嘩なんかも全くしたことがなかった。だから腹を殴られただけでこわくなり、
「ごめんなさい。」と言った。
「言う事聞くな」と念を押されうなずくと、「どうなんだ。きちんと声に出して言え。」と言ってきた。
ぼくは「はい、解りました。」と言うと
「違う。何々学校2年誰々。ボクは今から何でも言う事聞きます、だろう」ぼくはその通り繰り返した。
そして、じゃあ短パン脱いでもらいましょうと言われ、ボクは従った。(この時退場門から一気にこちらに来たので、上の体操服は着ていなかった。)

短パンを脱ぎ、足下を切られたブリーフ一枚のいつも以上に情けない格好になった。相手三人は大爆笑して、ボクのブリーフの足裾をめくりあげたりしてからかわれた。

そして、そのブリーフも脱ぎ渡した。すると3人はマジックを出してボクのブリーフに何かを大騒ぎしながら書いていた。
そしてブリーフが返され、それを履けと指示された。

ブリーフを渡され、何を書いてあるのかも気にはなったが、まず恥ずかしいから、こんなブリーフでも身にまといたいと思い急いで身につけた。身につけたからこそ何と書いてあるかがよく解った。

ブリーフの窓へ矢印がしてあり、その矢印の横から文字があった。2年○○(ボクの名)、ここをみんなで自由にいじって下さい とあった。
ボクは恥ずかしさのあまり、「短パンを返して下さい」とお願いした。しかしそんな事は聞き入れられる訳もなく、ボクはこの三人の内の二人から抱えられるようにして4階のトイレを出された。(4階は誰もいない。しかし不安だった。)
抱えられている最中もボクのちんこやけつは変な手つきでさわってきていた。

そして4階の一年の教室へと侵入した。
侵入した部屋での三人組の目的は、給食係のエプロンととそれを入れる袋だった。給食係のエプロンは各クラスに6コずつあった。この3人組はその6つの袋の口の紐を全て抜き取った。

そして一本はボクの手首で両手を固定。一本はボクの足首で両足を固定して身動きができなくなるようにした。そしてエプロンをタオルを絞る時のように細長くしてぼくの口がきけなくなるように口の所でまいた(猿ぐつわのような感じだ)。

ボクは完全に自由を奪われ、ぼろぼろのブリーフ一枚で、そのブリーフにはとんでもない文字が書かれているという状況に追い込まれた。

そして一人が 「じゃあみんなに見てもらえるよう一階に行こうかな」と勝ち誇ったような笑顔を見せぼくは再び二人によって餅抱えられた。

ボクはそのまま一階に連れて行かれた。三人は様子を伺いちょうど誰もいないタイミングを見計らって、一階の男子トイレの入口にボクを運んだ。そして残った紐でボクが逃げられないようにしたのだ。

二本の紐で、両手を縛っている紐と、手すりの所を結んで固定した。そして残りの二本の紐で、両足を縛っている紐と手すりの根本部分を固定した。そして三人はそのまま去っていったのだ。
(何処で隠れて様子を見ていたかもしれないがボクには解らなかった。)ちなみに男子トイレと女子トイレは離れた所にある為
この場所には男子しか来ない。

