素人投稿画像掲示板

7835452
素人投稿画像掲示板
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

恋人?人妻?セふレ?どんな出会いも自由です - あいか URL

2018/07/21 (Sat) 11:01:29

女の子に人気のサイトばかりを集めました




ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2017/11/03 (Fri) 08:35:22

ヨロシクネ(’-’*)♪

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/05 (Thu) 16:06:35

(*´∀`)ノコンニチハ♪


8:00スギニハ オキテマシタ~( ´∀`)



ネムタイカラ、コレカラ マタ ヒトネムリ(´-ω-`)



ヤスミデモ ハヤク オキテシマウ、トシヨリ タイシツニ(´;ω;`)





Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/05 (Thu) 20:05:02

コンバンハ(*^-^*)♪

マッサ セイカツ リズムガ

ミダレテル(^-^;

ヨルハ シッカリ スイミンヲ

トルヨウニ シナキャネ(●^ー^●)♪

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/05 (Thu) 20:50:12

(´Д`)ハァ~イ


ムカシカラ タイリョク ナクッテ…(^_^;)


アオイコーチニ キタエテ モラワナキャ(≧▽≦)♪



Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/06 (Fri) 06:05:02

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪


コチラハ オオアメ(´Д`)


アツイノモ イヤデスガ、オオアメモ…(´-ω-`)


ワガママ カナ?(^_^;)



アオイサン、キョウ ガンバレバヤスミガキマスネ~♪ヽ(´▽`)/



ヤスミハ、ナツフク キテ オデカケ デスカ?( ´∀`)




Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/06 (Fri) 12:31:37

コンニチハ(*^-^*)♪

コッチハ ヒルカラ アメ ヤンダョ(●^ー^●)♪


シュウマツモ アメモヨウ ミタイダカラ

ドウシヨウカナァ(*´-`)

アト ハンニチ ガンバラナキャ♪

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/06 (Fri) 23:13:00

(*´∀`)ノコンバンハ♪


アオイサン、イッシュウカン ゴクロウサマ デシタm(__)m



アシタカラ ユックリ オヤスミ クダサイ(*´ω`*)



ワタシハ アオイパワーヲ モラッテ ガンバリマス!\(^o^)/





Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/07 (Sat) 06:08:42

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪


アオイチホウハ、オオアメ ダイジョウブデスカ~?(´Д`)




シジガデタラ、スミヤカニ ヒナンヲ!C=C=\(;・_・)/



ナニカ アッタラ タスケニ イキマスヨ(`ー´ゞ






Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/07 (Sat) 18:16:48

(*´∀`)ノコンバンハ♪


アオイサン、ダイジョウブ カナ?(´・ω・`)




Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/07 (Sat) 21:43:19

コンバンハ(*^-^*)♪

サッキ ジシンガ アッタョ…

キョウハ ムシアツカッタネ…

ナツバテニハ キヲツケ ヨウネ(●^ー^●)♪

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/08 (Sun) 06:05:00

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪


エッ(゜ロ゜)



ジシン アッタノデスカ!( ; ゜Д゜)



ワカラナカッタ カラ、アオイサンヲ マモル ナンテ カッコイイ コト イエナイナァ~(´・ω・`)




ダイジョウブダッタ デスカ、アオイサン?(´Д`)



イツ サイガイガアルカ ワカリマセンカラ、キョウモ キヲツケテ オスゴシ クダサイ(`ー´ゞ





Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/08 (Sun) 10:20:22

オハヨー(*^-^*)♪

ホント ソウダネェ…

カクチデ オオアメノ エイキョウデ

ナンニンカノ カタタチガ

ナクナッテ イルシ( ;∀;)

キョウハ ナツビダァ(;´д`)

ナニシテ スゴソウカナァ(*´-`)

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/08 (Sun) 22:01:22

(*´∀`)ノコンバンハ♪


ナクナッタ カタタチノ、ゴメイフクヲ オイノリ シマスm(__)m





アオイサンハ、ナニシテ スゴサレマシタカ?( ´∀`)



マタ アシタカラ、イッショニ ガンバリマショウネ(^^)v






Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/09 (Mon) 06:06:31

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



コチラハ ハレテ イイテンキニ( ´∀`)



デモ、アツク ナルンダロウナァ~(´Д`)



アオイパワーデ、ノリキロウカァ~(^_^;)





Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/09 (Mon) 12:24:40

コンニチハ(*^-^*)♪

ゴゴカラ アメガ パラパラ…

アオイパワート スイブンデ

カンペキ カンペキ(●^ー^●)♪

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/09 (Mon) 23:05:35

(*´∀`)ノコンバンハ♪


ミネラルモ オワスレナク~(^^;



スイヨウ・モクヨウト ヤスミ ナノデ、マタ ドライブニ イッテキマス\(^o^)/



ヒトリデ…(´・ω・`)



Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/10 (Tue) 06:08:26

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪


キョウモ アツク ナリソウ デスネ~( -。-) =3



スイブンヲ チャント トッテ クダサイネ( v^-゜)♪



ワタシハ、アセ カキスギテ セナカニ アセモガ…(´Д`)




カユイ…(´;ω;`)



Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/10 (Tue) 12:34:04

コンニチハ(*^-^*)♪

マッサ ヒトリタビ シブイネ(●^ー^●)♪


キヲツケテネ♪

クスリ ツケタホウガ イイョ♪

アタシハ ポカリスェット♪

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/10 (Tue) 19:56:34

(*´∀`)ノコンバンハ♪


タダタダ、イクアイテガイナイ ダケデス…( ´д`)



ポカリ イイデスネ~( ´∀`)


ワタシハ イツモ、ミズヲ ノンデイマス(^^;



クスリ ナイケド、ドウシヨウ…(|||´Д`)




Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/10 (Tue) 22:23:44

コンバンハ(*^-^*)♪

ソッカァ(-ω-)

アツイトキハ ムギチャガ イイネ(●^ー^●)♪


リョコウ タノシンデ キテネ♪

Re: Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/11 (Wed) 12:31:23

コンニチハ(*^-^*)♪

キョウモ アツイネ(;´д`)

ネッチュウショウ タイサクハ ワスレズニ♪

キョウモ ジュウジツシタ イチニチニ

シヨウネ(●^ー^●)♪

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/12 (Thu) 07:20:28

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



キノウハ ケンナイニ アル、ヤマヲ クルマデノボッタリ、フモトノ ユウメイナ ジンジャ イッタリ、センギョセンターガアツマッテ イル トコロデヤキイカ タベタリ シマシタ~(≧▽≦)♪



セイテン ダッタラ モット タノシカッタノニ…(´・ω・`)



ソレナリニ ジュウジツ シマシタ( ´∀`)



キョウハ ツカレタカラ、ユックリ ヤスミマス( -。-) =3



ヤマノ ウエノ ジハンキハ、ネダンガタカイデス(゜ロ゜)




Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/12 (Thu) 12:32:11

コンニチハ(*^-^*)♪

マッサ ユウイギニ スゴセタンダネ♪


タノシメタ ミタイデ ヨカッタ(●^ー^●)♪


キョウハ ユックリ クツロイデネ♪

アタシハ ツカレガデル シュウマツダケド

ガンバルネ♪

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/12 (Thu) 20:35:34

(*´∀`)ノコンバンハ♪


ナントカ リフレッシュ デキマシタ~♪ヽ(´▽`)/


キノウ イッタ ジンジャハ、ケンナイノ パワースポットデ…(^^;



アオイパワート アワセテ、ゲンキ 100%デス\(^o^)/



アオイサンハ、ムリセズアシタヲ ノリキッテ クダサイ(о´∀`о)


レンキュウガキマスヨ~(^^)




Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/12 (Thu) 21:02:41

コンバンハ(*^-^*)♪

アツイヒガ ツヅクネ…

マッサ ゲンキデ イルミタイデ

アンシン アンシン(●^ー^●)♪

3レンキュウガ クルカラ

ガンバレソウダョ(●^ー^●)♪

アシタモ ヨキヒニ♪

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/13 (Fri) 06:20:19

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



サンレンキュウ イイデスネ~( ´∀`)♪


ドコカ オデカケ?(・・;)


ヤッパリ ウミカナ?(´・ω・`)



ジコノ ナイヨウニ ダケ シテクダサイ( *・ω・)ノ




ソノマエニ、キョウヲ ノリキリ マショウ(^^)





Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/13 (Fri) 12:37:12

コンニチハ(*^-^*)♪

キョウハ トクニ アツイネ(;´д`)

アマリ ショクヨク ナイヨネ…

ウミカァ(*´-`)

プールニ シヨウカナァ(●^ー^●)♪

キョウモ ガンバロウネ(*´∇`)♪

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/13 (Fri) 22:21:25

(*´∀`)ノコンバンハ♪


タベレナクテモ、ムリシテ タベナキャ ダメデスヨ~(´・ω・`)



プールデアイス タベタイ(*´ω`*)♪



Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/14 (Sat) 06:24:31

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪


サァ アオイサン、レンキュウ ショニチ デスヨ~( ´∀`)



ウキウキ ワクワク シスギテ、ツカレナイ ヨウニ(^^;




Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/14 (Sat) 12:28:16

コンニチハ(*^-^*)♪

キョウハ モウショダァ(;´д`)

エアコン エアコン\(^o^)/

ナツバテニハ キヲツケヨウネ(●^ー^●)♪

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/14 (Sat) 18:09:12

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪


エアコン エアコン ッテ コトハ、オウチデノンビリ デスカナ?(*´ω`*)



デカケルモ ヨシ、ユックリ オヤスミ スルモ ヨシ!( ´∀`)




ワタシハ ツカレタノデ、ダウン サセテ モライマス(´Д`)




Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/15 (Sun) 06:11:46

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



イッパイ ネマシタ~( ´∀`)



デモ、マダネムイ…(´д⊂)



アオイサンハ、キョウモ オウチ?(о´∀`о)



アツイカラ、ソトニ デルトキハ キヲツケテ クダサイネ~(;´д`)





Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/15 (Sun) 10:19:34

オハヨー(*^-^*)♪

マッサ ネスギダョ(^-^;

キョウモ アツイネ(;´д`)

キョウハ センセイナカマト オデカケ(●^ー^●)♪


タイチョウカンリハ シッカリネ♪

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/15 (Sun) 22:24:16

(*´∀`)ノコンバンハ♪


センセイ ドウシノ シンボクカイ?(・・;)


ヤスミモ、アト イチニチニ ナリマシタネ(´Д`)



アシタハ シッカリ クイノ ナイヨウ、オヤスミ クダサイ( ´∀`)




セナカガカユイ ヨウ…(´;ω;`)





Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/16 (Mon) 06:05:34

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪


キョウモ アツク ナリソウ…(;´д`)



アシタカラ マタ エンジタチニ セッシ マスカラ、レンキュウ ヅカレノ カオ ミセタラ ダメデスヨ~(´Д`)



ワタシハ アツクテ ヘバッテ マス(*_*)




Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/16 (Mon) 10:24:37

オハヨー(*^-^*)♪

レンキュウ オワッチャウ(><)

マダ ナツハ コレカラダカラ

イマカラ ナツバテシテ ドウスルノ…

キョウモ アツサニ マケズニ

ガンバロウネ(●^ー^●)♪

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/16 (Mon) 22:54:15

(*´∀`)ノコンバンハ♪



ムカシカラ、アツサニハ ヨワクテ…f(^^;




アセカキデ、フクガグショグショ ニ…(´Д`)



ダカラ ナツハ キライデス(´・ω・`)



デモ、アオイサンノ ミズギスガタ ミラレル カラ、ナツモ イイカモ!(///ω///)♪





Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/17 (Tue) 06:17:18

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪


キョウカラ イッシュウカンノ スタート(≧▽≦)


ジコヤ ケガノ ナイヨウニ ガンバッテ イキマショウ(^-^ゞ






ワタシハ キョウ、ハンニチデオワリデス\(^o^)/



アオイサンガレス ミル コロハ、モウ オウチニ イマス( ´∀`)♪






Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/17 (Tue) 12:29:00

コンニチハ(*^-^*)♪

オシゴト オツカレサマ(●^ー^●)♪

コンシュウハ モウショ ミタイダネ…


ネッチュウショウ キヲツケヨウネ♪

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/17 (Tue) 21:40:04

(*´∀`)ノコンバンハ♪



ホント、サツジンテキナ アツサデ…(;´д`)



ジョウダン ヌキデ、オタガイ キヲツケ マショウ(´・ω・`)




アオイオネーチャン、アイス タベタイ(*´ω`*)♪





Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/18 (Wed) 06:15:48

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



セミノ ナキゴエ キイテル ダケデ、アツク ナッテ キマス(;´д`)



アオイサンヤ エンジハ、ダイジョウブデスカ?(´・ω・`)



オモテニ デル トキハ、カナラズボウシヲ カブリマショウ(≧▽≦)





Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/18 (Wed) 12:35:41

コンニチハ(*^-^*)♪

ホント ナツガキタッテ カンジダネ♪


アオイチャン トクセイ アイスヲ

マッサニ タベサセテ アゲルネ(●^ー^●)♪


ヒガサ サシテ バッチリ バッチリ\(^o^)/

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/18 (Wed) 18:25:14

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪


アオイサン トクセイ アイス!?(・・;)



タベタイ! タベタイ!(´Д`)



アツスギテ、カラダガチョウシ ワルイデス(;´д`)



アシタ ヤスミ ナノデ、ユックリ シテヨウカナ?(*´ω`*)





Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/18 (Wed) 22:25:02

コンバンハ(*^-^*)♪

マッサ オナカ コワスカモ(^-^;

スズシイ ヨルヲ カイテキニ

スゴシテネ(●^ー^●)♪

アシタハ ユックリ ヤスンデネ♪

Re: Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/19 (Thu) 12:41:11

コンニチハ(*^-^*)♪

アレッ( -_・)?

イナイナァ(;・∀・)

オネボウサン カナァ\(+_<)/

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/19 (Thu) 22:24:46

(*´∀`)ノコンバンハ♪


アオイサン、ヒトリニ シテ スミマセン(´Д`)



ネチャッタカナ?(・・;)


アツカッタ デスガ、イイ オヤスミ デシタ(*´ω`*)



アシタカラ マタ イッシュウカンカ…(´・ω・`)




Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/20 (Fri) 06:00:19

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



シバラク サツジンテキナ アツサガツヅク ミタイデスネ~(;´д`)




アオイサン、ケンコウメン ニハ キヲツケテ クダサイネ(´Д`)




キョウ ガンバレバアシタハ アオイサン オヤスミ(^^)




イッシュウカンハ、ハヤイナァ~(^_^;)





Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/20 (Fri) 12:33:54

コンニチハ(*^-^*)♪

ホント ハヤイネェ(^-^;

オヤスミ ウレシイナ(●^ー^●)♪

チャント スイブン トッテ エイヨウトッテ


アツサ タイサク シテネ(*´∇`)♪

Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/20 (Fri) 20:33:47

(*´∀`)ノコンバンハ♪


ハイ、アオイセンセイノ イウコト キキマ~ス(*>∇<)ノ




アシタカラ オヤスミ イイナァ~(´・ω・`)


ヤスミデモ、ユダン シナイ ヨウニ(´-ω-`)






Re: ダイ 4ショウ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/21 (Sat) 06:05:23

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



アオイサンハ、エアコン カケテ ネテタカナァ~(〃´ω`〃)




キョウモ アツイカラ、オタガイ キヲツケ マショウ( *・ω・)ノ




アイス タベニ イカナイノ?(*´ω`*)




Re: Re: ダイ 4ショウ - アオイ◆2LEFd5iAoc

2018/07/21 (Sat) 08:47:45

オハヨー(*^-^*)♪

エアコンハ カカセナイ ソンザイ(●^ー^●)♪


キョウモ アツイネ(;´д`)

デニーズデ アイス タベニ

イコウカナ♪

(のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2017/11/06 (Mon) 18:05:00

(´∀`)スッカリ アキラシクナリマシタ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/04 (Wed) 06:10:19

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



ハイ、アノ ウトウト カン…(´つω・。)




Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/04 (Wed) 22:44:45

(*´∀`)ノコンバンハ♪



呪サン、ソチラハ マダアメガフッテ イマスカ?(´・ω・`)





Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/04 (Wed) 23:26:20

(´・ω・`)コンシュウハ ズットフッテマスヨー

ソシテ シッケモスゴクテ・・・ツカレマス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/05 (Thu) 05:53:36

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪




ハヤク テンキニ ナルト イイデスネ(´・ω・`)





Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/05 (Thu) 22:41:41

(´・ω・`)キョウモ アメガフッタリヤンダリデス。アイカワラズシッケモスゴイ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/06 (Fri) 06:09:06

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



コチラモ オオアメニ(´Д`)



アメハ イヤデスネ~(;-ω-)





Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/06 (Fri) 23:08:42

(´Д`)シッケガアイカワラズスゴクテ カラダノスイブンガ ナクナッテイキマス。

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/06 (Fri) 23:14:24

(*´∀`)ノコンバンハ♪


呪サン、スイブン ホキュウ シテェ~!Σ( ̄□ ̄;)





Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/07 (Sat) 06:11:55

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



呪サン、キョウハ エアコン キイタ ヘヤデマタリ デスカ?( ´∀`)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/07 (Sat) 09:48:31

(ー ー;)イヤ レイノアノバショニ イッテキマス

Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/07 (Sat) 14:51:49

(´Д`)ハンブンアオイ・・・オモシロクナクナッテキタ。

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/07 (Sat) 18:23:43

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪


ネタバラシ スルト、リツクント センプウキ ツクルトカ…(^_^;)



キョウ ヤット ワカッタノデスガ、スズメチャン ワタシト オナジトシデス(^_^;)


アッチハ、46ネンノ 7ガツ ウマレナノニ タイシ、ワタシハ 46ネンノ 2ガツノ ハヤウマレ(^_^;)


ガクネンデイウト、ワタシガイッコウエ ニ ナリマス(´・ω・`)





Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/07 (Sat) 20:47:19

オモシロイ スロットヲツクッタリトカ。(^_^;)

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/08 (Sun) 06:08:21

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



シカモ、ウラモノ…(^_^;)




Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/08 (Sun) 22:04:30

(*´∀`)ノコンバンハ♪



スイガイノ ニュース バカリデ…(´Д`)




ムネガイタミマス(´;ω;`)




Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/08 (Sun) 22:30:09

(´;ω;`)ホントデスネー ハヤクツユアケシテホシイデス

Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/09 (Mon) 03:55:01

(O_O)メガサエテ ネムレナイ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/09 (Mon) 06:12:19

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



呪サン、ヒルネヲ シスギタンジャ…(^_^;)






Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/09 (Mon) 17:40:59

(ー ー;)アサハ クロウシマシタヨ- ネムクテ...。

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/09 (Mon) 23:07:02

(*´∀`)ノコンバンハ♪


ソレジャ コンヤハ、ゴユックリ オヤスミ クダサイ( ´∀`)





Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/09 (Mon) 23:33:47

( ´∀`)ハイ オヤスミナサイ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/10 (Tue) 06:12:39

( ´∀`)オハヨウ ゴザイマス♪



呪サン、タイリョク カイフクシテ ネムケモ トレマシタカ~?( ´∀`)




Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/10 (Tue) 21:16:20

キノウハネムレタノデ ネムケモナカッタデス

Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/11 (Wed) 21:55:05

(ー ー;)ヤット ツユアケシマシタ。

トハイッテモ イツモヨリモ ハヤイソウデス( ´∀`)

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/12 (Thu) 07:23:54

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



コチラモ ツユアケ シマシタ~(≧▽≦)♪




サテ、コレカラ アツイノヲ ドウ ノリキロウ…(´-ω-`)




Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/12 (Thu) 22:14:18

(*´∀`)ノコンバンハ♪


ツユアケ シタノニ、オオアメ フッテマス…(・・;)




Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/12 (Thu) 22:40:15

(´Д`)コチラモ アメフッタリ ハレタリ・・・。

マダツユアケ ハヤカッタノデワ

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/13 (Fri) 06:25:50

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



ホント デスネ~(´Д`)



ムシアツクテ(;´д`)




Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/13 (Fri) 23:22:52

(*´∀`)3レンキュウナノデ キョウハヨフカシシマス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/14 (Sat) 06:28:32

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



呪サンモ レンキュウ、イイナァ~(´Д`)




Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/14 (Sat) 22:56:05

(ー ー;)キョウハ ツマラナイ1ニチデシタ。

アシタハ デカケテキマス。

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/15 (Sun) 06:15:03

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪


呪サン、ドコニ イクノカナァ~(*´ω`*)



ネッチュウショウ タイサクハ シッカリト!( *・ω・)ノ




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/15 (Sun) 21:28:27

(´∀`)コンバワハ イマ カゴシマノサウナカラデス

ヒルマハ ヌルヌルシテキマシタ エガッタ-(//∇//)

キョウハ コノママトマッテ アシタハ コウコウヤキュウミマス

ソレデハ オヤスミナサイ(-_-)zzz

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/15 (Sun) 22:46:16

(*´∀`)ノコンバンハ♪



ジュウジツ シタ ヤスミ ミタイデスネ~( ´∀`)




アシタハ ヤキュウ、チャント ミニ イキマスカナ?( -_・)



マエ ミタイニ、メンドクサク ナッタカラ ヤメマシタ~ トカ?(^_^;)



ナンニセヨ、ボウシ・ノミモノ ハ オワスレナク!(´・ω・`)




ネッチュウショウニ ナッチャ イヤヨ…(>д<*)




Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/16 (Mon) 06:08:34

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



レンキュウ サイシュウビ、ユウガニ オスゴシ クダサイ( ´∀`)



カエリミチ、ジコノ ナイヨウニ(´・ω・`)




Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/16 (Mon) 11:33:24

( ´∀`)オハヨウゴザイマス

ヤキュウヲミテタノデスガ アツクテミテラレナイデス(>_<)

ナノデ カエリノフネニ ノッテマス(^^;)

Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/16 (Mon) 19:50:02

(;´д`)チカクノ ネットカフェデ ジカン ツブシテキマス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/16 (Mon) 22:57:35

(*´∀`)ノコンバンハ♪


ヤッパリ アツクテ、ミテルノ ムリ デシタカ…(´・ω・`)



ネカフェ イッタコト ナクテ…(´Д`)





Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/17 (Tue) 06:19:07

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



キョウハ ゴゼンチュウデシゴト オワリナノデ、ウチデアサドラ ミマス( ´∀`)






Re: Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/17 (Tue) 12:20:16

(´ω`)ワタシハ ヒルネヲシテカラミマス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/17 (Tue) 21:37:36

(*´∀`)ノコンバンハ♪



ワタシハ、ミテカラ オヒルネ シマシタ~( ´∀`)





Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/17 (Tue) 22:47:00

(´Д`)ハンブンアオイ テンカイガヨメナイ

テンカイガヨメナイノガ オモシロイノカナ?

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/18 (Wed) 06:21:50

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



ワタシハ シッテイマス( ´∀`)



ネットニ カイテ アッタカラ(≧▽≦)




ヒントハ… センプウキ!(´・ω・`)






Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/18 (Wed) 21:41:01

(*´∀`)ノコンバンハ♪



呪サン、ウチッパナシ イッテ マスカ~?(*´∀`)ノ




Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/18 (Wed) 22:08:59

(´Д`)ムリ アツサト ツカレデ カエッテネマシタ

アシタハカナラズ レンシュウシマス

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/19 (Thu) 22:25:56

(*´∀`)ノコンバンハ♪


オモテデネコチャン タチガ、ウナッテマス…(・・;)





Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/19 (Thu) 23:22:12

(´Д`)キョウモゴルフノ レンシュウ シナカッタ

アシタコソハ・・・。

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/20 (Fri) 06:05:14

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



呪サン アツインダカラ、アマリ ムリ シナイデクダサイ(;´д`)





Re: (のωの)ノ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/20 (Fri) 23:08:35

(;´д`)100キュウウッタラ アセダラダラデシタ

シゴトヨリキツイカモ・・・

Re: (のωの)ノ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/21 (Sat) 06:10:04

(*´∀`)ノオハヨウ ゴザイマス♪



ソレハ ゴクロウサマ デシタm(__)m



ホンバンハ、アシタ?(・・;)





ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/02/01 (Thu) 01:20:37

またおこてる

Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/01 (Sun) 23:28:19

ヤッパリ ヨナカニウンコカニャ?

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/02 (Mon) 06:12:09

( ´∀`)ネコチャン、ゼヒ オネガイ シマス!







Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/02 (Mon) 21:55:09

(´・ω・`)ネコチャン、ミッション コンプリート?








Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/02 (Mon) 23:20:41

イッパイナカマヲツエテキタ

ドーン

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/03 (Tue) 06:09:02

(゜ロ゜)ウワッ、シュウダンデ!!!



パチヤサン、エイギョウ デキル カナァ~(^_^;)




Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/03 (Tue) 20:47:22

(´・ω・`)テンインサンノ オネーチャンガカワイソウ…








Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/03 (Tue) 22:12:20

ニャーン

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/04 (Wed) 06:11:51

(・・;)エッ!



オネーチャンモ ナカマニ イレタノ?(´・ω・`)



オネーチャンモ ゲンカンデ?(゜ロ゜)





Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/04 (Wed) 22:42:15

(´-ω-`)ミタイヨウナ ミタク ナイヨウナ…







Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/04 (Wed) 23:29:04

ワタシノ オネーチャンツレテキタ

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/05 (Thu) 05:52:14

(´Д`)イイナァ~


ワタシノ オネーチャン(´・ω・`)




Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/05 (Thu) 22:43:10

ネーチャン ニゲテッタ

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/06 (Fri) 06:10:47

( ̄▽ ̄;)アラ~



ゲンカンデスルノ、イヤダッタノ デスネ~(´・ω・`)






Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/06 (Fri) 23:06:51

ソウミタイデス。777ノ ノロイサンノイライデ・・・ブリッ

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/06 (Fri) 23:15:57

(´Д`)呪サンニ、ヒッパタカレ ナイヨウニ イワナクチャ








Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/07 (Sat) 06:14:46

(´Д`)777ノ 呪サン、イライ シテマシタネ~



ケイジバン マタグナンテ、フ○テレビノ ドラマ ミタイ…(´・ω・`)






Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/07 (Sat) 18:25:14

(*´∀`)ノオツカレサマ デス♪


ネコチャン、ウンチ イガイノ イヤガラセハ アル?(´・ω・`)





Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/07 (Sat) 20:29:03

テンナイヲ スウヒキデハシリマワッテ パニックニスル

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/08 (Sun) 06:10:25

(*´∇`*)ソレハ オモシロソウ♪


デモ、ツマレテル デダマ ヒックリカエシチャ ダメヨ~(ヾノ・∀・`)





Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/08 (Sun) 22:02:52

(´・ω・`)ネコチャンノ ゴハン、ナンニ シヨッカ?








Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/08 (Sun) 22:36:01

カツドンオミソシルモツケテ

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/09 (Mon) 06:11:01

(´・ω・`)ヨシ!



カツドン・ミソシル ドゾ(´・ω・)っ&@





Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/09 (Mon) 23:02:59

(´・ω・`)サメナイウチニ…







Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/09 (Mon) 23:36:47

&@

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/10 (Tue) 06:10:19

( ´∀`)ヨロコンデモラエテ ヨカター♪







Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/10 (Tue) 21:18:20

ハイ ドゾ

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/12 (Thu) 07:22:11

( ´∀`)ネコチャン、ケーキ アリガトウ♪



イタダキマ~ス(人´∀`)♪




Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/12 (Thu) 22:15:31

( ´∀`)ネコチャン、オシイカッタヨ~♪



アリガトネ(*ゝω・)ノ



Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/12 (Thu) 22:36:56

ホシカッタラ マタモラッテクルヨー

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/13 (Fri) 06:23:57

( ´∀`)アリガトウ♪


キモチダケデイイヨ~(*´ω`*)




Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/13 (Fri) 23:26:04

エンリョシナクテモイイニャー ハイ ドゾ


(´Д`)

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/14 (Sat) 06:25:45

(´Д`)ソンナニ タベタラ…



トウニョウビョウニ ナッチャウ…(´・ω・`)




Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/14 (Sat) 22:59:48

ジャア カワリニニャーガ。

ウニャニャーッ

アー オイシカッタ

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/15 (Sun) 06:16:28

(´・ω・`)ソンナニ タベテ…



ネコチャン ダイジョウブカナ?(;´д`)





Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/15 (Sun) 21:34:16

シバラクケーキハ ミタクナイニャー

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/15 (Sun) 22:41:21

(´Д`)ヤッパリ!



ソンナニ タベルカラ…(´・ω・`)





Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/16 (Mon) 06:06:42

(´・ω・`)ネコチャン オナカ ダイジョウブ?








Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/16 (Mon) 21:55:17

スコシ バテギミニャー

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/16 (Mon) 22:55:15

(´・ω・`)ジャア、ユックリ ヤスマナキャ!







Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/17 (Tue) 06:20:53

(´・ω・`)ネコチャンニ ショウカノ ヨイ モノヲ…



オカユ ドゾ(´・ω・)っ「@」





Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/17 (Tue) 22:12:03

(´・ω・`)ウメボシ イルカナ?






Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/17 (Tue) 22:37:06

ウメボシ チョウダイニャー

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/18 (Wed) 06:19:56

(´・ω・`)ウメボシモ ツケタカラ、チャント タベルンダヨ~



(´・ω・)っ「@」・






Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/18 (Wed) 21:42:06

(´・ω・`)オナカ ナオッタカナ?







Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/18 (Wed) 22:06:58

@・

アンシンスルアジダニャー

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/19 (Thu) 22:46:23

( ´∀`)コンドハ、ミソアジノ オジヤニ スルネ~♪







Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/19 (Thu) 23:19:58

オレイノ スイカ

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/20 (Fri) 06:07:19

w(゜o゜)wアラ ネコチャン!



ワタシガスイカ スキナノ ヨク ワカッタネェ~(〃´ω`〃)





Re: ウニャーッ - 呪◆D21xyrVUPw

2018/07/20 (Fri) 23:06:33

マダマダイッパイ アリマスヨー

コノマエノケーキミタイニ モッテクルカニャ?

Re: ウニャーッ - マッサ◆eEZIbU2v4.

2018/07/21 (Sat) 06:08:30

(´・ω・`)イエ、コレデジュウブン デス…









無料で恋人・セふレが!! - りさ URL

2018/07/20 (Fri) 23:44:02

おすすめですよ




完全無料!出会い系マンション - めい URL

2018/07/20 (Fri) 18:41:17

完全無料の出会い系サイトだけを紹介。
紹介サイト数はなんと!圧巻の100サイト以上。
完全無料なのはもちろん、利用者数や出会えやすさ等を基準に厳しい審査を通ったサイトのみを紹介しています。
ここは日本中の優良出会い系サイトが集結した出会い系サイトのマンションといっても過言ではないでしょう!!

超熟人妻 - コギト

2017/11/21 (Tue) 03:14:46

超熟人妻 ト○ナガゆみさん 再び。
一昨日 嵌めた時の写真です。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/04/11 (Wed) 20:06:57

今日から俺は男子高校生。

夢も希望もないから全然楽しみじゃない。

公立の共学が落ちて私立の男子校へ行く羽目になったのだ。

華も輝きもない男子だけの高校。

ときめきもどきどきもない青春。

悲しすぎて行きたくない。

「っ、なにすん、だっ、てめっ」

入学式に教室へ行くといきなり制服を脱がされた。





「ああっ、可愛い、可愛い、すげーイイっ」

「ひ、ひいっ、う」


全裸で机の上に座らせられている。クラスメイト全員がグルみたいで逃げたくても逃げられない。


「おー、やってんなーお前ら。ちゃんと同意かー?」

「同意でーす」

「あっ、やめ、やめろおっ」


ホームルームが始まると皆俺の身体を弄りながら前を向いた。


「はあ、や」


尿道に棒を入れられ乳首をこりこりと両隣の奴らに揉まれる。尻の穴には変な薬を塗られ奥が痒くなってきた。


「だめだっ…、掻いて、掻いてよおっ」

「あ、引っ掻いたほうがイイ?」

「あっあっちくび、ちくびいい、けどっ」

「そこうるさいぞー先生の話を聞きなさーい」

「ごめんなさっ、あっ!」


尿道の棒を目の前の奴にいじいじされた。棒にも薬が塗られているらしく、本来なら絶対痛いはずなのに気持ちイイ。

堪らなくて腰を揺らすとちゅぽんと棒を抜かれてしまった。


「えっやだやだやだかゆいかゆいぃっ」


ちんこの中が痒くて痒くて仕方ない。

乳首にも同じ薬を塗られ放置されてしまった。


「やだあっぐりぐりしてっ」

「これから移動だって言うからさあ、ほら、ここはぐりぐりしてあげれるよ」

「はああんっ」


疼いて仕方がなかったお尻の穴に後ろにいたクラスメイトの性器が突き刺さった。


「あっあっあっ」


そのまま俺を持ち上げて教室を出ようとするから流石に慌てた。


「だめっ、そと、やっ」

「安心して校庭に行くだけだから」

「やだあ、やだやだやだっ」


ぐんぐんと突かれながら本当に校庭まで連れていかれた。

こんなはしたない格好を見られるし偶にすれ違う人に乳首やちんこをつつかれて焦らされるし最悪。

お尻の刺激でいっぱいいっぱいなはずなのに乳首とちんこの中が痒くて痒くて痒くて掻きたい。


「あ…ぅ…」


校庭でクラスメイトは突っ込んだまま列に並ぶ。

皆に見られているのに、腰を止めたクラスメイトに動いてと強請りたくなる。


「みな、いで…」


沢山の視線が俺に集中した。恥ずかしさで身体が熱くなると痒いところがもっと痒く感じてくる。


「おっぱい突き出して腰揺らしてるのに何言ってんだよ」

「っ!?あ、やだっ」

「やだとか言いながら止めねーじゃねーか」


身体が無意識に動いていた。駄目だ、これじゃ本当に同意みたいだ。


「さっきから精液垂らしっぱなしだし、マジで淫乱だな」

「やだよ、やだやだっ、みな、見ないでっ」

「だったら腰止めてみろよ」

「と、とまんないっ、あっあっ」


頭では止めなきゃと思ってるのに、コントロール不能。そんな俺を皆が校長先生の話を聞かずに見ている。やめてほしい、本当に。


「お前ケツだけで満足なのか?乳首とか、ちんことかは?」

「あっあっあ…」

「乳首を爪でかりかりかりかりかりかりかりかり引っ掻いたり、おちんちんの穴をほじほじほじくり回したり、しなくていいのか?」

「はあっ、あ」


そんなこと言われたらもっと痒くなってしまう。耐えきれず腰を更に激しく揺らしちんこでお尻の中を掻きまくった。


「ひゃああ、あっあっ、かゆいよおっ」

「どこが?」

「ちくびも、おちんちんも、おしりもおっ」

「へー」

「かいてっ、かいてえっ」

「はいはい」


近くにいた二人が一粒ずつ乳首を掻いてきた。


「あああああ…」


待望の快楽に悦んでいる中、不意に下を見るとビデオカメラを構えている生徒に気が付いた。


「え、なっやだあっ、とるなあっ、やだやだやだあっ」


その角度じゃ、結合部も、ちんこも、乳首もまるまる映ってしまうだろう。見られるのも嫌なのに、撮られるなんて。


「やだよお…う、う」

「だからいやいや言いながら腰振るなって」

「ううう…っ」


だめだってわかってるけども、痒さは止められない。

痒いまま長く放置されているちんこはだんだん麻痺してきた。あ、やば。


「あ、やだやだやだやだっ!」

「どうした急に」

「お、おしっこ、おしっこでるっ」

「マジで?」


カメラ男が立ち上がり俺の横へ移動してちんこを至近距離で撮り始めた。


「やだ、とらな、とらないで…っ」

「早く出しちゃえよ」

「あっちくびい…っ」


乳首をくりくりと揉まれると緩んだ穴から尿がたらたら漏れだした。


「あは…あっ」


痒くてたまらなかった中を熱い尿が通ると痛気持ち良くて涙が出た。


「乳首でおしっこ操縦できるぞ」

「あっあっ」


確かに乳首の刺激で排尿の勢いが変わった。すごく恥ずかしくて死にたい。しかもそんな姿もばっちり撮られてるし。


「後で上映会しようぜ」


俺の高校生活早くも終わった。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/04/14 (Sat) 18:17:29

先週から相撲の授業が始まりました。
僕たち2年は金曜日の3時間目が相撲の授業で,2クラス分の男子の32人で一緒に受けます。
2時間目が終わると,みんな急いで武道館に行きました。
休み時間の10分の間に回しを締めなくてはいけないので,すごく忙しかったです。
相撲場の板の間に入るとすぐにみんな制服を脱ぎ,パンツも脱いでフルチンになって回しを締め合いました。
広い板の間も全員が入ると満員電車みたいになりました。
近くにいたS君が僕の回しを締めてくれることになり,2人ともフルチンになって向かい合って回しを広げました。
S君は僕と同じテニス部で一緒に練習していますが,チンコを見たのはその時が初めてだったけど,S君のチンコは大きさも毛も僕と同じくらいだったので僕は安心しました。
S君は慣れた手つきで僕の回しを素早く締めてくれました。
僕がS君の回しを締めている時,すでに回しを締め終わったM君が手伝いに来てくれてなんとかS君の回しも休み時間中に締め終わることができました。





そして回しを締め終わった人から土俵に下りて,体育の先生が来るのを待っていました。
時間になって先生が来ると今日は天気がいいので外で授業をすると言い,相撲場の奥にあるドアを開けてみんな外へ出ました。
僕はお尻丸出しで外に出るのはすごく恥ずかしかったけど,他のみんなは全然気にしていないようでした。
武道館の前で整列したあと体を動かせるくらいに広がって準備運動が始まりました。
それから,そんきょと構えの練習をしました。
構えは四つんばいになった姿勢で前を見てじっとしているのですが,姿勢が悪い人は先生が回ってきて直されます。
3分ぐらい構えの姿勢のままでいるので,腕と足が疲れてきてガクガクし始めました。
僕の目の前には構えの姿勢をしているA君の大きなお尻があります。
A君のお尻を見ながら,構えの姿勢のままで我慢していました。
先生から終わりの掛け声があって立ち上がったときは,少しめまいがしました。
次は全員で四股とすり足の練習をして,初日の授業は早めに終わりました。
並んで礼をして相撲場の中に戻るとみんな一斉に回しを外し始めました。
外した回しをたたんで板の間の上に置き,フルチンのままシャワー室に歩いて行きました。
シャワーは6個しかないので,前の人が終わるまで並んで待つことになっています。
みんなフルチンで並んでいて誰もチンコを隠していないので,ほとんどの人のチンコを見ることができました。
チンコの大きさや色はみんなバラバラで,まだ毛が生えていない人も4人ぐらいいました。
チンコが大きな人は10センチぐらいありましたが,みんなまだ包茎のチンコでした。
前の学校では他の人のチンコを見ることなどなかったので僕にとってはおどろきでしたが,他の人はあたりまえみたいに普通に話をしながら順番を待っていました。 
後ろから肩をたたかれて振り返ると,同じテニス部で隣のクラスにいるG君がいました。
G君は僕に国語の教科書を忘れたので5時間目に貸してくれと,チンコ丸出しのまま話し掛けてきました。
G君は僕より背が低いけど,部活の着替えの時にパンツの前が大きくふくらんでいるので気になっていました。
G君のチンコも初めて見ましたが,毛はまだ少なかったけど僕のチンコよりずっと大きくて特にチンコの先っぽがすごく大きくなっていました。
G君はチンコの毛が生えている所を手でいじりながら,僕にいろいろ話し掛けてきましたが,僕はG君のチンコが気になって仕方ありませんでした。
G君が話をするたびに,G君のチンコは大きく揺れていました。
僕の順番がきてシャワー室に入り体を洗っていると,僕の横にG君が来ました。
G君は石けんの付いたスポンジで僕の背中を洗ってくれたので,僕もお返しにG君の背中を洗ってあげました。
背中は手が届かないので,お互いに洗いっこをすることになっているようです。
G君は最後に石けんで自分のチンコを洗いましたが,いきなりチンコの皮をむいて亀頭を出して洗っていたので,僕はまたビックリしてしまいました。
G君の亀頭は赤に近いピンク色をしていて,亀頭を洗い終わって皮を元に戻した時はさらに大きくなって13センチぐらいあるように見えました。
シャワーを浴び終わってシャワー室の出口の所に掛けておいた自分のタオルで体をふいてから,相撲場の板の間の所に戻りました。
制服を着て回しを片付けていると,4時間目に相撲の授業をやる1年生たちが新しい回しを持って集まりはじめました。
1年生は今日が初めての相撲の授業で,回しの締め方は僕たち2年生が教えることになっているようです。
1年生の回しは前の体育の授業の時に4つ折りにしておいたようで,それを巻いて持ってきていました。
出席番号順に1年と2年から2人ずつの4人で1組になり,回しの締め方を教えることになって,僕と同じ組になったのはS君と,テニス部とサッカー部の1年生でした。
最初に先生からパンツも脱いで素っ裸になるように言われた1年生たちは,みんなでキャーキャー騒いで,いきなり先生に怒られていました。
先生に早く脱ぐように言われ1年生たちはしぶしぶ制服を脱ぎ始めましたが,パンツ1枚になったところでみんな回りの様子を見ながらモジモジしています。
それでも2年生たちに早く脱ぐように言われ,あきらめたように次々とパンツを脱ぎ始めました。
僕と同じ組の2人もパンツを脱いで前かがみになって素早く両手でチンコを隠し,なぜかゲラゲラ笑っています。
最初にS君がテニス部の1年生に回しを締めながら,締め方を教えることになりました。
その子は身長が150センチぐらいありますが,チンコを隠している手をどかせるとちょっぴり毛が生えたチンコが出てきました。
長さが6センチぐらいで,まだ真っ白いチンコでした。
恥ずかしそうに顔を真っ赤にしたその子の股間に回しを通して,もう1人のサッカー部の1年に手伝わせながら回しを締めていきました。
お尻の割れ目に回しを当ててぐっと上に持ち上げた時「うっ」と声を出して痛がっていました。
サッカー部の子のチンコは少し黒っぽい色をしていて,根元の方に細い毛が生えていました。
亀頭もだいぶふくらんでいたので,もうオナニーもやっているなと思いました。
2人の回しを締め終わった後もう1回ほどいて,今度は1年生同士で締め合いをさせました。
1度チンコを見せて慣れたのか,2度目は回しを締める方の子もチンコをブラブラさせながら平気な顔で回しを締める練習をしていました。
放課後の部活で一緒になったテニス部の後輩に話を聞いてみると,中学に行くと相撲の授業があるのは知っていたので覚悟していたけど,最初にパンツを脱ぐ時はすごく恥ずかしかったと言っていました。
回しを締めた後でもお尻は丸出しになっているので相撲は恥ずかしいと言っていたので,それもすぐに慣れるよと答えておきましたが,僕自身もまだ回しを締めるのはすごく恥ずかしいです。
秋には校内相撲大会もあるみたいです。
男子全員が出場してクラス対抗と個人戦で相撲を取るそうです。
女子も応援するようなので,女子にまでお尻を見られると思うと今からすごく恥ずかしいです

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/04/15 (Sun) 18:20:44

俺「やあ」
少年「こんにちは」
ここで少年のルックスを。
少年のルックスは今日初めて知った。
この前はオドオドしてて、うつむいてたから正面から見たことがなかったんだけど、けっこうカッコカワイイ感じだ。
綺麗な二重のパッチリした目元や、口が小池徹平に似てる。
黒髪で下ろしてる所を見ると、ウォーターボーイズに出てた頃の小池徹平みたいな人懐っこそうな顔つき。
っていっても、少し不安そうなところはある。
制服は乱したように着てて、ネクタイをゆるめてて、シャツも少し出てる。
ズボンは腰履きではないけど、ダラっとしてる。
俺「ところでこの前あんなところでヌくほど溜まってたのか?」
少年「ぇ、ヌく?溜まるって?」
俺「え?ヌくってのはオナニーでイクことで、溜まるってのは・・・」
少年「・・・へぇ・・・」
俺「そんなにオナニーしたかったの?」
少年「・・・はい・・・」
俺「ってか君何歳?何年生?」
少年「17歳の高校2年生です」
俺と2つしか違わない17歳なのに、あまりエロは知らないようだ。
俺「今日は学校とか平気なの?」
少年「学校は・・・ちょっと行きたくないんです・・・」
俺「そうか・・」
少年「あの・・・このまえのこと、黙っててくれるんですよね?」
やっぱり少年は不安そうだった。
俺「うん」
少年「よかった・・」
ちょっと嬉しそうに笑ってた。
俺「ただ、条件がある。君のオナニー見てみたいなぁ」
強引だし、変に思われるかと思ったがつい言ってしまった。
少年「へっ、そんなことで黙っててもらえるんですか?」
俺「うん・・まぁ。見せてくれるの?」
少年「は、はい。黙っててもらえるなら・・・」
少年は口止めして欲しいことに必死なようだった。
俺「君、いつからオナニーしてるの?いつもしたくなったら学校サボったり
してるわけじゃないよね?」
少年「オナニーは2ヶ月くらい前に覚えたばっかりなんです。
   今まで知らなくて・・・。
   それでやってみたら気持ちよくて、何もかも忘れられそうで・・・」
俺「それまで射精したことなかったの!?」
少年「あの白い液、夢精とかならあったんですけど、いまいち分からなくて・・・」
俺「なんで知ったの?」
少年「僕、成績が悪くて親が家庭教師の先生頼んだんです。
   その時に教えてもらって。
   その日の夜に初めてしたんです・・・」
俺「家庭教師の先生、そんなことも教えるんだ。(笑)」
少年「あ、夢精したパンツ隠してたの見つかっちゃって・・・。」
とまあ、少年はまだ幼いって言うか、なんと言うか・・・。
最近の子では珍しい性の遅咲きだったらしい。!!

この流れでトイレの個室に入った。
個室は暗い。
だから、よく見えるように、個室にある窓を開けた。
壊れかかっててなかなか開かなかったけど、二人で協力して開けた。
ホコリを立てて開いた窓から要約明かりが入って、見えやすくなった。
では早速ってことで少年に始めるように言った。
少年は制服のズボンのファスナーを開けて竿と玉を出した。
チラッと見えたのはトランクスだったと思う。
玉は小さからず大きからず。
竿は手で握った感じから見ると、勃起前は5~6cmっぽかった。
細かったけど、長さは長い。
皮がスッポリ被ってて先に0.5ミリほど余ってた。
なかなか勃起しなかったから、ずっと揉んだり目をつぶったりしてた。
時間がかかったがムクムク勃起してた。
勃起して見た大きさにビックリした。
見た感じでも大きかったんで、俺が持ってた事務用に使ってる定規で測らせてもらった。
完全勃起時の大きさは、17.3cm。
今でも覚えてる、太くなかったが驚異的な大きさだった。
いや普通なら「へぇ」って感じなのだが、童顔の可愛さから比べると違いが怖いほど。
俺「大きいんだね」
少年「そうなんですか?他の人の見たことないから・・・」
俺「誰のも?」
少年「はい。父親もいないし、学校でもそういう話ないから」
俺はさっきから悪いことばっかり聞いてる気がする・・。
俺「じゃオナニー初めてよ」
ん?今気づいたのだが、この少年は勃起してても皮が剥けてない。
俺「皮は?」
少年「皮?なんですか?」
俺「包茎なの?」
少年「包茎って何ですか?」
本当に何も知識のない少年だ。
俺「普通ならこう剥けるんだよ」
「普通」って言葉が合うか分からないが、俺は自分のチンコを見せてしまった。
少年から比べるとたいしたことなく思えるんだが、剥いて見せた。
少年は、かなり驚いていた。
俺のがどうってんじゃなくて、きっと剥けることに驚いてたのかと思う。
俺は少年のを触らせてもらって剥くことにした。
しかし、剥けない。
いわゆる「真性包茎」なんじゃないんだろうか?
俺は剥いてあげたかったけど、もし痛めてしまったら・・と考えてしまって
やめた。
少年「大丈夫なんですか?病気ですか?」
俺「なんともないけど、あれなら病院で剥いてもらったほうがいいと思うよ。
  自分でも剥けるけど、君の知識じゃ大変そうだし」
少年「ぇ、病院ですか?」
俺「うん」
少年「でも、どこの病院いいかわからないし、いつも行ってる所でもあれだし・・・」
俺「じゃ、俺行ってる所に一緒に来る?今度」
少年「え?でも・・・」
俺「そのままじゃ成長の妨げになるし、手術までは行かないように言うから」
その病院って言うのが、俺の知ってる先輩の家の病院だった。
が、しかし、そこの院長の性格なら大事にしそうだって思ったから、もし行
くとなればその先輩に見てもらえるように頼みたいと思う。
いまだ行ってないが、少年は早く剥きたいらしい。
俺「ま、そのときまで待つことにして、今日はいつも通りオナニーしてみて
よ」
少年「はい、分かりました。じゃ今度お願いします」
ちょっと心配そうだったせいか、勃起はちょっと弱くなっていた。
がしかし、またオナニーしだしたら勃起し始めた。
ここでこの前に聞こえて来た「ぅっ・・・へぇっ・・・」っていう息遣いが
聞こえた。
やっぱりあの時のままだ。
だんだん体をくねらせて、トイレの壁に寄りかかったりしてた。
手を早く動かしてピストンしているんだが、包茎だからかどことなくやりづらそうに見えた。
そのうちに皮の方から我慢汁が溢れてて、手にもくっついていた。
俺「イキそうなら、これに出しな」
俺は持ってた自分のポケットティッシュをあげた。
理由は、トイレットペーパーがなくてってこと。
少年は息を荒くしながらも、オナニーしていて、それでもまだイキそうになかった。
俺はいつイってもいいように、ティッシュを広げて待ってた。
少年は相変わらずにピストンを続けていて、余った先の皮の方では我慢汁が
ベタベタに光ってた。
ちょっと暗い場所だったせいか余計に照っていた。
少年「あ、出ます」
そういうと俺の広げてた紙に対してビュッって1回出したんだ。
けど、そこも包茎のせいか発射したものの勢いが物足りなかった。
少年「すみません・・・」
なぜか謝られた。
俺「謝る必要ないよ」
まだ勃起してた。
手で持ってなくても、イった後なのに、先っぽに残ったザーメンを付けながらも、上反りにいきり起っている。
が、それも少しの間ですぐに収まった。
勃起してなくても長さは魅力的だった。
先にちょっとザーメンをくっつけたまま、しまったけど、拭かなくて良かったんだろうか?って思ったんだ。
俺「じゃこれ捨ててくるから、君は手荒ってたりしてて」
俺は少年が出したザーメンティッシュを捨ててくると言って、公園にあるゴミ箱の方へ向かった。
しかし、そこで捨てずにこっそりと持ってたナイロン袋にしまった。
何も知らない少年が俺のほうへ来た。
少年「今日のことも黙っててくれますよね?」
俺「うん」
少年「それと・・・今日は帰るんですけど、今度なんとかっていう病気のこと教えてください」
俺「病気?ああ包茎?うん、心配しなくていいよ。子供のときなら皆ああだし、風呂でチンチン洗ってたら大丈夫だから」
少年「・・・よかったです・・・」
俺「今日はもう帰るの?」
少年「はい・・」
それでその日は別れた。
俺はバイトへ。
少年は学校ではなく家へ。

今もメールはしてるけど、予定が一致しなくて包茎の件はそのままなんだ。
けど、そのうち解決してあげたいと思う。
でもなんで少年が学校早退してばかりなのか、理由は分からない。
それと、少年は俺がコッチってのは分からないらしい。
性に関して無知識だからだろうか?

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/04/16 (Mon) 20:17:55

「なぁ、これって入るかな?」
いつもの公衆トイレで友達とやろうとした時、彼は自分にあるものを差し出した。
それは、オレンジ色の大小様々なスーパーボールだった。

一番小さなものは人差し指の先ほど、大きいものでは彼のペニスの二倍近かった。
「これを順に入れていけば、全部入るかもよ」
彼の持ってきたボールを見ながら、正直無理な気と試したい気が半々だった。
「何でこんなの思いついたの」
「これ見たからさ。出来そうじゃん」
彼が見せたのは落ちていたSM雑誌の一部だった。





そこには、女性が縛られた姿であそこからピンポン玉を産んでいる姿があった。
「ピンポン玉よりは小さいし、少しずつやるから大丈夫」
「マジでやるの?」
疑りながらもズボンとパンツを脱いで、前のように便器に両手をついて尻を突き出した。
友達は手慣れた様子でアナルを舌で解しながら、こっちのペニスを扱いて先走り汁を集めた。
「そろそろ入るかも」
友達は手に集めた汁を一番小さいボールに塗って、そっとアナルに押し込んだ。
ボールは何の抵抗もなく穴の中に吸い込まれ、自分の中でも出来る気がしてきた。
「次、入れてもいいよ?」
「ういよ」
また同じように、今度は少し穴を拡げられる抵抗を感じながら、2つ、3つと押し込まれた。
中に入れられる量が一度限界になったのか、一旦取り出すことにした。
「ねぇねぇ、さっきの雑誌みたいにさ、そのままの格好で出してみて」
トイレの隅で出そうとしたら、雑誌を示しながらリクエストされた。
少し恥ずかしい気がしたが、それに答えることにした。
さっきより少し腰を突き上げるような形で構えてお腹に力を入れると、中でボールが動くのがわかった。
「出てきた出てきた。おぉ!」
ボールは穴の近くに来ると一気に加速して飛び出し、その都度友達が歓声を挙げてボールは床に跳ねた。
これを繰り返されるうちに、だんだん入るボールが大きくなって、ニ番目に大きいボールが五つまで入るようになった。
「あのさ、一回目を閉じて腕を後ろに組んでみて」
ボールが出入りする感触が気持ち良くなってきた自分は、何の気なしに言われたままにした。
すると組んだ手にビニール紐がかけられ、縛られてしまった。
「ちょっと待て。何する気?」
「頼む!この雑誌の真似させてくれ!」
彼が示したページには、椅子に座らされた女性がM字開脚で縛られてアソコにバイブを突っ込まれていた。
「ヤバかったらすぐに辞めるからさ」
「まぁ、いいよ。やってみようよ」
後ろ手に縛られたまま同意すると、自分は便器に座らされて足を持ち上げられて、両脇の手摺りに縛り付けられた。
足を大きく持ち上げたこの姿勢は、アナルが開きやすいうえにペニスもアナルも曝け出す姿で、恥ずかしかった。
「うっわぁ、エロいなぁ。お尻の周りとかぐちゃぐちゃで雑誌のより凄いよ」
彼はそう言いながら拡がったアナルに指を入れて拡がり具合を確かめると、残っていた一番大きいボールと、同じくらいのピンポン玉を幾つか取り出した。
「行くよ。一番大きいのが入ったら、ピンポン玉もやってみようよ」
彼は自分に断る暇を与えず、ボールをアナルに押し当てた。
拡がったとはいえ、まだ狭いアナルがこじ開けられる。
アナルが勝手に動く鈍い痛みに耐えること数分、遂にボールが中に吸い込まれた。
大きなボールは中でしっかり存在感を感じた。卵を抱えているような気持ちだった。
「すげーよ!ちゅるんと入ったぞ!うっわぁ、お尻の穴も開いてぐじゅぐじゅだし」
興奮した彼はそう言うと、ピンポン玉を取り出して更にアナルに押し込み始めた。
ボールとは違う硬質な感触を体内に感じながら、拡がり切ったアナルは3つのピンポン玉を飲み込んだ。
最後の一つはアナルを内側から押し上げ、今にも飛び出しそうだったので一度出そうとした、その時だった。
彼はいきなり新しいビニール紐で腰を縛ると、そこから股に縄を架けてアナルを塞ぐように縛り付けた。
「ちょ、ちょっと!出させてよ!」
「出したかったら卵産ませてくださいってお願いしろよ。このいやらしい穴にチンポ下さいって言ってみろ」
完璧に雑誌の真似だったが、流石にそれはいやだった。
「いやマジで?ちょっとやだな」
「じゃあ仕方ない。そのまま頑張りな」
そう言うと彼はトイレを出ていく素振りを見せたので、慌てて呼び止めた。
「わかった!言う、言うから!だから待って」
正直ピンポン玉は穴から顔を出していたが、紐に押さえられていて中に戻されてかなり苦しかった。
「ちゃんと言う?」
「うん」
「じゃあね、さっき言うこと聞かなかったからこれもしてもらうよ」
縛られた自分に近づくと、彼はズボンを下ろしてペニスを口元に差し出した。
例の雑誌では、自分と同じ姿勢の女性が男のペニスを舐めていた。
「ほら、早く!言ってから舐めてよ」
まだ皮が剥け切らない彼のチンポにはカスがたまっていたが、他に道はなかった。
「お願いします、卵産ませて下さい。いやらしいこの尻穴にチンポを恵んでください」
「じゃあまずは、俺のチンポを舐めてもらおうか」
「はい」
満足したらしい彼は自分にまたがると、開けた口にペニスを押し込んできた。
イカみたいな匂いがしたが、腰を大きく前後に動かされたので自然に舐めていた。
「お願・・・・・・お腹・・・・・・」
「わかった」
苦し紛れにそれだけ言うと彼は口からペニスを引き抜き、自分から下りてアナルが見える位置に移ると腰の紐を解き始めた。
「ほら、産むところ見せてみなよ」
股紐がなくなった瞬間、ピンポン玉がぽろぽろと吹き出して床でカツカツと跳ねる音が聞こえた。少し遅れて、ゆっくりとボールが中を押し拡げながら最後に産まれてきた。
床に落ちたボールは全部、汁でぐちゃぐちゃになっていた。
「うっわぁ、すっげぇエロすぎ!本よりマジエロいなぁ。お尻なんかどろどろに濡れて口開きっぱなしだよ」
産卵ショウを堪能した彼は、アナルにペニスを近付けても入れないで何かを考え始めた。
そしてこっちを見て、笑いながらこう言った。
「最後に、このいやらしい尻穴に真っ白なチンポ汁を出してくださいってエロく言ってみて」
自分は彼の言うとおりに答えていた。
「このいやらしい卵産みの尻穴に、どうか沢山白い精液どぷどぷ出してください」
腰をくねらせながらそう言うと、満足したのか彼は凄い勢いでアナルにペニスをたたき込んでピストンを始めた。
開き切った穴の中でペニスは自由に暴れてかき回すので、汁があわ立ってぐちゅぐちゅと音を立てた。
しかも彼はピストンしながらこっちの先走り汁が溢れてぬるぬるになったペニスも扱いてくれたので、イクのは殆ど一緒だった。
彼が一番深い位置で腰を止めると、中で熱い何かがびたびたと流れ込むのがわかった。
そしてぬるぬるで扱かれたペニスからは、自分の精液が顔に目がけて吹き出した。
あまりの勢いで、自分はまるで二人にやられたみたいだった。
彼がペニスを引き抜くと、汁が糸を引いた後に続くように、中出しされた精液が溢れて流れだした感触がアナルの辺りで感じた。
「最後にこれ言ってよこれ」
彼は雑誌の一部を自分に指差して見せたので、その通りにした。
「もっといっぱい、ざーめんください」

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/04/21 (Sat) 08:58:49

やがて自分から指を指し、ズボンの上から下村にチンポを揉まれる日々が続いた。
あぁ、惹き付けられると言いながら、下村の座ってる場所に行き、下村にチンポを揉まれる。
それが快楽である事は、意識しなくても分かっていたのだろう。

何がきっかけなのかは覚えていないが、授業中に関わらず、下村の手を突き、チンポを出すようになったのだ。
ハッキリと覚えているのは、完全に勃起してたという事。
数回それが続き、下村は自分が勃起したチンポを出した時に待たせて、隣の席の同じ班の山本英之を突き、山本英之はニヤっと笑ったのだった。

放課後に下村にトイレに来て、尻も見せると言ってトイレの扉を開き、個室の直前で、俺帰るわと言って、それから自然消滅した形になった。

他の男のチンポ、小4になると障がい児学級の藤村和雄の存在が大きくなってきた。
ある一定の強さを持つ同級生に、ずぼーん脱いでシャッ、ぱーんつ脱いでっしゃっ、パジャマでお邪魔と言う当時の教育テレビの替え歌で、本当に脱ぐようになっていた。

トイレであり、その時は嫌悪感すら抱いていた。

が、それが小5になり、水泳大会で同学年全員が体育館に集まる中、教壇の左手で藤村和雄は水泳パンツを下ろしたのだった。

それを視た3組の超美形の女性担任が、こらぁっと言っていた。
しかし笑ってたよなと、男子連中がひそひそと噂する時間が1か月近くあった。

2組の男性教諭と付き合ってる。我が4組の男性教諭は振られたとか好き勝手言っていた。

そして今年最後の水泳の授業、4年までは男女で教室で着替えていたのが、5年からは男子は狭くて暗いあまり使われていない体育館裏の更衣室で着替えていた。
目の前には毛嫌いしていた藤村和雄が何の躊躇もなく水泳パンツを下ろし、自分の目の前にチンポがあった。
勃起していていないにも関わらず、13センチと言われた少し剥け始めたデカマラがあった。
あぁっしゃぶりたい!!!

一瞬そう思い、首を振って邪念を払った。
今でもハッキリと覚えている。デカマラに平伏し奉仕したいと思うようになったという事を。

が、その内、3組の女性教諭は藤村和雄のチンポをしゃぶったとか根拠のない噂が広がり始めていた。
誰が見たわけでもない。2組の教師との婚約が囁かれ始めた頃だった。

一緒に居たのを女性生徒が見て、それを男子のクラスメイトに話して、それが脚色されていったとみんな思っていた。

でも自分だけは知っていた。今は言えないが自分も常に放課後には校舎内に留まっていたからである。
忘れ物をしたと廊下の端にランドセルを置き、音を立てないように自分の教室に入ろうとした。
が、3組から声がするのだ。

モデル体型の磯村先生はほぼ全裸状態、そして藤村和雄の股間に顔を埋めて行っていた。

「だめ、ダメなのよ。」

そう言いながら、確かに和雄のチンポを舐め、そして喉奥に何度も何度も自ら突き刺して行っていた。

2組の男子教諭は162センチ、磯村先生は168センチと言われ、2組の男子教諭は自分の1、2年のクラスメイトだった男よりも10センチは低かった。

が、和雄も165センチあり、体型は立派であった。

今考えれば男子教諭のチンポが物足らないのかも知れない。
で、あの巨根を小学5年にして持っている和雄に目を付けたのかも知れない。

やがて和雄のチンポの先から何か出るのが分かった。
性的にエロへの興味は人よりあったのだが、それが何かは分からなかった。

「もう和雄君、こんなに出して。濃いわ~でも美味しい。」

と、顔に飛び散ったそれを手で拭っては舐めていた。

見てはいけない物を見てしまった。が、それはよりエスカレートし、やがて磯村は和雄のチンポを膣に受け入れるようになっていた。

「今日は大丈夫、大丈夫なの~!!!」

小学校5年の知能指数70程度で会話も出来ないレベルなのに。

和雄も遠慮なく磯村の胸を揉み倒していた。

3学期になり、回数は減っていた。何故なら磯村のお腹には子供が居たからである。

自分だけは知っていた。2組の白子先生の子供ではない。結婚式をクリスマスに挙げた後も、本当は藤村って名字なの~と言いながら、和雄のデカマラに跨り胎内に出し続けていたのだから。

超美形の教師磯村は、障がい児学級の小5の子供を宿し、同学年の教師と結婚し、教師を辞めた。
和雄の仮性包茎はこの時点で剥けマラへと変貌を遂げていた。

この時は常にマゾ体質の自分が表面化していた訳ではなかった。
ただ隠された物語は後々語るとして、先に進む。

そして踏み出してはならない1歩を踏み出す時がやってきた。

後術するが、忌まわしき中2時代が過ぎ、ついに受験生と呼ばれる中学3年生になった。
ブラスバンド部の夏の大会で県の金賞を獲り、2校しか選ばれない代表になり次なる地方大会に出て半年。
3年生が卒業し、連覇への重圧が襲って来る筈だが、それは他の同級生だけであった。
興味が薄い以前に決して知られてはならない事をやっていたからである。

2年の時のクラスメイトである小林に虐められていたが、2年途中で転校して来た小林と仲良くなった福永にパシリ扱いされていた。

そんなある日、ロングトーンを渡り廊下で毎日の恒例として行っていた時にこの二人がやって来たのだ。
軽く弄られる自分がそこに居た。
「金太郎、もっと音を出してみろよ!」
「もう、いい加減にしてよ。」
150センチ100kg近い巨体の2年の後輩がそこに居た。
しばらくすると、小林が言った。
「おい◯◯、ペンチ持って来い!今から職員室に行って来い!」
パシリ扱いされる自分を後輩である野間弘文は視ていた。
部活顧問の新卒3年目の女教師が、何に使うの?と小林に迫ると苦笑いをして、ま、ええやんとかやり合っている。
その時に後輩である野間が口を開いた。
「先輩、虐められてるんですか?」
「まさか、な訳ないやろ。」
と答えるつもりだった。
虐めという言葉に反応したのか、とんでもない事を口走ってしまう。
「うん、野間も虐めてくれるか。」
言ってハッとなった。
「わ、忘れてくれ。」
野間の目の奥がキラッと光るのを動揺から見落としていた。
それから何も無かった。夏の大会が終わる迄は。
結果は金賞にも及ばない銀賞。春のアンサンブルから女子の木管が金賞を獲った以外は、銀賞ばかりであった。

その次の日、部長選挙があった。3人居た2年の男子の中から、野間が部長に選ばれた。
これで体育祭や文化祭の助っ人を除けば3年は完全に部から卒業となる。
塾通いを決めていた自分は、楽器を持つ事はもはやない。
後は、楽譜等の整理に1日来るかどうかだった。
他の3年部員と重ならない日を選んで、楽譜を取りに8月も終わる頃、正午前に部を訪れた。
「先輩!」
野間が呼ぶ声がした。
「何や?」
先輩らしく振る舞おうとする。しかし5月始めのあの頃の記憶が強烈に思い起こされる。
「ちょっと、6組まで来て下さいよ。」
躊躇する自分が居た。3階の6組、2年6組の教室に呼ばれたのだ。
6組までがパート練習で使われる教室。でももう誰も居ない6組。
午前で終わりで、音楽準備室の鍵も掛け終わって部長である野間が職員室に行くのみになっていたその時だった。
「◯◯君、野間君、早く出なさい。」
部の顧問女性教師がやって来て言う。指揮者である男性教師は今日は休みであった。
「はい、先生。」
野間は言う。しかし小声で、6組へと指図するのだ。
ま、最後やしええかと、出たフリをして6組に戻った。
お、ここが野間の席だな。何だろなと。
「先輩!」
「お、出たフリをして来たのか?」
「そうですよ、先輩。」
「で、用事は何や、野間?」
精一杯先輩面をして虚勢を張ってみせる。
相手は小林や福永とタメ口を利き、全く動じない金太郎と呼ばれる後輩なのだ。
「先輩、前に虐めてって言ってましたよね。」
「あっ、あぁ、忘れてくれ。」
「そうは行かないんですよ、先輩。」
「えっ?」
「虐めてあげますよ、先輩。」
「な、何を言うんや、野間。」
野間は自分の席にどっかりと腰を下ろす。
「虐めて欲しいんでしょ、先輩。」
「あ、あほな。」
「さぁ、先輩。どうするんです?」
「どうもこうも無いやろ。帰るぞ。」
「先輩、脱いで下さいよ。」
「はっ?」
「虐めて欲しいんでしょ。後輩の俺に。」
「どうしたんや、野間。」
「夜にここで裸になるのが好きなんでしょ。」
言葉は柔らかくても、内容は脅迫だった。
「視たんですよ、先輩が校舎の周りを裸で1周するのを。」
「ははは、見間違いやって。」
「へ~それなら何で、中庭で先輩が自分の名前を言いながら植村先輩に謝ってるんですかね。」
沈黙が支配する。沈黙したと言う事は認めたと言う事・・・。否定すれば良いだけであった。でも・・・。
「さぁ、先輩。全部脱いで裸を見せて下さい。」
夏の閉め切った教室。巨デブの野間は滝の様な汗を流している。特有の汗の臭いが充満する。
口の中がカラカラだ。後輩に後輩の教室で命令されて裸になろうとしている先輩。
カッターシャツのボタンを外す手が震える。上半身が露になる。
「さ、下ですよ。」
上履きを脱ぎ、靴下も脱ぐ。ズボンに手を掛けるが、先に進まない。
「先輩、虐めて欲しいんですよね?」
ベルトを外し、ズボンが一気に床に落ちる。
「鞄に入れて下さい。」
白ブリーフ1枚になった先輩がそこに居た。
「どうします、脱がしますか?それとも自分で脱ぎますか?」
また沈黙が続く。
「虐めて欲しいんですよね?先輩。言ってる事、言う事判りますよね?」
「・・・。」
「分かってますか?本当に、ね~先輩。」
先輩とは名ばかり。分かっていてやっている野間だった。
「野間様。虐めて下さい。」

白ブリーフが床にスト~ンと落ちた。いや堕ちたと言うべきだろう。
後輩の教室で、後輩の座席の前で、後輩の目の前で、先輩である自分は全裸になったのだった。
「先輩、前を隠さないでちゃんと見せて下さいよ。露出狂なんですよね、先輩は。」
中2の後輩に命じられ、無毛の包茎チンポを見て貰ったのだ。
「虐めて欲しかったんでしょ、先輩。」
頷くのが精一杯だった。
「もうこれは要らないですよね、僕の前では。」
野間は立ち上がり鞄に白ブリーフを入れると、廊下に出して鍵を閉めてしまった。
「さぁ、何をして貰いましょうか。時間はたっぷりあるんですよ。」
まさに究極の虐め。これが性的虐めであった。
「先輩って、植村先輩が好きなんですよね?」
まさに最愛の男性であり、野間の吹くチューバの先輩でもあったのだ。
「僕に虐められるのって、どうですか?植村先輩との関係考えると、良いでしょ。」
もうムイの名前は出さないで!!!
野間は容赦なく両乳首を抓り上げていく。
マゾの身体はそれに敏感に反応するのだ。
「あれっ、どうしたんですか?こんなに包茎チンポ立てちゃって。」
「あぁあっ!!!!!!」
野間に包茎チンポを触れられた瞬間、射精してしまった。
「誰が出せと言った、この変態がっ!!!」
「ごめんなさい。」
理不尽な仕打ちに謝る必要性が皆無なのに後輩に謝罪せねばならぬ苦痛。
「先輩、まだ終わらないんですよ。分かりますよね。」
射精後の凌辱・・・最も堪える屈辱。野間は分かり切っていた。
先輩を性的に虐めて堕とす。野間の股間がはち切れそうになっていた。
「でもまぁ、ここまでですね。」
意味深な事を言う。
「良いですよ、もう。この事も誰にも言いませんから。」
拍子抜けした。何故だろう、ここで終わらせるのは。この先は?
「どうしたんですか、先輩。もっと虐めて欲しいんですか?」
うんと言えば、野間の汗臭いチンポをくわえることになるだろう。
しかし射精した後である。する前だったら虐めてと懇願していただろう。
廊下に落ちている鞄から服を出して着ようとする。
「待って下さい、先輩。」
野間が後ろから言う。
「四つん這いになって、ケツの穴を見せて下さい。気が変わりました。」
「はい。」
続け様の屈辱、凌辱行為を待ち焦がれるかの様に命令通りに従う。
野間は後ろで聞こえるか聞こえない声でブツブツ言っている。
「あぁっ!!!」
野間が両手で尻の肉を開いて、肛門の奥深くまで覗いているのが分かる。
「もう少しやな。」
小声で囁く程度の音だけ聞き取れた。
「さ、良いですよ。」
パチーンと軽く尻をヒッパ叩かれる。
何事も無かったように服を着て、外に出た。
閉め切った教室の暑さでデブ特有の大量の汗をかいた野間の臭いから解放された。

超熟人妻 - コギト

2018/04/27 (Fri) 02:14:48

ゆみさんと4月になってから、なかなか 会えないので、過去画像ですが、元・年上妻(内縁で性妻)の宝子の写真 貼ります。彼女も知り合った時は、他人妻でした。

超熟人妻 宝子 - コギト

2018/04/30 (Mon) 02:49:09

前の写真はキッチンで脱がせて撮りました。その続き。キッチンでのフェラです。
まだ 前の旦那と離婚成立せず、別居して 私と半分同棲状態の時。私の精液で妊娠し、堕胎しました。
人妻を 孕ませて 堕胎させて…鬼畜みたいな関係でしたが、むしろ 二人は燃え上がり…。後々まで彼女は「産みたかった」と言ってました。子供の籍は 前の旦那の籍になるから無理でしたが、彼女は構わない と。
なお、彼女とマンネリになり、刺激求め浮気させまくったら、他人棒で妊娠し(というか、誰のタネか分からないので)堕胎。旦那と離婚成立後 色々あって また他人妻になりましたが、私とは セックス続け 不倫愛を続けてきたんで、今も?性妻の積もりです。

Re: 超熟人妻 宝子 - コギト

2018/05/01 (Tue) 02:04:44

続けて、宝子のフェラです。私も若くて チンポ 今より 逞しく?立ってます。人並みに?
ですが 元より もっと逞しいチンポは 世の中に沢山あり、彼女は 浮気しまくった時に「貴方より、大きなチンポ、沢山あるのよ!あたし、びっくりした。」(前の旦那も、それほどなデカさでなかった様です。) とか
色々なチンポと、やった後に 私のチンポ くわえる前に「あの人、これくらいだったかなあ?一回り太かった?いや、まだ太かったな」と 私のチンポの回りを 指で囲って 考えながら言ってましたから。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/05/02 (Wed) 20:49:04

高校2年の僕に毎日恥ずかしいお仕置きをする、中学3年の後輩に時系列体験を投稿しているのが知られてしまいました。

僕は高1の寮に入った時から高2の今までに受けた辱めを順番に告白する予定でしたけど、これからは彼らの指定する恥ずかしいお仕置き体験と各拍するよう命令されました。

お仕置きが終わり寮に戻りました。

高2になっても陰毛が全く生えずオチンチも3cm位の赤ん坊みたいな下半身の僕は、寮の部屋ではおむつを穿かされています。





今日命令されたお仕置きを告白します。

彼らが用意した女子高生の制服を着せられました。

スカートが超ミニでちょっとかがむとお尻が見えてしまいます。

「嘘ついた罰でこれから女子高生になってもらうから」

といわれ素直に全て着替え終わると、

「やっぱ先輩可愛いよ、超ミニがいやらしいな」

「男なのに相変わらず綺麗な足だよな」

僕は超ミニが恥ずかしく前を押さえていました。

内容はボーリング場に行きナンパされたらOKというものでした。でもそれだけでは終わりませんでした。
 
ボーリング場は同世代が大勢いました。

僕のお尻が見えるような超ミニを見る目線がすごくて、これから起こることの怖さと恥ずかしさでなかなか歩けませんでした。

「先輩ナンパされるまで帰さないからね」

「ちゃんと歩かないと俺がスカートめくるよ」

僕が穿かされてるのは小さなパツパツのおむつです。華奢な体型の僕は下半身にぴったりとしてました。

スカートからおむつが見えないように僕は必死でした。

しばらくすると二人組のヤンキーに声ナンパされました。これで帰れると安心しました。

後輩の待っているところへ戻り報告すると

「ナンパしてきた奴に男だと告白して、ゆっくりとスカートを持ち上げておむつを見てもらい。おむつをしている理由を説明して、奴らにおむつを脱がしてもらって下半身をしっかりと見てもらう」

僕はもう無理と泣き出しました。そんな惨めで恥ずかしいことをさせられるなんて。

「やらないならその女子高生の姿で歩いて帰ることになるぞ」

僕は携帯も財布も持たずに連れてこられたいました。

歩いて帰れば深夜になります。女子高生の女装姿で警察に補導されて親や学校に知れたら生きていけません。

ナンパした彼らを建物の裏に呼び出しました。

恥ずかしさで顔を上げられずにいるとヤンキー二人がが「なんだよ話って」とせかしてきました。

声を振り絞り

「実は男なんです」

「僕は中学生の後輩の命令に絶対逆らえない生活をしていて、今日は女装を命令されました」

ヤンキーの一人が「嘘言うなよ、どう見ても女だろ」と僕の顔を見ました。

「僕は女顔でいつも女に間違われます」屈辱的でした。

「これからスカートをめくって証拠を見せますから見てください」

命令されようにゆっくりとスカートをたくし上げました。僕の足は震えが止まりません。

めくり終わるとパツパツのおむつが彼らの目にしっかりと写りました。

「お前何穿いてんだ」彼らには穿いているものが分からなかったようです。

僕は震え喉はからからになりながらも帰るために言いました。

「僕の下半身は赤ん坊だからおむつをつけるよう言われたんでっす」

「赤ちゃんみたいな下半身てなんだよ」

「僕のおむつを脱がし確認してください」

とスカートをたくし上げおむつを見せ直立しました。

ヤンキーは面白そうだと喜びながらおむつを下げ始めました。

しかもゆっくり下げるので恥ずかしくて思わず「早く下げて」と言ってしまいました。

「なにこれちんこ小学生」

「お前毛は剃ったのそれとも命令する中学生に反られたの、ツルツルじゃん」

「生えないんです」

必死に声を振り絞りました。

「お前いくつなんだよ」

「17です」

「俺たちの一年上?高2で毛が生えないくてツルツルかよ」

「それよりこのチンポ笑えるよ」

僕は無毛と幼いペニスを晒し

「あー見ないで恥ずかしい」

「なにが見ないでだよお前が見てくれって言ったんだろ」

「ごめんなさい、命令されているんです」

ヤンキーの一人が僕の無毛の部分をさすりだしました。

「ほんとのこいつ生えてないよスベスベだよ」

僕のペニスが反応して勃起しました。

「こいつ触られて勃起したよ」

「これ勃起かよ小さくて握れないよ、良く恥ずかしくないよなこんなチンポで、しかも下の毛なんも生えてないなんて」

「ごめんなさい、もう言わないで。恥ずかしくて立っていられません」

としゃがみ込んでしまいました。

ここまで書けばいいといわれましたので終わらせていただきます。

前にも告白しましたけど、女みたいな僕の胸を大きくするため毎日胸を揉まれてます。

そのたびに女のように感じた声を出させられてます。

今からおむつつけたまま胸を揉まれます。

Re: 超熟人妻 宝子 - コギト

2018/05/04 (Fri) 23:53:46

宝子の フェラ。トリミング。

Re: 超熟人妻 宝子 - コギト

2018/05/07 (Mon) 01:57:52

同じく 宝子の フェラ。
彼女は 40才で私と出会うまで、フェラもしたことなく、セックスでバックもしたこと無い 奥手?でした。
堕胎経験は、あったのですが…初体験は19才で 年下。いきなり妊娠し堕胎。次は 最初の旦那でしたが 婚約中に妊娠し また堕胎。
二度 堕胎していたせいか、最初の旦那と結婚して 最初に妊娠したら 娘は月足らずで産まれ 大変だったと。無事成長したが、その後は流産が続き ようやく長男出産。その後 離婚。
私と出会った時は 自分で二人の子供育てながら、二回目の結婚していた時。
初体験、最初の旦那、二回目の旦那 と フェラ無しだった と。
結構 プライド高い いわゆる キャリアウーマンで、私が フェラやバック仕込み セックス大好きに なっていきました。