ボクはとにかく体を動かせるだけ動かしたが、全くびくともせず、どうしようもなかった。

そうこうしているうちに声が聞こえてきた。誰かかトイレに向かっていた。これからボクは様々な仕打ちをうける事となる。

最初は一年生の男子二人組だった。この二人はもうボクの事を知っていた。(ほとんどの生徒が知っているはず)
近づいてきて「また何かやられてるの。何々、パンツに何か書いてるけど、(読んで)ふーん。じゃ何がいいかな」と相談していた。ボクは必死で紐をはずして助けてといっているが声は出ていても何を言っているか伝わっていない。
「じゃあまずはお約束」と言ったと同時にブリーフを足下まで下げた。そしてさんざん二人でぼくのちんこ鑑賞して、特に何もせずブリーフを元に戻してトイレに行ってしまった
そして次ぎにまた、一年生の今度は三人組が来た。ボクを遠くから見つけると笑いながら走って近寄ってきた。
そして、三人で何かひそひそ相談していた。相談が終わると、
またしてもブリーフが足下まで下げられた。(ボクはみんなする事は一緒かと思っていた。)すると一人が
「二年生の○○先輩。いつもちんこみんなに見せてるけど、皮かぶってはずかしくない。やっぱり皮剥かないと恥ずかしいよ」と言ってボクのちんこをぎゅっと握ってきた。
ボクは思わず声を出しつま先立ちになった。
そして包茎のぼくのちんこは一年生の手によって少しずつ剥かれていった。あまりの痛さにうめいていたが、気にはしていなかった。そしてボクは剥かれている痛さもあるのに勃起した。ボクのちんこはこの頃勃起すると亀頭が顔を出す程度だった。
そしてこの勃起しても完全には剥けていない事を知るとさらにボクのちんこを剥こうとして皮を引っ張ってきた。
ボクのちんこは我慢汁ではふれだしたようだ。
見ていた生徒が「何か汁出しているよ。臭くない」とか言い出した。そうこうしているうちにさっきの二人が通りかかり、また近寄ってきた。ボクは一年生五人に自分ちんこを剥かれようとしていた。ボクは激痛と悔しさで必死にもがいていた。そのもがいている様子が一年生には面白かったようだ。
そしてボクはちんこをしごかれたわけでなく皮をずっと剥くように引っ張られていたのだが、同時にむずむずし勢いよくそこで射精をした。射精をした精子がちんこを剥いていた生徒にべっとりとつき、その生徒は気持ち悪がってそのまま他の四人と去っていった。
この様に一年生が立て続けに来る訳だが、おそらく一年生が出場しない演目の時間帯である事が考えられる。
(ボクにはもう体育祭がどうなっているのかは全く解らない)

次に、一年生が一人で来た。見覚えがある顔だと思ったら、本田兄弟の家(ビル)でボクがお願いして自分のちんこをいじらせた
陸上部のあの一年生だった。相手もボクとすぐに気づいたようで、近寄ってきた。そして、すぐに足下のブリーフを履かせてくれ、口を塞いでいたエプロンをまずほどいてくれた。

「またやられてるの。かわいそうだね。そうそう組体操でボクたち一年生男子の話題になっていたよ。君のちんこ見たとか見てないとか。ボクは陸上部の先輩見てたから知らなかったけど。
(そしてボクを固定しているひもをほどきながら少しじっと見て)ねぇ。このブリーフ破れてるけど、これもやられたの。」

色々このように聞いてきたが、ボクはやっとこの場から逃げられると思い、感謝でいっぱいで言葉にはならなかった。

「本当にありがとう。」これしか言えなかった。

ボクはそれでもまだ、股下を切られたブリーフしか身につけていない。(あとから考えたらエプロンで隠せばよかったが、みんながよく来るこの場から早く別の所へ行きたいという事しか考えていなかった。)そして、短パンが4階にあるはずだと思い4階に
向かった。
ボクはこの時はやはり全然運がなかった。
4階に向かおうと階段のある方へ向かっていると、階段の前で呼び止められた。(階段は昇降口・下駄箱の正面にある)
おそらくたった今下駄箱から入ってきた誰かにみつかったのだ。
それは、最悪の本田弟と一年生のサッカー部の数名、多分本田のクラスメート数名ので確か本田を含め10名はいたと思う。
(本田弟は一年生のリーダー格みたいでいつもつるんでいた。)

「○○先輩(本田は普通はこの先輩はつけない、この時はわざとだ)。部活動紹介の時の行進に来ませんでしたよね。どうしたんですか。みんな怒ってましたよ。」他の部員も「さぼりですか」とか「辞める気ですか」とか色々言っていた。
そして部員じゃない生徒からは、
「あの人前も一年生の廊下の前をパンツ一枚で歩いてたよね。」
とか「そうそう、その後あの人の教室までついていったけど、
ちんこいじられてて精子ださせられてたよ」とか「今日の組体操でちんこ見えてた人だよね」とか、もう散々の言われようだった。(同時にボクはもうこの学校では逃げ場はないと思った時だった。)

そしてボクはこの集団に取り囲まれた。
ボクはこの本田弟を中心とする集団に取り囲まれ変に覚悟を決めた。本田弟がかかわるとボクは間違いなくひどい目にあう。

「見て、こいつブリーフに何か書いてる。(書いてはいない、書かれたのだ。)へぇー、じゃあご希望通りにしようぜ。(希望もしてない)」と同時に、ボクはこのままの格好(ブリーフ一枚)でいじられた。ブリーフの上からさわってくるもの、ブリーフの足裾はすかすかなのでそこから手を入れ直にさわってくるもの。パンツのゴム紐の所をめくってそこから手をいれてくるもの。
これだけの手でいじられるとボクのちんこはすぐに反応し勃起した。
勃起したことはもちろんすぐにみんなにも解り、誰かの手によりブリーフは脱がされた。(ごちゃごちゃしていて誰がしたかは解らなかった。)
「こいつちんこ少しむけてるじゃん。」本田弟。みんなボクがまだ包茎でチン毛もはえていないのは知っている。(多分中2の9月だと成長は遅い方だ。当時のボクはそれが遅いとは知らなかったが)さっきちんこの皮を散々めくられたばかりだった。
みんなボクのちんこというより、その剥けて出てきたばかりのピンクの亀頭に注目していた。いじられるというより、何か色々言いながら観察された。

そして観察にあきてくると、誰かが
「聞いた事あるけど、包茎じゃなくて、ちんこが剥けている方が、射精するとき気持ちいいんだってよ」
本田弟やサッカー部がいるから射精はさせられるだろうと思ってはいたが、やはりその通りになった。

ボクは、一年生の一人の手により(他は見ていた)、いつもとは違う、剥けた亀頭部分を中心にちんこをいじられ刺激された。
初めて亀頭部分を刺激されボクは気持ちいいどころか、痛くてたまらなかった。
ボクは「痛い。痛い」これをずっと言い続けたと思う。
そしてボクが痛いと言うのを一瞬やめ、それを察したいじっていた中1は、ちんこから手を離した。手を離したと同時くらいだったと思う、ボクは射精した。
そこにいたメンバーはボクの射精を見て大喜びしてた。
そしてさらに一人が、
「これさぁもったいないょ。写真部に行ってカメラ借りてくるからこのまま待ってて」と言うと同時に走っていった。
ボクのこの様子を写真におさめようというのだろう。
ボクはみんなに「お願いします。写真は許して下さい。」とお願いした。
するとサッカー部のメンバーが「もう撮られたのもあるからいいじゃん」と言いそれだけではないだろうが聞き入れられる事はなかった。そして、写真部からカメラを借りてきたと戻ってきた。

写真のフィルムはあとでみんなでお金を出して返すと言ってきたらしく、24枚フィルムの新品を持ってきていた。
ボクは今でもこの時撮られた写真は覚えている。

1.ブリーフを履いて 全身写真(顔も解るように)
2.ブリーフ部分のアップ
3.ブリーフの下から見上げるように撮ったもの
   金玉と竿の先が写っていた
4.ブリーフを脱がされ 全身写真(顔も解るように)
5.ちんこ正面のアップ
6.ちんこの竿を持ち上げ玉袋
7.ちんこを勃起させ 全身写真(顔も解るように)
8.勃起したちんこの正面アップ
9.亀頭部分

ここまでは、ボクは強引に撮影された。そして撮られた写真が
ピンぼけしていないかどうかまては解らないが、内容はわかっている事をいい事に、

「写真を焼き増ししてみんなに配られたくないよね。だったらこれから言う通りの写真を抵抗せずに撮らしてくれたら、ここにいるメンバーだけしか知らない事にしてやるよ」
と言われ、ボクは同意した。というより同意しか選択はなかったと思う。

10.自分でちんこをしごいている写真(全身)
11.               (ちんこ部分)
12.射精中(出る前に言えと言われていた)
13.射精中
14.出てきた精子
15.全裸で逆立ち
16.全裸で腹筋
17.全裸で大股開き
18.ちんこの竿でしっぺしている瞬間
19.電気按摩(全身)
20.電気按摩(ちんこ部分)
21.お尻
22.お尻を広げて
23.お尻の穴
24.ブリッジ体勢全身