Re: 超熟人妻 - 高原ゆい URL

2018/05/07 (Mon) 13:02:26

ベニス明石店ではマインドコントロール禁止して欲しい。

Re: Re: 超熟人妻 - コギト

2018/05/08 (Tue) 00:03:08

包茎おちんおちん様
公衆便所での ピンポン玉挿入 微笑ましくて いいですね!
友達くんは、根っからのゲイでなく、SM雑誌みて それを「僕」に試してみたい なんて 本当に 微笑ましいです。玉挿入のため お尻の穴舐めてあげるのも 微笑ましくて…。
少年期には好奇心いっぱいですから。
しかし、僕は こんなに調教されると 真性ホモに?
ま、アナル調教されても 男のアナル弄りが好きな お姉さんと出会えば、楽しいセックスできるから 2倍楽しいかも。
私も 少年期には アナルオナニーにはまり 試験管に綿積めて やってました。最後は手でチンポしごいて射精しますが、アナルオナニーは長時間快感なんで、はまり、テコキだと、一旦出すと回復に時間かかりますが、アナルオナニーは一晩中でもオーケー。
悪友の中には おじ様相手のクラブに好奇心で行き キスされるのは嫌だが アナル愛撫気持ちいい と。挿入も、感じる時もあるが、射精されると、次の日、お腹ゴロゴロするし、やっぱり好きな相手でないと、ダメと。結局、クラブバイシュン?が、ばれて悪友は退学で、みな衝撃。
中高一貫の男子校だったんで、カップルが出来ていたので、みな、え?悪いことしてるのか?と。今考えると、お金目当てがいけなかったんでしょうが。
私は、おじさんでなく、ちゃんとした男性 みんなが憧れる様な、若い男性にアナルを捧げたいと考えていたら、女の子の格好して 新宿二丁目にいくと イケメン(当時はハンサム)がナンパしてくれるかも ときき 家出覚悟で考えましたが 未遂。「お前、可愛いいから、スカートはいたら、絶対もてるぜ!」と言う悪友もいたんで、つい、その気に?
結局は、アナル舐めてくれる 献身的?な女性何人かと出会い 無事に女性とセックスして 今に。ここに貼っている 年上さんも アナル舐め大好きでした。

超熟人妻 ゆみ - コギト

2018/05/13 (Sun) 02:44:14

過去画像ですが、貼ります。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/05/13 (Sun) 22:29:24

「こんにちはー」
「はーい いらっしゃい ゆっくりしていってね」
タカシは銭湯の暖簾をくぐり、番台に料金を支払う。タカシのほかに誰もいないようだ。

タカシが服を脱いでいると、
「こんちゃー」
「あら ヒロキ君 いらっしゃい」
小学五、六年生ぐらいの男の子が入ってくる。その子はあっという間に服を脱いで浴場に入っていった。
タカシが服を脱いで入ると、中でヒロキと呼ばれた男の子が立って待っていた、
「兄ちゃん 見たことないなー はじめて来たの?」
「そうだけど」
「フーン」
タカシはタオルを腰に巻いていたが、ヒロキは手にタオルを持っていて全然隠してはいなかった。
「兄ちゃん 男同士なんだから 隠さなくていいじゃん」





そう言ってヒロキがタカシのタオルを剥ぎ取る。
「あっ・・・」
不意を衝かれたタカシはあっさりとタオルを奪われる。
「あー 兄ちゃん ホーケーじゃん」
ヒロキの指摘通りタカシのおちんちんは先端まですっぽりと皮に包まれた包茎だった、対するヒロキは、
「へへーん 剥けてるから俺の勝ちだね」
そう言って腰に手を当てて仁王立ちになる。ヒロキのおちんちんは平常時でありながら亀頭が完全に露出したズル剥けちんちんだった。
流石にサイズは体の大きいタカシの方が大きいが、おちんちんの成長具合で言えば完全にヒロキの勝ちである。
「ねーねー 兄ちゃんのコレ剥けるのー?」
ヒロキがタカシの股間を覗き込んでくる。
「関係ないだろ」
タカシが無視して洗い場に座り体を洗おうとすると、
「えっ・・・まさか剥けないの?シンセーなの?」
流石に小学生に舐められるわけにはいかない、タカシはヒロキに向き直り、自分のおちんちんの皮をグイッと剥いてみせ、ピンク色の亀頭を露出させる。
「真性じゃねーよ」
「おおー ちゃんと剥けるんだー じゃあ、これはどうだー」
ヒロキがはやし立てる、そして、タカシの剥いたままのおちんちんにシャワーの水を掛ける。
「うっ・・・」
日頃皮に守られて刺激に慣れていない亀頭にシャワーの水流はきつい、タカシは情けない悲鳴を上げて慌てて皮を戻す。
「日頃から剥いておかないからだよ」
そういいながら今度は自分のおちんちんにシャワーをあてる。
「全然平気だしー」
(こいつ、ムカつく・・・)
タカシはヒロキを気にせずに体を洗い始める。ヒロキもタカシの横に座って体を洗い始める。
「兄ちゃん チンコ洗う時はちゃんと剥くんだぜ」
「わかってるよ」
タカシは若干イラッとしながら答える。タカシが頭を洗い始めたところで、ヒロキが立ち上がるが目を閉じていたタカシは気づかなかった、
「こっちは俺が洗っちゃおー」
「!?」
ヒロキがタカシの後ろから手を回しおちんちんを握る、
「こらっ 触るなっ いつっ」
「へへー いいからいいから」
ヒロキは石鹸のついたスポンジでタカシのおちんちんを洗い始める。タカシは抵抗しようとするがシャンプーの泡が目に沁みる。シャンプーを流そうとするが、ヒロキがお湯の入った桶を動かしたらしく洗い流すことが出来ない。さらにまずいことに、ニュルニュルとした泡つきスポンジで洗われているおちんちんが少しずつ硬くなっている。
(やべっ・・・こんなんで勃つとか・・・)
当然その変化はヒロキも気づく、
「あれー 兄ちゃん ボッキしてきてるー?」
ヒロキは洗い方を変えて、スポンジを手放し、指でわっかを作り、おちんちんを扱き始めた。洗っていた先ほどまでとは違い、今度は快感を与えるやり方である、あっという間にタカシのおちんちんはフル勃起する。
「あー 兄ちゃん ボッキしても全然剥けないじゃん」
ヒロキはそう言いながらなおも扱き続ける。完全に勃起してもタカシのおちんちんの皮は剥けることはなく、僅かに亀頭の先端が見えるばかりであった。
「こんな風に皮使ってセンズリしてるだろー」
  シコシコ  シコシコ
「ちょっと、もういいだろ」
「まだ洗い終わってないから」
(やばい・・・このままだと・・・イきそう・・・)
「もういいから、あとは自分で洗うから・・・」
「遠慮するなよー」
  シコシコ  シコシコ
タカシはやめさせようとするが、ヒロキはまったくやめる気配がない、
「ホントにコレ以上ヤバイって・・・」
「えー もしかしてセーシ出そうなのか?」
  シコシコ  シコシコ
「もうダメ・・・出るぅ・・・」
「そんなぁ、まだ我慢できるだろ、あっマジ?」
  ドピュッ  ドピュッ
ヒロキの手コキにこらえきれずにタカシは射精してしまう。
「うわー 兄ちゃんゴメン マジで出そうだったんだ」
ヒロキが謝ってるけど、タカシは黙って体の泡を洗い流している。ヒロキを無視したままタカシは湯船につかる。ヒロキもタカシに続いて湯船に入る。ずっと黙ってるタカシにヒロキが話しかける、
「兄ちゃんってさあ もしかしてドーテー?」
「!?」
突然の質問にタカシはびっくりするが、ヒロキは続けて、
「だって、チンコの先っぽきれいなピンクだし」
「・・・」
「あんなにすぐ出ちゃうとか、センズリでしか出したことないんじゃないかなぁ」
「・・・」
ヒロキがタカシの顔を見ると、真っ赤になっていた、
「やっぱり ドーテーかー」
「うるせえ、お前だってそうだろ」
精一杯の声を振り絞って答えるが、
「えっ、オレドーテーじゃないよ」
「!!」
タカシはヒロキの顔を見て、
「お前、童貞の意味わかってるのか?」
「マンコにチンコ入れたことない男のことだろ」
ニヤリと笑いながらヒロキが答える、タカシは高校二年生でまだ童貞なのに、この小学生はすでにセックスの経験があるとは、いや、でも信じられない。
「信じられないって顔してるなー 証拠見せよっか」
「証拠?」
「うん 証拠あるよ じゃあ上がろっか」
ヒロキが湯船から出る、慌ててタカシも後に続く、
脱衣所で体を拭いていると、ヒロキが近寄ってくる、
「これが証拠」
ヒロキはタカシに携帯を見せる。どうやら写メのようだが、ソコに映っていたのは、鏡に映して撮ったのだろう、ヒロキが女性のアソコに自分のおちんちんを入れている画像であった。女性の顔は見切れているがチンコがマンコに入っているところははっきりとわかる。
「どう? あー 兄ちゃん」
童貞男子がこんなものを見せられて反応しないわけがなかった、タカシのおちんちんはふたたび勃起していた。それを見たヒロキが、
「兄ちゃん ドーテー卒業したい?」
コクンとタカシは反射的にうなずく。
「じゃあね そのままコーヒー牛乳買ってきて」
「このまま?」
「うん いまのまんまの格好で」
コーヒー牛乳を買うためには番台に行かなければならない。でも番台にはどう見ても二十代半ばのお姉さんがいる。このまま行くとマズイだろ、とタカシが考えていると、
「行かなかったら まだドーテーのままだよね」
タカシとしては見られるのは恥ずかしいけど、童貞も卒業したい、葛藤の末にタカシが出した答えは、
「・・・行く」
「おっけー じゃあコレ見てボッキしてからね」
と言ってまた例の画像を見せる。当然タカシのおちんちんは反応してしまう。それを確認したうえで、
「いってらっしゃーい あ 隠すのは禁止だからね」
もうタカシはやけになっていた。めちゃくちゃ恥ずかしいけどコレで女の子とエッチが出来るのならと、勃起しても先っぽしか見えない包茎ちんちんを隠さずに番台のところまで行き、
「・・・コーヒー牛乳ください」
「はい あら」
テレビを見ていたお姉さんが振り向く、お姉さんの視線の先にはタカシの勃起したおちんちんがあった、
お姉さんはコーヒー牛乳を冷蔵庫の中から取り出すと、タカシに手渡す。
「はいどうぞ 120円ね」
その間もお姉さんはタカシのおちんちんをガン見している。
(うわー めっちゃ見られてる・・・)
タカシがそんなことを考えてると、
「アヤカさーん 兄ちゃん バイバーイ」
そう言って後ろをヒロキが走り抜けて行く。
「はーい ヒロキ君、気をつけてねー」
番台のお姉さん、アヤカは走って行くヒロキに手を振っていた。

(騙された・・・)
コーヒー牛乳を飲んで服を着たタカシはベンチに座り込んでいた。裸でコーヒー牛乳買ってきたらエッチできるという話がそもそもおかしかったのだ、小学生にからかわれたんだ。落ち込むタカシが帰ろうとするとアヤカが声を掛ける。
「ねえ、さっきのヒロキ君に聞いたの?」
「えっ?」
アヤカはニヤニヤしながら再びたずねる、
「勃起したまま裸でコーヒー牛乳買いに来たでしょ」
「は、はい」
「なんて言われたのかな?正直に答えてね」
「買ってきたら・・・童貞卒業できるって・・・」
タカシの顔は真っ赤になってる。こんなきれいなお姉さんに、自分は童貞です、と言ったようなものだから恥ずかしくてたまらない。アヤカはイジワルそうな笑みを浮かべて、
「あー それであんなにかわいい皮被りの勃起ちんちん見せにきたんだぁ」
アヤカに言われてタカシはますます恥ずかしくなる。恥ずかしくてタカシがうつむいていると、
「それじゃあ 明日の朝八時にうちに来て 日曜日だから大丈夫でしょ?」
タカシが顔を上げると、アヤカは続けて、
「営業は始まってないけど男湯の入り口は開けておくからね」
「は、はいっ!」
タカシの返事を聞いてアヤカはくすくす笑う。出て行こうとするタカシにアヤカが、
「今日はオナニーしちゃダメだからね」
と言っていたずらっぽく笑う。


「・・・おはようございまーす」
タカシは銭湯の入り口を開け中に入る。
「おはよう 早かったのね」
脱衣所のところにアヤカがいたのだが、何故か身につけているのは体に巻いたバスタオルだけだった。
タカシは入り口で固まってしまう。そんなタカシを全く気にせずアヤカが、
「そういえば名前聞いてなかったね、私はアヤカ あなたは?」
「タカシです・・・」
「そう タカシ君ね、それじゃあ 私は中で待ってるから脱いだら入ってきてね」
そう言って、アヤカは浴場の中に入っていく。タカシも慌てて服を脱いで後に続く、
「タカシ君、おちんちん隠しちゃダメ」
そう言われてタカシは腰に巻いていたタオルを取る。すでに勃起した包茎ちんちんがあらわになる。
「ホントにかわいい包茎おちんちん、まさに童貞って感じね」
「うう・・・」
タカシは恥ずかしそうにうつむく、
「はーい ココに座ってね」
アヤカが洗い場の椅子を指差す、タカシが椅子に座ると、アヤカが後ろから抱き着いてくる。
「アヤカさんっ・・・」
「体洗っちゃうよー」
あっという間にタカシの体は泡だらけになる。あらかた体を洗い終わったアヤカが、
「じゃあココも」
カチカチに勃起したタカシのおちんちんに手を伸ばす、
「あっ・・・」
「えへへー 人にしてもらうのは初めてだよねー 童貞だしー」
「んっ・・・あっ、えっと・・・」
アヤカはタカシの様子がおかしいことに気づいて手を止める、
「もしかして手コキしてもらったことある?正直に答えないとしてあげないよー」
「・・・昨日、あの子にイタズラされて・・・」
タカシが小声で答える、
「あー ヒロキ君にイタズラされて、まさか射精までしてないよね」
「・・・出ちゃいました・・・」
アヤカがクスクス笑いながら、手コキを再開する、
「そっかー 小学生の男の子にイかされちゃったんだー」
  シコシコ  シコシコ
「気持ちいいかな?包茎で童貞のタカシ君?」
「うう、いちいち包茎とか童貞とか言わないでくださいよ・・・」
「えー 言った方が楽しいんだもん」
アヤカがイジワルそうに笑う、
  シコシコ  シコシコ
「アヤカさん、出ちゃいます・・・」
タカシが限界を訴えると、
「じゃあ泡流すよー」
アヤカは手コキを中断してタカシの体の泡をシャワーで流してしまう、途中で刺激を止められたおちんちんがピクンピクンと震えている。
「これでよく見えるようになったねー」
そしてアヤカは手コキを再開する。
  シコシコ  シコシコ
もともと絶頂寸前だったタカシはすぐに限界がやってくる。それを察知したアヤカは扱く速度を速める。
「童貞セーシいっぱい出してねー」
「あっ・・・出るっ、出ちゃううっ」
  ドピュッ  ドピュッ
射精の瞬間アヤカはタカシのおちんちんの皮をグイッと根元までひき下ろす。射精の邪魔になる包皮が無くなり、
タカシの精液は洗い場の鏡にかかるほど勢いよく飛び出す。
「はぁ・・はぁ・・」
「スッゴイ飛んだねー気持ちよかったー?」
タカシはコクコクとうなずく。それを見たアヤカがバスタオルで覆われた胸に手を当て、
「タオルとってほしい?」
「は、はいっ!」
射精したばかりで萎えていたおちんちんがムクムクと勃ち上がってくる。
タカシの反応を見たアヤカは、ものすごくイジワルそうな顔をして、
「じゃあ『包茎で童貞の僕のためにバスタオル取ってください』って大きな声で言ってね」
あまりにも恥ずかしいセリフだ、でも言わないとアヤカはバスタオルを取ってくれないだろう、それは間違いない。
タカシは耳まで真っ赤にしながら叫ぶ、
「・・・包茎で童貞の僕のためにバスタオル取ってくださいっ!」
「ダーメ」
アヤカはめちゃくちゃ楽しそうだ、
「えっ、なんで?」
「言ったからって取るとは言ってないよー」
「そんな・・・」
タカシはしょぼんとする。しょぼんとしているタカシを尻目にアヤカは、
「私、タカシ君がオナニーして射精するとこ見てみたいなー 見せてくれないかなー?」
「・・・えっ・・・」
アヤカはニヤニヤしながらタカシを見ている。
「見せてくれたらバスタオル取ってあげる」
「ホントに?」
「うん、バスタオル取るよ」
タカシに選択肢は無かった、一心不乱におちんちんを扱き始める。
  シコシコ  シコシコ
「うわー ホントにオナニーしてる そんなにタオルとって欲しいんだー」
「うう・・・あんまり言わないで・・・」
  シコシコ  シコシコ
「イきそうになったら言ってねー」
もうすぐ生ヌードが見れる、と思うと興奮していつもより早く射精感がこみ上げてくる。
「あっ、出ちゃいます」
「えー タカシ君早いよー もっと我慢しなきゃ」
「もう、無理ぃ・・・あっ、出るうううっ」
  ドピュッ  ドピュッ
興奮しきっていたタカシに射精を我慢できるはずも無く、ドクドクと精液を吐き出す。
タカシが射精し終わったのを見たアヤカは、
「それじゃあ、包茎で童貞でおまけに早漏のタカシ君のために、バスタオル取っちゃうよー」
タカシは食い入るようにアヤカを見つめる、そして、アヤカが一気にバスタオルを取ってパサッと床に落とす


「・・・えっ」
「どうしたの?『バスタオル』は取ったよ」
バスタオルを取ったアヤカは裸ではなく、チューブトップと短パンを身につけていた。
裸が見れると思っていたタカシはがっかりする。
「うう・・・アヤカさんひどいよ・・・」
「そんなに見たいの?私の裸」
うなずくタカシは涙目になっている。
「ごめんね、ちょっとイジワルしすぎちゃったかな」
そう言ってアヤカはチューブトップを脱ぐ、ポヨヨンとおっきなおっぱいがこぼれる。タカシの視線はおっぱいに釘付けになる。
夢にまで見た生のおっぱいにタカシのおちんちんはビンビン反応する。
「下も脱いで欲しい?」
タカシはブンブンと首を縦に振る。
「じゃあ、私とじゃんけんしてタカシ君が勝ったら脱ぐよ」
タカシはまた何かあるんじゃないか、と考え込む、そんなタカシの考えが伝わったのか、
「安心して、タカシ君が勝ったら私は全部脱いで裸になるよ」
全部脱いで裸になる、と言う言葉にタカシのおちんちんがピクンと反応する。さらに続けて、
「でも、タカシ君が負けたら射精してもらおうかな」
「えっ・・・」
「そんな顔しないの 野球拳みたいなものよ、私は裸になる、タカシ君は脱ぐものがないから代わりに射精する、ね」
たしかに筋はいるけど通っているけど、タカシはすでに二回射精している、ここで負けて、さらに射精させられてしまうと本番まで持たないかもしれない。
でもやるしかない、他に方法は無いのだ。タカシは立ち上がった。
「覚悟は出来たかな? それじゃあ じゃーんけーん」
  『ポン』
「ああっ・・・」
「ふふふ、ざーんねーん」
アヤカはグー、タカシはチョキだった、これによりタカシは一回射精しなければならない。アヤカはタカシの前にしゃがみ込む、ちょうどタカシのおちんちんがアヤカの目の前にある。
「じゃあ、一発ヌいちゃうよー」
パクッっとアヤカがタカシのおちんちんをくわえる、所謂フェラチオというやつである。
「アヤカさんっ、ふわあああ、それらめぇっ・・・」
アヤカは先っぽまですっぽりと被っている包皮を剥いてタカシの亀頭をペロペロと嘗め回す。あまりの快感にタカシは腰を引こうとするが、アヤカががっちりと腰に手を回して抑えているので逃げられない。
「ひもひいい?」
「あうっ、しゃべっちゃダメっ・・・あああっ、出ちゃう、出ちゃうよおおっ ああああっ吸っちゃらめええええっ」
  ドピュッ  ドピュッ  チュウウウウウウッ ゴクンゴクン
初めてのフェラチオにあっという間に射精させられる。三回目の射精ともあって、タカシも大分疲れが見え始めていた。
(これで三回目・・・タカシ君は後何回射精できるかなぁ・・・)
タカシの精液を飲みながらアヤカはニヤリと笑う、
「初めてのフェラチオは気持ちよかったかな? それじゃあ いくよ じゃーんけーん」
  『ポン』
「あああああああっ!」
「タカシ君、じゃんけん弱いねー」
タカシが悲痛な叫びを上げる。アヤカはチョキ、タカシはパーであった。
「タカシ君 そこに横になって」
「・・・はい」
タカシはタイルの上に仰向けで寝る。アヤカはタカシの頭をまたいで、そのまま腰を下ろしてくる。
「タカシ君は触っちゃダメよ」
アヤカはタカシの上に乗っかりシックスナインの体勢になる。タカシのおなかにポヨンとおっぱいが当たる、
(流石に四回目になると勃ちが悪くなるわね、でもヌいちゃうけどね)
タカシは目の前にある、アヤカの股間が気になって仕方ない、もし裸だったらアヤカのおまんこが丸見えなのに、なんて思っていると。
「タカシ君、私、今ノーパンなんだ」
アヤカのノーパン宣言、そしてタカシは気づく、
(あっ・・・毛がはみ出してる・・・)
普通ならパンツの中に納まっている陰毛が短パンのスキマからはみ出してきている。これはアヤカがいらなくなった短パンを切ってはみ出しやすくしたからなのだが、そんなことはタカシは知る由もない。
(ふふっ、気づいたかな、おちんちんがピクピクしてる)
アヤカがおちんちんを舐め始めると、タカシの体はビクビクと反応する。アヤカが先ほどのフェラチオの時に見つけたタカシの感じるポイントを的確に刺激しているからだ。
「あっ、アヤカさんっ、んあああっ、はううう、あっ出るぅ・・・」
  ドピュッ  ドピュッ
四回目もあっさりとイかされてしまう。さっきよりも薄く量も少ない射精だった。再びタカシはアヤカと向き合う。
「じゃあいくよー じゃーんけーん」
  『ポン』
「やったあああああああああああ!」
「あらら・・・」
タカシは渾身のガッツポーズをする。アヤカはチョキ、タカシはグーであった。いよいよ念願の生ヌード、タカシの息が自然に荒くなる。
「じゃあしっかり見ててよ」
アヤカは勢いよくスルッと短パンを脱いで、洗い場の椅子に座り足を大きく開き、両手でおまんこを左右に開く、
  くぱぁ
濃い目の陰毛に覆われたアヤカのおまんこがタカシの目にさらされる。
すでにお漏らししたかのごとくビショビショになったおまんこはおちんちんを求めてヒクヒクとうごめいていた。タカシは言葉を失っていた。
「童貞君には刺激が強すぎたかな?」
アヤカが立ち上がって動けないタカシに抱きつく、
「あっ、アヤカさん、うっ・・・」
「ふふ、カチカチだね・・・おまんこ見て興奮しちゃった?」
アヤカはタカシのおちんちんを扱き始める。
  シコシコ  シコシコ
「触っていいよ、童貞君」
アヤカはタカシの手を自分のおっぱいに誘導する、ムニュムニュとタカシの手がおっぱいを揉み始める。時折乳首をキュッとつまんでみるとアヤカの体がピクッと反応する。
「うわあ、やわらかい・・・」
「あん、童貞君のくせに生意気だぞ」
アヤカは扱くスピードをさらに速める。おっぱいを揉みながらタカシが悲鳴を上げる、
「アヤカさん、もう出ちゃ・・んっ・・・んんんんんっ」
言い終わる前にアヤカがキスしてタカシの口をふさぐ、アヤカは扱く手を止めようとしない、タカシはそのまま射精してしまう。
  ピュッ  ピュッ
五回目の射精は精液はほとんど出ず、ほんの数滴ピュッと出ただけだった。それを確認したアヤカは、
「タカシ君 横になってね エッチしちゃお」
五度にもわたる射精でタカシは疲労困憊していたが、ゆっくりと仰向けに寝る。
(やっと、アヤカさんとエッチできる・・・)
寝そべるタカシのおちんちんを見て、
(うん、勃起具合は最初の七割ぐらいかな、後一回ヌいたら・・・ふふふ)
アヤカはタカシの上に跨る。そしてゆっくり腰を下ろしていく、勃起して上を向いたおちんちんにおまんこが触れる。
「今どうなってる?」
「アヤカさんのアソコが当たってます・・・」
アヤカはタカシの顔を覗き込みながら、
「アソコがどこに当たってるのかな?」
「・・・アヤカさんのおまんこが、僕のおちんちんに・・・」
  ギュウウウ
「アヤカさん、痛い」
アヤカはニヤニヤしながらタカシのほっぺをつねり、
「違うでしょ『アヤカさんのおまんこが、僕の包茎で童貞のおちんちんに当たってます』でしょ」
タカシに恥ずかしいセリフを言わせようとする。タカシが恥ずかしくて黙っていると、
  スリスリ スリスリ
アヤカは腰を前後に動かし、ヌルヌルになったおまんこをおちんちんの裏筋にこすりつける。手や舌でされる刺激とは全く違う初めての快感にタカシのおちんちんはピクピクと反応する。
「あっ、あうう・・・」
  スリスリ  スリスリ
(このまま刺激され続けたらイっちゃう・・・)
「アヤカさんのおまんこが、僕の・・・包茎で童貞のおちんちんに当たってます・・・」
「うん、ちゃんと言えたね」
  スリスリ  スリスリ
その間もアヤカは腰の動きを止めずにタカシのおちんちんを刺激し続ける。おちんちんがおまんこに当たってるけど、入れてもらえない、
「あっ、アヤカさん、お願いですエッチ、エッチさせて下さい」
タカシがとうとう我慢できず悲鳴を上げる。それを聞いたアヤカは、
(エッチしたくてたまらないんだ・・・ホントに童貞君はかわいいなぁ・・・)
腰の動きを止めて少しだけ腰を上げる、そしてタカシのおちんちんに手を添えて、
おまんこに入るように角度をあわせる、
「タカシ君、いくよ」
「はい・・・」
でもアヤカはすぐには入れようとはしない、まずタカシのおちんちんの皮を剥き亀頭を露出させる、剥き出しになった亀頭におまんこをこすりつける、
「あっ、んっ・・・」
タカシがせつなげな声を出すけど、アヤカはこすりつけるだけで、入れる気配は無い、
「アヤカさん・・・イジワルしないでくださいぃ・・・」
タカシは泣きそうになっている、
(あああっ・・・この顔っ、ゾクゾクしちゃう・・・でもそろそろ限界のはずよね)
アヤカの予想どうりタカシの我慢は限界にきていた、アヤカはゆっくりと腰を下ろし始める。ゆっくりゆっくり、亀頭がアヤカの中に入ろうとした時、
「ああああっ、もうダメええええっ」
  ピュ  ピュ
タカシが限界を超える。たしかにイったはずなのに、もうおちんちんからはほとんど透明な液体がほんのちょっと出ただけだった。
「あら、我慢できなかったの」
「ううう・・・」
タカシはちょっとだけ泣いてるみたいだが、
「ほら、泣かないの」
アヤカがタカシのおちんちんを手で扱くけど、もう勃起といえるほど硬くはならない。
(ふふふ、もうタマタマ空っぽかな・・・)
アヤカがものすごく楽しそうに笑っているのにタカシは気づかなかった、とそこに、
  ガラガラッ
「兄ちゃーん ドーテー卒業できたー?」
何故かヒロキが入ってくる。
「えっ、何で・・・?」
「あら、ヒロキ君」
ヒロキは二人に近づいてくる、ヒロキのおちんちんはすでに臨戦態勢になっていた、
「アヤカさんが、兄ちゃんにイジワルしてるだろうなーと思って表が来たら開いてたし、入ってきちゃった」
エヘヘとヒロキが笑う、
「アヤカさん オレのチンコもう我慢できないんだ」
そう言ってヒロキは勃起したズル剥けちんちんをアヤカの前に突き出す。ガチガチに勃起したズル剥けちんちん、片や、勃起も満足に出来ない包茎ちんちん、どちらを選ぶかはわかりきっていた。
「もう、仕方ないわね タカシ君はそこで見ててね」
アヤカはタカシから離れて、ヒロキの前で足を開いて座る、それもタカシからよく見える位置で、
「へへー 兄ちゃん見てる?」
ヒロキはおちんちんをアヤカのおまんこに一気に挿入する。
  ズブブブブッ
「ああんっ」
アヤカが嬌声を上げる、それを見ていたタカシは、
(何で・・・エッチしたいのに・・・お願い勃起して・・・)
泣きながら必死に自分のおちんちんをしごくけど、アヤカに空っぽになるまで搾られたおちんちんはタカシの思いに応えられない。勃起させようと必死に扱くタカシの目の前で、
  パンッ  パンッ  パンッ
「ああっ、アヤカさんのマンコ、とろとろできゅうってして気持ちいいいっ」
「んんっ、ヒロキ君のズル剥けのおちんちんっ、ああんっカリが引っ掛かって、ああっそこっ」
派手な喘ぎ声を上げながら、アヤカが横目でチラリとタカシを見る、
(あらあら・・・泣きながら必死におちんちんしごいてる、もう空っぽで勃起もできないのに・・・)
必死におちんちんを扱いて泣いてるタカシの前で二人は絶頂を迎えようとする、
「アヤカさんっ オレもう出そうっ」
「出してええっ、思いっきりナカに出してえっ」
  パンッ  パンッ  パンッ
ヒロキの腰の動きがますます激しくなる、もう絶頂が近いのは明らかだった、
「アヤカさんっ、ああっ、出るううううっ」
「あっ、んんっ、イクっ、イクうううううっ」
  ビクン  ビクン
アヤカはヒロキにがっちりと抱きつき体を震わせる、
「アヤカさんのナカ、めちゃくちゃ気持ちいい・・・」
「いっぱい出したね・・・」
二人が余韻に浸っていると、
「あっ、そういえば兄ちゃんは?」
ヒロキが横を見るとタカシはこちらに背を向けて泣いているようだ、
「ううっ・・・ぐすん・・・」
ヒソヒソ「アヤカさん、ちょっとイジワルしすぎじゃない?」
ヒソヒソ「そうね、泣いちゃうなんて やりすぎちゃったかしら」
アヤカが後ろからそっとタカシを抱きしめる。
「ぐすっ・・・アヤカさん、ひどいよ・・・ううっ・・・」
「ごめんね、ちょっとイジワルしすぎちゃった」
アヤカは耳元で囁く、
「今日はもう無理そうだから、また今度の日曜日に来れるかな?」
「はい・・・絶対来ます・・・」
帰り際にアヤカとタカシは携帯のメルアドを交換していた。
「それじゃあ二人ともまたねー」
「アヤカさん ばいばーい」
「また来ます」
外に出たところでヒロキがタカシに話しかける。
「兄ちゃん もしかしてさアヤカさんに何回もイかされた?」
「・・・うん」
「あー 兄ちゃんもかー アヤカさん、エッチする時イジワルするのが好きみたいなんだ」
タカシとヒロキは歩きながら会話を続ける、どうやら帰る方向が同じみたいだ、
「他にも同じことされた子が?」
「うん オレもボッキしなくなるまでイかされたよ」
(アヤカさんあーゆーのが好きなんだ)
タカシがそう思っていると、
「でも、ちゃんと卒業させてくれるから心配しないでいいよ、じゃーねー、ドーテーの兄ちゃん」
ぺシッとタカシのおしりを叩いてヒロキが走り去っていく、その後姿を見ながら、
(次の日曜までオナ禁だな)
そう誓うタカシであった。

 その週の金曜日の夜
「あと二日我慢すれば・・・」
ベッドに横になってそんなことを呟いていると、誰かからメールが届く、差出人は、、
「アヤカさんだ」
何だろうと思ってメールを開いてみる、なにやらムービーが付いている、再生してみると、
「タカシ君、オナ禁お疲れ様、五日もヌいてないと溜まってるよね、よかったらコレでヌいてね」
そのムービーの下には写メが付いていた、アヤカの生おっぱい画像だった。
「うっ・・・」
いつもは毎日オナニーしているタカシが五日も我慢していたのだ、アヤカの生おっぱい画像でいともたやすく勃起してしまう。
「アヤカさんイジワルすぎだよ・・・」
なんとかオナニーを我慢して眠りにつく、土曜の夜も同様のメールがきたが、タカシはオナ禁を続けて日曜日をむかえる。
「おはようございまーす」
タカシが男湯の入り口から中に入っていく。
その後タカシが無事に童貞卒業できたのは言うまでもないだろう。

超熟人妻 - コギト

2018/05/18 (Fri) 00:16:22

過去画像の続きです。
付き合って五年くらいの時。大股開きして、マンコ晒しの撮影、OK になってました。

超熟人妻 - コギト

2018/05/18 (Fri) 23:25:37

包茎おちんちんさん、タカシ君、じらされた甲斐あって お姉さんで 童貞卒業できて 良かったですね!
時々 小学生が出てきて、オヤジの 慰みものになるストーリーありますが、私は 好きではありません。中学生が 奴隷化されるのも 好きでありません。あきらかに、パワハラ、セクハラというか、レイプですから。男にレイプされ、男に目覚める場合もあるかもですが、所詮は 強姦。犯罪ですから。
で、また過去画像の 人妻ゆみさん、貼ります。
大股開きの後に 顔中心に撮りました。

Re: 超熟人妻 - コギト

2018/05/18 (Fri) 23:34:33

同じ画像、トリミングです。
これで還暦越えなんで… なかなか イケル?熟さんでは?
なお、若い時に、乳はシリコン注入で、顔は10箇所整形してます。この写真だと 目の整形、瞼の切開跡よく分かりますね。
整形手術費用は、愛人してた(勤め先の会社の)社長さんが出したそうです。社長さんの好みに改造されたみたいです!顔も体も、昔のオトコに改造された、人造人間の オバアチャンです!

超熟人妻 - コギト

2018/05/21 (Mon) 02:55:30

同じく 超熟人妻 ゆみさん、裸体。
この後、大股開きさせ、マンコ晒しの写真撮りました。

超熟人妻 大股開き です。 - コギト

2018/05/24 (Thu) 00:08:17

見事?な 大股開き してくれました。ゆみ奥様 ちょっと苦笑いして、これなら、どうよ! と。マンコだけでなく、お尻の穴も良く見えます。
体も還暦越えのオバアチャンにしては 軟らかいと思います。

超熟人妻 大股開きでマンコ晒し - コギト

2018/05/30 (Wed) 01:31:20

大股開きでマンコと尻穴晒してくれたんで そこだけ撮りました。部屋が明るく、いつもは股開きしても 恥ずかしがり すぐ閉じるのに この時は うまく写真撮れるまで、じっとしていました。
尻穴よく見えてます。実はマンコも少し開いていて。いつでも挿入可能。ですが、この時は おつゆが 中から出ていなくて(いまは、グチョグチョに濡れて、時々、白濁液がマンコから漏れます) この後に 私のチンポがスムーズに入るように、オナニー始めてくれました。

超熟人妻 オナニーしようとして - コギト

2018/06/04 (Mon) 03:53:38

ゆみが、嵌める前に、<待って>と言い、自分でオナニーして マンコ 汁だくにするからと言うので、嬉しくて、撮りました。マンコに、自分の指を…。

超熟人妻 オナニーしてます - コギト

2018/06/06 (Wed) 02:06:46

超熟人妻 ゆみさん、オナニー中。

Re: 超熟人妻 魚屋さちこ URL

2018/06/08 (Fri) 12:14:48

おっぱい写真ください。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/06/08 (Fri) 19:11:45

とあるグループがターゲットを決めて教室の真ん中で服を脱がすという
ゲームが流行っていた。
タイムリミットは10分で、どこまで服を脱がせるかのゲーム。
中には泣きながら全裸にされてしまうヤツもいた。

その日ターゲットになったのは同じクラスでバスケ部のイケメンK。
ターゲットは基本的に1日1人。最初の休み時間でターゲットにされたやつは
その日は1日中脱がされる対象だ。
Kもその日は朝から授業の合間の10分休みの度にターゲットにされていた。
ただ、10分だと激しく抵抗すれば上半身までしか脱がされることはない。
問題は昼食後の昼休みだ。





Kは昼休みはいつも体育館でバスケの練習をしているんだが、
その日はKが食べ終わるのを待ち構えてたグループの4人がすぐに捕まえて、
ゲームが再開された。
昼休みは残り30分だ。
いつものように3人で手足を押さえつけ、残りの1人が一気に脱がしていく。
だが、Kも体は大きい方なので抵抗も結構激しく、脱がすのにてこずっていた。
しかし、Kが脱がされていることを聞きつけて、
他のクラスの人までやってきてしまった。
Kを押さえつける人が増えてしまったのだ。

「やめろ!離せー!」Kは慌てたが、時すでに遅し。全く身動きが取れなく
なってしまっていた。
Kはあっという間にパンツ一丁にされた。パンツは紺のボクサーパンツ。
昼休みなので教室には女子も数人いた。パンツ一丁で多勢に
押さえつけられてる姿を異性に見られるなんて、、、

だが、Kの屈辱はこれで終わらなかった。脱がし役の1人が
Kのパンツに手をかけた。ゆっくりと焦らすようにおろしていく。
まず陰毛の生え際が露わになった。Kは「お願い…勘弁して」と
泣きそうになりながら懇願する。
しかし、それとは反対にKを押さえる男子から脱がせコールが始まった。

3!2!1! ~~~ю*(/>.<)/ ポロン
Kの姿はまさに生まれたまんまの格好だった。
脱がされた瞬間は教室中が静まり返った。が、それも束の間、
今度は大歓声の嵐だった。「キャーキャー」という女子の嬉しそうな声や
男子の大爆笑。そして、一斉に写メを撮る音で賑やかだった。
Kは手足を8人くらいに押さえられていた。もう抵抗もしてなかったが。
目には涙を浮かべていたが、顔を隠すこともできず悲惨極まりなかった。

だが、脱がし役の子は「おい、まだ15分あるぞ!」と言い出した。
この状態でやられることと言ったら一つしかないのだが、、、
「よーし、Kをイかせたろ!公開オナニーショーや!」
またも大歓声があがった。さすがにヤバイと思ったのか
Kも必死で嫌々をしていたが、このノリを誰も止めることはできなかった。
むしろみんな加担していた。
早速リーダー格の子がシゴキ始めた。
さすがに、素手で触るのは嫌だったのだろう。ティッシュを手に持って
その上からシゴいていく。まるで、汚いものを触るように。

Kのちんちんは正直小っちゃくて、縮こまってたのかもしれないが、
7cmくらいだった。それに皮も丸被りの包茎だった。
「Kのちんちんお子ちゃまだなぁ!(笑)」みんな爆笑だった。
勃つのに時間はかからなかった。
MAXで11cmくらいだろうか。
しごくスピードがどんどん早くなった。Kは目を瞑ってイクのを堪えている。
「いーけ!いーけ!」
みんなのコールが激しくなった。気づけば女子も一緒にコールしてる。
その時、すでに授業が始まるまであと10分を切っていた。
「…うっ……イクッ…」
Kがかすかな声でそう言ったのとほぼ同時に彼は果ててしまった。

「うわぁ汚ねぇ、手についちまった」
イカせたやつはそう言って、手についたKの精液をわざとみんなに見せつけた。
Kは泣いていた。そこにいるのはいつものようにカッコいいKではなかった。

「おい!あと3分で授業始まるぞ!」
脱がしのリーダーの声でKはやっと解放された。
Kは心身ともにズタズタだった。
拭き取ることもせず、ただ気力だけで制服を着てKは教室を立ち去った。
だが、クラスメートは興奮に満ちていた。
結局、その日Kが戻ってくることはなかった。

超熟人妻 生で嵌めてます - コギト

2018/06/13 (Wed) 01:51:19

フェラはサックして だったが、挿入時に外して生嵌め。ゆみのマンコ、オナニーで おつゆたっぷりで 気持ち良かった!セックスは熟女に限る。
ゆみは、生嵌めいやがらず、結構いい写真が撮れました。本当に奥さんにしたい…。死ぬまでセックスし続けたい。こんなに ゆみを愛しているが、彼女は他人妻で 淫乱なオトコ好き。いやチンポとお金が大好きな オンナ。セックス以外の愛情を知らない…チンポとお金だけしか頭のなかにない!理想の淫乱妻、淫売妻になるだろう!

超熟人妻 嵌めてます - コギト

2018/06/15 (Fri) 23:06:39

チンポ深く挿入したら、ゆみさんも 感じてきました。
人妻は、感じやすくて いい!です。このまま 生出し しました。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/06/18 (Mon) 20:15:48

 雅人がスケバン達に連ていかれたのは、がらーんとしたみるからに殺風景な部屋だった。最近は使われていなのか、入口のプレートもはずされている。以前はなにかの運動会系の部室として使われていたのだろうか、室内はかび臭いニオイと共に、どこか若い女の子達の汗の香りが感じられる。

 「遠慮せんとずーっとなかへどーぞ」。
 「はい。おじゃまします」。
 リーダー格の子が真っ先に中に入り、続いて雅人、そしてどやどやと他のスケバン達も入ってきた。総勢で8人となると、さすがに部屋が狭く感じる。一番最後に入ってきたのが長身の子で、彼女は中に入るなりカチリと入り口の鍵をロックした。

 「えっ?」。ちょっとびっくりする雅人。
 「何をびくついてるのん?。心配することあれへんよ。もしセンコーでも入ってきたらうるさいやん。念には念をというわけやなんよ」。
 「そ・・・そうなんですか?・・・」。
 「そういうわけっ。ねえ、みんな」。
 「そやそや。アンタは、大切なお客さんやねんから」。
 「きゃはははっ、お客さん・・・そうや、お客さんなんよねぇ」。
 スケバン達の明るい笑い声の裏に、なぜか理由の判らない、本能的な不安が頭をもたげてくる雅人だった。

 「それじゃまず、自己紹介から始めよか・・。雅人くんはそこのイスにでも座ってくれたらエエわ。うちの名前はマキ。ここのグループでは一応サブみたいな役目させてもろてるねん」。
 雅人の後ろにいたスケバンが、彼の肩に手をかけ有無も言わせずに、そこにあったイスの上に腰掛けさせられてしまった。そうしてスケバン達は、雅人を見下ろすように、その周りをぐるっととり囲んでしまった。

 リーダーのジュン、続いて由紀、加奈、ひろみ、さおり・・・、順番に自己紹介をする彼女たち。しかし周りを取り囲まれていることで、雅人にはどうも落ち着かない。彼女たちが終始、浮かべている、まるでネコがネズミをいたぶるかのような、視線が気になってしかたがない。

 「さてぇ、みんな自己紹介したんやから、次は雅人君の番やな」。
 「あの・・・何を言うたらええんですか?」。
 「そんなん判ってるやン。女が男に聞くことやろぉ。あれしかあれへんやン」。
 「えっ・・・あれって?」。
 
 スケバン達が一斉に笑った。腹を抱えるようにして。
 「あの・・・何がそんなにおかしいんですか」。雅人は抗議する。
 「きゃはははっ、雅人君、お姉さん達を笑わさんといてよぉ」。
 「ほんまやぁ、ここまで連いて来といて、何をボケてるンよぉ」。

 「ぼ・・・ボク何も・・ホンマに・・」。
 「雅人クン、あんたひょっとして童貞ちゃうのん?」
 「そうやわ。きっとこの子童貞やで」。
 「はーい。童貞くうーん、こんにちはぁ・・」。
 きやはははっ!!!。またもや部屋中に女の子達の声が鳴り響く。
 
 唐突に投げかけられた質問に、雅人は思わず絶句した。童貞・・・、確かに彼は童貞だった。しかしだからといって、なぜ今ここでそんなことを彼女たちに笑われねばならないんだ。彼はその状況に次第に腹が立ってきた。

「ぼく帰ります」。雅人が席を立とうとしたその瞬間、間髪を入れず真後ろに立っていた
加奈が肩に力を入れてその動きを制止した。そうしてそこへ今までとはガラッと声の調子を変えた、マキの声がひびいた。

 「何やてぇっ!。誰が帰ってエエって言うたんやっ!」。
 「・・・・・・・」。雅人はそのあまりの変わり様に金縛りにかかったように動けなくなってしまった。
 「ウチらが優しいしてやったからって、何をつけあがってるねん。あんたウチらをなめてんのかぁ?」。 
 「い・・・いや、決してそんな訳じゃあ・・・」
 「おお?。それやったら、何でウチらの質問に答えんと、帰るなんていうねん」。

 彼女たちの表情が一斉に険しいものになっている。雅人は今更ながら、彼女たちの甘い言葉にのって、のこのこと連いてきてしまったことを後悔した。しかしもはやその後悔は、後の祭りといえるかもしれない。
 
 マキが雅人を見下ろしながら、再び落ち着いた調子で話し出した。
 「アンタな。どんな理由があったにしても、ここの学校へ入ってきたんやから、ここの学校のしきたりを知っといてもらわなアカンねん。わかるか?」。
 「は・・・はい・・」。今度は素直に答える雅人。

 「そのひとつは、ここの学校って女の子がほとんどで、男の子はほんとんどおらんやろ?。ということはみんなが公平にならへんかったら、平和が保たれへんのや」。
 「・・・・・・」。
 「つまり、ここに入ってきた男の子は、ここの全校生徒の共有物というわけやねん」。 「きょ・・・共有物?」。
 「そうや。男っていうのは、ちょっと可愛かったりキレイかったりする子にばっかり目がいってしまうもんなんやろ。アンタが勝手に好きな子作って、その子とつきあったりしたら、他の子にとってはすごーく不公平になるやんか」。
 「でも・・・・」。

 「それから、共有物ということで、アンタはこれからいろんな意味で、この学校の男を知らない女生徒達の、「男性研究」のための義務も負うことになるんや」。
 「男性研究の・・・・義務?」。
 「そうや。それれはここの学校の伝統みたいなモンやねん。アンタもここの生徒になった限りは、この伝統を継いでいってもらわなアカンのや」。 

 「それって、いったい何をさせると言うんですか」。悪い予感がする。
 雅人のその不安を裏打ちするように、マキを始め、周りのスケバン達はその問いには答えようとせず、意味ありげなほほえみを仲間どおしで交わし合っている。

 突然、リーダー格であるジュンが告げた。
 「脱げよ!」。
 「えっ???」。
 「説明きいたやろ。さっさとズボン降ろせやっ」。
 「えっ、あっ・・・でも・・・」。

 「何してんねんっ。早よぅそこでズボン降ろしてから、ウチらにおまえのチンチン見せろって言うてんねんっ!」。マキの努声が響く。
「い・・・いやですっ!」。いくら相手の人数が多いからって、相手は女の子じゃないか。そんな辱めを受けるなんて、絶対にイヤだった。雅人は叫ぶと同時に、だっと行動を開始し、ドアへと突進した・・・・。

 突進したはず・・・だった。しかし、その行動はとっくにスケバン達に先を読まれてしまっていた。彼女たちにとっては予想された行動だったのだ。雅人がかけ出すよりも早く足蹴りが襲い、バランスを崩した雅人は床の上に前のめりに転倒してしまった。

 バッターン!!!。激痛が襲う。「いってーっ!」。上からはスケバン達の嘲笑が降りそそぐ。
 「世話の焼けるボーヤやなぁ。なめたらアカンって言うたやないか。ウチらがそう簡単に逃がすとでも思うてんのかいな」。
 「はい。お遊びはおしまいや。みんな、早ようそいつをカイボー台の上の、定位置にセットして、いつもの通り始めようや」。
 「へへへっ、楽しみやわぁ・・・・」。
 「この子けっこうイキが良さそうやよぉ」。

 スケバン達は部屋の隅に立てかけてあった、テーブル机を素早く部屋の中央にセットした。そして、じたばたと暴れる雅人をみんなでかかえ上げると、でーんとその上に仰向けに横たえたのだ。普段からこのようなことには慣れているのか、その連携プレーには全くの無駄がない。 

 「ふふっ、久しぶりのカイボーやわっ。」
 「でも、この子まだ暴れるみたいやでぇ、ホンマに往生際の悪い子やなぁ」。
「そらしゃあないって・・・、裕貴と違って、この子今日が初めてやねんから」。
 「そっかぁ。初体験なんや。おっもしろーい・・・」。

 「わーっ、やめてよーっ」。
 雅人は必死で暴れたつもりだったが、何ら有効な抵抗もできないまま、あっというまにテーブルの上に載せられ、そして右手、左手、右足、左足をそれぞれしっかりと押さえつけられてしまった。まさに、まな板の鯉の状態にされてしまったのだ。

「あの・・・すいませんっ!。ぼ、ボクが悪かったですっ。だからあっ・・・!!」。
 雅人は無駄な抵抗と知りながらも、それでも身体全体を蠢かしつつ、必死で彼女たちの慈悲にすがろうとした。しかしマキはその声が聞こえなかったかのように、無情にプログラムの進行を告げた。
 「よっしぁあ。準備できたらそろそろ始めよかぁ。おまえらっ!、気ぃ抜くなよ。こいつは今日が初めてやねんから、絶対に必死で暴れよるはずやっ。海女島女子のしきたりを、しっかりとこいつに仕込むためにも、絶対に手ぇ離すんやないでぇっ!」。
 「はいっ!」一斉に声が上がる。

 「雅人っ、覚悟してもらおかっ。かわいそうやけど、ここに転校してきた限りは、こうなるのが運命やねん。遅いか早いかの違いだけで、どうせみんなにマワされてしまうねんから、その最初の経験をウチらがしてあげるのを喜ばんとあかんねんでぇ」。
 「そんな・・・カンニンしてください」。
 「何言うてんのん、こんなに優しいしてあげてるやん。チャンとあんたの童貞を奪ったげて、一人前の男にしたげるって言うてるやん・・・」。
 「い・・・いりませんよっ。大きなお世話言うもんですよっ」。
 キャハハハハッ。スケバン達の嘲笑。それはまさに彼女たちの明確な意思表示でもあった。

「さてとぉ、雅人のおちんちんって、どんな形してるンかなぁ・・・」。マキの手がのびて、雅人の下半身をズボンの上からむんずっと掴んだ。
 「あんれぇ?・・・ふふふっ、なんやのん、あんたもう固くなってきてるやん・・」。
 「ええっ、マキさん、ホンマにですかあ?」。
 「うん。ほらみんなもさわってみてみぃ。もうコリコリしてるわぁ」。

 マキに続いて、みんなの手が伸びてきて、ズボンごしに雅人の男性を好き勝手にさわりだした。実はテーブルの上に横たえられたあたりから、雅人は不思議な興奮に支配されていたのだ。床に倒されてスケバン達ともみあっているうちに、否応なく彼女たちの柔らかい身体に触れ、まだ女の身体を知らない雅人は、その感触だけでいつのまにかペニスに充血を始めてしまっていたのだった。

「ほんまやっ。この子、チンコ大きくしてるぅ」。スケバン達のテンションが更に高くなった。
 「やめて・・・」。雅人は顔中を真っ赤にして、恥ずかしさに耐えていた。
 「やめてやってっ、キャハハハッ。チンチン大きくしといて、それって全然、説得力あれへんと思えへんかぁ?」。
 「そや、そや、全然説得力あれへんわあ。ぷっっ!」。由紀が吹き出すのと同時に、またまた爆笑の嵐が・・・。

 「それでは、お集まりの淑女の皆さーん!。大変永らくお待たせいたしましたぁ。それでは本日のスペシャルショーですよぉっ。いよいよぉ雅人君のオチンチン君にご登場をいただきまーすっ」。由紀がちょっとおどけた調子で宣言すると、周囲からも一斉に声があがった。
「いぇーい」。
 「ひゅーひゅー」。
 「きゃいーんっ」。
 それぞれに雅人の手や足を押さえつけているため、拍手こそできないものの、みんなのテンションは最高調に達していた。

「それじゃ・・一番手のしおり、参りまーすっ」。
 しおりの手が、雅人のズボンのベルトにかかり、するっとベルトを抜きとる。続いて前のチャックに手がかかり、さっ・・・、学生ズボンが降ろされてしまった。その間たったの5秒という早業だ。

 「・・・ほんまっ・・・あかんねんっ・・・・やめてぇっ・・・・」。雅人の声がむなしく空中に消える。誰ももうその声は耳に入らない。テーブルの上では、ズボンを足首あたりまで降ろされてしまい、いまやトランクスの布をテント状に突き上げている物体が、スケバン達の視線を一斉に集めていた。

 「それじゃ、降ろすでぇ・・・」。
 しおりの指がトランクスのゴムの部分にかかり、一気に下へと引き下げた。

 「きゃあああっ」。
 「ええーっ」。
 「うああっっ」。
 そして一瞬の沈黙、・・・・・。

 その沈黙は、とんでもなく明るい由紀の笑い声によって破られた。
 「キャハハハハハッ」。
 「えーーーーっ、この子・・・・・」。
 「くっくっくっ・・・」。

 雅人はその爆笑の嵐の中で、消え入りたくなるほどの屈辱感と恥ずかしさを味わっていた。見られてしまった・・・・。ずーっと隠していたのに、しかも転校して10日目にこんな形で、何人もの女の子にその秘密を見られてしまうなんて・・・・。

 「あんた・・・皮かむりやったんやねっ・・・」。
 「うっそーっ。ホーケイって、ウチ初めてみたわぁ・・・・」。
 「でもほら、子供みたいですごーくかわいいやんっ。毛もほとんど生えてないしぃ」。
 「そうやねぇ、さきっぽがちょっととんがってて・・・」。
 「ふふっ、唐辛子みたいなぁ・・・変なカタチーっ」。
 「うっまーいっ。そんな感じ。でも・・・これってエッチできるンやろか?」。
 「大丈夫ちゃうかなぁ?・・・、これって引っ張ったらチャンと剥けるんやろぉ?」。
 「なんで、ウチに聞くのん?。そんなん知らんがなぁ・・」。
 「そうかて・・・・」。

 スケバン達の騒ぎは、ますますとエスカレートしていく。いよいよ雅人の包茎オチンチンが、彼女たちの餌食として供されようとしていた。

超熟人妻 生出しの後 - コギト

2018/06/23 (Sat) 00:57:33

生出しの後、ゆみさん マンコ ティッシュで拭いてます。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/06/25 (Mon) 21:21:34

今から4年位前、中学1年生のとき、カイボーが流行っていました。
僕はのんびり型の性格で、ときどき狙われていたんだけど、脱がされそうになると、友達がみんなで助けてくれて、一度も脱がされた事はありませんでした。
特にしっかり者の友達・・・A君が、よく助けてくれてました。

カイボーを放課後にされかけたとき、A君に注意されました。
「されそうだと思ったら、早めに逃げること!」
「放課後は用事がないのに残ってない事!」
「用事があって残る場合は、何の用があるか周囲にわかるようにしておくこと!」と言われました。





するとB君が「翔太もわかってるから、そんなきつくいわずに」と言ってくれたのですが、その時A君の顔がゆがんで、「いつもそうしてかばわれて。お前はだからお坊ちゃまって馬○にされてるんだよ。お前なんて、ほんとうは助けたくないのに。」と言われました。
僕はとてもショックを受けました。本当は僕を助けたくなかったんだ・・・僕をときどき友達がお坊ちゃまって言うのは馬○にした言葉だったんだ・・・そして、それを知らなかった自分・・・とてもショックでした。

僕が泣いてしまうと、B君が、「A君は、翔太の事が好きだから言ったんだよ。だから、気にしなくていいよ」と言ってくれました。


次の日の放課後、僕はいつものように帰り支度に手間取ってました。すると、友達が、帰り支度を手伝ってあげると言ってノートを取り上げて、教室の前の方に持っていってしまったのです。
取り戻しにいったら、教室の前の方、廊下側の反対側で、別の友達がノートを受け取り、返してくれました。
すると、ノートを取った子に後ろからズボンをずらされました。
こうして、ノートを取った子と、ノートを返した子の二人にカイボウされはじめました。
前の日みたいにA君、B君が助けてくれていたので、僕は恥ずかしいのを誤魔化すために笑いながらズボンやパンツを押さえていたのですが、A君が「もう知らない。一人でやったら。」と言って、急に手を離してしまったのです。
僕は片手でノートを持ってるせいで、抵抗しづらかったので、パンツまで脱がされてしまいました。
B君が助けてくれていたのですが、それでも無駄でした。
それから脱がされて・・・パンツをとられると、やっぱり一番興味があって見られる場所は・・つまり、僕が一番見せたくないところ・・・それを見られて・・・


僕の後は・・・B君・・・

僕は一番近くにいたのですが、とてもショックで・・・見られたこと・・・それにA君が急に変わってしまったこと・・・それで、何も助けてあげられませんでした。
B君は、僕以上に、あっさりと脱がされてました。やっぱり・・・恥ずかしかったのかな?・・・泣きそうになってました。

次は、A君の番でした。
A君は、今までカイボーされる事はなかったのですが、一対二で、力比べになったら、A君は抵抗できなくて・・・途中から、カイボーされたばかりのB君も助けに来たのですが、A君はカイボーされてしまいました。
A君は最後だったので、長い時間見られてました。
A君のおちんちんもお尻の穴も僕も見てしまいました・・・・。

次の日、いつも一緒にいる友達だけのときに、前の日の事で、僕はすごく責められました。僕は友達たちに言われて、ストリップさせられました。
A君は、ちんぽを良く見られていたみたいで・・・だから、僕もA君みたいに、ちんぽを良く見える格好しろって・・・あかちゃんがおむつ変える格好を一人でやったりしたのです・・・
その他にもズボンとパンツを膝までづらしてオチンチンの皮を自分で引っ張るように指示されたりしました。。。
あのときは、本当につらかった・・・ストリップも・・・友達だと思ってた子から責められたことも・・・友達から裏切られた感じだったんです。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/06/27 (Wed) 18:22:02

俺は俊しゅん。
しがないアラフォー手前のサラリーマン。
仕事に追われ、上司に怒鳴られ、
不毛に疲れる毎日。

たまの休みにどこかに行こうなんて気力もない。
更に彼女もいないし、カネもない…
ことごとく、我ながらつまんねー人生だ。

周りの同期は出世していたり、嫁子供までいて、
それなりに社会的地位を築いている。
しかし、俺には何も無い。
考えれば考える程、思えば思う程、現実が辛い。

だからストレスは溜まる一方。

俺のストレス発散方法は…
野外で局部を晒し、変態オナニーする事。
つまり野外露出オナニーだ。
風俗でセックスするより何倍もキモチがイイ。

もちろんこのご時世、
公然でワイセツ物を陳列してしまえば
間違いなくお手手が後ろに回る(汗)

下手すれば窃盗や傷害よりも
恥ずかしい捕まり方になる。


だからこそ、堂々露出なんてできない。
人気のない夜の公園や、
ビルの非常階段、ネットカフェの個室など、
「人に見つかりそうで見つからない場所」
で全裸になったりして激しくオナる。


最高に気持ちいいオナニーの一つだ。

まぁ、有り体に言うと俺は変態のヘタレ。
完全露出とは言わずとも、十分満足していた。

が、だんだん更なる刺激が欲しくなってくるもので、
毎日、どんな事をして気持ちよくなろうか、
と考える事が増えてきた。



そんなある日の夜、
会社から帰宅途中にスーパーへ寄った。

半額の惣菜をいくつかカゴに入れ、レジへ並ぶ。
すると、目の前に並んでる女に目を奪われた。

白のブラウスに黒のキャミソールが透けて見え、
ムッチリ巨尻に黒の超短いタイトスカートから覗く
肉付きの良いフトモモ。
その割にスラリとした脚。

少し前屈みになっただけで下着が見えそう…

胸もデカそうだし…くびれの曲線ラインが
後ろからむしゃぶり付きたくなる程の
とんでもなくエロいカラダ…

後ろに立っているだけで、
オンナのいい香りが漂って来る。

しかし、こういう後ろ姿がエロい女は
顔はイマイチなんていうのが普通だったりする。
後ろ姿の色香に騙されてはならない。

そんな期待とセオリーの板挟みの妄想をしている。


彼女がレジ清算を終え、
立ち去る際、横顔がチラっと見えた。

うっ!…
め、滅茶苦茶美人やんか!!


俺は清算を終えると、誘われるかのように
急いでその女を追った。


このスーパーは俺の住居の近所。
もしかしてあんなエロい女が
近所に住んでいるのかもしれない!
そう思うとワクワクして来る。
よく考えればコレってストーカー行為だよな…
しかし、なぜが後を付けたくて仕方がなかった。

幸い、女は車ではなく徒歩で歩道を歩いている。
やはりこの近所に住んでいるようだ。


俺は後を一定の間隔を保って尾行する。
この辺は街灯も少なく、闇に紛れれる。

近寄って歩きながら、
女の近くで射精だしてみようかな。
そんなオナニーを考えているから
チンポは既にギンギンにおっ勃っている。


秋も深まるというのに、あんな薄いスケスケのブラウスと
ミニスカから覗く生足を見せられて興奮しまくった俺。

住居を突き止めておけばまた遭遇する可能性が高いし、
今後いいオカズになりそうだ。



歩き始めて5分。
女は公園に入っていった。

住居に戻る近道なのか?

とりあえず彼女がどう動くかわからないので
公園入り口の灌木の陰に隠れて様子を伺った。


ポツンと灯りがあり、その下にベンチがある。
彼女はベンチに腰掛けた。
彼女の座るベンチからは30m位離れて隠れている。


(どうしたんだろう?
もしかして俺の尾行がバレた?それとも休憩?)
帰宅もせず、意外な行動に少し戸惑う。


そう思っていた直後に、なんと…

彼女はこの寒空の下、ベンチに座ったまま、
あのスケスケのブラウスを脱ぎ始めた。

(え!?…)


ブラウスだけじゃない。
キャミソールまで脱いでいる!
し、しかもキャミソールの下は…

の、ノーブラ!?


薄暗い灯りに照らされて、
遠目にも見事な巨乳が揺れているのが見える!
更に、彼女はミニスカを脱ぎベンチに置く。

パンティ…履いてない!?


薄暗くてよく見えないが、
美人の巨乳が夜といってもまだ10時前…
まだ人通りのある時間帯の公園で、
服を脱いで裸になっている…


彼女はベンチに腰掛けて何かゴソゴソやっている。
そして、夜の公園内に

ヴィィィィーン

と振動音が響く。

もしかして、バ、バイブ!?

ハァハァ…
スゴイ…スゴイよ…

俺はズボンのファスナーを下ろし、
激しくチンポを扱き上げる。

シュコシュコシュコシュコ…

うっ…
ビュクッ…ビュクッ!

ハァハァ…

俺はこの衝撃の前に興奮しまくり、
すぐに射精してしまっていた。
しかし、俺のチンポは萎える事は無かった。


俺は理性は飛んだ。
俺は灌木の陰で服を脱ぎ、ズボンを下ろし、
全裸になった。


もう寒ささえ気にならない。

そして、振動音響く灯りに向かってそのまま歩き出した。

丁度ベンチに腰掛ける彼女の背後から近寄る。


俺は黙ったまま彼女の背後3m位まで近寄った時、
ふと振動音が止んだ。



「フフフっ、やっと出てきたわねw」

彼女は慌てるわけでなく、
そのまま何事も無いかのように振り返った。


「アハwイヤらしいカッコだねお兄さんもw」

暗がりでも美人でスタイルの良さがわかる女性。
そんな女性が全裸でイヤらしく微笑んでいる。

な、何なんだ一体!?
この状況で冷静でいる事なんて無理だ。


「そんなに困らなくていいじゃないw
おんなじシュミなんだからさw」


意外な言葉。
え、以前お会いしましたっけ?


「お兄さんは知らないかもねw
お兄さんは〇〇町の公園で
1ヶ月前に全裸マッパでオナニーしてたよねw?」


え!? 何故知っている?…

確かに1ヶ月位前にそこで夜に全裸になって
変態的なオナニーした記憶がある。


「アタシもねぇ、あの公園よく行くんだ。
まさか男の同業が居たとはねw
気になって後をつけたらさ、近所ってわかってさw」

??
尾けられてた…

「お兄さん全く気づいて無かったよね~~
あの時声掛けられ無かったから今度見かけたら、
ってずっと探してたのよ。
そしたらスーパーにお兄さんが入るのが見えたから
わざと目を引くカッコしてワナを仕掛けてたワケw
見事に引っ掛かっちゃったね変態お兄さんww」


そう言いながら彼女は俺の勃起チンポを指で弾いた。


ま、まさかこれがワナだったとは…
まさか、最初に変態痴女に俺が目を付けられていたとは…


「フフフ、ビックリして萎えちゃったねw
大丈夫。アタシが元気にしてアゲルw」

彼女はそう言うと俺のチンポを握ってきた!

「アラアラ~ この前見た時ゾクゾクしたんだよね~~
アタシ以外にこんな変態がいるってw
すんごいコレw
全然ムケないじゃんw
イヤらしいチンポだね~w」

俺は包茎だ。
だからあまり堂々と露出して、
見せびらかすシロモノではない(´-ω-`)

しかし、その包茎チンポを嬉しそうにこの痴女は弄んでいる…
こんな場所で全裸の色っぽい女に弄られて、
かつて見たことがない程カチカチに怒張している。


「アタシね、オナニーし過ぎで皮が伸びちゃった
イヤらしいチンポ大好きなんよ!!
アハァ、すんごいくっさいwいいわコレ…」

クンクンとチンポを嗅ぎ、

「堪んない!」
カプっ…

あ、ぁぁおぁ!?

彼女はいきなりピチャピチャと俺のチンポを咥えた。

レロレロレロレロ…


あ、ぁぁ…
と、溶けそうな程キモチイイ…絶妙な舌使い!


夜の公園で、全裸巨乳の痴女に全裸でチンポしゃぶられてる…


うんぐっ!ぐぱっ

激しいストローク…


ダ、ダメだっ!
で、出る!


うっ…
ビビュッ!
ビュクルルルっ!



彼女の口の中にそのまま射精した。
しかも大量に。

トロりと口元にザーメンが滴る。

ゴクン…

「あはっ、早っwキモチ良かったよねw
こんな場所だしw」


え、飲んじゃったの!?


「当たり前じゃない!
ザーメンはアタシの大好物だしw
特に包茎のくっさいザーメンはねw」

俺はこう包茎包茎と侮辱されている。
が、屈辱に反してチンポは怒張するばかり…


「あらぁ、お兄さんやっぱりド変態さんねw
あんまり包茎包茎って言われるとイヤだよね。
でも…またカチカチにしちゃってw
お兄さん、もしかしてMマゾ?w」

そう言いながらまた勃起したチンポを撫で回す。


「お兄さん、お名前は?
…俊さんて言うの。
アタシは真里。

挨拶の順序間違ってるけどヨロシクねw」



こうして変態男と変態痴女が出会った…


真里さんは年齢不詳だが、多分少し年下だろうか。


「まだまだ楽しもうよ!
ココたまに人が来るからさぁ、スリルあるよ!」

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/06/28 (Thu) 22:34:39

「…一応聞くんだけど、これで起ってるの?」

僕は、口ごもり頭を垂れる。自分の足元を見ると、中途半端に大きくなった包茎のチンコが見える。

「何とか言えよ!露出狂!警察に突き出すぞ。さっきの証拠を持ってww」

さっきの写真だ…「警察」と言う単語に、心臓の鼓動が速くなる。全身で汗をかき、手足がガクガクと震えだす。彼女は、僕の反応を楽しんでいるのか、頭上でクスクスと笑い声が聞こえる。扉は開いたままなので、時折生ぬるい風が吹き込む。惨めな状況にまた泣きそうになる。突き出されたくない…その思いでカラカラになった喉から声を振り絞った。

「…けけけ、警察は勘弁して下さい、もうしませんから、もうしません…許してくださひぃ…うう」

何と話せばいいのかも考えずに言葉を発した為、訳の分からないことを言ってしまった。声は震えて、裏返り、おまけに噛んでる。とにかく恥かしい。

「プっ、だせー。けけけってなんだよw笑ってんの?あーあー泣いちゃったぁww怖いねぇー大変なことになっちゃったねー。ところでさー私の質問に答えてないよね?私の顔を見上げて、目を見つめながら、ニッコリと可愛い笑顔で答えてね?お前の糞皮チンポコはそれで起ってるのか?あぁ??」

優しい口調から一転、ドスの利いた声に早変わりした。僕は震え上がって、慌てて彼女の顔を見つめた。さっき見上げた時は頭がパンク寸前で、まるで顔を認識できなかったが、今は出来る。気絶しそうなくらい美しく、気品あふれる顔立ちだった。どこかの国の王女の様な美貌だ。鋭い切れ長の目は獲物を狙う野獣の様な目つき、色白で小顔、赤くふっくらとした唇、黒髪ストレート。彼女は瞬き一つせずに、僕の顔をじっくりと見下ろしている。僕は、精一杯引きつった笑顔を作って、彼女の目を見つけながらぼそぼそと喋った。

「私のチンコはこれで起っていま…」

次の瞬間、右の壁に吹っ飛んだ。じわじわと頬が腫れていくのが分かる。僕は彼女にビンタされたのだ。壁に頭を打ち付けた。僕は頬を抑えて、泣き出した。屈辱などではなく単純に痛すぎて泣いてしまった。彼女は顔色一つ変えず、頬を摩りながら泣いている僕を静かに見つめた。

「つまんねーんだよ。もっと面白く、自分なりに工夫してやれよ。大人だろ?これからしっかり鍛え上げてやるよ。まぁ最初は私が指導してやるから、ありがたくおもいな。もう一度、私の目を見つめて、笑顔で、《僕ちんの糞皮チンポコはこんなチビチンでもおっきくなってまちゅ♪短小包茎でごめんなちゃい》って廊下に聞こえるくらい大きな声で叫んでご覧。出来ないともう片方の頬もぶっ叩いてアンパンマンになっちゃうよw」

急いで立ち上がった。もう迷っている時間は無い。恥よりもビンタの方が100倍も嫌だ。僕は、彼女の前に再び立ち、泣いて真っ赤になった目を細めて、さっき以上の笑顔を作った。

「僕ちんの糞皮チンポコはこんなチビチンでもおっきくなってまちゅ♪短小包茎でごめんなちゃい!!」

彼女は吹き出して笑った。お腹を抱えて目に涙を浮かべて散々笑った。僕は赤面し、気をつけの姿勢で彼女の前に立った。彼女に言われずとも、股間は隠さない事を覚えた。

「本当にやるとは思わなかったよwいやー、お前マジで面白いわ。隣りにこんな面白い奴住んでるとかw超ラッキー。そういえば自己紹介してなかったな。私は衣川楓。27歳、元自衛官だ。今日から隣で暮らすことになるからよろしくな。そして、今日からお前の上司で、お前は私の奴隷だ。私の事は、楓様と呼ぶように。返事は全て「はい、楓様!」だ。たまに呼び方を変えたりもするからな。お前の名前は聞かなくてもいい。…そうだなーチビチンとでも呼んでおくかwwちゃんとお店に行って表札作って、明日までに付けとけよwちゃんと私が確認するから。一人称はいつでも僕ちん。お前の部屋の鍵は私が預かる。トイレやオナニー、外出は全て私に届け出る。ちなみに私は、店を経営してるからほとんど家にいる。たっぷり遊んでやるから楽しみにしてろよw少しでも刃向うような真似をしたら、金玉を両方潰してから、警察に突き出すからなwどうだ、わかったか?……ん?あーあー」

ジョロジョロと流れ出た黄色い液体は僕の太腿を濡らし、足元に異臭を放つ水溜りを作った。この失禁は、今後の生活と人生に絶望した僕の届かない無意味な叫びでしかない…。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/06/29 (Fri) 20:52:03

「甥、亮太りょうた、十一歳」

 琴美の紹介は簡素だった。
 こんにちは、あたしが挨拶すると亮太くんはただ頷いてこちらを見上げた。目元にどこか琴美の面影がある。顔と腕の日焼けは野球少年特有のそれだった。

「どうしたの、この子?」

 尻をかく亮太くんを眺めながら春は問う。

「四人目、行きたいってうるさいんだもん。面倒よねー、ガキのお守って」

「ガキじゃねえよ」

 亮太くんは手を振りほどきあたしの後ろに回り込んで尻の続きをかき始めた。

「ガキじゃねえし」

「かわいくないでしょ? 迷子になっても探してやらないんだから」

「ならねえし」

「ママがさ、一緒に水着買ってあげてって。ねえねえ、どれにするか決めた?」

 琴美は亮太くんをいないものと決めつけ話題を逸らす。あたしたちはデパートへ向かいながら今年トレンドの水着について議論する。強烈な陽射しが剥き出しの肌に刺さる。振り向くと亮太くんがつまらなそうについてくるのが見えた。
 一緒に歩こっか、あたしは言って彼の手を取った。亮太くんははにかむように俯き歩幅を広げた。

「ほっときゃいいのに」

「あたし子供だ~いすき」

 腕を大きく振る。彼の手は振り子のように前後しスカートから伸びる太ももに当たる。もちろん、あたしが故意で当てている。甲が太ももをこするたび手に汗が滲んだ。目を合わせようとしない亮太くんの反応が初々しくて、面白かった。


 デパートについても手を離さなかった。
 夢中になったあたしはほとんど満員のエレベーターへ乗り込み彼に密着する。うまく壁際へ誘導し顔の前に胸を差し出す。ブラウスの薄い布地を通して亮太くんの荒い吐息を感じた。あたしは上昇していくデジタル数字を仰ぎそのことに気付かないフリをする。途中で人が乗り込み誤って・・・おっぱいを押し当ててしまう。おっぱいは顔の形につぶれ彼を圧迫する。鼻先で乳首がこすれ脚から力が抜けた。

「ごめんね、痛かった?」

「全然」

 赤面の亮太くんがつぶらな瞳で応える。瞬間、あたしの露出を完成させるただ唯一の眼差しだと確信した。快感を得るのに必要な〝視線〟を見つけた。


 水着売り場に着くやあたしたちは単独行動となった。亮太をよろしく、琴美は言ってお目当てのビキニを探しに姿を消した。春はホルター・ビキニにしようかタンクトップ・ビキニしようか悩んでいたが、好きなブランドがなかったらしく違う店舗へ行ってしまった。まさに完璧な御膳立てだった。

「亮太くん、あたしの水着選んでよ、これどう?」

 あたしは姿見ではなく、亮太くんに向かって水着をかざす。花柄のありがちなビキニだが彼の目には刺激が強いらしくまた俯いてしまった。

「……いいと思う」

「じゃあ、試着してみよっかな」

 試着室は人目に触れにくい店の奥に並んでいる。あたしは一番端を選び『荷物番』と称して彼を個室の前に立たせた。カーテンを閉めた途端、胸が高鳴った。いよいよだ、意気込むと手が震えた。当然、カーテンは閉め切っていない。彼のために十センチ開けておいた。
 見て……聞こえないよう呟きながらブラウスに手を掛ける。鏡に映るカーテンの隙間には退屈そうに歩き回る亮太くんの姿がある。どうやらおもてなしの〝十センチ〟に気付いたようでふと足を止める。あたしはゆっくりとブラウスを脱いでいく。

 ヘソが露出し、白いブラが後に続く。脱いだブラウスをハンガーに掛けるため横を向く。驚いたのか亮太くんが咄嗟に体の向きを変える。間違いない、彼の視線は今あたしに注がれていた。直に? 鏡越しに? どっちでもいいや。

 再び鏡と向き合う。隙間には亮太くんの姿がバッチリ映っている。あたしは目を合わせないよう注意しながらからホックを外し、お尻を亮太くんに突き出しながらスカートを下ろした。
 ブラとお揃いの白いパンティがお尻と共に曝け出された。あたしは前かがみのまま几帳面にスカートを折り畳む。お尻の割れ目にパンティが食い込む。解放感と興奮で鼓動が加速する。

 顔を上げると鏡越しに亮太くんの股間が見える。膨らんだおちんちんが苦しそうにテントを張っている。可哀想に……今すぐ引きずり込んで皮付きの可愛いおちんちんをしゃぶり尽くしてあげたかった。
 まだ毛も生えてないおちんちんはどんな味がするんだろう、考えながらブラのホックへ手を伸ばす。誤って・・・カーテンに手を引っ掛け隙間が広がる。ホックを外すと圧迫感がなくなり肺が広がったような気がする。ブラがキツいのはおっぱいが成長したせいかもしれない、という口実であたしは胸を揉む。

 鏡に向かって揉んでいると肩から紐が外れブラが落ちた。胸が露出し指の間から乳首が顔を出す。手の位置を変え下から揉みしだく。そのまま横を向きカーテンの隙間から直に亮太くんの目へ触れさせる。見て……あたしは声に出さず呟く。

「見て、十七歳のピチピチおっぱい、もっと見て」

 亮太くんの手が股間に伸びおちんちんをギュッと締め上げる。手は上下し次第に勢いを増す。それが背徳的だと心得ているのか、あたしのカバンで行為を隠しオナニーに耽る。
 嬉しかった。あたしのおっぱいでオナニーしてくれる亮太くんの手淫は雄々しく力強い。期待に応えなきゃ、あたしは鏡に向き直りパンティを下ろした。店内の冷房が股座を駆け抜けた時、やっと気付いた……おまんこがぐっしょり濡れている。

 糸を引く膣液は膝上に留まるパンティの軌跡だった。液体は太ももをなぞりよだれのようにだらしない。陰唇が熱を放ち同時に冷やされヒクつく。恥部はあどけない視線に犯され悦びを知る。
 これだ……あたしは察する。この快楽こそあたしが求めていたものの全てだ。
 気付くと膣口に指をあてがい摩擦を加えていた。パイパン好きなあたしの股間には毛が生えておらず、加減なしの指圧はダイレクトに陰部を刺激する。指の腹でクリトリスをなでるたび汁が溢れ膝が震える。

「あ……ん」

 かつてない快感で押し殺していた声が遂に音を孕む。
 見られながらする全裸オナニーは至福だった。鏡の向こうでは亮太くんもおちんちんをしごいている。よく見ると下ろされたチャックの奥からイチモツが覗いている。濡れて光る皮の被った亀頭はおまんこ目掛けて手淫され、我慢汁による卑猥な音を奏でながら徐々に近づいてくる。

 あたしは個室いっぱい脚を開き、彼に向かって尻を突き出しながら指を出し入れする。そうしながら勃起したクリトリスをこね回す。膣壁は下腹部を溶かしそうなほど熱い。痴態と醜態で気分が高揚し意識が遠退く。神経がくすぶり視界が点滅する。もう一人のあたしが喘ぎ、喘ぎ、喘ぎながらこの姿に下衆な一瞥を見舞う。見て……あたしは呟く。

「見て、あたしのツルツルパイパンおまんこ、見て見て見て、イクとこ見て、イクとこ……イッちゃう……あぁ……ぁんっ!」

 膝の蝶番が折れ、その場に手を着き肩で息をした。見られながら果ててしまった。罪悪感はない、あるのは恍惚めいた充足感だけだ。

「……お姉ちゃん」

 振り向くとこちらを見下ろす亮太くんの姿があった。顔は火照り息が荒い。毛のない包茎おちんちんが脈打ち、弓なりに反り立っている。竿を走る太く青い筋が皮の先端で枝分かれし、陰部を限界まで奮い立たせているのが分かった。

「いいよ……」

 あたしは笑みを投げかけもう一度彼の手を取った。

「おいで」

 土足のまま招き入れ、今度はしっかりとカーテンを閉める。
 あたしは亮太くんを鏡に押し付け激しくフェラした。根元まで咥え指先でふぐりの裏を刺激する。わざと音を響かせ根元から亀頭に向かってジュルっと吸い上げる。未熟なおちんちんは勃起してもストローのように細く頼りない。皮は余らずしっとりと亀頭に貼り付いている。手コキでカウパーを絞り出し飲み込む。垢が溜まっているのか少し臭う。