順番ははっきり覚えていないがこれだけの撮影をされた。
写真を撮影した後、本田弟も含め、この一年生の集団は大喜びして戻っていった。戻ったのではなく写真部の現像室に持って行ったのかもしれない。
ボクは屈辱感でいっぱいの中、ブリーフ一枚で4階に上がった。
そして4階で入った所をくまなく探したがボクの短パンは見つからなかった。ボクは座り込みこれからどうしようかと考えた。
考えても、この格好で出て行くわけにはいかないという結論だけしか思い浮かばなかった。

途方に暮れていると、階段を上がってくる足音が聞こえた。もうトイレに逃げ込む時間はない。ボクは教壇の中に入り込み隠れた。すると、4階に上がってきたのは、ボクの組体操の逆上がりの相手の友達(?)だった。後ら聞いたら、ボクがずっと観客席に戻って来ない事と、体操服の上を脱いだままな事、組体操での事件を心配してずっと探していたらしかった。

ボクは彼の姿を確認して教壇から出た。するとボクの格好を見て驚いたようで、「何で短パンはいてないの」と聞いてきた。
(当然の疑問だろう)
ボクは組体操が終了後、あの写真撮影の事だけは隠して、あったことを話し、短パンが見つからない事を伝えた。ボクと彼は、一緒にもう一度探したがどこにも見つからなかった。
すると彼は、「このままこうしていもしょうがないでしょう。先生を呼んで来る」と言い出した。
ありがたい話ではあるが、先生が来るとボクはただのブリーフではない、このきられて落書きされているブリーフ姿を見せる事になる。当然事情を聞かれる。なんて言って納得してもらえばいいのか検討もつかず、ボクは「ちょっと待って」と先生を呼びに
行くのを止めた。

でも二人ともどうしていいのか結論は出なかった。結局彼は先生にボクの事情を説明に行った。

彼は先生(担任)を連れてボクの所へ戻ってきた。
先生は、彼にもう戻っていいと言ってボクと二人で話をする事となった。ただ、この4階にいるわけにもいかないという事で、
先生と一緒に職員室へ向かう事となった。
先生は気を遣い、1階まで降りず、3階から渡り廊下を使い、職員室のある棟へ移動し、そこから1階に降りた。先生に連れられているとはいうものの、1階は来客用のトイレとし開放しているので、何人かのおばさんとすれ違った。
(この時は、例のブリーフ・体操着の上を着ていた。体操着の上で前屈みになり、必死で前を隠しながら歩いていた。)

職員室に入り先生は自分の机のあるところへ向かい椅子に座った。ボクは先生の前に立っていた。そして色々と質問された。
・ブリーフがどうして破れているのか
・ブリーフの前の落書きはどうしたのか
・短パンがなぜなくなっているのか     等等
でもボクは正直に答える勇気はなく、サッカー部の行進に参加しなかったから罰ゲームで自分からこういう事をして、指示されたわけではないと 恐らくつじつまの合わない意味不明な説明を一生懸命したと思う。

先生はボクの説明に納得はしなかったと思う。そして体育祭当日にこんなみっともない格好をしている事の方についてボクを怒り出した。そして、父兄から組体操の時の男子で、もろに大切な所が出ていたと報告があったこと、それがボクであろう事から、それについても怒られた。
そして、明後日(明日は休み)にもう一度詳しく事情を聞くと言われた。

そしてこのままでは、どちらにしても今はボクは短パンはないし、パンツもこのままでは、体育祭に参加できないという事で、
保健室に連れて行かれ、まず予備においあるブリーフを借りた。
(これは明後日選択して返しに来ないといけない。つまり親に事情を説明しなければいけないという事だ。ボクは普通にもらした事にしようと思った。)
そして短パンは、過去の卒業生の忘れ物の中からMサイズのもの
を借りた。