「お姉ちゃん……すご……気持ちいい」

 変声前の高声で喘がれるたびおまんこがキュンとすぼまる。

「おちんちん、綺麗にしてあげる」

 皮と亀頭の間に舌を滑り込ませカスを舐め取る。刺激が強いのか腰を引いてよじる。あたしは抑え込むようにして彼の上半身に手を這わせた。シャツの上から乳首をつまむとウッと低く呻いた。

「気持ちいい?」

「うん……変な感じ」

「亮太くんのおちんちん、おいしっ」

「おっぱい……触りたい」

 あたしはフェラしたまま彼の手を握りおっぱいまで導いた。手が届く高さまで背筋を伸ばし乳房を張る。亮太くんは不器用ながらもおっぱいを揉みまくり、あたしがしたように乳首をつまむ。

「お姉ちゃんのおっぱい……やわらかい」

「いいよ、どんどん触って」

 加減を知らない手つきがあらぬ刺激となりおまんこが再燃する。あたしはおっぱいを弄ばれながらフェラし、彼の乳首を責め、おまんこを掻き回した。膣液が溢れ床にシミを作ったけど手は止まらなかった。頭の中が白熱し見境がなくなっていく。彼が喘ぎ、あたしも喘ぐ。眩暈にも似た昂りであたしは二度目の絶頂を迎えた。

「おっぱい、しゃぶってよ」

 あたしは立ち上がりエレベーターでしたように彼の顔へおっぱいを押し付けた。十一歳の男の子はあたしの勃起した乳首をついばみ赤子へ還っていく。帽子が落ちる。唇を尖らせちゅぱちゅぱと音を立てる。

「ん……舌も使って……」

「こう……?」

 ベロっと舐め上げられた乳首が唾液にまみれジンジンと痺れる。敏感な二つの隆起は彼の顔を縁取って凹む。あたしは亮太くんを抱き寄せ太ももでおちんちんを挟み込んだ。

「ちんこ……ぬるぬるしてる……」

「お股の中、気持ちいい?」

「……あったかい」

「おちんちん動かしてみて」

 不慣れな腰使いだった。愛液のローションに包まれ素股される彼のおちんちんは徐々に首をもたげ会陰をこすった。少し腰を引くとカリがちょうどクリトリスの真下を通過し、そのつど下腹が痙攣する。

「お姉ちゃん、気持ちいいの?」

「亮太くんのおちんちん、気持ちいい」

「僕……なんか……」

「イキそう?」

「うん……また舐めて……?」

 あたしはもう一度屈んで望みどおりおちんちんを頬張った。

「いっぱい、熱いのちょうだい」

「きそう……出ちゃう……」

「亮太くんの精子、お口に出して」

「うん……出すよ、お姉ちゃんの口……に……出ちゃ……あぁ……っ!」

 跳ね上がった亀頭が精液をぶちまける。腰が浮くたび射出を繰り返す。勢いが弱まる前に強く吸い上げ一滴残らず搾取する。若いエキスは熱を帯び咽頭をドロドロと這って滴る。とろけた脳みそが意識を曖昧にしていく。あたしは精液を飲み下しおちんちんの産毛を眺めそれを数えた。数えながら、肩を掴んでいた彼の指先から力が抜けていくのに気づいた。

「真希、入ってる?」

 心臓が飛び上がって肋骨を叩いた。
 琴美だ。下の隙間から足が見えている。

「……何?」

 努めて冷静に応える。

「亮太どこいった?」

「……トイレだよ。お腹痛いんだって」

「あっそう。あたし春んとこ行くから。あっちの方が可愛いやつ多いんだって。一緒に行かない?」

「先行ってて……」

「あいよ」

 足音が遠ざかっていく。

「危なかったね」

 あたしは力なく笑いかけ、まだ元気いっぱいの彼の亀頭にキスをした。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/06/30 (Sat) 20:45:15

「硬いね、おちんちん」

「だって……」

 後ろから琴美がぶつかってきた。光くんに詰め寄られビキニの上から乳首を吸われている。

「んぁっ……もうちょっと……優しくして……?」

 言いながら光くんの頭を掴みおっぱいへ押し当てる。頷く光くんの顔が琴美のおっぱいに沈んでいく。チロチロと舌が見え隠れし乳首を舐め上げる。

「おっぱいおっぱい、おっぱいやわぁかい」

 音を立て吸い込むたび琴美が喘ぐ。

「おちんちん見せて」

 あたしはウィンくんの海パンを下ろし待ち焦がれたおちんちんと対面する。淡いベージュ色の皮に包まれた亀頭が飛び出し鼻を突いた。あたしは笑ってそれを頬張り舌で転がす。ウィンくんの勃起ちんぽは小さく根元まで咥えることができた。きつく吸い上げ、味わうたび肢体が強張り震える。

「おひんひん、ほんな感ひ?」

「しあわせ……」

 ふぐりを撫でながらつるつるのアナルをこすってやる。ヘソが引っ込み女の子みたいな声が漏れる。

「イキそう……」

「だめ」

 寸止めし優しくキスを促す。舌先で唇を湿し、重ね、おもむろに侵入する。舌の上で熱い吐息が混じり激しさは音を帯びて増長する。

「舌しゃぶって……んっ……」

 腰を屈めるとあたしと琴美のお尻がぶつかる。何度かこすりつけてる内誰かをここへ挟みたくなった。あたしは光くんを座らせ、おしくらまんじゅうの要領で彼の顔をお尻で挟み込んだ。光くんは揉んだり舐めたり頬ずりしたりしながら、どんどん押して! もっと強く! と声を張った。

 琴美の相手がいなくなったのでウィンくんに三人目を呼んでこさせた。現れたのは大智くんだった。
光、お前すげえことになってるぞ、鼻血出てるしよお。大智くんの言葉で振り向くと、鼻血を流しながら琴美のお尻にしがみ付く血まみれの光くんが視界に入りゾッとした。琴美が慌ててシャワーで血を洗い流し水を飲ませた。

「死んでもいいんだ、お尻の中でなら死んでもいいんだよ、もっと強く頼むよ顔が潰れても構わないから」

 光くんは隅っこで横になりうわ言を繰り返した。出っ放しのシャワーが体を濡らしている。あたしは無性にいじめたくなり、逆立ったままの光くんのおちんちんにかぶり付いた。

「ヤバイって、死んじゃうよ」

 琴美が大智くんの股間を撫でながら止めさせようとするがあたしは無視した。

「〝小さな死〟へ導いてあげる」

 光くんは腰をのけ反らせ荒く息を吐き続ける。お腹が素早く上下し足の指が開く。

「すっげ……口まんこ……口まんこ……真希ちゃんの口まんこ……」

 フェラしてると後ろからウィンくんが抱き付きおっぱいを揉みしだいた。彼に尻尾があったら犬の交尾みたいになってたと思う。

「真希ちゃんのおっぱい……気持ちぃ」

 ウィンくんの硬いおちんちんがお尻の上を滑る。束の間、それと分かるほど体を硬直させる。射精の前兆だ。

「イク……イッちゃう……」

 あたしは急いで振り向きおちんちんを取り替え口腔でそれを受け止めた。舌の上で亀頭が跳ね射出のたび咽頭を突いた。ぬるい精液がネバネバと喉を這った。精通したばかりなのか量は少なかった。

「じゃ、次の子と交代ね」

 ウィンくんがおぼつかなげに出て行くのを見送った後、あたしは光くんにトドメを刺すためフェラを再開した。

「あぁ……あああ……ああんぐ……んぐぅ」

 息の詰まる音と共に射精が始まった。ウィンくんより量が多く粘膜を溶かすように熱い。あたしは彼をまたいで、食道にへばり付いた二人分の精液をシャワーの水と一緒に飲み下した。

「調子どう?」

 四人目が来ないので琴美と大智くんの様子を窺う。琴美は大智くんを壁に押し付け激しくフェラしていた。唾液が顎を伝い首筋の汗と混じる。一時間前までは夢にも思わなかった光景だ。

「大智くんの包茎おちんぽおいしい?」

 琴美は頷きつつフェラをやめようとしない。小学生のおちんちんは勃起しても琴美の小さな口に収まるほどあどけない。口当たりがいいのか琴美は美味しそうにディープスロートを続ける。口をすぼめるたび彼の膝が震え今にも崩れそうになる。
 直後、海くんが恐々とした表情で入ってきた。鼻血を出して横たわる光くんやフェラされる大智くんを眺め、その表情は懸念の色をまとった。

「僕、やっぱりやめようかな」

 ゴール前の守護神は貞操まで守り通すつもりらしい。
 あたしは黙って彼の手を取りそのままキスした。海くんの身長はあたしと同じくらいある。首に腕を回し何度も唇を重ねた。額やこめかみから流れる汗を目で追い舌ですくった。

「好きなとこ、触って」

 海くんの大きな手がお尻を鷲掴みした。不器用ながら強弱がある。スイッチが入ったのか抵抗も遠慮もなくなっていく。

「お尻好きなの?」

「うん」

「座って」

 海くんの顔にお尻を突き出すとペロペロ舐め始めた。

「……おまんこ」

「見るの初めて?」

「ネットでなら……光がケータイで見せびらかしてた」

「舐めて……ん……っ」

 突っ込まれた舌先がうねる。溢れ出る愛液をすする音が聞こえる。眼前でフェラされる大智くんの恍惚げな表情と目が合った。大智くんが身を乗り出しあたしの唇を奪う。眼下で琴美が自分のおまんこをいじくっている。

「琴美、立って」

「何……ぁあ……んっ」

 琴美のおまんこはびしょびしょだった。指を入れると愛液が溢れすのこを打った。

「クリも……いじって……」

「俺、俺が舐めたい」

 大智くんが四つん這いになり琴美のおまんこへ吸い付く。琴美は体をヒクつかせ徐々に脚を開いていく。

「すご……これ……気持ち……ぃ」

 立っていられなくなったのか大智くんに覆いかぶさる。そのまま押し倒し膝立ちになると、彼の口におまんこを押し当てようとする。

「苦しい……」

「いいから、舐めて、舐めてよ」

 クンニさせながら後ろ手で大智くんのおちんちんをこする。半剥けの亀頭が天井を仰ぎ赤く発光しているように見える。

「おちんぽ見せて」

 海くんの競泳パンツは陰茎を象ったまま股間に貼り付いている。あたしはパンツの上から裏筋を舐め、裾から指を挿し込んで金玉をくすぐった。海くんは低くうなり脚をもじもじさせている。
 パンツを下ろすと大人顔負けの大きなおちんちんが跳ねるように飛び出し眼前で糸を引いた。上下に脈動し糸が切れる。包茎だけどカリのシルエットまではっきり分かる。竿は青筋が浮き立ち石のように硬い。短い陰毛がまばらに生えている。

「おっきいね」

「舐めて」

 今まで咥えてきたどのおちんちんより硬くて大きい。歯を立てないよう尿道口を攻めカウパーを絞り出す。舌で転がすたび竿が伸びふぐりが収縮する。今日何本目かも分からないおちんちんで顎の付け根が疲れてきた。

「あっ……ううあっ」

 大智くんの声が聞こえる。琴美は夢中で腰を振っている。

「イキそう? イキそうなの?」

「イクっ……イッ……ぅぅ」

「出して、精子いっぱい出して!」

 腰が浮き射精が始まる。ピンと張った脚が光くんを蹴飛ばす。精液の大半が琴美にかかり残りは壁や床に散った。

「すげ……気持ひいぃ」

「ねえ、ヒロくん連れてきて、私が呼んでたって伝えてよ。ほら起きて」

 大智くんをせっつく琴美はいつもの彼女のようであってどこか違った。性欲が琴美の中の何かを壊したらしい。あたしにはそれが分かったし、嬉しかった。
 ヒロくんはすぐにやって来た。クールな面持ちは変わらず、あたしは海くんのイチモツを咥えながら琴美が嬉しそうに彼に抱き付くのを見た。

「チューしよっか」

 ヒロくんが黙って頷く。琴美がねっとりと唇を重ね割れた腹筋を愛撫する。琴美のキスを初めて見た。頬を染めとろけた表情で唇に吸い付く彼女はすっかり雌の顔だった。快楽に溺れようとする女の下卑たそれだった。

「ヒロくん、私の好きなところ言ってみて」

「……全部」

「それはダメ」

「……手」

 ヒロくんは琴美の細い指が好きだと答えた。琴美は小さく笑み、その細い指の腹で彼の唇をなぞった。舌が顔を出し指を追う。追いつくやしゃぶりついて離そうとしない。

「おいし?」

「……ん」

「おっぱいも舐めて」

 ヒロくんが乳首をついばみ愛おしそうに揉む。琴美の喘ぎ声が響く。

「触って……おまんこ触って」

 琴美がヒロくんの手を取り膣口へ導く。あたしの位置からだと手元がよく見える。二人は絡めた指で陰唇をこすりクリを刺激する。そうしながらもう一度激しくキスし、舌をぶつけあう。二人の淫猥な姿態を眺めてるだけでおまんこが疼いた。

「海くん、横になってよ」

「……何するの?」

「セックス」

 挿れる価値のあるおちんちんを見つけた……否、〝おちんちん〟なんて呼称は無礼かもしれない。この立派なペニスをおまんこへねじ込んでみたいとあたしは思った。向こう側へ踏み出すなら今しかない、と。
 横たわる光くんを壁際へ追いやり空いたスペースに彼を仰向けで寝かせる。充血したペニスが脈打ち虚空を貫く。引っ張ればどこまでも伸びていくような気がする。亀頭はたっぷりの唾液でてらてらと輝いている。光輝は色欲をまとい魅惑に拍車をかける。
 海くんをまたぎ暴れるペニスを手で誘導する。陰唇をこすると膣液が滴り亀頭を濡らした。おまんこがペニスを咥え尽くすまで腰を落とす。

「見てて、おちんぽ飲み込むとこ」

「見てるよ」

「ほら……んっ」

 膣口がペニスの形に広がる。愛液のローションで亀頭がみるみる滑り込んでいく。ペニスは思ったより太く、腹部を圧迫しおまんこをほぐす。圧迫感は鈍い快感へ連鎖し熱を放つ。膣壁が喜悦するみたいに痺れ少年のペニスを味わう。日常的に物足りなかった欲の一部が満たされ肉体が充足していく。
 腰を動かし下腹に力をこめる。締め付けるたび海くんが腰を浮かせ快感を露わにする。

「突き上げて……デカちんぽで……んっ……おまんこ突き上げて……っ」

 彼の骨盤が尻を叩く。生えかけの陰毛が陰唇をくすぐる。些細な刺激は甘美なインパクトで脊髄を駆ける。眼下にいたいけな面立ちが転がっている……脆く、儚い。呼吸と抽送とが調和しリズムが整うたび一人の人間を支配した気になる。

「どう……あたしの中?」

「ぐちゅぐちゅで……あったかい……」

「ん……忘れないでよ、あたしのおまんこ」

 彼を抱き起こし座位で更に攻める。肌が密着し鼓動が共鳴する。何度もキスし乳首をしゃぶらせた。汗のにおいがする。

「乳首噛んで……もっと……んぅ……っ」

 噛まれるたび背筋が震えた。誰のものかも分からない汗が肌を伝う。

「立って……バックで突いてよ」

 壁に手を付きお尻を彼に向ける。脚を開き片手で入口を広げる。

「入るよ……ああ、入ってく」

 ペニスと入れ替わりで愛液が吐き出されていくのが分かる。鈍い快感が後を追う。立ってる方が締め付けやすく、ギュッとすぼめるたび膝が笑うほどの快楽に浸れる。

「デカちんぽ動かして、おまんこかき回して!」

「こう?」

「もっと奥まで……もっともっと!」

 手が滑り顔が壁に叩きつけられる。頬が熱い。壁の黒ずみが視界を焦がすように浮き上がっては消える。唾液が滴り線になる。瞬きすると視界がリセットされ意識がはっきりしてくる。突かれるたび頬がこすれ快感が疾駆した。

「ちんこ、ちんこ気持ちいい、きゅんきゅんして、溶けそうだ」

「海くんの……ぁん……デカちんぽ最高だよ……あたま……あっ……バカになっちゃう」

 膝が折れ床に這いつくばったままおちんぽをねだった。ちょうだい、もっとおちんぽ欲しいの。琴美とヒロくんが抱き合ったままあたしを見下ろしている。ヒロくんのおちんちんはギンギンに逆立って琴美のスマートな腹に埋もれている。

「見せてよ、琴美のセックス、あたしに見せて」

 二人は気まずそうな顔で見つめ合った後、

「いいよ?」

 琴美が上目遣いでヒロくんを一瞥した。それを聞いて何かを吹っ切ったようにヒロくんが琴美にキスをする。そのまま壁に押し当て亀頭をおまんこへこすりつける。爪を噛む琴美の手が震えている。

「俺、初めてなんだけど?」

「私もだよ……だから……怖くないでしょ?」

 琴美が股を開き腰の位置を下げ、ヒロくんの脈動する勃起ちんぽを抱擁していく。ピンク色の処女まんこが愛液で光っている。

「キツイけど……痛くない?」

「ちょっとだけ……あんっ……そこ気持ちいい」

 愛液で満たされた琴美のまんこは少年ちんぽを迎え入れる準備を整えているらしかった。男を知らない琴美のおまんこにはちょうどいいサイズなのかもしれない。琴美はすぐに腰を振り始めた。

「中……あっつい……」

「んぁ……っ」

 ヒロくんが片脚を持ち上げ対面立位で琴美を攻める。琴美はとうにバランスを崩し肩にすがってなんとか立っている。

「動いてる……おまんこの奥でヒロのおちんちん動いてるよぉ……」

「もっと聞かせて……かわいい声……」

「恥ず……かし……やだぁ……ああぁ……んっ……あっ……」

「すげ……締め付ける……」

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/02 (Mon) 18:26:07

彼の名前は、一ノ瀬 豹魔ひょうま13歳。


 最初は、気のせいかと思っていたが、ふと、学校の登校時に誰かの視線を感じる様になった。

 自分の勘とか、まったく鋭くは無いが、それでも、ネットリとした、舌で全身を舐め回されている様な、淫らな視線を感じた。

 その感覚は、登校時、毎朝続いた。
しかし、その度に前後左右を見渡しても、それらしい人? は見当たらなかった。

さらに、最近では、下校時の夕方以降でも、ジッと見られている感じがした……

「何だか、霊れいにでも、取り憑かれている様な感覚だよ。気味が悪いなぁ」と呟いて、学校から家路へと向かっていた。


 そんな時に、急に雷鳴が轟いた。
その後、辺りは突然、暗くなり土砂降りの大雨となった。
昼間は晴れて、天気予報も良かったのだが、最悪の状況だ。
傘も持っていない為、直ぐ横の高級マンションの出入り口の前で雨宿りをして、暫く雨の様子をぼんやりと見ていた。
いつしか、いつもの舐め回される視線は感じなくなっていた。


 高級マンションの前には、大きなブロンズ製の動物?の像があった。
翼が生えた犬……犬種は、垂れ耳のキャバリア・キングチャールズ・スパニエルにソックリと言うか、そのものに、翼を付けてあった。
翼を広げ、4本の足で力強く立っている、垂れ耳のキャバリアが、このマンションブランドの象徴であった。

このマンションの名は、キャバリア・キングマンション。

 豹魔の家では、昨年まで、キャバリアを飼っていた。名前は、シロだった。
目の前の像を見ながら《これ、シロと同じキャバリアだよなぁ、でも翼があると、ファンタジーの世界のグリフィンなどのモンスターの仲間みたいだな》と豹魔は、苦笑いした。

 シロは、市内の斎場(葬儀会場で火葬場も兼ねている)の一角に併設されたペットの火葬場で、燃やされた。

 受付の係員から、「いつ燃やすとか、決まってません。多分、明日か明後日になるかと思いますが、ある程度になりましたら、他のペットと一緒に燃やします。また、燃やす時間、及び燃やした後も連絡しませんのでご了承下さい」と言われた。

「焼却費用は市内の方のペットなら5,000円、市外の方のペットなら、1万円です」と言われた。
5,000円を支払って、シロに別れを告げた。
頬を涙が伝った……


 《今頃、シロは、何処でどうしているだろう?》翼を広げたキャバリア像を見ながら、豹魔は思った。
《お座りや待てを覚えさせたり、朝夕に散歩に連れて行ったり、抱きしめたりすると顔をペロペロされたなぁ》と懐かしさと淋しさと共に、シロと共有した日々の楽しかった時間を思い返していた。

その瞬間、再度、雷鳴が轟いた。

 豹魔の1メートル程、右横の階段の片隅に、靄もやのかかった一つの霊体が現れた。
しかし、霊感が無い豹魔は、気付く事は無かった。
その霊体は最初、大きなキャバリア像に驚いたが、豹魔に気付くと尻尾を振って喜んだ。
霊体は、シロであった。

 シロは、現れてから1分程、尻尾を振り続けて、ワン、ワンと吠えて飼い主である豹魔の周囲を回り、
存在を必死にアピールしたが、気付かれる事も無く、やがて消えていった。


◆ ◆ ◆


その時、出入り口のエントランスの扉が開いた。

一人の背の高く、胸の大きな、綺麗な大人の女性が傘を持って、豹魔の前に来て、微笑んだ。

《何処かで、見た事がある女性だ。うーん思い出せない……
出会った事がある様な、無い様な、でも、見た記憶がある……
そして優しくて、悪い人で無い印象もする》と豹魔は思った。

「貴方、いいえ、どちらかと言うと、坊やと言う感じかしら? この近くの子? 時々見かけるけど?」と女性が聞いてきた。

「坊やでは、ありません。もう中学1年生です」と豹魔は口を少しへの字にして答えた。

 すると、彼女は、前屈みになって、「うふっ、十分、100% の坊やだわ! 」とさらに微笑んで見つめてきた。

 前屈みになった時、自慢の100cmのバストが中央に寄り大きな谷間が出来て、豹魔の顔から30cmの距離に近づいていた。

 あたかも、獲物を引き寄せる罠の様に。
豹魔は、直視しては、失礼になると思い、赤面して、視線を誰も居ない横に逸らせた。

「この雨の降り様だと、いつ止むかわからないわ! この傘を貸してあげるから、遠慮せずに使ってお帰りなさい。返すのは、そうね……
今週末の土日のいずれかのお昼過ぎとかどう?
でも、坊やだから、1人で返しに来れるかしら?」と彼女は笑って言った。

思わず、再度の子供扱いに少しムッとした豹魔は視線を彼女の顔に戻した。

「このマンションは、毎日通るから迷ったりしないよ。
今度の土曜日のお昼過ぎ時には1人で返しに来れるよ。
ココに着いたらどうしたらいいの?」と聞き返した。


 思わず、彼女は、狙い通りの展開に内心では、淫らな笑みを押し隠し、それを優しい大人の微笑みに変えて「正面の出入り口にインターホンがあるの。
着いたら901をプッシュして! 私の名前は礼れい子!  鬼龍院礼子よ!」

 前屈みの状態から姿勢を直し、自らの腰に左手をやり、右手は、自慢の艶やかな髪の中を優雅に泳がせる様に、前から後ろに動かした。

一瞬、髪が煌びやかに舞った様に見えた。

 そして、《どうよ! テレビで何度も見た事あるでしょ! 名前まで言ったから、やっぱり、わかるよね!》と礼子は思いながら、豹魔の上から自慢気に微笑んだ。

暫く間が出来た……

「あ……はい……それでは、そろそろ失礼します。
僕の名前は、一ノ瀬 豹魔です。では、今度の土曜日に来ます……」と言って
豹魔は、傘を差してマンション入り口から雨の中を走って出て行った。

そのまま、礼子は固まっていた。

《私の事、知らなかったみたい? ……降板リストラよりショックなんだけど》

しかし、何とか平常心を取り戻し、エレベーターに乗り込んで、9階に向かった。


豹魔は、テレビアニメは見るが、夜のニュース番組とか、ほとんど見た事は無かった。
彼女の名前も知らなかったから、本人から名前を教えられても、わからなかった。

 そして、彼女の顔をテレビ画面で一瞬見かけて頭の片隅にインプットされても、流石にテレビで見たとは思っておらず、普段の街中の何処かで見かけたくらいかな? 程度に思っていた。


 それと同時に《あんな綺麗な大人の女性が世の中には、いるんだな……
胸の谷間が、凄かったなぁ……あ……何、思い出してんだろ》と再び赤面しながら豹魔は、家路を急いだ。


◆ ◆ ◆


9階まで、エレベーターは、ノンストップで到着した。

このマンションの通常のエレベーター4基は、2階から8階までしか行かない。

9階は、特別室の901のみの作りになっており、1階には9階専用のエレベーターが1基備わっていた。

礼子は、エレベーターを降りると、901の前に立ち、カードキーで、ロックを外すと扉を開けて室内に入った。


そして、お気に入りの皮被り付きの精巧な作りの男根が取り付けられた『鞍』のある部屋に向かった。

「あの可愛い坊や、たしか、名前を……しょうま君とか言ったわね」

『鞍』の前に座ると、皮被りの男根の先端近くに、右手を添えた。

「まさか、この私の名前を聞いても全然、驚く反応が無いなんて!
どう考えても、鬼龍院 礼子を知らないという事よねっ!」

 そう言い終わるな否や、妖艶な笑みを浮かべ、皮被りの包皮を一気に根元まで剥ききった。
そして、ピンク色に彩色された亀頭が顔を出した。
礼子は、それを、うっとりと見つめながら、根元まで引っ張った包皮を再び男根の先端まで強引に戻し、亀頭に被せた。

それを3回繰り返し、4回目に根元まで、剥ききってから、ピンクの亀頭にしゃぶり付いた。

「ひょうまくんのちんぽも、これと同じようにして上げるんだから、
坊やの皮被りちんぽ、剥いて食べてあげるんだからね!」

 10分程、淫らな妖魔ようまにでも、取り憑かれた様に舌を使い亀頭のカリの部分をなぞったり、
吸い付いたりして、豹魔のまだ見ぬ男根を想像しながら、しゃぶっていた。

その時、礼子の熟れた蜜壺は、すでに、十分過ぎる程に濡れていた。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/03 (Tue) 21:49:29

「はい、それでは課外授業を始めます。みなさん、集まって下さい」

 女教師は手を叩いて生徒たちを集合させた。背の高いスラッとしたプロポーションの女だ。胸は大きくお椀型、そしてウェストは見事にくびれている。白いワイシャツに黒のタイトミニといった服装で、それは身体にピッタリと張り付いていたのでプロポーションがよく分かる。
 鼻筋は高く透き通っていて、眼は切れ長、シャープな顎のライン、クール系の面差しだ。
 本来はかなりロングだと思われる黒髪を結い上げて束ねている。そのため細いうなじが目に入り、そこはかとない色気を醸し出している。
 いかにもなスタイルの女教師だ。オマケに眼鏡をかけている、しかも黒縁――本当にいかにもだ。

 生徒たちが彼女の周りに集まってきた。全員女生徒、五人だった。教室の前の方、幾つか机をくっつけて並べてあるところに集まる。女教師は彼女たちを見回し何度か頷く。出席の確認でもしているのだろう。
 女生徒たちは十五、六歳くらいに見える――彼女たちは女子高生といったところか。全員目を瞠る美少女ぞろいだ。クラスに一人二人はいるものだろうが、五人揃うということはそうはないのかもしれない。あるいは複数のクラスから集めたメンバーなのかもしれない。

「さて皆さん、かねてより要望があった男性器に関する授業を始めます。宜しいですね?」

 女教師の言葉、反応して女生徒たちは手前の並べた机を見下ろす。彼女たちの目は期待感の現れなのか、輝いていた。
 視線の先――机の上に一人の男子生徒が寝かされていた――全裸で。年齢は女生徒たちと同じくらい、同級生なのだろうか? 白くほっそりとした華奢な身体、男らしさは見られない。顔立ちも卵型で可愛らしい、ちょっと女の子っぽいところがある。でも彼は男、確実に男。その証拠が見事に提示されていたので、断言できる。
 彼は手足を結束バンドで机の脚に縛り付けられていて自由を奪われているのだが、両脚が大きく拡げられているので、当たり前なのだが彼の大事なものは女の子たちの目の前に晒されてしまっている――惜しげもなく、見事に。
 そこに男の象徴がちゃんと存在していたのだ――縮こまっていたが――――

 クスクス笑いが聞こえてくる。全員笑いを堪えようとしているが、無理みたいだ。男子生徒の有り様が可笑しくて仕方がないのだろう。一人が質問する。

「何なのです、この子?」

 彼女たちは例外なく彼の身体の一点に注目していた。股間の中心――男の象徴・ペニスだ。
 それは男子生徒の羞恥心を煽るのか、彼はつらそうな顔をして横を向いてしまっている。目はつむり、歯を食いしばっている姿に彼の心の中が垣間見える。

「この子は単位を落としそうでしてね、このままでは進級できない成績なのです。そこで私の授業を手伝ってもらうことにしたのですよ」

 手伝う事によって単位を与えようという話らしい。

「手伝うって……、それがこれですか?」
「そうですよ、彼は“喜んで”引き受けてくれました。」

 笑い声がどうしても漏れてしまう。女生徒たちは堪えるのを諦めたみたいだ。“喜んで”――というのがツボにはまったみたいだ。男子生徒は単位が貰えると思って、バイト感覚で引き受けたのだろう。それがこんな恥ずかしいことだとは露ほども思わなかったのに違いなく、この体たらくに陥った彼の有り様が可笑しさを拡大させた。
 女教師は男子生徒に顔を近づけて、囁くように話しかける。

「さぁ、始めますからね。あなたも頑張るのですよ」

 男子生徒は何も言えず、ただ震えるだけだった。だが突然彼の身体が撥ね飛んだ。

「コレがいわゆるペニスです。オチンチンとも言いますが、その方が親しみ深いですね」

 女教師が彼のペニスの先端をつまんだのだ。そして引っ張り上げる。女生徒たちの目の前でソレはビローンと伸ばされていった。
 授業が始まったのだ。

「ううっ、くっ――」

 男子生徒が呻いて身体を捩じらせた、痛かったのかもしれない。すると女教師はキッとした目で彼を睨んで言い放つ。

「動かないで下さい、皆さんによく見えなくなるでしょ」

 先っぽを抓む手の力が心なしか高まっているように見えた。男子生徒は更に呻くが姿勢は正した。よって彼の大事なものは女生徒たちの視界からは隠されない。
 女教師は更に引っ張りあげたので、先端が伸びていく。その様子を見て一人の女生徒が質問した、黒髪ロングのやや垂れ目の少女だ。

「ウフッ、先生、ソレ皮かぶっていますけど……フッ、普通そのくらいの歳の男の子なら剥けているんじゃありませんか? ククッ――」

 どうしても可笑しさを隠せないのか、質問の合間に笑いが漏れてしまっている。女教師は、しかしそんな彼女をたしなめるでもなく真面目な顔をして応えた。

「いわゆる包茎というものですね。成人男性でも一定の割合でこんな感じです」

 彼女は先端を抓むのをやめて、代わりに幹を握りしめた。未だに萎びたままのソレは女の手の中に隠れそうだった。

 ――カワイイね、あの子……

 女生徒たちの間からそんな声が聞こえてきた。それに反応したのか、男子生徒がビクッと身体を震わせる。女生徒たちの会話が耳に入ったのだろう。
 それは別として女教師は解説を続けていた。

「包茎といっても色々ありますが、大きく分けて二種類――真性包茎と仮性包茎に分類されます。――さて、この子はどっちになりますか、確かめてみますね」

 女教師は幹をしっかりと握りしめて、グイッと下の方へと動かす。すると帽子みたいに皮を被っていた先端が大きく口を開ける、そのままズルっと剥けてしまった。

「うん、この子は仮性包茎の方だったみたいですね」

 幹の先端に赤く充血したノーズコーン型のものが出現した。それはブルブルと震えていて、見ていて痛々しく感じられた。

「これが亀頭、大人の男はこうやって常に外気に晒しているものです。普通は――ですが」

 女教師はもう一方の手を伸ばして亀頭に触れた。そのまま指を絡ませ、サワサワと軽く撫で回す。

「うあぁぁっ、やめてぇっ!」

 刺激に耐えられないのだろう。男子生徒が非常につらそうに叫んだ。

「普段からちゃんと剥いておかないから、つらいのですよ? 皮に守られているから、強くなれないのです。そんなことでは一端の男にはなれません!」

 女教師は断固とした口調で言い放ち、亀頭への刺激をやめなかった。暫く男子生徒の呻き――と言うより鳴き声が教室に響く。

「ま、このくらいにしときますか」

 女教師は男子生徒の顔を見て微かに笑い、彼に話しかける。

「よかったですね。真性だったらもっと痛い目に遭ってましたよ」

 “痛い目”――その言葉の意味するものが何か……、男子生徒は理解できたのか否か――激しく身体を震わせた。

「無理やり剥いちゃうって訳ですね」

 一人の女生徒がニヤニヤ笑いを浮かべて発言した。ウルフレイヤーカットの大きなつり目をした少女だ。すると別の少女が言葉を継ぐ、ボブカットをしたパッチリ目の少女の言葉。

「ソレって無茶苦茶痛いらしいよ。こないだ弟にしてやったら、大声あげて泣き喚いちゃってさ……、“お姉ちゃん、許してぇっ”――てさぁ、傑作だったよ」

 自慢げに話す彼女に別の女生徒が突っ込む。赤っぽい色をしたウェーブのかかった髪をツインテールにした娘こだ。

「何してンのよアンタ、弟をオモチャにして遊んでたの?」

 それから何人もの女生徒たちが会話に参加した。

「あー、いいなそれ? アタシもオチンチンで遊びたいなー」
「うーん、いいよ? 今度、弟 貸したげようか?」
「えー、ホントー? 一晩貸し切りとかでもいい?」
「いいよー、気のすむまでオモチャにしてやって」

 楽しげに会話する女生徒たちの言葉が信じられないのか、男子生徒の目には驚きの色が表れていた。年頃の女の子が“オチンチン”とか、“遊びたい”とか、“オモチャにする”とか――そんな内容が信じられないのだ。

「でも私はこっちの方が興味があるな」

 一人の女生徒が男子生徒のペニスに顔を近づけて発言した。亜麻色のストレートな髪を肩くらいまで伸ばした少女、キリっとした眉をした切れ長の眼をしている。彼女はほんの目前にまで顔を近づけて女教師の手に握られている男の象徴を観察した。

「あー、好きだね、アンタも」

 他の女生徒たちが揶揄したように話しかける。しかし亜麻色の髪の少女は気にした風もなく応えた。

「純粋に学術的興味です!」

 キッパリと言い放つが、口元がにやけている。学術的興味云々は色々と疑わしいものがあるが、それでも熱心なのは確か。彼女は位置を変えながら色んな角度からペニスを観察していた。

「探求心があるのはいいことですね。――で、何か質問などはありませんか?」

 訊かれて亜麻色の髪の少女は女教師を見上げる。そして一つニヤリと笑って、発言した。

「このオチンチン、さっきから少しずつ大きくなってるみたいですけど、何でですか?」

 一同の間から笑いが漏れた――苦笑だ。何を今さら――なんていう声も聞こえる。女教師も一緒に笑っていたが、しかし彼女は質問には応えた――真面目に。

「男性器は刺激すると大きく硬くなるのです。これが勃起という現象です。こうやって手で握ってあげるだけでも反応する子もいますが、でも更に反応させるにはこうするといいのですよ」

 言うや、女教師は手を上下動させ始めた。ゆっくりと、リズミカルに、その白魚のような指先が男子生徒のペニスの上を滑っていく。

「ううっ、う――」

 男子生徒が呻き声をあげて頭を振る。苦しそうに見える。

「あ、凄い、スゴイ。見る間に大っきくなってきたわ」

 手の中のペニスがムクムクと頭をもたげるのが見て取れた。まるで微速度撮影した植物の成長を見るみたいだった。

「――つか、キノコの成長だね、コレ」

 言う女生徒の顔はウットリとしたものになっていた。頬が赤らんでいて、彼女が興奮してきているのがよく分かる。彼女だけではない、女生徒たち全員が明らかに興奮してきている。皆が目の前のソレに釘づけになっていて、全くと言っていい程に目を離さない。いかに惹きつけられているのかが分かる。
 その彼女たちの目の前で、男性器は新たな姿を見せる。いや、それこそが真の姿だと言える。女生徒たちは固唾を飲んで注目した。

「これが勃起です。この状態になった時、男は性交が可能になるのです」

 隆々とした起立、天を衝くように仰向く。幹のあちこちには血管が浮き出ていて、ブルブルと震えるのが見られる。赤い亀頭は何倍にも膨れ上がったようで、張り出した雁はマツタケのよう。そして尿道口からは何かの液体が溢れている。

「あれ、この子おもらししているの?」

 おかっぱ頭の少女がキョトンとした顔で言うが、隣の女生徒が困った顔をして彼女の肩を叩いた。しきりに首を振る様子は残念だと言わんばかりで、それを見たおかっぱ頭の少女は頬を膨らませる。

「何よぉ、おかしなこと言ったの、私?」

 すると女教師が応えた。

「おかしくはありませんよ。おもらしには違いありませんから」

 彼女は尿道口にもう一方の手の人差し指を当てて、ゆっくりと撫で回し始めた。すると溢れた液体が尿道周りに拡げられる。見ているだけで、それがヌルっとした感じの粘性の高いものだと分かる。

「ただ、これは尿ではないのです」

 おかっぱ頭の少女は質問する。

「え、じゃあ何なのですか? 精液ではありませんよね? 透明だし、てっきりオシッコだとばかり思ったんだけど……」

 思案顔になるおかっぱ頭の少女、そんな彼女を微笑ましい顔で女教師は見つめた。

「向学心のあることはいいこと。何事にも興味を持つ、疑問を抱いたら臆せず口にして質問してみる。それが向学心というもの。知らないってことは、何ら恥ずかしいことではありません」

 言葉の間も女教師の指先は動き続けていた。五本の白い指はそれぞれが独立した生き物のように動き――と言うより蠢き、少年の敏感極まる部分を責め立てている。それは男子生徒の興奮を高め、溢れる粘液の量は増大した。女教師は一度人差し指を強く尿道口に押し付け、それからゆっくりと離した。

「おおっ」

 一同の間で騒めきが起きる。
 指先と尿道口の間が一本の糸で結ばれていたのだ。屋外からの太陽光を浴びてキラキラと煌めくそれは奇妙な美しさを醸し出している。

「これはカウパー氏腺液というもの。男が興奮してくると尿道内から出てくる潤滑油みたいなもの。性交をよりスムーズに行わせるためにも必要なものです。私たち女が膣内から溢れさせる愛液と似た作用がありますね」

 女生徒たちの目はキラキラと輝いていた。目の前で現される男性器の変化というものに興味深々だ。一人が思わずといった感じで手を伸ばしかけた、おかっぱ頭の娘こだ。しかし思い直したように引っ込める。そんな彼女の様子に気づいた女教師は優しく話しかけた。

「触ってみたいのですか? いいですよ――と言うか、是非とも触ってみて下さい」

 そう言って彼女はグイッと手を動かし、濡れた亀頭をおかっぱ頭の娘こに見せる。その娘はゴクリと唾を飲み込み、一瞬躊躇した。

「どうしたのです? 興味があるのでしょう。オチンチンとはどんなものなのか、見るだけじゃない、触ってみてようやく分かることもありますから」

 おかっぱ頭の娘は小さく頷き、手を伸ばす。最初は恐る恐るだったが、最後は素早く掴んだ。蛇が獲物に飛びつく時の様子に似ていた。

「うぐっ、痛いっ」

 男子生徒が呻いた。女生徒の掴みが少し乱暴だったらしい。彼は苦しみもがくのだが、女生徒は全く気づいていないようだ。彼女の目は鷲掴みにした彼の象徴に釘づけになったままだ。

「スゴイ、熱くて硬い。それにドクドクいっている」

 目は大きく見開かれていて、潤んだ瞳の瞳孔は開いてきている。それは彼女が悦んでいる証あかしだ。彼女はペニスの感触を堪能するようにニギニギし始めた。それは悦びを与えたのか、尚更に嬉しそうな顔になった。

「いや、もうっ。何コレ? こっちの身体まで熱くなってきちゃうっ」

 実際に体温が上昇しているのか、おかっぱ頭の娘の顔は明らかに赤らんできていて、額には薄っすらと汗が滲んでいた。彼女は心底嬉しそうだ。

「へぇー、そうなんだ。ちょっとアタシにも触らせてよ」

 隣にウルフレイヤーカットの娘が寄ってきてペニスに手を伸ばしてきた。しかしおかっぱ頭の娘は全く反応せず、彼女にペニスを渡そうとはしなかった。そればかりか、扱き始めてしまったのだ。
 たちどころにクチュクチュいう淫らな音が鳴り響いた。手コキの圧力を受けたからか、カウパーが一気に大量に尿道口から溢れ出てしまいペニス全体を濡らした。それが手コキの動きに合わさり、淫らな音を鳴り響かせたのだ。

「うう」

 男子生徒が呻く、それは必ずしも苦しいだけのものとは思えなかった。眉は顰めていて、口は歯を食い縛っているのだが、悦んでいるようにも見える。

「ああ、スゴイ。私の手コキに反応してくれている」

 おかっぱ頭の娘は幸せこの上ないって顔になった。男子生徒の身悶えする姿に感激するものがあったからだ。

「もうっ、男の子を支配したって感じだよぉ……」

 何故か泣きそうな顔になって腰を震わせ始めた。彼女自身、身体の奥に疼くものが現れたようだ。
 しかし――――

「ちょっとアンタ、何勝手なコト初めてンのよ」

 ウルフレイヤーカットの娘は少し気色ばんで文句を言う。それで彼女もペニスに手を伸ばしておかっぱ頭の娘から強引に奪い取ろうとした。しかしおかっぱ頭の娘は頑として譲らず、手コキを続ける。それは邪魔されたからか、力が込められて乱暴なものになってしまった。

「うあぁっ! ダメッ、ああーっ!」

 男子生徒が大声で叫んだ、その瞬間だった。

「ひゃっ!」
「ええーっ?」

 尿道口から白いものが突然噴出、それは勢いよく飛び散り、一部は二人の少女の顔にかかってしまった。彼女たちは唖然として射精したペニスを見つめるだけだった。少女の手に握られたままのソレは未だ射精が収まらないのか、尿道口から白いものがドクドクと溢れ出続けている。まるで白い蛇か何かが這い出し続けているようにも見え、少し不気味なものがある。

「うわぁ、呆気なかったね」

 黒髪ロングの娘の言葉、彼女の制服にも少し精液がかかっていた。かなり勢いよく飛び散ったものと思われる。

「フッ、ちょっと予定外ですが、まぁいいでしょう――」

 女教師は苦笑いを浮かべている。言いつつ彼女はおかっぱ頭の娘とウルフレイヤーカットの娘を見た。二人はビクッと身体を硬直させた。

「別に怒りはしませんよ。後であなた達にも彼を射精させて貰うつもりでしたから。予定では最初に私がお手本を見せるのでしたがね。この子がここまで早漏だったとは、ちょっと予想外でした」

 女教師はおかっぱ頭の娘の隣に近づき、彼女に頷いた。無言だったが意味を理解したのか、握ったままだったペニスから手を放す。代わりに女教師の手にソレは握られた。
 女教師は暫く揉むようにしてペニスを刺激していたが、ある程度の硬さが回復したと見るや鷲掴みにした。そして男子生徒に目を向け一言。

「あなた、堪え性がなさすぎですね。ちょっとオシオキしますから覚悟して下さいね」 

 えっ、という顔をする男子生徒、その目には怯えの色が現われる。

「オシオキって、何をするんですかぁ?」

 だが女生徒たちは楽しそうだ。興味深々といった感じで女教師の手元を見ている。女教師はそんな彼女たちの期待に応えるように言った。

「射精したばかりのオチンチンを刺激すると何が起きるか、よく見ていて下さい」

 少し言葉を切って、彼女はペニスを握る手に力を込める。それから言葉を続けた。

「とっても面白いですよ」

 言って彼女は手コキを始めたが、直ぐに教室内に絶叫が轟いたのだ。

「いひゃっ、ぎぎゃぁっ、あうぅひぃぃーっ!」

 女生徒たちは茫然としてその有り様を目撃する。彼女たちの目の前で繰り広げられる痴態――或いは醜態? 男子生徒は思い切り泣き叫び、全身を躍らせている。首を激しく左右に振り、時に前後にガクガクと揺らす。手足はバタつかせようとするが、結束バンドできつく締められているのでそれは上手くいかない。それでも何とか逃れようと盛んに動かしている。腰も盛んに動かす――上下左右、何とか逃げ出そうと必死に動かしていた。
 だがそれは果たせない。彼のモノは決して女教師の手からは逃れられなかったのだ。どれ程動き回ろうと、吸盤で張り付いたように彼女の手は男子生徒のソレ――ペニスから離れず握りしめられたままだ。そして激しく責め立てられ続けた。
 女教師は盛んに手コキを繰り返し、時に逆手に持ち替えたりして扱きのパターンを変えていた。その責めの悉くが男子生徒に耐え難い苦痛を与えていたので、彼はもがいて叫びまくる醜態を晒し続けるのだった。

「にひいぃぃーっ、ゆ、ゆるし――て……、へぇえーっ!」

 もう発狂状態だ。

「何コレ? 何なの、この乱れよう?」

 女生徒たちは驚いていた。目撃した光景が信じられないのだ。

「私の手コキの時はこんな反応見せなかったよ? 何が違うの?」

 おかっぱ頭の娘の言葉、口元が歪んでいる。口惜しさみたいなものが表れているが、自分の時と反応が違いすぎるのが気に食わないのかもしれない。すると女教師が言葉を発した。

「射精したばかりのオチンチンを刺激するとこうなるのです。極めて敏感になっていて、ちょっと触られるだけで痛痒感に苛まれて耐えられなくなるのです。それを情け容赦ない高速手コキの刑に処しているのだから、こうなるのは当たり前。彼は今、股間全体に走るむず痒さの嵐に呑まれて発狂しそうになっているのです」

 腰を激しくバウンドさせて泣き喚く男子生徒、助命嘆願の声を上げるが決して聞き遂げられない。彼は決して収まらない痛痒感の嵐に翻弄されているのだ。

「やめっ、いや……、はぁあん……」

 か細く消えていく声、まともに言葉を繰り出すのも困難になっていた。しかしそれでも女教師は容赦せず、責め続けた。

「これが直後責め、言うことを聞かない男を屈服させる一つの手段になりますよ。よく覚えていて下さいね」

 続いて彼女は男子生徒にも話しかけた。

「これに懲りたら、もう少し我慢することを覚えなさい。今度やったら、もっとヒドイことをしますからね!」

 そして両手で手コキを始める。左右で別方向に捻り始め、根本から亀頭へと螺旋を描くように指を滑らせ扱き上げていく。雁首を通過する時は意図的に強く握りしめ、殊更に亀頭を刺激する。

「きぃいいぃーっ、いやあぁぁぁーっ!」

 責め手は変わる。一方の手は亀頭を捏ねり撫でまわし、もう一方の手は幹を捻り扱き上げ始めたのだ。二つの手コキパターンの同時攻撃、それは男子生徒をトコトン追いつめた。

「いひゃ、らめぇ……、漏らひひゃふ、もにゃあぁ――」

 一層激しく腰を反らした瞬間だった。陰茎の先端から激しい飛沫が飛び散ったのだ。

「え、また射精?」
「いや、何か違うよ」

 飛び散る飛沫は透明だったのだ。見ただけでも精液とは質の違うものだと分かる。粘性は低く滑々したもののように見えた。

「フッ、また早いですね」

 仕方がないなという顔をする女教師、彼女は亀頭を掌の中に包み込んで、それ以上は飛び散るのを防いだ。そのままグンと力を込めて抑え込んでいく。
 そしてしばしの静寂――――

 女教師は大きく仰向いて息を漏らした。そのまま女生徒たちの方を振り向く。笑みを浮かべているが、少し疲れているように見えた。額には汗が少し滲んでいたのだ。
 彼女は男子生徒のペニスから手を放して女生徒たちに掌を見せる。それは滑々とした透明な液体で濡らされていた。

「これが“潮”というものです。女の子でも起こる現象なのですが、男の場合は特に射精直後に刺激を続けると噴き出すことがあります※。射精とは違うものなのですよ」

 女生徒たちは感心して見ていた。

「これって、かなり気持ちいいみたいですね?」

 亜麻色の髪の娘が訊く。彼女の目は男子生徒の方に向けられている。その彼は気絶でもしたのか、白目を剥いていた。そんな有り様を見て女教師は苦笑いを浮かべる。

「気持ちよすぎて、地獄の苦しみを味わうみたいですけどね」

 静かな笑いが教室を包み込んだ。

「さて、授業はまだ続きますよ。オチンチンをどう扱うと男は悦ぶのか、或いは苦しむのか――その全てをあなた方に教えてあげますからね。期待して下さい、いいですね!」
「はいっ!」

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/04 (Wed) 21:40:58

樫田の再教育が終わった後も、彼と若菜の関係は続いていた。
 以前に比べて幾分か男女の仲に近付いたものの、根本的な部分は変わっていない。つまり、ペットと飼い主のそれに限りなく近い主従の仲だ。
 樫田が再教育クラスに在籍している間の二人は、女子寮の一室で共に過ごしていたが、今はそうではない。
 だからと言って、全うな学生のように健全な関係になった訳でもないのは、前述の通りだ。
 もとより最も目を付けられやすい頭髪に関する校則を破っている若菜にとって、男子寮に忍び込むぐらいのことは、息をするのに等しいものだった。
 彼らの淫らで倒錯的な行為は、もっぱら樫田の私室で行われ続けていたのである。

 ある晩秋の晴夜、机に向かっていた樫田の耳に、窓をノックする音が届いた。そんなことをするのは若菜ぐらいのもので、彼は嬉々として窓辺に寄った。
 窓の向こう、眩い月明かりの下に若菜が立っている。目が合うと、彼女は微笑んで片手を開けた。
 樫田が窓を開くと、若菜は女性らしからぬ動きで部屋に上がり込んだ。
 どうやら彼女は遊びに出掛けていたらしく、余所行きの格好をしていた。
 ミニスカートから黒いタイツに覆われた脚をすらりと伸ばし、身体の輪郭がくっきりと浮き出るようなセーターを着ている。その上にコートを羽織っているが、それは肩に掛かっている程度で飾り以上の効果はないように思えた。
 若菜の脱いだ靴を受け取り、彼女の為に用意した靴置きに乗せながら、樫田は訊ねた。

「外は寒かったんじゃない?」

 彼女と出会ったばかりの頃に見せていた、おどおどとした様子は微塵も感じさせない軽やかな口調だ。

「ああ。秋と言っても、ほとんど冬に片足を突っ込んでいるようなもんだからな」

 ほら、と言って若菜は、両手で樫田の頬を挟み込む。
 頬に触れた彼女の手がとてもひんやりとしているのを認めて、樫田はその手を掴んで頬から離した。
 それから若菜の手を温めるようにぎゅっと握り直した。
 しばし二人はそのままの体勢で、黙って向かい合っていた。
 若菜がふふ、と笑い声を上げた。
 どうしたのかと樫田が訊ねると、彼女はこう言った。

「すっかり女子にも慣れたもんだな、と思ってな。昔のお前なら手を繋いだだけで射精するんじゃないかってぐらいだったのに」

「宮久保さんのおかげだよ」

 彼女と過ごす内に異性という存在に慣れることが出来た。
 共に過ごした時間の長さもその要因であるが、それ以上に手と手の接触などは大したことではないと思えるほどに淫らな行為を重ねてきたのが大きい。
 淫らな行為と言っても、一般的なそれとは少し異なっているのは、二人の関係性からして言うまでもない。
 樫田が若菜と接する中で得たものは、異性への慣ればかりではない。
 愛玩動物としての振る舞い、つまりは甘えることを学んでいた。
 少し照れくさそうな表情を浮かべた樫田がこう告げた。

「宮久保さん。……して欲しくなっちゃった」

「ん?」と首を傾げる若菜だが、その表情は彼が何をして欲しいのかを既に察しているようだった。
 ますます照れた顔をしながらも、樫田ははっきりと言った。

「エッチなことして可愛がってください」

「全く。おねだり上手になりやがって」

 若菜の声音は嬉々としていた。
 どちらが女子か分からなくなるような手荒さで樫田を抱き寄せた。
 夜の外気がもやのように若菜に纏わり付いているのを、樫田の嗅覚が認めた。
 若菜の手が樫田の頬に添えられる。
 樫田は眼前の強気な瞳がうっとりと潤んでいく様に見惚れて、吸い寄せられるようにして彼女にキスをした。
 先に動いたのは樫田であったが、すぐに主導権は若菜へと移っていった。
 樫田は、口腔に押し入って来た舌が激しく蠢くのを受け止め、流し込まれる唾液を嚥下した。

 キスの際にも二人の関係は変わらないかに思えるが、そうではなかった。
 主導権を握っていながらも、必死になっているのは若菜の方だ。
 彼女の頬は赤く染まり、身体はどんどん熱を帯びていっていた。
 樫田が薄目を開いて若菜の表情を盗み見る。閉ざされたまぶたを長い睫毛が彩り、整った顔立ちは切なげに歪んでいた。
 程なくして、若菜が音を上げるように口付けを解いた。
 息を乱す彼女だが、満足している様ではなかった。その瞳は物欲しそうに潤んで妖しく輝いていた。
 再び樫田の方から動いて口付けを再開する。
 小さく悲鳴を上げた若菜だが、ひとたび唇が触れ合えば、先と同じく突進するような勢いで舌を伸ばした。

 彼女がこうもキスに熱中するのには理由がある。
 取り立てて樫田の舌使いが巧みな訳ではないが、舌と口腔に関しては性器ほどの個人差がないからだ。
 つまり、若菜にとってはキスはセックスの代償行為だった。
 以前に一度だけ試みたことがあるのが、やはり樫田のそれでは若菜を満足させることは出来なかった。
 若菜の口から不満を告げられた訳ではないが、さすがの樫田にも察しはついている。彼は口腔に広がる甘い痺れに酔い痴れながらも、心のどこかでは寂しさや無力感を覚えずにはいられなかった。
 樫田が若菜に甘えるのは、そうした心の隙間を埋める為でもあった。

 互いの唾液がそっくり入れ替わり、舌の感覚が麻痺していく。
 あまりの快感に舌は、とろりと溶けて混じり合い、一つの柔らかな塊になったのではないか。そう錯覚するほどに長く激しい口付けの末、若菜は満足げな顔でベッドに腰掛けた。
 火照った顔に優しげな笑みを浮かべて「おいで」と樫田を呼んだ。
 近付いてきた彼を若菜が抱き締め、ベッドに倒れ込む。
 樫田の方からも腕を回し、彼女に抱き付く。胸に顔を埋めながら、猫なで声で何度も名を呼び、好きだと告げた。
 それから「脱がせて欲しい」と若菜にせがんだ。
 若菜は樫田の頭をくしゃくしゃと撫でたあと、全ての衣服を脱がせてやった。
 全裸になった樫田はベッドを下りて、床に座った。
 上体を起こした若菜が彼を見下ろして訊ねる。

「次はどうして欲しい?」

「宮久保さんの匂いを嗅がせて欲しい」

「またそれか。まあ、私が始めたことだから仕方ない」

 渋々といった口調だが、表情はその限りではない。
 若菜は彼女の匂いを嗅いだ樫田が、ペニスを膨らませ、亀頭を我慢汁に濡らす姿を見るのが好きなのだ。
「ほら」と投げ出された、タイツに彩られた足に樫田が顔を押し当てる。鼻を鳴らして蒸れた匂いを堪能する。
 樫田のペニスは若菜が期待していた通りの反応を見せた。
 はち切れんばかりに怒張し、ぴくぴくと律動している。
 蒸れた足の匂いを充分に愉しんだ後、樫田は発情した顔で若菜を見上げて言った。

「わ、腋の匂いも嗅がせて欲しい」

「仕方ないな」と、言葉とは裏腹の嬉しそうな声を上げながら若菜がセーターを脱いだ。
 キャミソール姿になった若菜が、腕を大きく上げて腋を露わにする。
 しっとりと汗が滲んだ滑らかな窪みは、女陰に劣らぬほどの淫靡な気配を纏っている。
 花に群がる蝶のように、樫田はゆらゆらと若菜の腋に顔を寄せた。
「くすぐったい」と若菜に叱られるまで、執拗に鼻を鳴らした。

「なあ、今どうなってるのか、見せてよ」

 若菜にそう言われて、樫田はベッドを下りて立ち上がった。
 彼の男根は、どれだけいきり立とうとも、おのずから包皮が剥けることはない。亀頭をすっぽりと覆う皮の先端は巾着袋の口に似ている。無数の深い皺の間には水気が滲んでいた。
 その様相を見つめる若菜は熱に浮かされたようになっていた。

「樫田のおちんちんは、いつ見ても可愛いな」

 妖しい笑みを浮かべて言いながら、それへと手を伸ばす。
 ほんの僅かに手が触れただけで樫田は「あう」と呻いた。
 若菜はくすくすと笑ったが、それは嘲りではなく、彼の反応を可愛らしい、微笑ましいと感じた結果だ。

「宮久保さん。宮久保さんの手で……剥いて欲しいです……」

 樫田の懇願を受けて、若菜は筒状に丸めた手で、彼のペニスを覆った。それからゆっくりと、本当にゆっくりと根元へ向けて手を下げていく。
 一秒を一時間に引き伸ばされているのでは? と疑うほどに焦らされながら包皮を剥かれる。
 その快感に、樫田は大いに喘ぎ、身悶えた。
 やがて亀頭が完全に顔を出す頃には、完全に腰砕けになっていた。
 下半身をガクガクと震わせながら、その場にへたり込む。

「剥かれただけで立っていられなくなるなんて、本当に敏感だな。……それに、こんなに濡らして」

 そう言って、若菜は亀頭を濡れ光らせている我慢汁を指で拭い取った。
 指先の粘液をぺろりと舐め上げてから言う。

「もっと愉しんでいたいけど、明日のこともあるからな。そろそろ出して終わりにしようか?」

 樫田としても名残惜しかったが、彼女の言うことももっともだ。
 仕方ない、といった調子で頷く。

「そうしょげるなよ。……そもそも、射精は射精で気持ち良いんだろう?」

 それももっともだ。
 下着だけの格好になった若菜がベッドに仰向けになり、その上に樫田が覆い被さった。
 それだけを見れば樫田が若菜を抱かんとしているように感じられるが、そうではない。
 樫田の胴体は、背に回された細い腕で抱き締められ、我慢汁でぐっしょりと濡れたペニスは、肉感的な白い太ももに挟み込まれていた。

「いっぱい気持ち良くなって、可愛く射精するところを見せてくれ」

 若菜に頭を撫でながらそう言われたのを切っ掛けとして、樫田が腰を振り始める。
 ローションを用いたのではないかと疑うほどに滑らかに、ペニスが太ももの間を行き来する。それだけ大量の先走り汁が分泌されていた。
 腰の動きに合わせて、くちゅ、くちゅと湿った音が部屋に響く。
 次第に腰振りを激しくさせていく樫田は、絶頂の影がにじり寄ってくるのを認めていた。加えて、それに抗う術がないことも。
 むっちりとした太ももが作り出す心地よい圧迫感。後頭部を優しく撫で付ける若菜の手。彼女の身体から立ち上る女の匂い。「気持ち良い?」「可愛い」と慈愛に満ちた声音で紡がれる言葉。
 悦びと興奮がペニスをどこまでも敏感にしていくようだった。
 肉棒の根元へ向かって、睾丸がきゅっとせり上がった。
 樫田が切羽詰まった声を上げた。

「宮久保さんっ、も、もう出ちゃいそうっ、だ、出して良い?」

「あ、待って、待って。少し身体を離して顔を上げて!」

 今にも理性を突き破り、白濁液という形を成して体外に溢れ出してきそうな快感をなんとか堪えて、樫田は若菜の求めに従った。
 若菜は嬉しそうに樫田の顔を見上げて言った。

「射精する時の可愛い顔が見たかったんだ。これで大丈夫。……だから、ほら、出して?」

 どこかうっとりとして聞こえる若菜の声に促されるまま、樫田は熱いものを迸らせた。
 ぶびゅるっ、びゅるる!
 太ももの間でドクドクとペニスが脈動する感触を確かめながら、若菜は樫田をきつく抱き締めた。

 ややして、樫田がゆらりと身体を起こした。

「宮久保さん……」

 彼が名を呼ぶと、若菜は柔らかく微笑んだ。

 かつては二人の縁結びの役を果たした、樫田の小さく短い包茎。今の二人にとってのペニスは些かな障害と化しているが、若菜はそれを愛しく感じ始めている。
 それゆえに、若菜は半ば強引に樫田を仰向けに寝かせて、彼の股間に顔を埋めた。
 射精したばかりの敏感なペニスを口に含まれ、尿道に残る精液を吸い上げられる。くすぐったさに身悶える樫田だが、そこまで愛して貰えているのだと思えば、全く嫌な気はしなかった。
 彼らの仲が如何なる変化を辿るのか――短小包茎なりの美点を見出し、一般的な男女のような仲になっていくのか、あるいはより強固な主従関係を築いていくのか――それは誰にも分からぬことなのだった。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/07 (Sat) 16:52:58

数日後の放課後帰ろうとしていた僕に下品でケバい化粧をした3年生の純子さんが教室に入って来た。
「コウちゃん、ちょっと付き合ってよ」と僕の腕を引っ張って僕は放送室に連れて行かれた。

放送室には純子さんの子分らしき二人のスケバンが居て、以前渡辺達に性的虐めを受けていた女子の先輩、里香さんが何故か国語教師の佐野英子先生を連れてきた。

佐野英子先生は先生になってまだ日が浅く、清楚な感じがしてスタイルも良く綺麗でもあり凄く可愛い。
明るくて生徒からは凄く人気があるが、僕にはどこか冷めたような冷たい感じを受けていて僕は佐野先生があまり好きではなかった。
僕は、純子さん何?えっ?何するの?って思ったけど純子さんの言われるまま僕は椅子に座った。
学校内の噂では佐野先生は教育委員会の偉い人と結婚しているとらしい
その佐野先生に純子さんが

「佐野、さっき言った様にコウちゃんに性教育と女の身体を教えてあげな」

「……ぅぅ、で、でも……」

「でもじゃないよ!さっさと脱ぐんだよ!私たちが脱がしてあげようか?服は破くけど?」

「わ、解ったわ」

佐野先生は恐る恐るジャケットに手をかけ、ゆっくりとブラウスのボタンをはずして行く。

「さっさと脱ぎな!勿体つけない!
佐野が秀君に後ろから突かれてヒーヒーヨガってるのを何度も見てるのよ。あんた渡辺や佐藤達からも輪姦されてよがりまくって何度もイッたそうじゃない。
あっ、そうそうあんたお尻の穴でもイくそうね?渡辺が言ってたわ。
渡辺と佐藤に前後から突かれて、あの臭くて気持ち悪い立花のチンポをシャブりながらイきまくってたそうじゃない?
立花君のおチンポ美味しいぃ!とか言って立花の精子を飲んでたそうじゃない。
立花の精子は美味しかった?」

「あぅっ、ううぅっ。…はい。……解ったから…すぐに脱いで身体を説明するから…もう言わないで下さい…」

と急いで服を脱ぎ、エロい下着も取って全裸になり直立の姿勢をとった。

「相変わらずエロい身体ね。でも保健体育の教科書じゃないんだからちゃんと股を拡げてクリやマンコの中や感じる場所をコウちゃんに解るように触りながら説明しなさいよ!」と頭を思いきり叩くと

佐野先生はM字開脚をして指でオマンコを拓きながら
「女性のオマンコは多少の個人差があるけれどだいたいこんな形をしているの。
ここが大陰唇でここが小陰唇。ビラビラね。
そしてこの突起がクリトリス。女性の一番敏感な所。
ほら、こんな風に皮が被っているけど皮を捲って行きなり直接触られると痛くなるから優しく触ってね。
優しく触られると気持ちよくなってオマンコの中からエッチなお汁が出てくるの。おマンコはこの中よ、清永君見える?こう拓いたらよく見えるでしょ?先生のおマンコからはもうエッチなお汁が出てるでしょ?」

純子さんが「もうそろそろいいわね。佐野、コウちゃんに優しく教えてあげな。ちゃんと優しく教えるんだよ!後でコウちゃんに聞くからね!」と言いながら僕にウィンクをして純子さんを先頭に放送室から出ていった。

佐野先生は純子さん達が居なくなると途端に表情を変えた。「はぁーっ!」とこれ見よがしに溜め息をつき、感情の無い冷めた言い方で
「ここに寝て」と言った。
僕が寝ると先生は乱暴に僕のズボンとパンツを同時に下げ、まだ皮の被った僕のチンポを握り顔を近付けて僕に聞こえる声で嫌みのように
「うっ、臭っ!臭いと思ったら包茎ね!汚い!」と僕のチンポに「ペッ!ペッ!」と何度も唾を吐きかけ手でシゴく。

僕のチンポは最初から勃起していたが先生は唾でベチョベチョになったもう一度チンポに「プエッ!」と唾を吐きかけて汚い物でも触る様にチンポを支えて僕を跨ぎ騎乗位で挿入した。
そのまま腰を上下させると僕は先生の中に出した。
その間先生は声を出すわけでもなく僕の事を見もせず、ただおマンコで抜いてやったって感じだった。

僕が先生の中でイクと先生は黙って僕から離れ服を着だして僕の方に目もくれず
「貴方もさっさと着なさい」
と僕に着衣を促すと直ぐに出ていった。
こうして訳が解らないまま僕の初体験は終わった。
先生には全く感情が無く純子さんに言われたから僕に(身体を貸しただけ)の気持ちだったんだろうと思う。
気持ちが良いのは確かだが、心は全く満たされないどころか罪悪感でいっぱいだった。


終わった後放送室に純子さんが来て「コウちゃん、どうだった?気持ち良かった?先生はちゃんとしてくれた?」

僕は本当の事を言いたかったが言うと先生がまた純子さんに虐められると思い
「はい。気持ち良かったです」と答えると

純子さんは僕を抱きしめ、頭をなでながら
「うん。うん。良かったね。本当は私で良いよって秀君に言ったんだけど秀君がコウちゃんの初体験はお前みたいなアバズレじゃなく良い思いでにしてやるんだ。なんて言うのよ。失礼でしょ?
コウちゃん、またエッチがしたくなったら言ってね。
佐野を連れてくるから。嫌なら私でも良いからね」とウィンクをして去っていった。

僕は何故か解らないけど純子さんからは秀君以上、いや、姉以上に可愛がられた。
僕は内心(ケバいし下品な化粧で清楚ではないけど佐野先生よりも純子さんの方がよっぽど綺麗だし優しいし、何故か懐かしい感じがする純子さんにお願いすれば良かった)と後悔していた。

僕の中学生活は快適で純子さん達3年生が卒業しても秀君のお陰で虐められる事は無かった。
僕は女性とはからっきしで女性とは付き合った事も無く、佐野先生と初めてをして以来全く無く、毎日毎日オナニーに耽った。


僕が二年生の時に中学3年生の秀君は地元の暴走族に入った。
その暴走族は渡辺の従兄弟の克己が立ち上げた暴走族で渡辺や立花も入っていてリーダーの克己は以前秀君にやられていて、秀君の腕っぷしの強さを知っているし以前克己をやった事を自慢をする事もなく誰にも言わない秀君を親衛隊長にして他所の暴走族を襲い傘下に納めていき秀君の暴走族は県下一番の巨大な組織になった。

徐々にリーダーの克己よりも暴走族内では秀君に権力が集中し、リーダーは名ばかりになるが、秀君は傲らず克己を立てる。克己も秀君に任せ集会にも参加する回数が減って秀君が実質リーダーになっていた。


その暴走族の傘下にレディースが有る。以前克己の彼女だった絵里さんがリーダーだがレディースの親衛隊には純子さんがなっていた。
里香さんも親衛隊で純子さんの補佐をしている。

渡辺や立花は、レディースのリーダーの絵里さんに媚びていて、立花に至っては絵里さんだけじゃなく純子さんの事を姉さんと呼び敬語で呼んでいるほどだった。

僕も秀君に付いて暴走族の集会にも行ったし、レディースの集会には純子さんに頻繁に連れて行かれた。

たくさん居るレディースの皆の前で
「したい女がいたら誰でもして良いからね」と純子さんは里香さんに目配りをすると里香さんがレディース全員に向かい

「この子がしたいって言ったら絶対させろ!解ったな!」と大人しい里香さんが男言葉で皆に言ったのには驚いたが、
「「「「「はい」」」」」と統率の取れたレディース達は全員が声を揃えて返事をしていた。

純子さんは僕に耳打ちして「コウちゃん、私でも良いのよ」と言いニコッと笑い頬にキスをする。
純子さんから向けられた笑顔はいつも僕を赤面させた。



百人近く居る暴走族で地元でブイブイ言わしていると当然地回りから目を附けられる。
地回りは秀君に近付き秀君もヤクザの後ろ楯は今後役に立つと思い秀君も積極的にヤクザに近付いた。

秀君が暴走族のリーダーになってからはあまり秀君とは接点が無くなったが、たまに合うと
「コウちゃん、不自由してないか?メシは食ってるか?」と気を使ってくれるし

行動場所が同じなのか?何故か?新聞配達に行く途中や帰り等で頻繁に会う純子さんに至っては
「コウちゃん、私とヤりたくなったら何時でも言ってよ。」等と横に里香さんが居ても、からかい半分で僕を抱き締め頬にキスをしてくるし、会えば必ずラーメンやうどんを食べさせてくれ、ハンバーガー等を買って持たせてくれる。

(時が経って純子さんが高校を卒業してからも純子さんとは偶然だが頻繁に会った。
卒業してもラーメンやうどんを食べさせてくれ、時には喫茶店や高そうなレストランに連れて行ってくれたりもした。とにかく純子さんとは週に何度も会ったし会えば必ずご馳走してくれた。)

街で悪で有名人の秀君やレディースでリーダーで街のスケバン達の人望を一手に集める純子さんに可愛がられる僕の事を皆が振り向きある意味憧れの眼差しを向け、それを理由に言い寄って来る女子も居たが僕は何故か女性と付き合う気がなく。と言うより秀君や純子さんに近付きたいが為に僕に言い寄って来るのが解ったからだろう。




そんな時、街で偶然出会った秀君と喫茶店で秀君がタバコを吸いながら食事をしている時に青少年補導員に補導された。
補導員は男女一名ずつで男性補導員から名前、住所を聞かれたが秀君はデタラメを伝え僕もそれに会わせた。補導員から散々説教され、女性補導員は秀君には厳しい目を向けていたが僕には優しい顔で諭すような話っぷりだった。

説教だけで解放された僕と秀君はその喫茶店に戻りまたタバコを吸いながらスパゲッティを食べていると
「コウちゃん、今の補導員の女は良い女だったな。25歳は過ぎているだろうけどありゃ良い女だったよな。ああいう女を自分の彼女にしてぇよなぁ?コウちゃんもそう思っただろ?」

「うん。純子さんと同じくらいスゴく綺麗な人だった。」

「だろ?コウちゃん見とれていたもんなぁ?
あの女はいくらコウちゃんでも讓らねぇよ(笑)」

「解ってるって。秀君あの人を落としてよ。そして飽きたら僕にもやらせてよ?」

「おぅ。任せろ。やっとやる気になったか純情少年(笑)」

僕等にはそれが現実的では無い事も解っていて、秀君が奢ってくたミートスパゲッティを笑いながら楽しく食べた。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/08 (Sun) 22:02:32

僕を押し倒した志乃さんは僕を跨ぎ服を脱がし下着も取った。
「志乃さん、待って、僕まだシャワーを浴びてない」

「コウちゃん、良いの。このままで。コウちゃんの匂いコウちゃんの味を味わいたいの」
と志乃さんは文字通り頭の先から足の先まで、足の指の間も体を味わう様にまた、僕の感じる所を確かめる様に至る所を舐めていった。
うつ伏せにして背中や手、太股の裏脹ら脛踵、足の裏と舐めていき、僕の尻を上げ尻だけをつき出させた格好にすると僕の肛門に舌を這わせた。
洗って無い尻を舐めさせるのは恥ずかしく。
「志乃さん、そこは恥ずかしいから止めて」

「コウちゃん、お願い、時間が無いの」
と言う。
志乃さんが言う時間が無いと言う言葉は理解出来た。
志乃さんは恐らくどうしようもない病気でもう長くないんだろう。
僕はそう感じて志乃さんの思うままにするように体の力を抜いた。

「このままで、ありがとう」と再度僕の肛門に舌を這わせた。
凄く気持ち良い。小さく出る声。

志乃さんは舌に力を入れて僕の肛門に舌を突き刺すと、アッ!とさっきより大きめの声が出た。
志乃さんは肛門を解す様に舌を入れていく。舌が全部入ったんじゃないかと思うほど入れられて尻の感覚が無くなっていく。

志乃さんは舐めるのを止めて仰向けにして足を開き膏丸や裏アリの戸渡を舐めチンポを目の近くでマジマジと眺めて
「夢にまで見たコウちゃんのおチンポ。嬉しい」と優しく触る。

僕のチンポは包茎で皮が長く先がつぼんでいる。
勃起してもつぼんでいる。手で剥くと剥けるが、激しく剥くと若干の痛みがある。

志乃さんが手で剥こうとすると僕が少し痛そうにしたので、皮を被ったままのチンポを口に含み皮の先っぽの穴を探し出して舌を捩じ込む。
余った皮の中に志乃さんの舌が進入してきて皮の中から亀頭を舐めていき徐々に剥け出したチンポは志乃さんの口の中で完全に剥けた。

1度口から放した志乃さんは
「コウちゃんのおチンポは私が何時も綺麗にするからコウちゃんは洗わないでね」
と亀頭に付いた白くベチョっとしたチンカスを舌で掬って味わう様に口の中で舌を転がしていく。
「コウちゃん、美味しい!ごめんなさい、下品ね。でもコウちゃんの体から出ていると思うと凄く美味しいの」
志乃さんは僕のチンポに付いたチンカスを全部舐めとり、チンポを口に含み舌で僕が感じる部位を確認しながら舌を動かすと、僕はそれまで我慢していたが、堪らず
「志乃さん、もう、出る。放して」

志乃さんはそのまま舌を激しく使い首を振り立てると
「志乃さん、もうダメ!」と志乃さんの口の中に精液を爆発させた。

志乃さんは僕が出すタイミングに合わせながら舌で亀頭を転がし射精に快感を増幅させてくれた。
僕の精液を、ゴクンっと飲み込んだ志乃さんは
「コウちゃん、もう我慢しないで。コウちゃんの想いのままにして」と微笑んでもう一度括れも含み、勃起したままの僕のチンポが更に固くなると志乃さんは僕のチンポを根元まで飲み込んだ。
カリの部分を喉で締め上げ根元を舌で刺激されると射精したばかりなのに今度は志乃さんの喉に直接精液を注いだ。

「コウちゃん、嬉しい」
とまた口に含みもう既に僕の好きな部分を完全に把握した志乃さんはピンポイントでそこを責めはち切れんばかりになったチンポを握り、僕を跨いで自分のおマンコに騎乗位で入れた。
「あぁ!コウちゃぁん。イクゥ!」
と入れた瞬間にイッた。

「コウちゃん、ごめんなさい。浅ましくて…でも私我慢できなかったの。凄く気持ち良いの。」
入れたまま志乃さんは僕に覆い被さり耳元で囁いた。

志乃さんは一旦僕から離れコップに注いだ水を含み口を何度も濯ぎもう一度口に含むと僕に口移しで水を呑ませてくれた。

そのまま熱いキスに移行して行き僕のチンポはまたギンギンに勃起する。
「コウちゃん、今度はアナルも試してみて?」

と僕のチンポを握り、騎乗位でアナルに入れた。
「アッハ~~~ンッ!コウちゃん!どっちも気持ち良い~ッ!
ごめんなさいぃ!コウちゃん、私、アナルだけでイクゥ!コウちゃん!コウちゃん!全部気持ち良い~ッ!コウちゃんも気持ち良くなってぇ~ッ!」

僕も凄く気持ち良くなり志乃さんのアナルに精液を出した。
志乃さんは自分のアナルに入っていたチンポを咥え綺麗に掃除をしてくれる。
僕はオシッコがしたくなり、志乃さんを退け様とすると、志乃さんは
「お願い、そのまま私のお口にコウちゃんのオシッコを注いで?
コウちゃんから出るものを全部私の中に欲しいの」

と少し甘えた表情で僕を見る。
その目は「過去の私の凌辱を清めて?お願い

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/09 (Mon) 21:14:50

刑期を終え、1文無しになった佐野英子を渡辺美樹雄は匿っていた。
匿っていたと言うより何日か居ても良いよ。って言った筈なのだが英子は勝手に渡辺の家に住み着いていたのだ。
英子は教員免許も剥奪されて地廻りの嫌がらせで夜の店はおろか風俗でも働く事が出来ずにこっそり街角に立って安い金額で体を売って美樹雄に匿って貰い薬を売って貰っていた。


渡辺美樹雄のアパートで水パイプを吸った英子は外国人労働者の居る町へ向かった。英子は刑務所から出て来た後、持っていたお金やマンションは若いイケメン達の罠に嵌まって全て取られ、一文無しになっていた。
栄泰ヨンテも死刑が確定して、大野教頭にも会いに行ったが取り合っても貰えず、誰も居なくなった。
途方に暮れていたところに渡辺と偶然出会った。

渡辺はまだ薬の売人をしていたが、渡辺の従来の気弱で大人しく優しい性格が全面に出ていて、英子が行く所が無いと泣くと、暫くうちに居て良いですよ。と情けをかけた。

渡辺のアパートは狭いが几帳面な性格が出ていて、キチンと整理がなされている。
英子は何度か夜の店で働いたが、店に地廻りの嫌がらせが来て、どこも雇ってくれるところも無くなり、仕方なく行ったソープでも同じように首になった。
英子は客を取ろうと街角に立っていたがそれも地廻りに邪魔をされ、隠れて外国人労働者に安い値段で体を売っていた。

英子は渡辺から薬を売って貰う金が無く、一段と美しくなった渡辺とセックスがしたいのもあるが、ただで薬を手に入れようと渡辺を誘惑した。
しかし渡辺には興味が無いと断られた。

英子は仕方なく隠れる様に、安い値段で外国人労働者に体を売り火照った体を鎮め一回3千円程度の金を貰い薬代に宛てていた。

そんなある夜、渡辺が英子に
「もう、売人を辞めようと思うの。隠れて生活するんじゃなくて、真面目に働いて普通の暮らしがしたいの。だから佐野先生、真面目になるかここを出て行って欲しいんです」
と話すと、英子が狂った様に怒り出して
「あんた何言ってんの?元はと言えばあんた達に絡んだお陰で薬に手を出して、私は財産を失ったんじゃない!あんたの所為だからね!売人辞めるなんて許さないわ!」
と、英子は渡辺の頬を張った。

張られた渡辺は下を向き大きな目に涙を貯めて、何も言わなくなった。
英子はそれから徐々に横柄になって行き、渡辺に家賃や生活費は勿論、薬代も渡さなくなって行った。
渡辺がお金の事を持ち出すと英子はヒステリックに怒り、あげくの果てには渡辺に暴力を奮い渡辺の服を脱がそうとした。
渡辺はそれには抵抗したが、英子には敵わなかった。
全裸にされた渡辺の体を見た英子が笑い出した。
渡辺の胸が膨らんでいたのだ。
乳首も男にしては大きくまさに女の胸の様だった。
それに比べ元々小さかったチンポは更に小さくなっていて、ちゃんと剥けていた亀頭も皮で隠れ、ウエストにも確り括れがある。
小さなチンポさえ無ければ女にしか見えない。
散々笑われた後
「あんた女になりたかったの?オカマだったのね。気持ち悪い。
今後私に逆らうと立花に言うよ。立花はあんたの気持ち悪い体を見たら喜んで犯すでしょうね。ハハハハハハ。
四つん這いになって肛門を開きなさい!」と蹴り飛ばされた。