体育祭の残りのプログラムには気は重かったが観客席に行き参加した。ちなみに色々あったうちに100m走も終わっていて、
代理の人が参加した事を後で知った。

体育祭は終了し、グラウンドでそのまま解散となった。ボクは、
Nの所へ行き、短パンがなくなって、先生に借りた事を説明し、Mサイズでも許してもらった。そしてジャージを返してもらい、
その日はまっすぐ学校から家に帰った。

体育祭が終わって家に帰った後、しばらくして両親が帰ってきた。両親は、ボクが来なくていいと言ったので、予定よりゆっくりして帰ってきたのだそうだ。
ボクは、母親に、体育祭でパンツ汚して破れたりしたから、学校で借りた事(嘘だけど)、それを洗って返さなければいけない事を伝えた。母親は、何か激しい競技でもあったのか位しか思っていなかったようだ。

そして体育祭の明後日、ボクは普段通りに学校へ向かった。
(学校でよびだされている事で気は重かったが)
そして教室に行く前に先に職員室へ行った。担任に洗ったパンツを返して、そのまま会議室に行くように言われた。

会議室では、校長・教頭・学年主任・担任がそろった。
まず担任が例のボクのブリーフを出した。ボクは恥ずかしくていっぱいの気持ちだった。そしてボクの短パンも見つかっていた事を言われそれも出してきた。

そして、体育祭当日の組体操演技でボクのちんこが露出した件で
事情はもう聞いてあり、状況を知りたくてボクが呼ばれていた事を知った。状況を知りたい、つまり再現しろと指示されたのだ。

会議室のカーテンは閉め切られてはいたが、この四人の先生(一応全員男性)の前で着替えて再現するのだ。
ボクは、先生に反抗するわけにはいかないので、ズボン・ブリーフを脱いで、例のブリーフ・短パンと履き、上を全部脱いだ。

そして、まずブリッジをさせられた。四人の先生はボクの足下に周り、色々言っていた。
次は大股開きをさせられた。下を見るとやはり金玉ははっきり露出していることが自分でも解った。
そして逆立ちを壁に向かってさせられた。これも色々と言っていた。あとは集団演技なのでいいと言われた。
ボクは四人の大人(先生)にいろいろな角度から観察されていると考えると顔が熱くなっているのが解った(真っ赤だったと思う)。
さらに最後に、短パンを脱ぐよう指示され、ボクはあの情けないブリーフ一枚の姿を見られる事となった。ブリーフの足裾をしきりに色々と動かし、露出した原因を確認しているようだった。
だからこの時も何回も金玉、竿が引っ張り出された。
(悪く言えば、大人四人で一人の生徒を性的虐待しているようなものだ)

最後に、このことは、生徒がパンツがたまたまその前までの競技で破れこうなってしまったと報告する。罰ゲームではない。いいな。と口止めされた。

特に今と違って昔は情報公開とかないから、このような隠蔽はよくある事だとは思う。この時のボクは隠蔽と言うより、罰ゲーム自体嘘だから、それが広まらない事の方が重要で、何の疑いもなく同意した。

これが一連の2年生の時の体育祭の出来事だ。

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/11 (Sat) 23:00:47

(´Д`)キヨシサンガ、ヤスシサン ッポク ナッテル…




ナンノ コッチャ(^^)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/12 (Sun) 00:09:10

(´∀`)ナントナク ニテルwww

Re: Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/12 (Sun) 03:00:07

(´∀`) パトロール

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/12 (Sun) 06:31:35

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



ヨナカノ パトロール、ゴクロウ サマデス(`・ω・´)ゞ



キョウハ、ユックリ オヤスミ クダサイ( ´∀`)♪



Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/12 (Sun) 21:51:01

(*´∀`)ノコンバンハ♪



呪サン、ユックリ ヤスメ マシタカ?( ´∀`)



Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/13 (Mon) 06:28:51

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



メズラシク、呪チホウト オナジキオン デス♪( ´∀`)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/13 (Mon) 13:37:48

(;´Д`)ツメタイアメガフッテマス

キノウハ ヒルカラズット イエデゴロゴロシテマシタ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/13 (Mon) 18:13:39

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪



アメフリハ、タイヘン デスネェ(´Д`)