渡辺は泣きながら四つん這いになって両手で尻を開いた。
英子は笑いながら渡辺の肛門に指を入れ、激しく出し入れすると渡辺は泣きながら喘ぎ声をあげだした。

渡辺は元々女性ホルモンが多い体質で小さな頃から病院に通っていて、小学校高学年の時に治ったと思い、病院に行くのを止めていた。
それが中学生になると以前に増した速度で女性化が進みだした。
体も大きくならず、声変わりもせず、大人になるに連れ段々胸も膨らんで来て、おチンチンも立ちにくくなり、オナニーもしなくなった。
筋肉も落ちて行き筋力も弱まり力も無くなって行く。
中学半ばから女子よりも体力は劣っていたのを自覚していた。

このままでは男子どころか女子からも虐められるのは必至だから従兄弟の克己の威を借り一年生の時から虚勢を張っていたのだ。
同級生でケンカ実力ナンバーワンの立花が媚びて来たのは都合が良かった。
立花を従える様に出来て、ケンカや暴力は立花にさせて美樹雄は後ろで威張っていれば皆が美樹雄を怖がってくれた。

美樹雄は水泳の授業等上半身裸になる授業はサボり、人前では絶対に裸にはならず、したくもないセックスしたがそれ以上にセックスをした振りをした回数の方が圧倒的に多かった。

しかし睾丸が小さくなりだしてからは特に速度を増した様に女性化は進んで行きチンポも退化したように小さくなった。
今では立っても長さは3センチにも満たなく、太さも竿の部分は1センチもない。まるで赤ちゃんのおチンチンだった。

美樹雄にひっついて来る立花が美樹雄を見る目は日に日に厭らしくなって行く。
意味もなく頻繁に体に触れて来るし、トイレでもワザワザ美樹雄の隣で小便器に並びチンポを覗こうとするし、じゃれあう振りをして股間を触って来るし偶然を装い尻を触って来る。
そんな立花が怖かった。

もし立花にバレでもしたら確実に犯されて、変態の立花から性奴隷にされるのは解っていた。
ヨンテからはフェラをさせられていたがヨンテは口が固く顔に怖い似合わず無理を言わなかったが立花の暴力性としつこさと変態性が怖くてたまらなかった。

英子に暴力を受け、英子のメイドのような日々が何日か続いたある夜、アパートに地廻りが押し掛けて来た。渡辺と英子は一緒に連れ出され、別々に監禁された。






地廻りの英子に対する怒りは相当な物だった。

外人から仕入れた薬を売って荒稼ぎをする美樹雄も地回りから目をつけられていた。
その二人が一緒にいると言う情報を掴み地廻りは美樹雄に家を襲撃して美樹雄と英子を拉致して、二人を別々の場所に監禁した。

美樹雄は鎖に吊るされ体を竹刀で叩かれると、泣き出して許しを乞うた。
鎖から解放されてももう何も抵抗せずに震えながら地廻りに素直に従っている。
美樹雄は檻に入れられ拷問の傷を癒しながらも地廻りは美樹雄の爪の間に針を刺したりして泣きじゃくる美樹雄の気力を奪い完全に洗脳していく。
美樹雄は檻の中に入って来た多数の変態集団にレイプをされた。
アナルを犯されフェラを強要されても洗脳された美樹雄は抵抗せずに泣きながら汚いチンポに舌を這わせ尻を掲げ従順に犯されていく。
レイプは丸二日間続いた。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/10 (Tue) 21:41:28

地廻りが白衣を着たジジィを連れて、体をぐたっとさせて動けない美樹雄の檻に入って来た。
白衣のジジィは美樹雄の睾丸の裏に注射をした。女性ホルモンをとホルモンの分泌しやすくなる薬で、その注射を射たれるとおチンチンじゃなく下腹部の奥の方が疼き出す。

毎日の様に白衣のジジィが注射を射ち変態達が何人か来て、美樹雄を犯して行く。
美樹も感じているようで自分からキスをねだる事もあった。

ここに来てからは元々小さかった美樹雄のチンポは半分以下になり太さは小指よりも細く、長さは2センチにも満たなくなった。
芯が無くなった様な感じで自分で剥くのも容易ではない。

注射を射たれると下腹部のどこかは疼く。おチンチンを擦っても余り気持ち良くないがイキたい。
以前変態に犯された時に使われたバイブを自分でアナルに入れるとイく事が出来て、薬の影響もあり、美樹雄は四六時中アナルにバイブを入れてオナニーをした。

そんなある朝、何故か美樹雄は解放された。
街で歩いて帰ろうとしていたら警察に職質を受けて、美樹雄は薬の売買で逮捕され実刑判決を受けた。
解放されたのは警察に美樹雄が売人だと言う情報を流し警察は美樹雄に逮捕状が出ていたからだった。


刑務所に入った直ぐに美樹雄は先に入っていて組の情報を貰った地廻りの囚人達の玩具になる。
美樹雄の噂はあっと言う間に刑務所内で広まり、美樹雄は刑務所の囚人全体の玩具になって行くが暴力や虐めをされるより玩具なって可愛がって貰う方が楽だし犯されるのも嫌ではなくなっていた。

美樹雄が刑務所から出て来た時は美樹雄はもう完全に男ではなくなっていた。
刑務所内で自分は女性だと思わされ女性ホルモンの分泌も増えたのだろう?胸の膨らみも大きくなり、おチンチンは更に小さくなっている。
刑務所で美樹雄の体を見た刑務官が独房に移して隔離させる決定をされたのは美樹雄が出所をした後だった。

美樹雄が刑務所から出て来て、初めて買ったブラのサイズがD65だった。


自分の事は美樹と呼び元々女顔で綺麗だった顔に化粧をすると街で男が振り返る程の美人になっていた。
ミニスカートを履いて地廻りの事務所に更正しました。と挨拶に行き、自分は女として生きる事を宣言して地廻りに許して貰った。

地廻りには此所で働くなら豊胸手術と女性ホルモンの投与でもっと女にしてやると言わたが、女性ホルモンはして貰ったが豊胸手術は断った。
地廻りの経営するSM倶楽部でニューハーフM嬢として働く事になった。

SM倶楽部での指導役の女性は美樹の中学校の後輩でかつてレディースでレイ子の従姉妹でレイ子の下に付いていた京子だった。
中学時代、身長も小さく華奢で女子より可愛い美樹雄が学校をしきっているのに強い憧れを持ち、美樹雄を見る度に胸をときめかせていた。

京子はレイ子の従姉妹だけあって骨格もがっしりしていて、身長もレイ子や純子よりも頭半分高い。
京子はレディース時代からレイ子より3つ下だが喧嘩が強く従姉妹のレイ子とは仲が良く、一緒にブイブイ言わせてたが絵里のチームに負けて、レイ子より随分後からドールにされた。

京子は従姉妹でもあるレイ子とは今でも頻繁に連絡を取っているしメモリーの常連客でもある。
京子がレディースを引退して、純子が紹介してくれたSM倶楽部でS嬢として働き、京子にとってSMの仕事は趣味と実益を兼ねさせる天職だった。
しかしSM倶楽部に来る客は変態オヤジばかりでレズ気の強い京子には少し物足りなくもあった。

そこに美樹がM嬢として入ってきた。
地廻りから美樹が美樹雄である等美樹の素性を知らされていた京子は、中学時代にあこがれていた美樹雄が更に美しい女子になり、SM倶楽部でM嬢としての美樹の指導を京子は買って出たのだった。


ボンテージに身を包んだ京子は目の前に全裸で正座をしている美樹の頬を思いきり張った。
美樹は目に涙を溜める。
「美樹。レディース時代はあんたからもヤられたわねぇ?あんたのチンポは小さいし入ってる気がしないから苦痛じゃなかったけど立花は苦痛だったわ」

「京子さん、許して…」

「誰が京子さんだ?!京子様だろうがぁ!」
また、パッチーンと音が大きく出る様にビンタを張る。

頬を抑えて涙を溢した美樹は
「申し訳ありません。京子様」と床に額を擦り付けた。

「お前、女になったんだってなぁ?股を広げて見せてみな?」

美樹は震えながら「はい。京子様」と股を開き京子の目の前に股間を晒す。

「ほぅ。醜いねぇ。
オッパイは私より大きいわね。あら、小さかったチンポはさらに小さくなって、赤ちゃんのチンチンか女性のクリみたいだねぇ。
あら、良く見たら小さいけど金玉もまだ有るのね」と京子は小さくなった美樹の睾丸を握る。

「ギャーッ!」と声を上げまた涙を流した美樹は
「痛いぃぃ。京子様、醜くて申し訳ありません。」

「そんな小さな金玉でも握ると痛いの?(笑)
あんた今日から私と寝食を共にするのよ。嬉しい?」

美樹は少し怯えた顔で
「はい。京子様。嬉しいです。宜しくお願い致します」

「ウソを言うんじゃないよぉ!」とまた大きな音をたててビンタを張られる。

美樹は「ウソじゃありません!」
と言うが京子は何度も何度もビンタを張り、鞭や蝋燭、浣腸の責めを受け、恐怖に体は震え何度も失神をして、疲れはてた美樹は京子に抱き抱えられる様に京子のアパートに帰った。

京子のアパートで美樹は京子の為に掃除をして食事の用意をして風呂の用意をする。
一緒に入った風呂では美樹の体を使って京子の体を洗い、髪を洗う。
風呂上がりは京子の体を拭いてドライヤーで京子の髪を乾かす。

京子がベッドに入ると
「美樹、おいで、一緒に寝るよ」と優しい言葉を掛けた。
美樹は「失礼します」と京子のベッドに入ると京子が美樹の上に乗り
「今日は辛かったね。私が癒して上げるね」
と体を触り、美樹にキスをする。
美樹は何だか凄く嬉しくなり美樹の綺麗な瞳から涙が溢れる。
美樹の乳首を口に含んだ時美樹が
「アアァ、京子様、勿体のぉございます。私が…私にご奉仕させて下さい」

「良いのよ。美樹。今日は辛かったでしょう?
また明日から立派なM嬢になる為の厳しい調教よ。
さぁ、横になりなさい」

「はい。京子様」

「美樹、プライベートの時は京様って呼びなさい。」

「はい。京様」

美樹は京子に優しく抱かれた。
京子に抱かれ、幸せな気分になり体を痙攣させて何度も絶頂を迎える。美樹は京子に何度もキスを求めた。
美樹は京子を見た時、昔自分が京子を犯した事を覚えていて、仕返しをされると思っていた。
事実M嬢としての調教はきつかったがオフの時は凄く優しくしてくれる。
でもケジメをつけるために上下関係は存在する。

「美樹、明日は休みだから一緒に買い物に行くよ。
あんた服は清楚であんたに似合って良いけど下着が地味だから、お客様はあんたのプライベートが気になるのよ?
店外でお客様に呼ばれた時恥ずかしいでしょ?
私が選んであげるからね?
それから明日は露出調教もするわよ。恥ずかしいけど多分あんたは凄く感じちゃうから。
大勢人が居る交差点パンチラしたり、デパートやコンビニで知らない男の前でしゃがんで見せ付けたり、ノーブラで下を向いて乳首を除かせたりするのよ」

話しているうちに美樹は想像しての期待なのか?興奮てしまい、赤ちゃんのチンポより小さくなった美樹のチンポが固くなった。
それに気付いた京子が美樹のチンポを触り勃起しているのを確認すると
「美樹、想像して立っちゃった?そんな事じゃ明日大勢の人の前でイッちゃっても知らないよ(笑)
美樹はイク時に痙攣するからとても立っていられないわよ(笑)」

「……京様…私…恥ずかしい……」

「明日はもっともっと恥ずかしいわ。美樹、さっきは何度もイッたけどドライだったから今度はフェラとアナルを苛めてイかせてあげるわ。足を広げて膝を抱えなさい」

「はい。京様」

と言われた通りに膝を抱えアナルを上に向けると、京子はローションをタップリ塗って指を美樹のアナルに差し入れた。
京子から優しく時には激しくフェラチオをされながらアナルを指で刺激され美樹は固くなった赤ちゃんの様なチンポからトコロテンで沢山の精液を京子の口中に放出した。
男だった時も含め、女になってからも大勢の男に散々犯された刑務所内でのセックスを思い出しても、これ程気持ちが良いセックスは生まれて初めてで美樹は京子が大好きになっていった。

美樹は完全に京子を信頼し、京子も中学の先輩で憧れていた美樹の事を妹の様な存在に思える様になっていた。京子に調教されるうちにますます美樹は京子を信頼し、依存して行く。
京子も美樹が可愛くてしかたないようになっている。

M嬢としてデビューして、かなりのお金を稼げる様になっても美樹は京子と暮らし家事は全て美樹が行い、京子のお世話をする事に幸せを感じていた。


それから5年が経った。
今でも美樹は京子の世話をしながら京子と一緒に暮らしている。収入も数倍に上がり二人は純子や絵里が住むマンションの同じフロアを買って、そこで暮らしている。
美樹は京子への依存度が益々増し、以前より更に女性らしくなり胸もホルモン剤が合ったのか?Fカップまで成長していた。
京子も知らず知らずのうちに美樹に依存していて、京子の生活の全てを美樹が世話をするのが当たり前になっている。
京子は髪も短髪にして男言葉しか使わなくなり、SM倶楽部では殆ど男装で、プライベートでは男装しかしなくなっている。正装の時も男物のスーツをバシッと決めると、背も高くイケメン男性にしか見えない。


SM倶楽部での客は男性ばかりではない。
女性客も居る。京子の客は一部を除き女性客が殆どだが、美樹はニューハーフM嬢なので割合としては女性客の方が多い。

M嬢に対する調教は女性客の方が強烈で美樹が本気で嫌がり本気で泣いても女性客は許してはくれない。

この日の女性客もそうだった。
その妙齢の女性客はデップり肥えた巨漢。
事前予約を必ず取って来る美樹の常連客。
かなりの年齢差のある会社経営者の妻らしく立たなくなった夫のチンポに慢性的な欲求不満で我慢が出来ず、夫のチンポを無理矢理しつこくシャブって「止めてくれぇ」と夫は夜が来るのを怖がったそうだ。
夫が家に帰って来る日が少なくなり、夫が帰って来ない寂しさと溜まった欲求不満を美樹にぶつける為にこの日は一昼夜美樹を買ったと店の店長に言っていた。

美樹はこの美しい容姿でNG無しだから、人気があるM嬢なので一昼夜ともなると金額もそれなりに張るが、会社経営者の夫が金で住むならと、この女性客に金を与えているので金銭的には問題は無い。この日もSM倶楽部には前金で払っていて、延長の可能性も伝えていた。

女性の家に訪問した美樹は泣きながら散々舐め奉仕をさせられた。
おシッコを飲まされ、糞をした後のティッシュの代わりに糞が付いた肛門を舌での洗浄もさせられた。
女性客は何度かイッて少しは満足した女性客は美樹を外に連れ出した。

美樹は膝丈のシックなワンピースを着ていたがそれが気に入らないとデパートに買いに来て、真っ白で裏地の無い超ミニのタイトスカートのスーツと足の付け根までの編みタイツにハイヒール。
極薄で襟元の開いた少しタイトな透け透けのシルクサテン生地で黒のブラウスにスーツのジャケットはヘソの部分での一つ釦。下着は真っ赤なオープンカップブラ。ジャケットを脱ぐと形の良いオッパイが丸見えで胸の下を飾るセクシーなオープンカップブラ。
ブラと同色セットでまるで褌にしか見えないタンガ。
裏地の無いタイトスカートから真っ赤な褌が透けている。少し屈んだりエスカレーターや階段でも下から真っ赤な褌が見えてしまう。
薄化粧で清楚なイメージの顔なのにド派手な衣装はギャップが有り人の目を引く。
街でチラチラ下着を見せながら強制露出をさせられた。

以前に美樹は京子に連れ出され露出をさせられた時は恥ずかしいけど京子が側に居る安心感で凄く感じて触らないのに大衆の中、体を痙攣させてイッてしまった。
が、お客様であるこの女性から露出調教をされても全く感じる事もなく、恥ずかしいのと同時に恐怖を感じていた。

美樹は京子とは完全に主従の関係が構築されていて美樹は京子しか見えなくなっているのを改めて感じた。

その姿で電車に乗せられると、嫌でも周りから注目を浴びる。
電車を降りてスカートの中を覗かれながら駅を出て、コンビニに来た。
女性客はコンビニの前で美樹のジャケットを取り上げて、コンビニに独りで買い物に行かせた。
一応ブラウスは着ているが形の良いオッパイ丸出しでスカートから褌が透けている抜群のスタイルの美女が入って来ると店の全員の注目を浴びる。
美樹は京子以外に外で調教される事が悲しくなってベソをかきながらも女性客に言われた通りに弁当やカップ麺やおにぎりにビールを大量に買い込んだ。

美樹独りでは持てない程の大荷物を女性客に一つだけ持って貰い、女性は郊外のとある大きな公園に入って行く。
美樹はお客様の女性の後ろに付いて公園の奥の林にに入って行き、ホームレスの住居が建ち並ぶ中の一つのブルーシートの中に入って行った。



話が前後してすみません。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/11 (Wed) 20:29:12

英子はホセに近寄り、老人の薄汚れた所々穴の空いたズボンを脱がした。
パンツも履いてないホセのチンポは太さは普通にだが長さが30センチくらい有り酷い包茎で先の皮が3センチ以上で螺旋のように先端に向かって巻いている。

英子はそのドリルの様なチンポを剥こうとしたがホセは痛がり腰を引いて逃げようとする。
「エイコ、ダメ、ソレ、キモチヨクナイ、バツダ!」
と足の爪の間に針を刺した。
ギャ!っと小さく一声だけ悲鳴をあげたが、陰湿な拷問が頭をよぎった英子は騒げば騒ぐだけ拷問を受けるので悲鳴を我慢する。

ホセが痛がったり、気持ち良くないと片言の調教師が英子の足に針を差す。
英子は悲鳴も上げずに耐えている。

何度か針を刺されながら英子は魚か肉が腐った様な臭いがする皮が被ったままのチンポを口に含み、皮を自分の唾液と舌で解しながら舌を皮の中にこじ入れる。
皮の間に舌を差し込み海綿体に舌が届くと老人は少し気持ち良さそうな顔ををしていた。
英子はこれで良いんだ!思い皮の中に入れた舌を更にこじ入れ、皮がくっついたカリの周りを舌を優しく突っ込む様に唾液をまぶしながら皮を剥がして行く。

カリ全体まで舌が届く様になると、口の中で舌だけで皮を剥くことが出来た。
カリ全体を舐められる様になり、鈴口に舌先を入れたりしていると、老人の長いチンポは上を向き、固くなって来た。今まで集中していて気付かなかったが舌と口の中が痺れる様な感じがしている。

英子は何度か首を前後に振り立てて、更に勃起を促すと、次は手で奉仕しようと口から離した。
長いチンポが下から英子の顔を叩く様に跳ね上がる。
モワーッと死んだ動物の臭いが強烈に鼻を衝く。臭いとかそんな物じゃない。息が出来ない。
チンポを見るとカリの先が真っ白い。チンカスだらけで皮が剥がれなかったのは固まったチンカスが接着剤になって皮がカリにくっついていたのだ。

今まで栄泰や立花のチンカスだらけのチンポに何度もフェラをしたが、そんな生易しい物ではない。
張り付いたチンカスは固くまるで固形石鹸の様相で臭いが凄い。鼻から息を吸い込むと気を失いそうな強烈な臭いがする。

躊躇している英子の足の爪の中に針が刺された。
英子は痛みから生汗が出て眉間に少し皺をよせたが、口を開き長いチンポの竿を両手で支え一回だけ息を飲み口に含んだ。
片言の調教師は英子の尻を上げさせて肛門に媚薬をベットリ入念に塗り込んで行く。英子の肛門は疼き出した。
調教師が塗り込む細い指や奥に注入されるスボイドじゃなく、もっと太くて長い物で肛門の奥まで貫いて欲しくなる。
嫌々口に含んでいた汚く臭く長いチンポで肛門を貫かれくなっている事を認めなくなかった。
しかし、肛門の疼きはどんどん増して行く。
すると汚いチンポにする奉仕にも熱が入り、肛門に欲しい一心で脳が麻痺して汚い臭いチンカスが美味しく感じ出した。
英子は唾液でふやかせたチンカスを舌先で拭い取り真っ白になった自分の舌をホセに見せて、口の中で味わう様に口をモゴモゴしながら飲み込む。
何度も繰り返すとホセのチンポは綺麗になり、バンパンに張って光沢がある赤いカリが美しい。
英子は長いチンポを口に含み、徐々に飲み込んで行く。
時々苦しそうに「ゴエェ。グボッ。ブッ」と喉をならしているが長いチンポの根元まで飲み込んだ。
暫く根元まで飲み込んで喉を閉めなが喉奥でカリを刺激していたがホセの精液が食道に流れ込むのを感じてゆっくり口をなはして行く。ハァハァと息を切らせながらも口とチンポの間には英子の唾液が何本も連なり、息を飲んだ英子は長いチンポを含んだり舐めたりしながら自分の唾液で汚れた長いチンポを掃除して行く。
すると一度射精して萎えたホセのチンポがまた上を向いてビンビンになった。
片言の調教師は「エイコ、ドコニホシイ?」
「……お尻に…お尻に欲しいんです。……アァ、この長いおチンポでアナルを貫いて下さい」
と尻を高く上げて両手で肛門を開いた。

許可を貰ったホセは長いチンポを英子の尻奥まで突っ込んで腰を激しく振っている。
浣腸もしないで尻奥まで貫かれると、ホセのチンポや股間には英子の糞がベットリと着いているが、ホセは気にせずに腰を振り立てる。
英子はもっと気にならない様で、1日一回、それも軽くしかイかせて貰ってなく、媚薬を常時入れられていた肛門の疼きをホセの長いチンポ掻いて貰い、さっきした喉奥フェラで軽くイッた物の肛門を貫かれる快感に酔いしれ、ホセがイッても、快楽が足りない英子は糞まみれの長いチンポにシャブリつき、ホセのチンポを何度も肛門に求めた。



船室の中で肛門に媚薬を塗られ、電マを当てられてイキそうになったら外され、御預けをされながら、目の前では、英子の調教画像が大きな画面いっぱいに流れていた。

船が停まると船室にプロレスラーの以上に巨大で毛深く猫背の一人の黒人を従えた、50過ぎで髪は弁髪て細い鯰髭でデップり肥えた男が入って来た。
調教師は
「今から海外で最後の調教をしてくれる陳さんだ。後ろに居るのは助手のボブだ。
陳さん後はお願いします」
と出て行った。

陳が「エイコ、先ずこのボブに奉仕するアルヨ」
英子はモンモンとしていて、チンポが貰えると喜んでゴリラ以上にゴリラの様なボブのズボンを脱がすと、出て来たチンポはホセと長さは変わらなく30センチは有にあり、太さは直径5センチ以上で黒光りをした巨大なチンポがそそり立っていた。
英子はその巨大さに恐怖した。チンポが欲しかった事も忘れ、もう一度ボブの姿を見た。余りの恐怖に英子は思わず体をのけ反り後ろに手を着いて後ずさる。

怒ったボブは英子を片手で持ち上げ、尻を上げさせて浣腸器を突き刺した。
アナルに入ってきた液の快感で一瞬「ハァ~ンッ!」と声を上げた英子だったが、次の瞬間腸を切り裂く様な強烈な痛みに襲われた。
苦しみ暴れる英子を片手で押さえ、片手の指で液が出ないようにアナルに差し込んでいる。
苦しさから大量の生汗が吹き出し英子はボブに許しを請う。

「貴方の浣腸、きついわ!苦しい。アアァァァ、もう、許して、ボブ様、お許しください。英子はボブ様に従います。誠心誠意を持ってボブ様のおチンポ様に御奉仕をさせて頂きます」
苦しそうに馬鹿っぽいボブの目を媚びる様に見ながら哀願した。

ボブは英子の尻の下にボールを置くと、英子のアナルから指を抜いた。
アナルは解放されたが、苦しすぎる英子はお腹の中の液を一気に出すのも恐い。
少しずつ尻を弛めて行き、出しても痛くないのが解ると、一気にアナルを弛めて全部出した。

英子の糞と浣腸液がボールに貯まる。ボールからは英子の糞の臭いと酸っぱく鼻を刺す様な臭いが立ち込めていた。
浣腸液は酢の原液だった。

英子はボブの巨大なチンポを両手で支え口には入らないボブのチンポを舌を出して舐めキスをしながら先っぽから咥えようとする。
なかなか入らなかったが、苦労してようやっとカリまで口に入れた。

ボブは溜まっていたのか英子の口中に大量の精液を放出させた。
英子の口の中はボブの出したどろどろで大量の精液でいっぱいになり、とても飲み込みきれない。思わず噎せた英子の鼻からボブの精液が一筋流れてきた。

ボブはとりあえず満足すると英子を分娩台の上に乗せ上半身を押さえつけた。
英子の股の前には陳が居て、英子のアナルをクスコで開いて中を診ている。
先程の酢原液の浣腸で少しアナルの内壁が荒れていて陳は内壁に軟膏を塗る。酢の浣腸で疼きが止まったかの様に感じた英子だったが陳の塗る軟膏でまたアナル疼き出し、治療なのに小さく声をあげていた。

英子のおマンコはヤリマンだったにしてはまだ綺麗で広がっても無い。
今のままではボブのチンポを入れる事は出来ないと判断した陳は少しずつ英子のおマンコを広げながら、ガバガバにしない為に股関節の筋肉鍛えながら、時間をかけてボブのチンポ受け入れられる様にしていった。

陳の調教は食事も口からは与えず、尻から浣腸器で栄養分が腸に直接与えられ、満腹感は無いが体調はすこぶる良くなっている。
食事と称する浣腸で英子は毎回感じて、食事の浣腸でイく様になっていた。
英子が少しでも反抗したときの罰は酢原液の浣腸をされる。
ボブが酢を浣腸器に充填させるのを見ただけで英子は怯えボブに奉仕をする。

アナルには媚薬が塗られ、時々陳のチンポで慰めて貰っていたが
「英子、ボブが英子のアナルを欲しがっているアルヨ。そろそろアナルでやらせてやるアルヨ」

「こ、恐い…」

「でも英子はアナルセックスが大好きじゃない?」

「……でも……ボブは大きすぎます。陳様がしてください。」

「そうボブを嫌わないアルヨ」

「恐いんです。ボブが……」

それを影で聞いていたボブが怒り、英子を掴み酢原液の浣腸をした。
見ていた陳は
「ボブ、壊したらダメよ。程ほどにアルヨ」と出て行った。

それからボブと寝食を供にする様になった。
ボブはおマンコは時々使うがアナルは犯そうとするが犯さない。
媚薬を塗り込みアナルを舐めるが指も入れない。食事も浣腸ではなくステーキや焼き肉を咀嚼したものを英子の口に流し込む。
それ以外はやっとボブのチンポが入る様になった口か手で常時ボブのチンポを慰撫している。
ボブは英子にチンポを咥えさせたまま小便を流し込む。
英子はボブ自身が、ボブのチンポが怖かった。恐いが故にボブのする事には逆らえない。ボブの小便も飲む。おマンコを犯されるのはまだ良いが、アナルを犯されない様にボブのチンポ何時も慰撫していた。
それをさせていたのは陳に指示されたボブだったのだが。

アナルに塗られた媚薬をアナルに塗られクリやおマンコの内部を刺激される。おマンコにチンポが欲しくなるがそれ以上にアナルに欲しくなる。毎日されていた浣腸もして貰えない。
しかしボブのチンポが恐い。
がチンポが欲しい。気が狂いそうになったときに陳が来た。

陳はボブに汚されてシャワーを浴びる事の出来なかった英子を風呂に連れていった。
途中部屋の中に浣腸器が置いてあった。
その浣腸器を見た英子は浣腸器から目が放せなかった。
足を止めて動けない英子は陳に
「少しで、少しで良いの。少しだけお浣腸をして頂けませんか?」
と涙ながらに訴えた。
それは英子が完全に屈服した事を認めた涙だった。

陳はそれを無視して英子風呂に入れた。
綺麗に磨き上げた英子は薄い化粧を施されチャイナドレスを着せられた。
チャイナドレスに身を包んだ英子は以前の清楚で居ながら艶っぽさも出て日本に居た時よりも美しくなっていた。純子や志乃に近いくらい美しい。

部屋に戻るとそこにはボブとフィリピンでアナルを満足行くまで犯してくれたホセが居た。陳が
「英子、ここでの調教は終わりアルヨ。ここでの想い出に英子が満足するまで犯してあげるアルヨ。英子が役立たずになったら、その時まだ美しかったら私が英子買ってやるアルヨ。手足を切ってダルマとしてアルヨ」

英子は陳の屋敷でダルマにされた女性を何人か見た。
陳の言ってる事は本当だった。

「英子、私達に奉仕するアルヨ」

「もう、どうにでもして」
と言う英子の頬をボブが張った。

英子はチャイナドレスを捲り上げノーパンの尻を高く上げ両手で尻を開き
「英子のおマンコやアナルを御三人様で可愛がって下さいませ」

寝ているボブのチンポを英子が跨ぎ巨大なチンポを生汗をかきながらゆっくり腰を沈めていく。
ボブのチンポが子宮に届き英子の頭は真っ白になる。
後ろからホセが英子のアナルに細く長いチンポをスルッと挿入した。

英子は何も考えられなくなっていて、今の英子ならこの快感を続けてくれるのならダルマになるのも厭わないだろう。と判断した陳は英子の前に自分のチンポ出すと英子嬉しそうな顔で陳のチンポを手で支え崇める様に持ち、いとおしそうな表情でキスをして咥え込んだ。
陳は依頼された調教が終わった事を確認した。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/12 (Thu) 22:19:15

椅子の両袖に両足を括り付けられ大きく割り開かれた、僕の丸出しの股間をしばらく見つめていた二人は爆笑をしだしました。

「先輩、なんですかこれは、毛が生えてない以上にビックリしましたよ」
「ありえねー、これは恥ずかしすぎるよ」

僕は消えてしまいたかった。

「お願いです。もう見ないでください・・・は・はずかしい・・・あぁぁぁ・・・ぼく・・・どうしたらいいの・・・恥ずかしいぃぃぃ・・・見ないで・・・あぁぁぁ・・・見ないで・・・」

 僕のペニスは12歳位から大きさが変わらず皮を被ったままの幼いペニスなのです。
中学生になって周りの友達は陰毛が生えペニスも成長して大人の体に近づいているのに・・・僕には陰毛が全く生えてこなくてペニスも幼いままで・・・しかも・・・容姿は女の子みただと周りから言われ続けることで、気もだんだんと弱くなり強い命令に逆らうことができなくなってしまいました。

 中二の修学旅行も団体生活で皆がお風呂に入り、無毛と幼いペニスを見られてしまう不安から仮病を使って行きませんでした。

 こんな悩みは恥ずかしくて誰にも相談できないまま今まで隠し通してきたのに・・・この寮に入って一か月もしない今・・・全部見られてしまった・・・しかも相手は僕より二年も下の中学二年生だなんて。

 大きく足を割り開かれた無毛の股間にぶら下がる小さく幼いペニスを見て、良一と真也は笑っています。
恥ずかしくて隠そうと体をよじると小さなペニスがフルフルと揺れ、彼らの笑いを尚のこと誘ってしまいました。

「下の毛が生えてなくてツルツルだったのもびっくりしたけど、まさかチンコのサイズがこんなに可愛い大きさだったなんて、こんなんじゃ人には絶対に見られたくないよね」

 真也は僕の幼いペニスが面白いらしくペニスから目線を外しませんでした。

「良一、勇樹先輩の可愛いチンコの写真撮ろうぜ」
「そうだな、スマホに先輩の顔つきでバッチリ写そうか」

良一がスマホを向けたので僕は恥ずかしさで顔を背けたのです。

「先輩、恥ずかしがって顔位背けちゃダメですよ、ちゃんとこっち向いて」
「良一がせっかくスマホで可愛い勇樹先輩の写真を撮るのだからちゃんと顔向けなよ、いつまでも恥ずかしがっているとお仕置きの対象だな」

静かにスマホに顔を向けるとシャッター音が響いてきました。

カシャーッ、カシャーッ、カシャーッ、鳴り響くたびに生き恥の羞恥が突き上げてくるのでした。

「結構面白い写真が撮れたよ、先輩が俺たちの言うことに少しでも逆らったら学校関係に一斉送信ですからね」

こんな姿を学校中に見られたら・・・恥ずかしくて学校には行けない。
真也と良一には絶対に逆らうことができない自分を改めて認識するしかありませんでした。

「逆らわないから・・・写真だけは送信しないで・・・お願いです」
「逆らうと写真の送信だけじゃなくてお仕置きもあることを忘れないでよ。真也、写真も撮り終わったから可愛いチンコ見ようぜ」
「勇樹先輩、俺たちが可愛チンコゆっくり見てあげるからね」

二人が再び幼い股間に目線が合うように座り、ニヤニヤと笑いながら無毛やペニスを見始めると、僕は強烈な恥ずかしさに包まれたのです。

「あぁぁぁ・・・も見られるのやだぁぁぁ・・・良一くん真也くんお願いだから椅子から僕を下ろして・・・こんな恥ずかしいのはイヤだよ・・・」

恥ずかしくて、恥ずかしくてどうしようもなかったのです。しかし、今言った言葉が彼らに逆らった事となり、後で恥ずかしいお仕置きを受けることになるのでした。


「さっそく俺たちに逆らい出したよ、お仕置き決定だな。また逆らったらお仕置きの内容をレベルアップするからね、わかったら俺たちの目を見て返事して」

 お仕置きという言葉に不安になりながら静かに良一と真也の顔を見ました。

「・・・ごめんなさい・・・もう逆らわないから・・・お仕置きは・・・許して・・・」

晒した股間の前に座る 彼らに目を合わせるのは凄く恥ずかしくて・・・ようやくの思いで彼らに目を合わせました。

「目がウルウルしているぞ、泣いているのかな?ま、こんな恥ずかしい股間を俺たちにジロジロ見られたら、恥ずかしくて泣きたくもなるよね」

真也の言葉を受けて良一が答えにくいことを僕のかを見詰めながらわざわざ聞いてきたのです。

「ウルウルさせた顔見ていると、先輩にはもっと恥ずかしい思いをさせたくなっちゃうよ。そういえば、さっき先輩はチンコのサイズ8㎝と言っていたよね、これが8㎝のチンコなのですか?ちゃんと答えてくれるかな」」

 良一が羞恥に震える僕の顔を見詰め続けて目線を外してくれません、するとペニスを見られるのとは別の惨めでせつなくなる恥ずかしさが満ち溢れて・・・年下にこんなに恥ずかしい思いをされる現実が悲しくて不安になってきたのです。

「先輩これ高一の16歳のチンコじゃないよ、小学生サイズでしょ。小さすぎて見ているこっちが恥ずかしくなるよ」
「でもさ、女みたいな顔でチン毛が無くて、ツルツル股間のお子供チンコは結構可愛よ」

 惨めでした・・・年下に恥ずかしい股間を揶揄われて笑われて・・・しかも、嘲笑する彼らから恥ずかしくても目を反らせないのです。

「チンコの色も薄い肌色で弱々しくて皮かぶって可愛いな、ケツ叩いた物差しでサイズ計ってみようよ」

 真也がお仕置きでお尻を叩いた物差しを持ってくると、物差しを僕の幼いペニスに当てがい始めたのです。

「そんな・・・はずかしい・・・お願いしますもう許してください、・・・何でこんな辱めを僕は受けるのですか・・・惨めすぎる」

 アクリル製の物差しのヒヤッとする感触がペニスに伝わりました。

「いやぁぁぁ・・・やだぁぁぁ・・・サイズ計るなんて・・・そんな恥ずかしいぃぃぃ・・・」

 僕の幼いペニスを計測し終わった真也が冷たく言い放ちました。

「皮含めて5㎝しかないよ。先輩、毛が生えてないのも恥ずかしいけど、チンコのサイズこれは恥ずかしすぎるよ」

 酷いよ・・・物差しでペニスを計るなんて・・・でも、僕は二人には逆らえない・・・どんなに恥ずかしくても我慢しないとお仕置きをされる・・・僕は恥ずかしさに耐えました。

 良一が突然背もたれを大きくリクライニングさせ,僕の体は大きく反り返り足を大きく開いたまま、股間の裏が丸見えになる状態なってしまいました。

「わー!見えた、見えた。袋の裏側が良く見える。・・・先輩、金玉も小っちゃいねぇ」
「袋が垂れてないよ、へばり付いている。可愛い袋だよ、アハハハハ・・・」
「俺、男の金玉なんか死んでも触れないけど、勇樹先輩のなら可愛いから触れる気がするよ」

 良一が袋の裏を指ですーと這わすようにゆっくりと撫ぜたのです。
男に触られているのに経験した事の無い旋律が股間に走り震えが来ました。

「そ、そんなところ・・・ヒヤァァァ・・・ダメェェ・・・」 

 思わず女の様な声を上げてしまい、それに続いて僕のペニスはコントロールが利かなくなり、勃起をし出しだしたのです。

 人前に勃起姿を晒すなんて・・・しかも僕は勃起しても・・・ペニスが小さくて・・・こんな恥ずかしい事はありません。

「アァァァ・・・お願いしますぅぅぅ・・・これだけは見ないで・・・やだぁぁ見ちゃいやだあぁぁ・・・」

 僕は懇願を面白がり良一は袋の裏をスーと何回も撫ぜ続けました。

「あぁぁ・・・良一君・・・そんなことしないで・・・お願い・・・」

 ペニスは完全に勃起してピーンッと張り下腹部にぴったりとくっつきました。

「やだぁぁ・・・恥ずかしいぃぃ・・見ちゃいやだ・・・あぁぁぁ・・・・・」

 男に玉の裏を触られ勃起しただけでも信じられない屈辱なのに、勃起したペニスまでを同性に見られるなんて・・・・もう生きていけない・・・絶望感・・・が襲いました。

「えーこれで勃起したサイズかよ7㎝位しかないぞ、相変わらず可愛いチンチンだな。あれ、勃起しても亀頭が出てこないよ、ちょっと皮をむいてみようか」

 良一の指が勃起したペニスに触れると、ペニスに触れ皮をゆっくりと下へと下ろし始めたのです
男に自分のペニスを触られるなんて皮をむかれるなんて・・・こんな恥ずかしいことが・・・今行われている・・・

「はひぃぃぃ・・・もう酷いよおぉぉぉ・・・ハフゥゥゥ・・・」

 あまりのことで僕は

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/13 (Fri) 18:00:30

幼いペニスを晒す恥ずかしさで顔覆っていると、部員達の「何これ、カワイー」という言葉の後に笑え声が起きました。

「何これ、アハハハ・・・、信じらんねーよ」
「ツルツルの股間に可愛いチンコぶら下がって笑えるよ。ハハハハ・・・」
「下の毛が生えてないよりビックリだよ。高二でこの大きさのチンコなんて嘘みたい。先輩のチンコ可愛いすぎ」

 広瀬が顔覆う手を掴むと「顔から手を放して自分のチンコを見ろよ」と顔から手を外されてしまうと、僕の前に立って笑っている部員の姿が目に入ってきました。

「早川のチンコがこんなに可愛い大きさだなんて知らなかったな。ツルツルの股間に可愛いチンコがよく似合ってるよ。そうだ!さっきみたいに両手を胸元でクロスさせてグラビアモデルの恰好をしてみなよ、女の子に小さくて可愛いオチンチン付いてるみたいで面白いぞ」
「で、できないよ・・・広瀬・・・ぼくをいじめないで・・・」
「俺がクラスでいつもいじめられてるおかげで、お前はいじめられないで済んでるんだぞ、本当だったら女の子みたいなお前が一番にいじめられて当然なんだよ!ここでは俺が早川をいじめてやるよ」

 自分がクラスでいじめられていることを部員に知られたくないのか僕の耳元で小声で言ってきたのです。

「早く可愛いポーズをしろよ!皆も見たがってるんだよ」

 一年の部員も騒ぎ出しました。

「見たい、先輩の可愛い姿が見たいよ」
「今度は可愛いチンコ付きで見れるから楽しみだな。早川先輩!早く可愛いポーズやってください」

 先に進まなければ何時までもペニスを晒すことになると思い、両手をクロスさせて胸を隠した姿を部員達に見せました。

「スゲー! さっきと全然違うよ」
「女の子がチンコぶら下げてるみたいだ!早川先輩の体可愛すぎて笑っちゃうハハハハ・・・」

(酷い・・・酷過ぎる、こんな恥ずかしい事させられて・・・あぁぁぁぁ・・・ぼくのオチンチンはどうして小さくて・・・恥ずかしいの・・・)

 恥ずかしくて前を見ていられなくて俯くと、無毛の股間にチョコンとぶら下がる幼いペニスが、足の震えに合わせるようにプルプルと揺るのが見えると余計に恥ずかしさが込み上げてきたのです。

「先輩、今自分のチンコ見たでしょ、小さくて可愛い自分のチンコ見た感想を聞かせてよ」
「感想だなんて・・・ぼく、分からないよ・・・」
「自分のチンコを見た感想を言うまで先輩はその恥ずかしいポーズままですよ」

 自分のペニスの事を言うことがとても恥ずかしくて・・・声が出ませんでした。
「・・・ち、小さい・・・」
「聞こえません、もう一度ちゃんと言ってよ」
「小さい・・・」
「小さいだけじゃ感想になってないでしょ、チンコの周りが広瀬先輩たちとどう違うとか、そこにぶら下がるチンコも見てどう思うかを言わなくちゃ。もう一度自分の可愛いチンコよく見て感想をどうぞ」

 一年部員に恥ずかしめられる屈辱で一杯でしたが、この状況に抵抗する勇気がなく言われるとおりに自分の股間を見て、広瀬たちとの股間の違いと感想を言いました。

「オチンチンの周りは・・・毛が無くて・・・広瀬君たちとは違ってぼくには下の毛が生えてないででツルツルです・・・、そこに・・・」

 皆の前で半身の事を言うのは辛くて恥ずかしくて言葉がなかなか出てきませんでした。

「そこに・・・ち・・・小さいオチンチンがぶら下ってます・・・見た感想は・・・子供みたいで恥ずかしい・・・もう言えないよう、恥ずかしくて言えないから許して・・・」

 恥ずかしさに耐えて言い終わると広瀬の笑い声が聞こえてきました。

 「アハハハ・・・早川は自分のチンコが子供みたいで恥ずかしいんだってさ。ちゃんと感想を言ったから手を下していいけど、早川の可愛いチンコはまだまだ見るんだから手で隠すなよ」

手を下ろすと皆んなはペニスだけでなく、後ろに回ったりして全身を見始めたのです。

「お尻もプリッとして可愛いし、後ろから見る太腿がなんかエロイよ」
「男なのにエロイ太腿て笑える」

今まで黙って見ていた先生がぼくの後ろに立つと、両肩に手を乗せて自分の方の引き寄せたのです。

硬いものがお尻の辺りに触れて、先生がまだ勃起しているのがわかりました。

肩に手をいて軽く揉むと腕へと掌を滑らせるのです。

「早川は女の子みたいな華奢な体つきだな。腕なんかも男として細過ぎだな。でも、お前の股間と同じで無駄毛が無くて肌はスベスベだ」

肌の感触を楽しむように滑りなが掌が手首まで来ると、ギュッと掴まれて後ろに回されたのです。

両手を後ろで掴まれて股間は絶対に隠すことができなくなってしまいました。

「こうすれば隠すことができないだろ、早川の恥ずかしい体を仲間にじっくり見てもらいなさい。これも美術の勉強の一つになるからね。そうだ、お前から皆んなに見てもらうようお願いしなさい」
「恥ずかしくて・・・ぼく言えない・・・」
「部活に迷惑をかけたのは早川なんだぞ!今から先生が言うとうりのことを皆んなに言うんだぞ、『部活に迷惑をかけたお詫びに、発育途中の女の子みたいな体と、ツルツルの股間にぶら下がる小さなオチンチンを見てください、そして何でも聞いて下さい』一言も間違わずに言いなさい!」

先生から、発育途中の女の子みたいな体と言われた時は、絶望的な気持ちになりました。容姿や足を女の子みたいだと言われるより恥ずかしくて心につ突き刺さってくるのでした。

(素っ裸にされてオチンチン見られながら・・・自分で発育途中の女の子みたいな体なんて・・・恥ずかしくていえないよ・・・誰か、助けて・・・)

 部員達はが先生に両手を後ろで掴まれて素っ裸で恥ずかしいペニスを晒して立っている僕をニヤつきながら見ていました。

 言わなければの恥ずかしい写真を両親に見せると必ず言われる、先生だから簡単に両親に連絡は取れだろうし、親に知られるぐらいなら・・・恥ずかしくて仕方がないのですが・・・声を振り絞り・・・

「部活に迷惑をかけたお詫びに・・・は、はつ・・・育途中の、女の子、みたいな、カラダ・・・と、ツ・・・ツルツルの・・・股間にぶら下がる・・・小さな、オチンチンを・・・見て下さい・・・そして・・・なんでも聞いてください・・・こんな恥ずかしい・・・うぅぅぅぅ・・・どうしてぼくは恥ずかしい事されるの・・・先生、許してください、もう恥ずかしいことしないで・・・」
「今皆んなに体を見て下さいと自分の口から言ったんだから約束まもれよ。皆んなもデッサンに役立つから早川の可愛い体を良く見て骨格の勉強をしなさい、そして疑問があったら早川にどんどん質問するように」

 部員達は無毛と幼いペニスの周りに集まりました。

「小ちゃくて可愛いよな、先輩のオチンチンは何センチあるんですか?」

 去年、寮で中学生の後輩二人に強制的に計られた時のことを思い出しました。あの時、皮を含めて3センチと言われ大笑いされたのです。

「先輩、聞こえないんですか?オチンチンの長さ教えてください」
「さ・・・さ、3センチ・・・」

 部員全員が爆笑し出しましたのです。

「ギャハハハハハハ・・・3センチだって、考えらんねぇ大きさだよ」
「見ていて小さいのはわかるけどさ、数字で聞くと笑えるよ。ハハハハハ・・・」
「早川先輩、それって自分で計ったの?」

 寮で後輩に強制的に計られたとは言えなませんでした。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/16 (Mon) 09:30:27

既に時刻は下校時間を過ぎている。黒木の指示で6年3組の教室には女子生徒だけが残された。
 黒木が教室に入ってくると、それまでざわついていたクラスが静かになる。後ろにはカオリとパンツ1枚の正の姿がある。
 女子生徒は正に向かって軽蔑の目を向けている。
 「正君、あなたは今まで何度も注意を受けたのにも関わらず、女子生徒のスカートをめくったそうですね。女子生徒の皆さんは大変ショックを受けています。」
 「はい……」
 「自分がされたら恥ずかしいことをみんなにしたんだから、罰はちゃんと受けないとね。はいっ、パンツを脱ぐ。」
 正は一瞬躊躇したものの、黒木の無言の圧力に負けたのか、無言のままパンツを脱ぎだした。女子生徒たちは好奇の目で正の裸を見た。
 そう、これから特別授業『男性の性器』が始まるのだ。私は黒木先生に渡された資料を女子全員に配り出した。


 正はあれから教室の中心に準備してあった小さなイスの上に立たされた。
 黒板には男性の性器の図解が大きく貼りだされ、女子生徒にはそれをさらに詳しくした資料が渡っている。
 「これから授業を始めるので、皆さんは図解と資料、そして実物を見てきちんと勉強するように。」
 「「はいっ!」」
 生徒の中には顔を赤くしてうつむいている子や興味津々な子。薄ら笑いを浮かべている子など様々だが意外とみんな真面目で驚いた。
 「これが陰茎と呼ばれ、皆さんがよく聞く『おちんちん』ですね。そしてここが睾丸、金玉のことです。」
 黒木は冷静にちんちんを持ち上げ、玉を見やすくする。
 正は手で拳を作りながら、ブルブルと震えていた。
 「金玉は精巣とも呼ばれ、精液を作り出す大切な場所です。ですから、皆さんも扱う時は大切にして下さい。」
 そう言いながら黒木は玉を少し強く握った。
 「はひぃ~!むぐぐっ!」
 正は苦痛に顔を歪め、情けない声をあげてしまった。
 「同時にここは男性の急所でもあるので、今後男性に襲われそうになったら、ここを思いっきり蹴り上げてみて下さい。男なら一撃でノックアウトです。」
 女子生徒の笑い声と元気な返事が返ってきた。
 「あと、この図解からわかるように陰茎の先は亀頭と呼ばれています。しかし、彼のような子供ちんちんは包皮と呼ばれる皮で覆われているので、亀頭が顔を出していません。これを包茎と言います。P16ページに詳しく書いてありますので、後で読むように。」
 女子生徒たちは資料と正のちんちんを交互に見る。
 「子供ちんちんだって~」
 「毛も生えてないから当然じゃない」
 「はい、そこ私語は慎みなさい。しかし、なかなか良く観察してますよ。この通り、まだ陰毛が生えていません。男性は女性と比べ発育が少し遅いので、小学生なら包茎で毛が生えていなくても大丈夫。ただ彼の場合、身長も他の同級生と比べ小さいのでちょっと心配はありますね。」
 正はそれをじっと歯を食いしばって我慢して聞いていた。
 黒木先生は一体どうやって正君をここまで大人しくさせたのだろうか……。カオリには到底マネのできないことだった。
 「本来なら精液の実物も見せたいのだけれど、彼に聞いたら精通はまだ来てないの。だから、今日の特別授業はここまで。各自復習しておくように!」
 「「はい!」」
 女子生徒の大きな返事が返ってきた。
 「もし、今度またスカートめくり何てしてきたら睾丸を蹴っちゃいなさい。正君、もうしないわよね?」
 「は、はい。もうしません。皆さん本当にごめんなさい。」
 正はプルプルと震えながら、みんなに謝った。
 「はい、よくできました。さっきのは冗談よ、みんなも男の子のちんちんは軽々しく蹴らないようにね。」
 ニコッ
 黒木は笑顔でそう言った。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/16 (Mon) 18:30:08

悠太は保健室に呼び出されていた。
 何でも、小学生の体の発達具合を調べるための被験者に選ばれたそうだ。
 初めこそ駄々をこねたものの、授業がさぼれると聞き了承した。
 身長体重、視力聴力etc……
 一通りの検査が終わった後、午後からはより細かく体の成長を測ることになった。
 給食は豪華で、ジュースも飲み放題。授業もさぼれるし、悠太は午後の検査も了承した。
 午後からは服を脱ぐように指示され、パンツ1枚になる。
 足や腕の長さ、ウエスト、肩幅とメジャーで測られる。その数値を紙に書き終わり、先生が一息ついた。
 「も、もう終わりですか?」
 「大体は終わりよ。あとはおちんちんの検査ね。」
 「えっ!?そんなの聞いてないですよ。」
 「あら~、お昼に説明したじゃないの。もしかして聞いていなかったの?」
 そう言えばお昼に先生がいろいろ話していた気がする。でも、そんな話しは初耳だった。
 「そんな~、無理ですよ。」
 「そんなのダメよ。あなたは他の生徒よりおいしい給食を食べて、ジュースもたくさん飲んだでしょう?それは この検査のご褒美なんだから、ちゃんと最後までやらないと。」


 「じゃあこうしましょう。これを付けてくれる?」
 「これってアイマスクですか?」
 「そう、これなら目隠しされて恥ずかしくないでしょう?」
 あまり変わらない気がしたがしょうがない。少しはましになるだろう……
 ベッドに寝かされ、悠太はアイマスクを付けて検査が始まった。
 「じゃあ、パンツを脱がすわよ。」
 スルリとパンツが脱がされる。ひんやりとした空気が下半身を覆う。
 「え~と、おちんちんの長さは……」
 「ひゃ!!」
 「ちょっと~、そんな女の子みたいな声を出さないの!それに君は聞くところによると、女の子におちんちんを見せてるそうじゃない。なら、こんなの恥ずかしくないし、声も上げないの!」
 それは女子たちが嫌がるからだ。こうして、ジロジロ見られるのは恥ずかしい。
 「3cmと……。女の子たちに見せるそうだから、もっと立派だとおもったけど。案外小さいのね。」
 「ううっ……」
 「じゃあ、続いてお尻も見ちゃいましょうか。」
 「ええっ、お尻も!!」
 「そうよ、恥ずかしがらない恥ずかしがらない。」
 両足をあげられ、お尻を見られる。しかも両側に引っ張られて、穴に息がかかる。
 「ああぅぅぅ!恥ずかしいよ~……」
 「恥ずかしいでしょ。君は今までそんな恥ずかしいおちんちんを女の子たちに見せていたのよ。」
 「ご、ごめんなさい。」
 「あらあら、勃起しちゃったじゃないの。どれどれ……6cmと。これじゃあ、低学年の子に馬鹿にされちゃうわよ。」
 玉や陰毛の検査も終わり、勃起も収まったのだが、新たな問題が起こった。
 「先生……、トイレに行きたいんですが……」
 「あら大変。冷えちゃったのかしら。ジュースをあんなにも飲むからよ。」
 「トイレに行っていいですか?」
 「ダメダメ、するんならここでしなさい。」
 「で、でも……もう我慢の限界なんですけど……」
 恥ずかしくてずっと言い出せなかった。それでもう限界は近かったのだ。

クスクス   ダメよ静かにしてないと   だっておしっこだってよ、赤ちゃんみたい

「えっ!」


 急いでアイマスクを外すと、そこにはクラスの女子生徒がいた。
 「なっ、なんでお前たちがいるんだよ!!」
 「あ~あ、バレちゃった。これは保健の授業なのよ。」
 「あんたが目隠ししてからずっと見てたんだからねwww」
 「ちんちん小さいんだね~、これから見せられたら笑ってあげるからwww」
 ショックで、目の前が真っ白になっていく。
 「あぅうう」
 ジョロロロロロ……
 「きゃ!やだ~、お漏らししちゃってるwww」
 「そんなに我慢してたんでちゅかwww」
 「おしっこする時は言わないといけないでしょwww」
 クラスメイトからさんざん言われてしまった。
 「はいはい、悠太君。みんなに言うことがあるでしょう?」
 黒木先生が出てきて、悠太に促した。
 「あああ……、今までごめんなさい……」
 おしっこを漏らしてしまったことと、みんなに見られてしまって、悠太は涙を浮かべて謝った。
 「はい、よくできました。これからはおしっこに行きたくなったら早めに言うように。それから女子生徒の皆さんも、もしこれから露出狂にあったら笑ってあげて下さい。彼らはそれで防げます。」
 「「は~い!」」
 保健室に元気のよい返事が響いた。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/17 (Tue) 22:20:41

学校近くの市民センターに数十名の女子生徒が集まっていた。
 小学3年~6年生の女子生徒だが、全員が健太にお尻や胸を触られたことがある子たちだ。
 今日は日曜日であるが、黒木先生の計らいで彼女たちにマジックを見せるという企画らしい。一体、どうやってマジシャンを呼んで、さらには健太の被害者を全員呼び出せたのかカオリにはわからなかった。
 しかし、これまでの黒木先生の行動を見ていると、今日も波乱ありそうだと感じていた。
 会場に入り、しばらくは普通のマジックが行われ、その凄さに魅了されていた。
 ところが途中から、女性マジシャンに連れられて健太がタキシードを着て舞台に出てきた。
 健太は会場を見回し「騙された!」と言う顔になったが、マジシャンの力が強く、中央まで連れてこられた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 
 「健太君、今度の休みに市民センターでマジックの公演があるの。そこで、是非あなたのような立派な男の子にアシスタントを頼みたいのよ。」
 黒木は健太にそう言ってきた。
 「めんどくさいんだけど……」
 「そんなこと言わないで。こんな大役『あなた』にしか頼めないのよ。」
 教師にそこまで言われると健太も悪い気はしない。それから言葉巧みに誘われて、了解して当日を迎えた。
 先ほどまで個室で控えており、アシスタントのバニーガールのお尻を触ったり、お菓子を食べたりと好き勝手やっていた。
 まさか、こんな展開が待っていようとは健太は夢にも思わなかった……

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 暴れたが無駄な抵抗であった。中央の台に上がり、スポットライトが当たると、大きなカーテンがかけられ、すぐに煙が上がったかと思うとカーテンが開いた。


 カーテンが開くとマジシャンは消えていた。その代りに両腕を2人のバニーガールのお姉さんに掴まれた、全裸の健太の姿があった。
 「なっ、何してるんだよ!早く離してくれ!」
 健太は腕の自由がきかないので、足をジタバタさせている。いくら小学生の中で体が大きいとは言え、大人の女性には力が敵わない。
 女子生徒たちが異変に気づき、ざわめきだす。
 「アハハハハッwwwみんな見てみなよ。健太君ちんちん丸見えじゃないのwww」
 「ホントだwww一体どうしたって言うのwww」
 「ウフフフフフッwww」
 1人が騒ぎ出すと、みんなそれぞれ好き放題言い出す。
 そして、何人かの生徒がステージに向かうと、それに釣られ、全女子生徒がイスから立ち上がりステージへと向かう。
 ホール内は異常な興奮状態になっていた。
 最初こそ、恥ずかしがって目を手で隠していた生徒も、徐々に慣れたのか数分後にはみんなが健太の股間を凝視していた。


 「やめてくれ~!見ないでくれ~!」
 健太は大声で叫んだが、女子生徒を止めるすべはない。足で隠そうとするが、隠しきれるはずがなかった。
 足の隙間からは見えてしまうし、ずっと足をあげているのも限界がある。
 「あらら~、健太君ったら6年生にもなるのにお毛毛がまだ全然生えてないじゃないのwww」
 「あらっ、本当だ。いつもは私たちの胸の大きさ馬鹿にするくせに、自分は毛も満足に生えてない子供ちんちんじゃないの!」
 「この前見た悠太君よりも小さいじゃないのwww親分が子分にちんちんの大きさ負けてもいいわけwww」
 今まで健太にはさんざんセクハラまがいなことをされていたのだ。その怒りが爆発してもなんらおかしいことではない。
 健太はと言うと、今まで隠していたコンプレックスを女子全員に知られてしまったのだ。目には熱いものがあふれてくる……
 「あれ~、健太先輩泣いてるんじゃないですか?」
 「ウソ~。もしかして、女の子にちんちん見られて恥ずかしくなっちゃったんですか~?」
 「いつもは威張ってるくせに、ちんちんは子供じゃん!もうこれからはデカい顔できないねwww」
 もうすでに健太に抵抗する力は残っていなかった。
 「ほらほら、本番前の元気はどうしたの?」
 本番前にお尻を触られたバニーガールのお姉さんが健太のお尻を叩く。
 「ひっ!」
 ペチンッ、ペチンッ……
 決して強くないお尻叩き。しかし、それに抗おうとちんちんを突き出す形になってしまい、逆に健太の羞恥心を増す結果になった。
 「ブフフフッwww健太君、お尻叩きはどうでちゅか~?」
 「お姉さん、もっと強くやってくださいよwww」
 「お兄ちゃんの癖にお尻叩かれてるwww」
 「ちんちん突き出して、もっと私たちに見てもらいたいの?」
 全員に情けない姿を見られて、健太は静かになってしまった。
 「あれ~、ちょっとあれ勃起してない?」
 「うそ~、全然変わってないみたいだけど?」
 「でも、ちんちんが上に向いてるじゃん。あれって勃起だよwww」
 それが発端となり、一気に勃起コールが始まる。
 意味の分からない生徒にはわかる生徒が伝え、みんなが面白おかしく笑っている。


 「あの……」
 いままでずっと黙っていたカオリが手を上げた。
 「みんなに性教育として、健太君の射精を見せてあげるのはどうでしょうか?」
 女子生徒はざわめきだした。
 「えっ、ウソ!」「本当なの!?」「射精って何?」
 当人である健太は顔を真っ青にして、ブルブル震えている。
 「では、せっかくですから射精させましょう。いいですか、皆さん?これは女性として知っておかなくてはいけない性教育なんですから、真面目に受けて下さいね。それではお願いします。」
 黒木が指示するとマジシャンのお姉さんは頷き、健太の小さなちんちんを指3本でシゴき出した。
 それがまた滑稽な姿で、みんな今まで以上に笑っている。
 「本来、男性が自分でオナニーする時は手で上下にペニスをシゴくのですが、彼はまだ小さいので指3本で足りてしまいますね。」
 どっと会場が笑いに包まれる。
 美人のマジシャンのお姉さんに手コキをされ、両サイドには露出の高いバニーガール。そして、目の前には女子生徒たち。そんな中で健太が我慢できるはずがない。
 数秒後には
 ぴゅっぴゅっぴゅっ
 と精子は空中に飛び、床に落ちた。
 「うわ~、これもマジックなの?」
 「バカね~、あれは精子って言って男の子がエッチなことしたら出ちゃうものなの。」
 「でも、早くない?こういうのって『ソーロー』って言うんでしょwww」
 女の子たちは好き放題言っている。
 「はいはい、静かに。健太君、どうでした?恥ずかしかったでしょう?女の子たちは今までそれと同じくらい恥ずかしい思いをしたんですよ。わかりましたか?」
 「は、はい……。皆さんごめんなさい。もうしないので許して下さい。」
 「はい!よく言えました。女子生徒の皆さんもこれでいいですね?」
 「「は~い!」」
 「じゃあ、最後に健太君は自分で汚しちゃった床を拭かないとね。」
 健太はティッシュと雑巾を渡され、顔を真っ赤にさせながら裸のまま床を掃除した。四つん這いになり、お尻も見られ、女子生徒は最後に大笑いをして帰っていった。

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/18 (Wed) 17:53:09

「やめてーっ!!」
今日も教室には柳原翔太の叫び声が響いていた。
河原崎中学校2年C組。
成績優秀、ジャニ系のさわやかさで人気のある翔太は男子生徒たちから疎まれていた。
特にクラスで2番人気の松田亮司は翔太への敵意が強かった。
「ほらほら、翔太ちゃん、今日もみんなに大事なところを見てもらいましょうね!」
体育の前の着替えの時間。
亮司は男子たちに羽交い絞めされた翔太のベルトをはずした。
「や、やめろ!!」
翔太が叫ぶ。
「かわいい翔太ちゃん、今日はどんなパンツをはいているのかな?」
亮司はファスナーをおろし、ゆっくりと学生ズボンを脱がしてゆく。
翔太の顔が一気に真っ赤になっていく。
「翔太ちゃんの今日のパンツはブルーのトランクスです!!」
実況中継するように囃す亮司。
そしてゆっくりとそのトランクスをずり下げていった。
「皆さん、見てください!かわいい翔太ちゃんのちん毛です!
昨日より少し伸びました!!」
翔太の薄い陰毛が少しずつ明らかになっていく。
「それでは、いよいよ翔太ちゃんの男のシンボルを拝みましょう!
せーの!!」
「お願いです!やめて!!」
翔太の叫びもむなしく、亮司の手でトランクスは一気にずり下ろされた。
「ジャーン!!翔太ちゃんのチンポは今日も包茎でーす!!」
教室中に笑いが走る。
下半身を露出させたまま何もできない翔太はうつむくしかなかった。
「では、クラスのアイドル、翔太ちゃんに、今日も一発やってもらいましょう!!」
亮司はそういいながら、翔太のペニスをしごき始めた。
翔太はなんとかその場を逃げようともがいてみたが、しっかりと体をつかまれ微動だにできなかった。
「おや?翔太ちゃんのチンポに変化が見えました!!
ムクムク大きくなってきています!」
亮司の手の刺激に敏感に反応する翔太のシンボル。
ペニスに急激に血液が流れ込んでくるのがわかる。
「翔太ちゃんのチンポはもうビンビンです!
ピンク色の亀さんも登場しました!」
翔太のペニスは包皮がめくれるほど勃起し、先走りが流れ始めた。
「はあ・・・や・・やめて・・・お・・お願い・・・!」
抵抗しながらも逃れられない快感の渦に巻き込まれていく翔太。
グチュッ・・・グチュッ・・・
しごかれるたびに嫌らしく鳴く翔太のペニス。
「まだかな、まだかな?翔太ちゃんのミルクはまだかな?」
歌うようにからかう亮司。
「はああ・・・あああん・・・」
「感じてんじゃねえよ!!それじゃ亀頭攻撃だ!!」
亮司は翔太の先走りを潤滑油に、手のひらで亀頭をこねくりまわした。
「あっ・・・あああ・・・あああああ・・・!!」
包皮に守られていた翔太の亀頭には亮司のテクニックはハードすぎた。
「ああっ・・・ああっ・・・ああああっ・・・ああ!!!」
ペニスの付け根から何かがこみ上げてくる。
「さあ、いよいよ翔太ちゃんのフィニッシュです!!」
亮司がそう言った、そのとき・・・
「ああああっ・・・ああああああああっ!!!!」
ドッピュッ!!ドピュッ!!!ドピュッ!!!!
翔太のペニスから勢いよく精液が噴出された。
幾度も、幾度も。
「翔太ちゃん!!すげー!!いっぱい飛んだ!!」
クラス中の男子がはやし立てる。
射精を終えた翔太は我に返ると、急に羞恥が押し寄せた。
翔太は急いでパンツを履き、泣きながら教室を飛び出した。
「くせーっ!!翔太ちゃんの精液!!!」
教室に笑い声が響いていた。

翔太は公園のベンチで泣きながらうずくまっていた。
毎日繰り返される屈辱。
14歳の翔太に耐えられるわけがなかった。
「おい、君、どうしたんだい?」
ふと声をかけられ、翔太はゆっくりと顔を上げた。
涙でにじんだ視界に、20代後半の男性の姿が映った。
「こんな時間に、しかも泣いているなんて・・・
どうした?泣いてちゃわからないじゃないか。
ぼくでよかったら話してごらん・・・」
青年の優しい言葉に翔太はゆっくりと、いままで受けてきた屈辱を話し始めた。
「ふうん・・・そうだったのか。辛かっただろう?
君はかわいいから、みんなの標的になっちゃったんだね。
君、名前は?」
「柳原翔太です。」
「翔太くんか。僕は斉藤健二。
そうだ、翔太くん。このままやられっぱなしじゃ悲しいから仕返ししてやらないか?僕が協力するよ。
実は、僕、催眠術師なんだ・・・」
「催眠術師?」
翔太は怪訝な顔で健二を見つめた。
「そうだ。催眠術をかけられるんだ。催眠術を使って、翔太君をイジメた奴に復讐してやるんだ。どうだい?」
「で・・・でも・・・」
「まあ、信じられないかもな。それじゃ、翔太くん。このコインを見つめてみて・・・」
健二は紐を通した5円玉を揺らし始めた。
翔太はそのゆっくりとした動きを目で追っていた。
「そうだ、ゆっくり、ゆっくりと・・・このコインの動きを追うんだ。
そうだ・・・そしたらだんだん翔太くんの瞼は重くなっていく・・・
だんだん・・・だんだん・・・重くなっていく・・・・」
翔太は瞼が重くなっていくのを感じ、目を開けているのが辛くなってきた。
「そうだ・・・だんだんおもーく、だんだん重くなっていく・・・
そしてとうとう目が閉じてしまう・・・」
健二の指示通り、翔太の瞼は完全に閉じられた。
「どんな風に復讐するか、まず翔太くんが体験してみよう・・・」

Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/20 (Fri) 06:16:37

「可愛い生徒が涙ながらにお願いをしているのです。生徒の気持ちに応えてやるのも教師の立派な使命ですぞ?…広志君は体で自己紹介をすると言ってたじゃないですか」

そう言うと担任は慣れた手つきで広志のケツマンコに太い指をブチ込んだ。


-くちゅりッ!

「アンッ!!」

「広志の雄マンコはトロトロで実に気持ち良いですぞ?こんなにトロけて…」

担任は挿入した指をクパァ…と広げて、教育実習生の先生に見せ付けるように広志のアナルを披露した。

濡れて卑猥な肉穴の光景に実習教師は生唾を飲んだ。

生徒のアナル開閉を繰り返した担任は広志のアナルを指でかき回し始めた。


-ぐちゅぐちゅくちゅくちゅッ!!


「アッ、あぁ…だめぇ…僕のおまんこぉ…先生…」

「この子は手マンされただけで包茎チンコをビクビク勃起させる変態な生徒なんですよ。熱くウネる中肉が指に絡みついてきて…実に淫乱な肉便器ですぞ?」

担任に指で肉穴をホジられて喘ぎながら腰を揺らす生徒をから目を離せない実習生だったがズボンの上からでも解るほどに勃起していた。

それを見ていた生徒が声をあげる。

「実習生の先生ヤッちゃいなよーッ!チンポ勃起させて広志に欲情してるんでしょう?広志もそろそろ我慢できそうに無いから勃起チンポをブチ込んで実習初生徒のケツマンを可愛がってあげて下さいよ」

「そうですよ先生。広志君は何処でも誰とでも交尾をするヤリマンだし、イジメられて感じる超変態だから遠慮無く派手に犯してあげて下さい。この位で驚いていたら、この学校でやってけないですよ?」

生徒達は勝手な事を言う。

すると担任の先生が広志のケツマンから指を抜取った。

「実習の先生は初めてで緊張してるんだから広志君がもっと頑張れよ肉豚ッ!!」

-パチン!

「あんっ!」

広志は尻肉を担任に叩かれて小さな声を上げた。

そして担任の罵声を聞いて広志は、状態を起こすと今度は実習生の先生に向き直りクラスメイトに尻を向け四つん這いになると、教育実習生の股間に顔を近づけた。

「僕は…おチンポ大好きな…肉便器です…喜んで先生の、おちんぽ…ご奉仕いたします…」

広志は恥しさで声を震えさせながらも、そう言うと実習生のズボンのファスナーを咥えて下に降ろした。

そして、実習生の陰茎を取り出すなりカウパー液が滲んでいる亀頭を舌でチロチロと舐めながら上目遣いで表情を確認しながら、先生の陰茎を一気に咥えこんだ。

尻穴をクラス全員に見られながら、今日初めて会った男の陰茎を頬張る広志。


-ぐっぽぐっぽッ!!!

「どうです?広志君のバキュームフェラは格別でしょう?今までに沢山のチンポを咥えこんだ口マンコと舌肉の動きは、たまらないでしょう?」

担任の教師が広志の尻肉を撫でながら言うと、教育実習生の男も快楽に溺れ始め、無言で頷いた。


「広志のヤツ、チンポ咥えながらケツ穴ヒクヒクさせてるぜ?」

「淫乱!ド変態は早く新しいチンポが欲しくてたまらないんだろう?」

「広志、さっさとチンポをブチ込んでもらえよクズッ!」

完全に勃起した新人教師のチンポから口を離すと広志は、先ほどと同じ体制の仰向けガニ股になって、ヒクつくケツマンコを指で広げて若い先生に見せた。

だが、教育実習生は本日この学校に来たばかりで、まだ完全にこの学校の色に染まっていないため、快楽に流されそうになりながらも一瞬だけ動きを止めてしまった。

その瞬間、担任が動いた。


「これはスミマセン、広志の手入れが悪いからですね。こんなのに大切な陰茎を突っ込みたく無いんですよね?」

「え?」

そう言うと担任は生徒4人を呼ぶと、広志の四肢を押さえつけさせた。

広志も何をされるか解らないので不安の顔色を隠せない。


「気付かなくて申し訳ない。陰毛が有ると不衛生に見えますよね?今から除毛してツルツルにして差し上げますので…」

担任の言葉を聞いて広志は首を振った。

「やめ…やだ…」

「うるさいぞ広志!先生の言いつけを守れないとお仕置きだぞ?大人しくしていろ」

男子生徒が罵倒して、この場にいる全員が除毛されるであろう広志を見て嘲笑う。

この教室では広志を辱める為に色々な物が準備されているが、事前に除毛する所をクラスメイト全員に見せる予定だったのだろう。

担任がシェービングクリームを広志の陰茎根元に塗ると、T字のカミソリを出して肌に宛がった。

「ヒッ!」

怖いのだろうか、広志は眉を顰めたが担任は作業を止める事無く、無常にも手を動かした。


もともと薄かった広志の陰毛が次々と剃り落とされていく。

クラスメイトは固唾を呑んで同級生が見っとも無く陰毛が無くなっていく姿を凝視している。

皆の視線が股間に集中して熱さまで感じる広志は恥しさに目を硬く瞑った。


Re: 超熟人妻 - 包茎おちんちんの皮の先っぽ

2018/07/20 (Fri) 18:30:17

クラスメイト全員に観察されながら除毛され、無毛になっていく様子を携帯のムービーでも撮影されていた。

「…ゃ、だぁ…」

広志は羞恥で全身を赤く染めていた。

担任は容赦なく残酷にも綺麗に剃り上げると残っていたクリームをタオルで拭き取った。

陰毛が生えている年頃の男子の股間がツルツルになっており、無毛になった広志の股間を見て、クラスメイトが笑った。

「ひでぇ~ガキみてぇだ!!」

「ツルツルなのに立派に勃起して…エロすぎ」

「パイパン肉便器の完成だ!変態度が増して良かったな広志!」

「毛が無い分、豚チンコの根元まで丸見えだな」

男子生徒達に馬鹿にされ羞恥心が募る。

また、除毛された股間がスースーして普段とは違う感覚に広志は涙目になりながら自分の下半身を見た。

「…あ、やぁ…」

まるで子供の様になった自分の股間を見て屈辱に眉を寄せながらも、トロトロとカウパー液を流して勃起していた。

教育実習生は除毛される広志を見て興奮が高まったのか、パイパン豚になった広志の恥部を見ながら起ち上がった陰茎をユルユルと扱いてオナニーをしていた。


「さぁ、先生。コレで綺麗サッパリのチンポ奴隷になりました。遠慮なく広志を使って精処理をして下さい」

担任の言葉に、ついに実習教師も不適な笑みを浮かべた。

広志の無毛になった根元部分を勃起チンポでペチペチと叩いた。

毛が無くてシットリとしてる肌はチンポで叩かれるたび肉の音が鳴った。

除毛されて敏感になっている広志は羞恥と屈辱を感じながらも、パイパンチンコからトロトロとスケベな汁を垂れ流して、滴る我慢汁は毛が無い分、滑らかな肌を滑るように難なくアナルの所まで届き、広志の肉便器マンコがヌラヌラと卑猥に濡れていた。

実習教師は広志の雄マンコに勃起チンポを宛がった。


「皆に罵倒されて、陰毛まで剃られて…それなのに物欲しそうにアナルをヒク付かせながら我慢汁まで垂れ流しているなんて…広志君は何て救いようの無いド変態な生徒なんだ…。この糞ビッチな肉穴にチンポを突っ込んでやるから肉穴締め付けて喜べ淫乱ッ!!」

S心に火がついた教育実習生は乱暴に広志の尻穴マンコに己の陰茎を捻じ込んだ。


-ぐチュッ!!!


「んぁああぁーーッ!!!」

遠慮なく根元まで陰茎をブチ込まれた広志は教卓の上で体を弓なりにして悶えた。

「広志良かったな!パイパン初交尾でのチンポだ!今日初めて会った先生の生チンポで犯されて嬉しいだろ淫乱」

「パイパン糞マンコで喰う大人チンポは美味いか?」

「こんなに乳首も勃起させて、どうしようも無い豚だ」

男子生徒の一人が広志の勃起乳首を指でギュッと抓った。

「あっ、ぁぁはッ!」

広志は乳首を乱暴に虐められて身を捩った。

「さっすが淫乱便器!クラスメイトから豚扱いされて精液奴隷にされ続けた広志の乳首は感度良好だな♪コリコリ乳首を弄ってやる」

「…あっ、ん!ちく、びぃ…ダメですぅ…」

同級生に乳首を捏ねくり回されて好き勝手に遊ばれる広志だった。

下半身では実習生の教師は広志のトロマンコの気持ち良さに腰を動かさず、中肉の熱と動きを堪能していたが、我慢が出来なくなり自分勝手に腰を動かし始めた。

最初から遠慮なく激しく腰を打ちつけ広志のスケベな粘膜を滾る硬いチンポで乱暴に掻き回し、陰茎と中肉を擦りまくる。

-パンパン!グチュグチュグチュッ!!

「あっ、あぁッ!あぁん、あんッ!!」

「すごい…粘膜が絡みついてきて…肉奴隷の癖に良い穴してるじゃないか…広志くん」

実習生は激しく腰を揺らして、広志の体を貫く。

それに比例してガタガタと教卓が音を立てて交尾の激しさがクラスメイト全員に確認されている。

思いっきり腰を打ち付けられる度に、パイパンのチンコがプルプルとランダムに揺れてカウパー液を飛ばしていた。


-パンパンパンパンパンッ!!

「アッ、はげしぃ…ですぅ…あっ、ぼくの、まんこ…壊れちゃう」

「壊してもらえよ。広志はマンコをガバガバにされるのが好きだろ?」

「アナル奴隷!肛門にチンポ出し入れされて乳首ビンビンにおっ起てて感じまくりじゃねーか変態!」

乳首を弄っていた生徒が嘲笑うと、その生徒も陰茎を取り出して広志の勃起乳首に亀頭を擦り付けてパイズリをし始めた。

それを期に他の生徒もファスナーを降ろし始めて、オナニーをしたり、広志の手や髪、顔など至る所に学生チンポを擦りつけまくる。


チンポに囲まれた広志は喘ぎながら、パイパンチンコも他の男子生徒に弄られ始める。


実習生教師は夢中で腰を振るった。

「男子のアナルがこんなに気持ち良いなんて…、腰が止まらない…。エロいよ広志君。この穴、凄く変態的で良いよ…。まさにチンポを挿入される為の肉穴だ」

実習生教師は初のパイパン雄マンコに興奮しており、遠慮なく教室で公開肛門交尾をする。


-パンパンパチュパチュパコパコッ!!

「あっ、あはぁッ、あん、んっ、あぁッ!!あっあっアッ!」

充血したケツマンコに筋張った大人の勃起チンポが激しくピストンされ、クラスメイトからは性玩具の如く体を空き放題に弄られて、若い雄チンポを体中に擦り付けられ、全身を男臭いチンポ汁で臭い付けされている。


「毛が無いからチンポと広志の豚マンコの結合部分がモロ見えだな」

「肛門マンコに太い大人チンポが入ってる所が見えまくり。毛無し変態チンコも根元からよ~く見える。セックス奴隷に陰毛は勿体無い」

「そうそう。広志には、みっともない毛無し性器がよく似合う!この歳で無毛はお前くらいだけどな」

「チンポをブチ込まれてる、捲れた淫乱マンコを皆に見られてるぞ広志ぃ~」


「やぁッ!あぁッ、見ないで…下さい、はずかし、無毛の性器で交尾…恥しいですぅ」

広志は全員の視線が結合部に集中してるのを感じ取って羞恥でアナルを締め付けた。

恋人?人妻?セふレ?どんな出会いも自由です - あいか URL

2018/07/20 (Fri) 12:05:45

女の子に人気のサイトばかりを集めました




無料で恋人・セふレが!! - りさ URL

2018/07/20 (Fri) 00:46:35

おすすめですよ




恋人?人妻?セふレ?どんな出会いも自由です - あいか URL

2018/07/19 (Thu) 22:09:33

女の子に人気のサイトばかりを集めました




レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.