コチラハ イチニチ ハレテ マシタガ、カフンガトンデヒドイ デス(´;ω;`)





Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/13 (Mon) 23:26:42

(´;ω;)シンボウシマショウネー

Re: Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/14 (Tue) 12:17:35

(´∀`)キョウハイイテンキヒトアセカキマシタ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/14 (Tue) 18:04:33

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪


ソレハ ヨカタ デスネー( ´∀`)♪



コチラハ イチニチ アメフリ(´Д`)



アシタハ、ユキ ヨホウ…(´-ω-`)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/14 (Tue) 19:39:52

(;´Д`)マダユキガフルノ?

Re: Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/15 (Wed) 02:10:01

( ´ ・ ω ・ ` )ドーン

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/15 (Wed) 18:00:22

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪



コレカラ セイタイニ イッテキマス(´-ω-`)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/15 (Wed) 19:07:51

(´∀`)カラダノケアハ ダイジデスヨー

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/15 (Wed) 20:25:25

(´・ω・`)アレッ?


コンナ ジカンニ?(-.-)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/16 (Thu) 00:47:45

(´・ω・`)シゴトカラカエッテキテ 30プンダケ ネマシタ

アトハ ヤキュー

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/16 (Thu) 08:05:36

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



テッキリ イッタ モノダト…(^_^;)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/16 (Thu) 12:22:56

(σω-)zzZ ヒルネターイム

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/16 (Thu) 19:24:35

(*´∀`)ノコンバンハ♪


キアリスノ エイガ、デキマシタ~(≧▽≦)


モウスコシデオワリマスネ~(´・ω・`)





Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/17 (Fri) 00:02:35

(;´Д`)ソウデスネー ハヤイデスネー

サイショノ2カゲツハ マトモニミテナカッタ

スコシ コウカイ

Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/17 (Fri) 02:11:50

(´・ω・`)ソロソロ ネマショウ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/17 (Fri) 06:33:10

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



サイショハ ツマラナカッタカラ、ミナクテモ ヨカッタ カト…(^_^;)



Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/17 (Fri) 21:14:43

(*´∀`)ノコンバンハ♪



呪サン、キョウハ ナニ タベマスカ~?( ´∀`)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/17 (Fri) 23:37:30

( ^ω^)キノウカッテキタ ニクヲ タベマス

キョウハ ビールノツマミニ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/18 (Sat) 06:32:27

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



チャント ゴハンモ タベテ クダサイネ~(´・ω・`)



Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/18 (Sat) 17:15:13

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪


呪サ~ン(´Д`)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆2GPocac8oI

2017/03/18 (Sat) 22:03:45

( ^ω^ )ヤットスマホカラクルコトガデキマシタ&#128516;

Re: Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆2GPocac8oI

2017/03/18 (Sat) 22:19:47

エモジガモジバケ(T ^ T)

Re: Re: Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/19 (Sun) 02:53:15

(-_-)zzz ソロソロネヨウ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/19 (Sun) 06:39:24

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



呪サン、ヨカター\(^o^)/♪♪♪♪♪


PCノ センセイ デスカラネェ、呪サンハ( ´∀`)


キョウハ、コモジノ カタカナニ トライ シテ クダサイ(^_^;)




エモジバケルシ、ガゾウモ ハレマセンヨ~(´Д`)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/19 (Sun) 08:16:38

( ^ω^ )アプリヲダウンロ-ドシテ ハンカクカナ ツカエルヨウニナリマシタ

ヨカタ-(^^)

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/19 (Sun) 17:23:41

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪



ソレハ ヨカタ デスネー( ´∀`)♪



呪サン キテ、ヒトアンシン(ノ´∀`*)



Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/19 (Sun) 22:51:11

(´Д`)ガゾウハルトキハPCカラダネー

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/20 (Mon) 06:36:13

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪


PCッテ、ナンデモ デキルン デスネ~(*´ω`*)



Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/20 (Mon) 21:05:37

(*´∀`)ノコンバンハ♪



呪サン、スマホ タノシク ナッテ キマシタカ?( ´∀`)




Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/20 (Mon) 21:14:05

(;´Д`)マダタノシイトコマデイッテマセン


ドウシテダロウ?


iPHONEデナニガデキルノカ イマカラホンヤニイッテコヨウカトオモッテマス

Re: (のωの)ノ - (/≧◇≦\)(/≧◇≦\)(^-^ゞ

2017/03/20 (Mon) 21:27:08

無料で恋人・セふレが!!(1)
りさ
2017/03/19 (Sun) 22:58:56
恋人?人妻?セふレ?どんな出会いも自由です(1)
あいか
2017/03/19 (Sun) 21:00:31
ゾンビるみさんと部屋嵌め(59)
コギト
2017/02/08 (Wed) 01:40:58
無料で恋人・セふレが!!(1)
りさ
2017/03/19 (Sun) 19:07:44
恋人?人妻?セふレ?どんな出会いも自由です(1)
あいか
2017/03/19 (Sun) 17:12:58
個人撮影(1)
まさ君
2017/03/19 (Sun) 17:11:23
無料で恋人・セふレが!!(1)
りさ
2017/03/19 (Sun) 11:36:59
無料で恋人・セふレが!!(1)
りさ
2017/03/18 (Sat) 23:11:27
無料で恋人・セふレが!!(1)
りさ
2017/03/18 (Sat) 19:03:21
個人撮影(1)
まさ君
2017/03/18 (Sat) 17:25:08

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/20 (Mon) 22:03:02

(*´∀`)ノiPhoneデ、ケンサク シテミタラ ドウデショウ?




Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/21 (Tue) 06:28:26

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



呪サンモ、ゲーム スルノカナァ?



ツムツム トカ(^o^;)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/21 (Tue) 09:58:18

(´・ω・`)ゲ-ムハホトンドシマセン タブン・・・。

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/21 (Tue) 18:12:15

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪


ゲーム シテモ、カキンハ シテハ イケマセンヨ(´Д`)



ワタシ ミタイニ ナリマスカラ(´;ω;`)



Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/21 (Tue) 23:55:21

(´・ω・`)ワカリマシタゞ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/22 (Wed) 00:10:34

( ´∀`)デモ、タノシイ デス ゲーム♪



Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/22 (Wed) 06:30:43

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



スミレサン タチガ、インタイ シチャウ…(´Д`)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/22 (Wed) 12:23:12

(´Д` )ミンナトシヲトッテイキマスカラネ-

ショアガナイデス(-_-;)

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/22 (Wed) 23:17:42

(*´∀`)ノコンバンハ♪



ダイニノ ジンセイ アユム ミタイ デスネ( ´∀`)



Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/22 (Wed) 23:28:20

(-_-;) ワタシハドウシヨウカナー

パチプロカナ?

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/23 (Thu) 07:15:22

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



呪サン、ワタシモ ナカマニ イレテ クダサイ( ´∀`)♪




ミッカト モタナカッタリシテ…(--;)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/23 (Thu) 13:58:00

(-_-;)ミッカモチマセンネ- ワタシモ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/24 (Fri) 06:29:37

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



ツギノ レンドラ、ナンダロウナァ~?(´・ω・`)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/24 (Fri) 07:45:23

(´・ω・`)ナンデショウネェ~

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/24 (Fri) 21:24:55

(*´∀`)ノコンバンハ♪



ツギモ オモシロイト イイナァ~( ´∀`)



Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/24 (Fri) 23:05:22

( ´ ▽ ` )サイキンハハズレガナイカラダイジョウブカトオモイマス

Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/25 (Sat) 00:18:49

(-ω-;) アシタハシゴトー

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/25 (Sat) 06:33:41

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪


デモ、サイショハ ツマラナイ…(^^;


Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/25 (Sat) 23:20:13

( ´ ▽ ` )ソノトウリ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2017/03/26 (Sun) 06:33:22

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



ツギノ レンドラ、CMミテ 呪サンノ オモッタコトハ?(*・・)




Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/03/26 (Sun) 09:44:42

(´・ω・`)CMマダミテナイ

ワンダーランド ヨカッタデスネー

ツギハ オトナノワンダーランドヲ・・・

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)
レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板